宅健 テキスト。 【宅建に合格!】独学にお勧めの宅建テキスト・問題集

宅建の独学におすすめのテキスト3選!【2020年版】

宅健 テキスト

【独学でも一発合格できる!】宅建テキスト・問題集の選び方 宅建は有数の難関資格として知られています。 一発合格を目指すならテキスト選びは重要です!! ここでは、合格に欠かせないとされるテキスト、問題集、過去問という3つのアイテムについて、種類や選び方を解説します。 1-1. 市販テキストの購入は必須! まず大前提として覚えてほしいのは 「市販のテキストを購入することはマスト」ということです。 宅建学習には、さまざまな手段があります。 テキストや問題集だけでなく、マンガやアプリ、その他ウェブ上でも宅建知識を解説したページがたくさんあります。 無料で手に入るものもたくさんあります。 しかし、 無料の教材だけで合格を勝ち取ることは、かなり厳しいと言えます。 宅建に合格するためには、無駄なく効率よく学習を進める必要があります。 有料のテキストの多くは、その道のプロが厳選して作り出したものです。 それに対して無料のものは、誤字脱字や解説の間違いが残っていたり、最新法令に即していないケースも散見されます。 もし一発合格を目指すのであれば、なおさら 市販のテキストを有効活用するようにしましょう。 宅建に一発合格する人は、3種類のテキストを効果的に使い分けています。 うまく使って相乗効果を発揮しましょう。 1-2-1. 宅建の合格に必要な基本知識はテキストに詰め込まれています。 試験で覚えるべき項目だけでなく、 宅建業界に特有の「ものの考え方」を教えてくれる教材になります。 まずテキストを読むことで新たな知識を得ます。 その後、実際に問題集を使って問題を解き始めると、必ずわからない部分が出てきます。 そしてまたテキストに立ち返ります。 その繰り返しです。 この流れをとることで、忘れていた知識を思い出すことができます。 また理解が不足していた部分については、より理解を深めることが可能になるのです。 もし最初から3冊をそろえるのが大変であれば、まずは「テキスト+問題集」の2冊があればOKです。 学習が進んだ段階で「過去問」にチャレンジしましょう。 1-3-1. まずは1冊をやりこむ。 浮気をしない。 1つ目に大事なことは、 まず1冊をやりこむということです。 書店に行くと、魅力的なテキストがたくさんあります。 「このテキストなら合格間違いなし!」とか「宅建問題集の決定版!」などのコピーを見れば、あれもこれもと、つい手を出したくなるかもしれません。 しかし、 まずは1冊に集中することです。 いくつもの本に手を出すと、学習が分散化して中途半端になってしまいます。 「はたして1冊だけで合格できる?」と心配になるかもしれませんが、 まずは1冊を完璧にすることを心がけてください。 テキスト、問題集、過去問は、それぞれの役割があります。 使い分けることによって、学習効果を最大化しましょう。 1-3-3. kindleよりも紙の書籍を! テキストや問題集の中にはkindle版を用意しているものもあります。 しかし、 ぜひ紙の書籍を選ぶようにしましょう。 ペンやマーカーで ガンガン書き込むことによって、より理解が早まり、知識の定着も加速するからです。 書き込みには、パイロットの消せるラインマーカー「」がおすすめです。 ラインを引くことで重要項目が見やすくなる他、付属のラバーを使えばラインを消すことも可能です。 そのため、 間違って引いてしまった部分や、すでに記憶できた部分のマーキングをきれいに消すことができます。 またkindleとは違って、紙ならパラパラとめくることができ、端を折ることもできます。 大事なことは、 本をきれいに維持することではなく、いかに活用して知識が得られるかということです。 どんどん汚して、どんどん知識を吸収していきましょう。 分厚いテキストで気後れしてしまうなら、分冊タイプを選びましょう。 1冊を仕上げる度に達成感も得られるはずです。 2-2. 最新の法令に準拠した最新版を! また宅建テキストを選ぶ時に気をつけてほしいのは、 最新版を選ぶようにするということです。 宅建の試験は、 試験の実施される年の4月1日現在の法令にもとづいて出題されます。 そのため、4月1日現在の法令に準拠したテキストを使わないと、間違った内容で学習してしまうことになりかねません。 再受験者は、テキストを最新版に買い換えることが大切です。 とくに2020年4月には 120年ぶりとなる民法の大改正があり、出題内容に変化が生じる可能性があります。 