デフテック 歌詞。 いのり sam.leonardjoel.com.au Def Tech 歌詞情報

デフテックの one day with という歌があるのですが、簡単に通訳していただ...

デフテック 歌詞

Shonan Boyのぺぺ()です。 ボクの大好きなDef Tech(デフテック)の 「My Way」という曲を今回は紹介します。 前にもDef techの記事を書きましたので、こちらもぜひ。 本当にいい曲ばかりなんですけど、ボクが一番最初に聞いたのが友達からもらったDef techのデモCDでした。 まだ粗削りだった彼らの曲でしたが、一瞬にして夢中になったのを今でも覚えています。 そのCDにあった、Def techの代表曲になった 「My Way」という曲がボクの大好きな曲です。 そんなDef techの「My Way」の歌詞は、すごく胸に突き刺さる歌詞がいっぱいでした。 今回はその歌詞やフレーズを紹介しまーす!! 目次• Def tech Shenのパートの日本語訳とMicroのパートがヤバすぎた ShenとMicroのパートを色々調べてみて、ボクなりの解釈も含めたことをまとめましたので順番に書いていきます。 とても心に響く歌詞で、くじけた時や自分の軸がぶれそうになった時には聞きたい曲ですね。 「地に足付け 頭雲抜け 進む前に前に前に」 しっかり自分の軸を決めていく。 そして雲が抜けるぐらいドンドン前進あるのみ。 そんなメッセージではないでしょうか? やっぱり人と違う道や、一般的にイメージがよくない事をやっていると色々な人から批判されたりもしますよね。 でも、自分が信じたことを他人の何も知識がない人に言われたからやめるって、なんかおかしくないですか? 自分の目で見て、耳で聞いて、自分で考えて判断したことなのにどうして? そんなに自分に自信がないの? 自らを信じる!!それこそが自信だと思います。 このパートはそんな自分を信じて進め!と、うったえかけているのでは。 これは最初に紹介したパートともつながるところがありますけど、これってすごく重要。 人にちょっと言われたから辞めたりとか、違う意見を言われたから自分の意見は諦めたり・・・ それって他人の人生を生きているのと同じですよね? だって人に言われたから、自分が信じていたことを曲げるんだもん。 それって自分の人生じゃないですね。 他人は関係ないですよ、 今自分が何をやりたいかでしょ!! なんで、他人の意見や言われたことにそんなに反応するの? もうそういうのやめませんか? ボクが前から言っている 「自分で考える」これが圧倒的に不足している人が多すぎる。 ちょっと日本語訳も難しいですが、言っていることは簡単です。 この歌詞も一貫して 「My way」を意味しているフレーズだと思います。 あなたの信じるとおりにやりな。 でもあなたの仲間にはいつも真実を伝え、本当でありなさい。 こんな感じのメッセージだと思います。 自分の道を信じていこうとすると、時に違う意見や考えの人や仲間と対立してしまうこともあったりします。 でも、そういう人たちにも ちゃんとしんしに向き合い、真実をいう。 うそを言わずに、 自分の本当のところを出すのが大事だと。 おわり またまた熱くなってしまいました。 実は昨日書いた記事で色々な意見をもらいました。 はてなブログ界では「ネガコメ」というらしいですが、別に自分は何とも思いません。 むしろ、こんなに反響があるって関心が高いのと、みんなよくわかっていないことなんだ、ということがよくわかりましたからね。 人に何を言われても、自分が信じたことを貫くのみ。 「Own my life、自分の人生を生きよう」ですから。 そしてDef techの「My way」の歌詞のように自分の信じたことに自信を持つということですね。