民法は50問中14問を占める重要分野です。 2020年版など年号が書いてあるものを選ぶようにしましょう。 最新法令に準拠したテキストを使いましょう。 間違った内容で学習すると、混乱の原因になります。 【これで合格!】Amazonで買える2020年オススメ宅建テキストはコレ!(民法改正 対応済み) 続いては、具体的に おすすめの宅建テキストを紹介していきましょう。 出版社によってさまざまなタイプがありますが、ここでは次の4つのタイプに分けて解説します。 マンガ形式• テキスト+問題集タイプ• テキスト3冊+問題集タイプ• 一問一答・過去問タイプ(アプリつき) 人によって向き、不向きがあります。 自分に合う学習スタイルはどのタイプか、イメージしながら読み進めてみてください。 3-1. 初心者や先に全体像をつかみたい人には「マンガ」がオススメ まず紹介するのは 「マンガ形式」です。 「マンガで勉強なんて可能なの?」と思う人もいるかもしれません。 しかし、 全体像を手っ取り早くおさえるにはマンガは有効です。 マンガを使って全体像をおさえることができれば、テキストを使った学習を加速させることができるはずです。 ここでは2冊を紹介します。 マンガだけで宅建に合格するのは難しいです。 しかし宅建の全体像が把握できるため、テキストを使った学習がスピードアップするはずです。 3-1-1. うかる! マンガ宅建士入門 2020年度版【マンガ形式】 さまざまな宅建マンガを見ていると、初心者ウケを狙って、若干無理をして面白くしようとしている作品もあります。 しかし 「」は、ストーリーが一貫していて、真面目な路線が貫かれているのが特徴です。 1項目が4ページで簡潔にまとめられており、 宅建マンガの中でも、Kindleで読むことのできる数少ない作品です。 冒頭部分は無料で試し読みができるので、ダウンロードしてみることをおすすめします。 「うかるマンガ宅建士入門2020」を読了。 マンガで読みやすいので、ざっくり法律のポイントおさえるのには良かった。 — マエカワアツミ ゼロ仲介・売る仲介 groundmaekawa 3-1-2. 2020年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門【4コマ+解説】 「」は、資格スクール大手「ユーキャン」の宅建マンガです。 ページの左側には4コママンガが配置され、右側には重要語句の解説がまとめられているという構成になっています。 わかりやすく、かつ楽しめる作品です。 マンガとして楽しめる作品になっており、思わず笑ってしまうような場面もあります。 「ユーキャン」が制作したという安心感はありますが、登場キャラクターが破天荒だったり、作中で何度もギャグが出てくる点は「好み」がわかれるところかもしれません。 宅建のテキスト買ってきた。 ユーキャンの宅建士まんが入門。 文字だらけなのはエラリー・クイーンのミステリー小説のほうで堪能するので、法律のほうにはちょっと控えてもらってマンガで。 入門書だからこれ1冊だと足りないのかなぁ。 独学だと加減が分からないね! — むにえな muniena 3-2. みんなが欲しかった! 宅建士の教科書【テキスト+問題集タイプ】 続いては 「テキスト+問題集タイプ」を2冊紹介します。 まず1冊目は 「」です。 amazonのベストセラー商品で、 写真や図が多く、イメージがつかみやすいのが特徴です。 必要な項目が図解やイラストで「板書」としてまとまっているのも、理解を確実なものとしてくれます。 できるだけ文字を減らすことで、 わかりやすさにこだわってつくられたテキストです。 基礎知識を学んだ後、すぐに問題演習ができる構成になっているため、 知識の定着にも目配せした設計になっていると言えるでしょう。 また、持ち運びしやすいよう、「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限、税・その他」という 3つに取り外しがができるのもポイントです。 なお、この 「みんなが欲しかった」シリーズは、FPや簿記など他の資格のバージョンも用意されています。 それらを使ったことがある人であれば、宅建版も使いやすく感じるはずです。 宅建士の勉強 「みんなが欲しかった教科書」 をやっています 毎日1時間勉強しています 勉強方法は教科書を読んでるだけです インプットに専念しようと思っているのですが現在宅建士の皆さんに 何かいい勉強方法があれば 教えていただけるとありがたいです。 — よっこい seikoukatei 教科書は「みんなが欲しかった!宅建士の教科書」が無知の私にはわかりやすかったです。 過去問題集は教科書に合わせて同じシリーズの1年前の物をメルカリで購入。 アプリは隙間時間に行うため「スタケン」を利用。 私が使っていた時は無料でした。 直前予想問題集は「tac」から出版されてるもの。 — ichi ichi08745208 3-3. 2020年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト【テキスト+問題集タイプ】 「テキスト+問題集タイプ」の2冊目は、 「」です。 資格の学校、東京リーガルマインドLECが制作したテキストなので安心感があります。 「解説から例題へ」という流れが丁寧で、ペンギンのキャラクターを使った 説明のわかりやすさに定評があります。 持ち運びがしやすくなるよう「分冊」をすることができるだけでなく、登場キャラクターをデザインしたオリジナルふせんのおまけ付きです。 本書には 理解度チェックのための過去問も掲載されていますが、 「2020年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集」とセットで組み合わせれば、さらに学習がはかどることでしょう。 模試も追加するかも知れません。 基本テキストはフォントや紙質の好み、ボリューム、出版元への信頼度の観点からLECの「宅建士合格のトリセツ基本テキスト」にしました。 2020年版 出る順宅建士 合格テキスト 出る順宅建士シリーズ【テキスト3冊+問題集タイプ】 4つのタイプのテキストのうちの3つ目は 「テキスト3冊+問題集タイプ」です。 「2020年版 出る順宅建士 合格テキスト 出る順宅建士シリーズ」を紹介します。 先ほどの「テキスト+問題集タイプ」はテキストが1冊(分冊化することは可能)というものでしたが、「テキスト3冊+問題集タイプ」は 分野ごとに1冊ずつ購入するという点が異なっています。 「出る順宅建士シリーズ」は、資格の学校、 東京リーガルマインドLECのロングセラーです。 要点、着目点が 冒頭の「学習内容のポイント」で整理されており、勉強方法を組み立てやすいのがポイントです。 また、 過去10年間の出題傾向にもとづいて、A、B、Cの3段階の重要度ランキングが表示されているのも便利。 絵図は少ないものの、 ケーススタディーを通して学習を進めていく点はわかりやすいです。 分野ごとに1冊ずつ購入するタイプなので、「 テキストが分厚いと圧倒される!」という人には向いているでしょう。 同シリーズの問題集 「」(全3冊)と合わせて取り組むかたちになります。 問題集の該当ページが記載されているので見直しもしやすいです。 今年は、いろんな問題集に浮気せず、「駿台の一門一答」と「LECの出る順宅建士」を集中的にやります。 LECのテキストは、条文が載ってるのがよい 教科書は要クリップ留めと楽しい文房具でメリハリ! — ariadone elleganza1303 独学だし考えようによっては以下のように割り切ってもいいかも。 これを完璧にするためにも。 合格できればいいんやしね! — ふるふる fuRuFuru2510 3-5. ここでは「アプリつき」の 「」を紹介します。 本書は資格学校「LEC」の書籍ですが、特典としてアプリがついてくる 「書籍連動アプリ」です。 細かい分野別で理解度がチェックできる 一問一答形式の問題集で、大手資格学校が制作している安心感があります。 コンパクトな新書サイズで、持ち運びしやすいのも特徴。 ページの左側が問題、右側が回答解説という構成で、 電車内やちょっとした休憩時間にパラパラめくって理解度チェックできる手軽さがあります。 アプリはテキストの復習にも最適です。 しかも分野ごとに解答の結果が表示され、正解率がグラフで「見える化」されます。 弱点分野を特定しやすいのもメリットと言えるでしょう。 通勤時or小さいバッグ使用時に1000肢問題集を購入。 理由皆学習目的が違う。 私は超短期で全体を網羅しないと時間がない。 類似項目が続き飽きるのがネックです — 治太郎 じたろう ooami1234 4. 宅建テキストの使い方・勉強方法 テキストと問題集を紹介してきました。 自分の学習スタイルに合いそうなタイプはイメージできたでしょうか。 続いては、 おすすめの勉強方法を解説します。 「いきなりテキストを読み始める」という方法もよいですが、 一発合格を勝ちとるにはコツが必要です。 