次の

Def tech My Wayの歌詞やフレーズを紹介|

デフテック 歌詞

来歴 [ ] 「Def Tech」の由来は「超カッコいいテクニック」と「テクニックをひけらかさない」の二つの意味から来ている。 名付け親はのボーカル。 ちなみに「Def Tech」の他にも、「タロージロー」という名も候補に挙がっていた。 自らの音楽を「 (ジャパン+ハワイ+ジャマイカ)」という新しいジャンルとして位置づけている。 「DNA S-drive」ののと、のダイジェスト番組「」で流れた曲『My Way』をきっかけに、1stアルバム『』が160万枚を売り上げる大ヒットを記録した。 には2人の不仲により解散の可能性があることが報じられる。 しかし後日Shenの結婚パーティにて、Microが舞台に立ち「Def Techは解散しない」と発言した。 に内にMicro自身のレーベル「プライマリー・カラー・レコード」を立ち上げる。 にで開催された開幕戦対でMicroが国歌独唱を行った。 に自らのホームページにて解散を発表。 に自らのホームページにて再結成を宣言。 Def Tech is back again. の文字がホームページに浮かびあがった。 に4thアルバム『Mind Shift』のリリースと同時に再結成。 再結成を宣言後、アルバム発売までの間は新曲を90秒間試聴することができ、日々曲数も増えていった。 サンプルmp3も無料でダウンロードすることができた。 なお、Def Techは6月3日に再結成を宣言したが、これはあくまでも宣言に過ぎず、形式上の再結成はこの10月27日である。 このことは、2010年の夏にに登場した際にMicroが語った。 メンバー [ ] (シェン) 本名: Shen Brown 、 - 生まれ、育ち。 父の仕事の都合で毎年夏休みに日本へ遊びに来ていたことがきっかけとなって、日本での音楽活動を決心。 にハワイから来日。 のメンバーとしても活動している。 (マイクロ) 本名:西宮佑騎(にしみや ゆうき)、 - 出身。 国際文化学部卒業。 実家はサーフショップで、幼少のころからよくハワイに行き、小学生の頃からサーフィンをたしなんでいたという。 2007年2月にレーベルヘッドとして、メジャーレコード会社である内に自身のレーベルPRIMARY COLOR RECORDZを設立。 や,といった注目のアーティストを手掛ける一方、Micro自身も2007年7月11日にソロデビュー。 2011年5月25日にはの6thアルバム『』が発売されたが、その12曲目に収録されている「ALISA IN WONDERLAND」は作詞・作曲をMicroが手掛けている。 また、表記はされていないが同曲の中にはMicroの声も収録されていて、PVにも主演している。 その後、当アルバムの唯一のシングルカット作品にも収録された。 2014年4月、ブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」に出演。 自身初の舞台・ミュージカル出演となる。 期間限定により現在は配信終了。 終了後はアルバム「Catch The Wave」に収録。 タイトルは「拡大の歌」という意味。 2nd 2012年7月15日の深夜0時ぴったりに突然iTunesにて配信される。 同曲がのCMに起用されていたことの人気と併せて話題になる。 以前から交流の深いのとの共作。 「音楽で人を幸せに出来るのか? 」「世界を変えることが出来るのか? 」といった疑問を自分たちに投げかけながら制作したという。 収益金は日本赤十字社の活動資金に寄付される。 3rd 2013年5月15日に、アルバム「」の先行シングルとしてダウンロードが開始する。 「」に続き、2013年度赤十字運動のために書き下ろされた。 の期間限定キャンペーンアプリでは、5月下旬からAcoustic Ver. も公開される。 4th KEEP MOVING feat. Baby Kiy and YAY 2018年6月21日配信。 5th High on Life Cloud 9 Remix 2019年7月3日配信。 