そこで、効率よく勉強するための3つの秘訣を紹介しましょう。 テキストの活用には秘訣があります。 コツをおさえて効率よく勉強しましょう。 4-1. 問題集を1周して出題形式や頻出問題をチェック まず1つ目は、 テキストを見る前に問題集からチェックをするという方法です。 宅建学習を始める人の多くは、宅建知識が少ないはずです。 通常なら、テキストを読んで勉強を始めるというのが一般的かもしれません。 しかし、おすすめは 「まず問題集を1周する」という方法です。 わからなくても構いません。 まずは初めから終わりまで、問題集を眺めていきましょう。 知識が無ければ解くことはできません。 しかしこの方法がおすすめなのは、全体を通して見ることによって、 宅建の出題形式や頻出問題の傾向がつかめるからです。 「なるほど、こういうことを勉強すればいいのか」というイメージがあれば、テキストを使って学習する際に弾みがつくはずです。 「まず問題集からチェックする」ことの意味は、宅建の出題傾向を把握することにあります。 どんな問題が出るかがイメージできれば、その後の学習が進めやすくなるはずです。 4-2. わからなくてもいいので、まずはテキストを2周 2つ目に大事なことは、 まずはテキストを始めから終わりまで通しで読むこと、それを2回繰り返すことです。 宅建学習において、 初期の段階で挫折してしまう人の特徴は、テキストを丁寧に読もうとすることです。 宅建テキストには難しい内容もたくさん書かれています。 一つひとつをじっくり理解しながら読むことも大事ですが、なかなか理解するのが困難な分野もあります。 もし 困難な箇所があれば、飛ばしてしまいましょう。 わからないところで立ち止まると、「あぁ、自分はできない人間なんだ」と卑下してしまいがちです。 その結果「やはり宅建を受けるのは諦めよう」となってしまうのです。 しかし、まずは2周を通しで読んでみてください。 全体像が見えてくると「なるほど、こういうことなのか」とわかる領域も増えてきます。 理解するのが困難だったことも、たやすく理解できるようになっていくのです。 テキストを1回読んだだけで、すべてが理解できるという人はいません。 理解できない部分があっても、まずは読み進めましょう。 何度も読むうちに「わかる部分」が増えるだけでなく、「わからない部分」も自然と減っていきます。 4-3. テキストを問題集を組み合わせて理解を深める まずは問題集を1回通して出題傾向を把握します。 続いてテキストに移り、わからないところはすっ飛ばして2回ほど通読します。 細かい知識は覚えていないかもしれません。 また、理解できない領域もたくさん残っているかもしれません。 しかし 「なんとなく」という漠然としたレベルで理解できていることは、次第に増えてくるはずです。 その段階で取り組んでほしい作業が、 テキストと問題集を組み合わせて理解を深めるということです。 問題集をこなすことで、どれくらい記憶が定着しているかがわかります。 わからないところはテキストに戻りましょう。 これを繰り返すことで、自然と理解が深まっていくのです。 アプリだけで宅建合格を勝ち取ることは難しいです。 しかし学習効果を高めるための「補助教材」としては、非常に優れたツールです。 5-1. 全問解説付 宅建士 一問一答問題集 実際の試験と同じような4択の回答ができるのが 「全問解説付 宅建士 一問一答問題集」の特徴です。 無料版では30問しか用意されていませんが、アップグレードして「完全版」にすると、問題数が250問へと増加します。 「ランダム出題機能」があり、間違えた問題が優先的に出てくるモードもあります。 目次に回答履歴が表示されるため、学習の進捗がわかりやすいことでも定評があります。 5-2. 宅建 過去問 2020 過去12年分の宅建問題、合計3,671問が収録されているのが 「宅建 過去問 2020」です。 宅建アプリの中でも「一問一答の問題数が最大級」と言われています。 一問一答形式の問題だけでなく、 4択問題もあり、バランスよく学習することができるのが特徴です。 気になる問題にチェックを入れ、選択した問題だけを集めて復習するということも可能です。 「App Store」では5,000近くの評価が集まっており、 「有料でも買いたい」といった高い評価が目立ちます。 無料とは思えないアプリと言えるでしょう。 宅建過去問2020 これは隙間時間の学習に良い。 広告表示は完全無料アプリとしては納得できる程度の表示頻度。 — びといん hinatayumemasa 6. 「宅建のテキスト」まとめ 宅建のテキストや問題集の選び方、使い方や勉強方法のコツを解説してきました。 おすすめのテキストや問題集、補助教材としてのアプリも紹介したので、自分にあったテキストがイメージできたはずです。 「これは良さそう」という本があれば、ぜひ 実際に書店で手にとって確かめてみてください! 現在のお仕事に不満を抱えている方へ 現在のお仕事に不満を抱えていませんか? いま、あなたがご覧になっている「宅建Jobコラム」の運営会社では、不動産業界専門の転職支援サービスを提供しています。 もし就職・転職を成功させたい!という方がいましたら、「宅建Jobエージェント」までお気軽にお問い合わせください。 数々の転職を成功させてきた、あなた専任のキャリアアドバイザーが無料でご相談に乗らせて頂きます。 ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!•

次の

【2020年最新版】宅建入門のためのおすすめマンガをランキング形式で紹介

宅健 テキスト

TAC(タック)• 宅建学院• LEC(レック)• 日建学院 人気ランキングは、1時間ごとに順位も変動しますが、売れ筋の出版社は決まっています。 出版社では基本書(参考書)や過去問題集がシリーズで出版され、 セット買いが奨励されています。 よってTACや宅建学院など、 同シリーズが2〜3冊もランキング上位に入る例も珍しくありません。 市販のテキスト購入がきっかけで、予備校への通学、通信講座を利用する受講生も少なくないです。 宅建テキストは 営業の糸口にもなるので、 長年積み上げた試験対策やノウハウを採算度外視で気前よく提供しています。 受験予備校が出版元のテキストは、 大きな当たり外れはないのが安心です。 購入される人気テキストの裏側では、 華麗なるテキスト戦争が繰り広げられています。 人気ランキング上位を独占するTAC(タック) 人気ランキング上位の常連はTAC タック は最も知名度が高い宅建テキストです。 TACは、宅建士講座だけでなく、簿記、公務員、行政書士などの他の法律系や会計系の資格取得に強い受験予備校です。 ベストセラー「みんなが欲しかった宅建士シリーズ」 (引用:TAC タック 出版「みんなが欲しかった宅建士」シリーズの画像) TACの代表的な宅建の参考書と問題集で外せないのが「みんなが欲しかった宅建士」シリーズです。 初心者でも勉強しやすい 図解や フルカラーの教科書がベストセラーのテキストです。 「みんなの欲しかった」シリーズは、他の資格試験でも知名度が高く、「簿記」やシリーズも大人気です。 本シリーズは、図解を多用。 ビジュアル重視で初心者向けの噛み砕くような解説が特徴で、勉強嫌いの人に向いています。 難しい用語も噛み砕いて初心者向けに説明。 「アイコンマーク」「ひとこと」で要点チェック• 年代別に難易度が低い順に収載• マスターすべき項目が一目でわかる• 「ちょっと確認! 」「プラスワン」で知識を補充• 「Step Up」で応用力をつける 私も数多くの宅建テキストを見てきましたが、その中でも 親しみやすさは断トツです。 ただ、わかりやすい解説と使い勝手の良さは評価できますが、 過大評価され過ぎている気もします。 TACは早くから分厚いテキストを 科目ごとに分離して持ち運べるなど、使い勝手の改善を年々進めています。 試験に出題される分野だけの最低限の学習で済む「スッキリわかる」がおすすめです。 コンパクトに要点がまとまっているので、TACの中では私が一番好きなシリーズです。 フルカラー図解が多く ビジュアル重視• わかりやすさ重視の充実した解説• 「基本編」と「参考編」に編集• 最低限の出題内容に絞る 「基礎編」と応用問題の「参考編」の2段階で使い分けられるテキストです。 フルカラー図解が多く ビジュアル重視• 重要事項「ちょっと確認! 」と「プラスワン」で得点アップ 「スッキリ宅建士」は、過去問と基本書の解説を合体しています。 1冊でインプットとアウトプットの両方が出来るので時間の節約になります。 また、試験出題率が高い「わかってる合格」を繰り返すと応用力がつきます。 この2冊だけで過去問演習が、不十分ではありません。 問題集などは「民法」の法改正がわかりやすいのも特徴で、「改正対応」マークや、旧法との対比を明示しています。 直近の出題傾向を詳細に分析• 超定番の重要過去問だけを厳選収録• テーマ別に 「1問1見開き」デザイン• 「ひっかけ」「頻出」などのアイコン表示がわかりやすい 【過去問題集: わかって合格る宅建士 過去問12年PLUS<プラス>】 2019年度の情報になります。 