6th Catch The Wave Dub Remix 2019年7月17日配信。 a Mr. Reggae」 Def Tech presents Jawaiian Style Records Laniakea 「Broken Hearts 〜JAWAIIAN MIX〜」 Def Tech presents Jawaiian Style Records Waimea 「In Outside 〜JAWAIIAN MIX〜」 Def Tech presents Jawaiian Style Records Ehukai 「Emergency 〜JAWAIIAN MIX〜」 DVD [ ] 発売日 タイトル 規格 種類 1st 2006年7月17日 いのり Feat. 2nd Footage ビデオ アルバム iTunes Storeのみで販売されているビデオアルバム。 「Def Tech」〜「Catch The Wave」までに制作された6つのミュージック・ビデオと、「Def Tech Live Tour 2006 Lokahi Lani 〜Catch The Wave〜」を収録したDVD『Def Tech 武道館』からのライブ映像6曲の全12曲が収録されたビデオアルバム。 タイトルは英語で「足あと」という意味。 3rd Def Tech: Concert Film 2006 映画 iTunes Storeのみで販売されている、Def Tech初の映画。 「Def Tech Live Tour 2006 Lokahi Lani 〜Catch The Wave〜」を収録したDVD「Def Tech 武道館」とDVD「Def Tech OKINAWA LIVE」からのライブ映像をコンパイルしたiTunesのみのオリジナル作品。 9トラック収録してある。 は4-04-621066-4。 2nd Def Tech Live Tour 2006 Lokahi Lani 〜Catch The Wave〜 オリジナルトラックCD CD 「」のパンフレットに付録されたCDで、4トラック収録してある。 なお、このCDの内容は、個人使用やライブに限り、自由に使用してもかまわない音源としている。 3rd 映画「キャッチ ア ウェーブ」 初回限定生産 DVDプレミアムボックス Disc 3 DVD で行われたシークレットライブでのライブ映像と、Microのサーフィン映像をもとに再構成された通常とは異なる「Catch The Wave」の、オリジナルのミュージックビデオが収録されている。 なお、この映像では、同曲をの が歌う場面が確認できる。 アルバム未収録楽曲 [ ] ここでは単なる新曲と区別するため、何かしらの方法で楽曲が発表されたのにも関わらず、次に発売されたアルバムに収録されなかった楽曲を記載する。 タイトル 発表場所 詳細 収録状況 1st タイトル不明 ライブDVD『Def Tech OKINAWA LIVE』 収録されている特典映像内にて、ShenとMicroが歌っているシーンがある。 映像は、デビュー前の2人が1stアルバムを製作中の時点のものと推定される。 現在、Def Techのデビュー10周年を迎えても未だに未発表・アルバム未収録である。 2nd タイトル不明 ライブ「」にて ライブ「」にて、どの会場でも1曲目に歌われた。 サビで、『Tokyo hands up high! Tokyo hands in the sky! 』と歌っているのが特徴の、ローテンポな楽曲。 ちなみに、Microソロのパートは、彼がソロ活動時代にリリースしたアルバム「」に収録されている「Live New York」にて確認できる曲と、テンポは異なっているものの、歌詞が同一である。 2013年7月10日現在、アルバム「」が発売されるも未収録。 なおDef Techは、「良い曲はどんどん発表して、良くない曲はどんどん捨てる。 」と日頃から発言していることから、ここに記載される未収録楽曲が、本人たちにとってCD収録するほど良い曲であったかどうかは断言できない為、必ずしも後に収録される曲とは限らない。 