2020年版は近日に発売予定です。 過去12年分を2色刷り• 問題を難易度別に3段階のレベルで表示• 統計問題12年分ダウンロードサービス 「みんなの欲しかった教科書」のように基本テキストは問題集などの1冊だけが飛び抜けて売れるのではなく、 3冊のセット買いが多いです。 上記の3冊は、どれも安定した根強い人気がありますが、特に「過去問12年間」の問題集がおすすめです。 学習しやすいだけでなく、 出題傾向も詳細に分析されているので、試験のヤマを外しません。 ビジュアル重視だけでない、手堅く試験対策ができることが人気のテキストです。 宅建士講座で毎年高い合格実績を出す宅建学院の市販テキストです。 不動産会社に勤めるプロの宅建士が、後輩に薦めることも多いと言われる ロングセラーです。 宅建学院のテキストは、 覚えにくい 用語の語呂合わせ が秀逸だと高く評価されています ミリアオンセラーの「らくらく宅建塾」 (引用:「らくらく宅建塾」と「まる覚え宅建塾」の画像) 「らくらく宅建塾」のテキストは ミリオンセラーです。 私も最初読んだ時に、面白いイラストと共に 難解な用語が覚えやすいことに驚きました。 ただ、イラストは少ない目で文字は多いので、それが苦手な人は学習が苦痛になるかもしれません。 難しい法律用語も 日常の言葉で説明• 日本一覚えやすい語呂合わせ• 「わかりやすさ」と 「覚えやすさ」が両立 2019年度には、 らくらく宅建塾をコンパクトにまとめた「まる覚え宅建塾」が出版されていました。 持ち運びも楽で重要ポイントだけに絞られた便利なテキストなので、今年も出版して欲しいものです。 「過去問宅建塾」の3科目も人気 (引用:宅建学院「過去問宅建塾」の画像) 過去問宅建塾も使いやすさには定評があります。 過去問は 3分野の 科目ごとに分かれ、 類似問題が何度も出てくる ので、自然に実力がつきます。 3回ほど繰り返すと、短い 問題文ごとまる覚えできます。 左に問題、 右に解説と使いやすい• 問題を 類題式に収録• 講義のようなわかりやすい解説• 問題を解いた後で 復習がしやすい構成• 分野別の3冊• 最新の法改正にも対応 解説の重要事項は、基本テキストの語呂合わせと頭に入れながら整理すると、暗記の効果が高まります。 宅建士講座は、重要ポイントを押さえた 試験ノウハウで毎年、安定した合格率を出しています。 その受験ノウハウがつめこまれた宅建テキストも質が高いです。 「宅建士合格のトリセツ」は要点と基礎の習得に評価が高い (引用:LEC(レック 出版「きほんの宅建士」テキストと問題集の画像) 「きほんの宅建士」は、宅建試験の出題内容を 短く要点を押さえてわかりやすいと好評です。 基礎を徹底的に固めるのには最適のテキストです。 同じレックが出版している「出る順 宅建士」シリーズと比べても難しい問題が少ないです。 2020年の民法・建築基準法改正に基礎から対応! A、B、Cの 3段階でテーマの重要度• 本試験の 過去問題を収録• 問題・解説をすぐ確認。 見開き型問題集• 重要事項が簡単に確認• 宅建講師の間でも、法律系の資格学校のLECの「出る順 宅建士」は、高く評価されています。 重要度ランクで 試験に狙われやすい箇所が一目でわかり、得点できるポイントがわかるのでおすすめです。 持ち運びやすいB6サイズ コミック本程度• 直近の出題傾向を詳細に分析• 基礎だけでなく 、難易度・高の問題にも対応• 応用力が身につく• 初心者を卒業したい人におすすめ カラフルな図柄やイラストよりも、 文章でのわかりやすさを求める人に向いています。 私の超おすすめは、ここでは紹介していませんがLECの直前模試付きの宅建テキストです。 試験のヤマが当たるだけでなく、本試験の丁度良い練習になります。 デザインや構成は「出る順宅建士」と同じですが、 持ち運びしやすい大きさで、試験の要点がまとまっています。 宅建講座やその他資格で実績がある日建学院 日建学院:建築資料研究所は、建築や宅建士の書籍でも実績のある出版社です。 私は建築士を取得時に日建学院と資格学院の両方へ通学した経験がありますが、 日建は受験対策が凄い学校でした。 試験対策の専用チームがあり、過去問を徹底的に分析。 試験のヤマは高確率で当たりました。 日建学院の市販する宅建テキストも豊富な受験ノウハウが盛り沢山です。 出題傾向が徹底的に分析され、 重要ポイントが 整理されています。 「どこでも学ぶ宅建士」で段階的に実力をUP (引用:「宅建テキスト【日建 学院】の画像) 日建学院のイメージキャラクターを採用した解説本も見逃せません。 「ポイントの1行解説」と「よくわかる詳細解説」の ダブル解説 も受験生には使い勝手が良いと好評です。 4段階の優先ランクで重要項目がわかる• 「要点整理」と 「アプローチ」がある• 図解とイラストで具体例で理解 「学ぶ基本テキスト」で基礎力をつけて、「本試験問題」を解き、最後に「超整理」で仕上げと段階的にステップが踏めます。 本試験形式 11年分・550問収録• ダブル解説と4段階の重要度表示• 直前のチェック用• 図表がわかりやすく 全体像が把握 「宅建士どこでも過去問」 ダブル解説で実力アップ (引用:「宅建テキスト【日建 学院】の画像) この3冊の中で、特に 宅建業法の過去問がページ数が一番多く、解説も詳しいです。 また、マンガなどで、わかりやすく 直感的に理解できることにも力を入れています。 項目別過去問題集• 全選択肢に、 ポイントの1行解説• 要点だけの解説と詳細解説の「 ダブル解説」付き• 過去10年分・ 151問をテーマ別に収録• カラー、図解やイラストが多い、解説がわかりやすい本が、宅建初心者に人気です。 次は、その中でも私が特におすすめテキスト(参考書と問題集)を紹介します。 以下のテキストは、私だけではなく、多くの宅建の合格者からも好評です。 フルカラー系では、簡単に理解させることばかりに重点を置きすぎて、中には、解説が不十分な本もあります。 その中で、解説が充実しつつ、ダントツわかりやすいのが、TACの「スッキリわかる宅建士」です。 読み比べていると一番、スッキリと頭に重要事項が入ってきたので、 3ヶ月以内の短期で学びたい人も効率よく学習できます。 他のフルカラー系のどのテキストよりも、 具体例が豊富でポイントがわかりやすいです。 特に「 宅建ワールド攻略チャート」では体系的に重要事項がつかめます。 また、「 過去問スーパーベスト」など覚えた知識を確認することもでき、1冊で必要事項がほぼ学べます。 他にも、私が特におすすめしたいのが、宅建学院のミリオンセラーのテキスト「らくらく宅建塾」です。 カラーのテキストが、うるさく感じる人は、「らくらく宅建塾」がイチオシです。 宅建【問題集】人気シリーズ私のベスト1はこれ! 過去の問題集をしっかり勉強しないと合格できないのが、宅建試験です。 宅建の過去問の攻略は、非常に重要なので、 問題集選びも参考書選びと同じぐらい大切です。 特に解説の部分は、問題集を比べてチェックすると良いです。 おすすめの問題集は、「わかって合格る宅建士 過去問12年PLUS<プラス> です。 統計問題の最新情報とわかりやすい解説も充実 2020年度版は2月に出版予定です この問題集の良さは、毎年、必ず出題される 統計問題のフォローも充実していることです。 7月下旬には、法改正情報・最新統計データに修正された過去問12年間分が、TAC(タック)のサイトからダウンロードできます。 また、問題ごとに出題テーマ・難易度を表示しているので、問題演習の優先順位がわかります。 肢単位で詳しく丁寧に説明してあり、私が読んだ問題集の中では一番、解説が整理されて、わかりやすかったです。 問題・解説部分は切り離しができるので、見直しにも便利です。 でわかります。 タイプ別で選ぶ【宅建】人気の出版社別4シリーズ 4つの出版社を比較すると、それぞれ下記の特徴があります。 自分が勉強しやすいテイストのテキストであるかどうか?で選ぶと失敗は少ないです。 TAC:タック ・解説など長い 文章を読むのが苦手な人。 ・ビジュアル重視で図解やイラストで感覚的に理解したい。 ・資格試験に慣れていない初心者向け 宅建学院 ・語呂合わせで、暗記をする勉強法が向く人 ・分量を絞った薄いテキストで勉強したい人 ・不動産業界で働く人や関連の資格を取得した経験がある人 LEC:レック ・基礎から応用力まで 段階的に勉強したい人 ・本番の練習になる 模擬試験対策に力を入れたい人 ・宅建の試験勉強にマンネリ化している人 日建学院 ・簡易な1行と詳細の2パターンの解説で勉強したい人 ・カリスマ講師の受験ノウハウを知りたい人 ・マンガやイラストなど 日建学院のカラーが合う人 また、勉強時間が十分に取れない人は、独学の短所をお金で解決できます。 悩んでいる人は、宅建の一発合格者が選ぶ【 あなたが、自分に合うテキストや勉強法に出会い、合格できることをお祈りしています。

次の

宅建は独学で合格できる。私を2ヶ月で合格へと導いた4冊のテキストはこれだ!