コラボレーション [ ] Better Days feat. Def Tech この曲はの「ザ・ベニーケー・ショウ」というアルバムに収録されている曲で、BENNIE KとDef Techのコラボ曲である。 曲の最後には、1stアルバムに収録されている「Consolidation Song」のサビの一部が歌われている。 オリジナルはにBENNIE Kがシングルリリース。 Vibration 〜 Introducing Def Tech この曲はの「Natural Vibes」という3rdアルバムに収録されている曲で、とDef Techとのコラボ曲である。 PVがRIZEのLOST CLIPSに収録されている。 Transformer DJ SOULJAH feat. 歌の中に、Def Techの代表曲「My Way」のフレーズが流れる。 Transformer 2. 0 DJ SOULJAH feat. 伊藤由奈 with Micro of Def Tech この曲はとMicroがコラボしたもので、「Mahaloha」という曲を歌っている。 Jump around feat. SHEN from Def Tech ShenがDanをフィーチャリングした曲。 ライブ一覧 [ ] ここでは、Def Techのワンマンライブと、Def Techが主体になって行われた合同ライブのみを記す。 料金は、2014年の公演が4800円、2015年の公演が5800円。 2014年の公演と2015年の公演の間には、Def Techの1stアルバム『』の発売日 2005年1月22日 からちょうど10周年の記念日があり、当ツアーはもっぱら、アニバーサリー 記念 ライブという位置づけで行われた。 そのため、 Def Techのライブでは初めて、撮影・録音がOKだった。 通常通り行われた2014年の公演に比べ、2015年の公演は比較的規模の大きい会場になり、ステージのセットにはが設置されており、『Marathon』が歌われている間は、同曲のPVを再現し歌っている2人の後ろではとが披露された。 料金は、5000円 東京公演のみ2階席が6000円。 撮影・録音がOKだった。 "IAPANA"とは、で「」の意味。 上記の通り、再結成後は比較的小規模な会場が選ばれている傾向にある。 TV出演 [ ] 2005年、 これが初のテレビ主演であり、「My Way」と「KONOMAMA Def Tech reintroduc RIZE」のメドレーを歌った。 ミュージックステーション 2006年、テレビ朝日 「Power in da Musiq 〜Understanding」を歌った。 2010年、 「A-1」のPVと共に再結成宣言をした。 めざましテレビ 2010年、フジテレビ 当時未発売のアルバム『Mind Shift』より、「The Come Back」PVのメイキング映像を公開した。 2010年、 再結成特集として、再結成の理由やアルバム『Mind Shift』について語った。 また、「Rays of Light」のレコーディング映像も流れた。 この放送は当初、に放送される予定だったがニュース番組の都合上11月1日まで延期された。 Mutoma 2011年〜2011年、 2011年ととに、3週間連続で主演した。 に所属したJ-PopアーティストがNHK紅白歌合戦へ出場したのは史上初めてであった。 脚注 [ ] 1. - 4. Def Tech -11. "UP" Japan Tour 2012 - 6. Def Tech 2VOX tour 2014-2015 - 9. Def Tech 10周年記念スペシャルサマーライブ 2015 - 10. Def Tech Howzit!? Tour - 11. Def Tech Special Summer Live - 12. Def Tech Zenkoku Tour 2016 - 13. Def Tech "IAPANA" Tour 2017 関連項目.

次の

Def Tech My Way 歌詞

デフテック 歌詞

創価学会は、日蓮正宗・大石寺の信者団体として発足した宗教団体です。 現在は大石寺から破門されているので、関係はありません。 表向きは日蓮の教えを信奉する宗教団体ですが、実体は、創価学会名誉会長である池田大作氏を崇拝しています。 下の人は創価学会員なので、創価学会の良い所しか言いませんが、創価学会は特徴として、「創価学会だけが絶対的に正しい」という独善的な思想を持っています。 単にそう言っているだけなら良いのですが、他の宗教は間違っているのだから、他宗教の信者(あるいは創価学会に入っていない人)は創価学会に改宗・入会させなければならない、という強い信念を持っています。 このため、熱心な人は強引でしつこい勧誘を行い、迷惑をかけたりして世間一般の方々と摩擦を起こす場合もあります。 しかし、創価学会員は間違った宗教を正しているのだから、何も悪くない、というスタンスです。 (知恵袋でも、その手の質問をよく見かけます。 ) また、公明党は創価学会が作った政党なので、創価学会に入るということは公明党への投票のお願い、といった選挙運動もしています。 フリーメーソンとは関係ありません。 創価学会の者です。 Def Techの『Micro』さん(マイクロ、本名:西宮佑騎(にしみや ゆうき)は、正真正銘の創価学会の芸術部員です。 創価学会が昨年に開催された創価青年大会において、楽曲を提供してくれまして、創価学会創立80周年を祝福して頂きました。 県幹部、副会長ともに、Microが芸術部員であると紹介しました。 創価学会とは、日蓮大聖人の仏教(法華経)を直弟子が引き継ぎ、創価学会が所有している御書が本物であります。 その法華経と御書を根本に、日蓮仏法を世界に拡げました。 現在創価学会(SGI)は世界192ヶ国地域に拡がり、全世界2000万人を超えるSGIメンバーがいます。 国内には公式で827万世帯(人数で言うと900~1000万人)います。 ある高名な宗教学者は、創価学会は2000万人は確実にいると大手新聞で語っています。 1943年6月に治安維持法並びに不敬罪によって牧口、戸田を含む幹部が逮捕され、牧口は獄死する。 1945年7月に出獄した戸田は、組織名を創価学会に改名。 第2代会長となり、組織を整備、75万世帯の折伏を目標に掲げ、1952年に宗教法人の認証を得る。 主な活動は、日蓮大聖人の仏法を世界に拡大。 展示会、各種イベントなどで世界平和、創価学会の活動、池田SGI会長並びに歴代会長の功績を展示会を通して、理解者を拡大。 池田SGI会長が創立した「民音」では、世界各国で開催し、動員数1億1000万人が観賞。 民音とは、世界の芸術家、奏者、アーティストなど高名な芸術家が世界100ヶ国以上で開催しています。 国内でも、全国のほとんどの小中学校で開催しています。 また、全国都道府県の文化ホールでも開催しており、文化を通して、世界平和に向けて活動されています。 また、よくテレビで見る芸能人も創価学会に所属している方は大勢います。 芸術部というグループに所属しており、所属人数は数十万人とも言われています。 プロ・アマを問わず、芸術家が集っており、昨年の東日本大震災においても、チャリティーで演奏やイベントを数多く開催しました。 有名なのは、久本雅美、柴田理恵、上戸彩、石原さとみ、ベッキー、タッキー、SMAP(中居・草なぎ・香取)など、多数が所属しています。 また、創価学会は、創価大学、創価学園(幼稚園、小中学校、高等)を国内外に設立し、数多くの未来の教員や指導者を目指しています。 スタジオジブリの星野社長、ゲオ、ヤマダ電気など大手企業の社長にも創価学会のメンバーもまた創価大学の卒業生です。 創価学会の活動は、国内においても数多くの大手企業の首脳部、大学首脳部、県庁・市長などから高く評価されており、全国の都道府県の知事などからも池田SGI会長に顕彰を授与されています。 顕彰理由は、東京富士美術館などの世界の芸術展示会、全国各地で開催されている展示会により、町の活性化。 学会員の地域友好活動において、多数の地域活性化に貢献したことなどが理由です。 より詳しく創価学会を知りたいのであれば、私の履歴を見るか、検索「創価学会」の公式ホームページを観覧して下さい。 -----補足----- それは、人間的に成長ができるからです。 学会用語になってしまいますが、『人間革命』ができるからです。 例えば、苦手な事柄を克服できる。 好きな異性と付き合える。 夢が叶う。 悩み事が解決できる。 等々…。 日蓮大聖人の仏法では、大宇宙の中で誕生したのだから、宇宙のリズムに乗らないわけがない。 と悟っています。 つまり祈り活動し、仏法を学ぶことで、祈りが叶うのが仏法の道理です。 事実、全く売れなかった久本雅美も、創価学会に入信したことで、テレビ番組のレギュラーを増やしていき、3年連続女性タレント好感度ランキングで、1位を獲得しました。 マチャミは、信仰を熱心にしているからこそ、生命が輝いて、誰からでも好かれる存在になったと言えます。 他の芸術部員も同様の事が言えます。 私も、毎日5時間の唱題をしていますが、全くの赤の他人に挨拶とか話し掛けると、なぜか意気投合して、その日の内に友人になってしまう事も多々あります。 きっと、世間でいうオーラが輝いているからだと思います。 ある占い師は、オーラは人其々オーラの色が違うと言いますが、そのオーラが輝くのではないでしょうか? 『百言は一見にしかず』です。 貴方自身が実体験をして、体感することが一番理解できます。

次の