宅健 テキスト

出題予想と得点配分 宅建の勉強で最初にやるべきなのは、試験全体の出題範囲や頻出箇所を把握することです。 そして、学習のスケジュールを立てていくケースが通常の流れです。 まずは、以下の参考記事を使って、得点配分等の把握をすると良いと思います。 具体的な勉強に入ったら、まずは法令の内容を理解することが肝心ですので、流し読みをすることになります。 この際、使い勝手の良いテキストを無料で提供できればと思い、作成したのが以下のテキストです。 通勤・通学の電車の中などで少しずつ読めるように、なるべく一定量で区切って構成しています。 目次もつけてありますので、途中からの読み返しにも便利だと思います。 また、過去問で出題された箇所についても、部分的に掲載しています。 (過去問を模試として使用する予定がある人の事を考え、正解肢だけを抜粋しています) 以下、法令のジャンルごとに分類しておきますので、各自の学習に役立てていただければと思います。 スポンサーリンク 宅地建物取引業法 宅建業法は、この資格のメイン法令です。 かなりボリュームのある法令ですので、全部で13の記事に分けて作成しました。 通勤・通学時等で、1日に1つ読んでいけば、約2週間で読み通しが完了できます。 宅建業法については、過去問を挿入すると膨大な量になってしまう為、テキストに終始した内容にしています。 無料テキスト 宅建業法の過去問と解説 宅建業法 2016年度~2019年度分 問45「資力確保措置」 2010年度~2019年度分 都市計画法と建築基準法 都市計画法と建築基準法は、繋がりの深い法令です。 順番としては、先に都市計画法を学習して市街地形成の基礎的な考え方を掴んでください。 その上で建築基準法を学んだ方が、理解が深くなると思います。 都市計画法がその『 場所』に対する規制であるのに対し、建築基準法は『 建物』に対する規制だからです。 都市計画法は、全4回に分けて作成しています。 建築基準法は、全7回です。 最初は、宅建業法、都市計画法、建築基準法の3法令を1ヶ月かけてじっくり読むイメージで良いと思います。 無料テキスト 都市計画法の過去問集 建築基準法の過去問集 農地法 農地法は、勉強量が少なく、肝心な所をしっかり押さえておけば確実に得点できる科目です。 1記事にまとめましたので、何度か読み返して覚えてください。 無料テキスト 農地法の過去問集 宅地造成等規制法 近年の水害・土砂災害等の増加に伴い、重要性の高まっている法令だと思います。 少し長い記事ですが、こちらも1つにまとめています。 無料テキスト 宅地造成等規制法の過去問集 スポンサーリンク 土地区画整理法 その名の通り、土地を区画整備するときのルールを定めた法令です。 こちらも1記事にまとめています。 無料テキスト 土地区画整理法の過去問集 国土利用計画法 読めば内容がスッキリ理解できるように意識して作成しています。 こちらも1つの記事にまとめてあります。 無料テキスト 国土利用計画法の過去問集 民 法 民法については、個別に出題予想の記事を公開していますので、そちらも参考にしてください。 この予想記事の内容に基づいて、頻出科目と強化科目に分類しておきます。 頻出科目 強化科目 権利関係法令 「 規制」ではなく、何かの「 権利」について定めた法令を、権利関係法令と呼びます。 ここでは、民法以外の権利系法令についてまとめておきます。 スポンサーリンク.

次の