競艇 ネット 投票。 ネットで競艇をやっている人に質問です!どの銀行の口座を開設するか迷って...

【競艇】初心者のためにインターネットで投票するためのはじめ方を解説!【テレボートサイト】

競艇 ネット 投票

ネット投票のやり方は? ネット投票をするには、 テレボートのインターネット投票会員に登録する必要があります。 をして 楽天銀行のメニューからテレボート登録が一番お得でオススメです。 公式サイトにログインすると、その日レースが開催されている競艇場が一目でわかるようになっています。 ここから競艇場を選んでレース一覧のページへアクセスし、 購入したいレースの投票ボタンをクリック! あとは好きな勝式や艇を選び、金額を入力するだけで簡単に購入ができますよ。 手数料は掛かる? 銀行で入金や出金、振り込みといった操作を行うと、 手数料が掛かることがほとんどだと思います。 ではネット投票するためのテレボートへの入金、払い戻し金を受け取るための振り込みに関しても手数料がかかるのか・・・? 安心してください! 銀行とテレボートの間のやり取りに関しては、 ユーザー側には一切の手数料がかかりません! しかも、 何度やり取りをしても手数料は無料となっています。 ただし、 テレボートへ入金するための資金を銀行へ入金する時、 振り込まれた払い戻し金を引き出す時には、ユーザーが手数料を支払うことになります。 ネット投票にかかる税金 宝くじとは違って、 競艇で得た利益には税金がかかります。 これは一時所得として扱われるため、年間で50万円までの特別控除が受けられます。 つまり、この一時所得で得た金額が50万円を超えると、そこから課税対象となるため要注意です! ハズれた舟券は経費にはならない 「高額配当を得たとしても、それまでに負けた金額の方が多いから大丈夫!」 ・・・なんて考えていませんか? 残念ながら ハズれた舟券は経費として計算されないので、的中した舟券の購入額のみが経費として扱われることになります。 極端な例えになりますが、1つのレースで複数の買い目で合計100万円分の舟券を購入したとします。 この中で1万円掛けた買い目が的中して、なんと100万円の高額配当に! すると収支的にはトントンですから、1円も利益を得ていませんよね。 しかし、 この払い戻しで得た100万円は立派な課税対象になるんです! ハズれた舟券は経費として扱われないとしているため、この場合は掛けた1万円のみが経費として扱われ、正確には99万円が課税対象になってしまいます。 これは1レースに限らず、年間に100万円負けていたとしても変わりません。 的中した舟券で得た利益はすべて課税対象になる・・・ということは、しっかり覚えておきましょう! すべてが税金になるわけではない ここまで課税対象という表現をしてきましたが、例に挙げた金額がそのまま税金になるわけではないので安心してください。 そのまま税金になってしまったら、 年間で50万円以上は徴収されてしまいますからね 笑 そこで、これまで説明した 課税対象となる金額から、課税金額を出すための計算方法を説明します。 課税金額の計算方法 1年間で課税対象となる金額が120万円あったとしましょう。 まずこれを得るためにかかった経費を引きます。 仮に経費を20万円とすると、利益は100万円。 ここから特別控除額の50万円を引き、残った50万円から課税金額を求めます。 この計算も簡単なもので、この50万円の半分が課税金額となります。 つまりこの場合は、 25万円が課税金額となるわけですね。 5=課税金額 これが課税金額を算出するために用いた計算式です。 この課税金額は他の所得と合わせて計算し、その年収によって所得税の控除を受ける事になります。 例えば仕事で年収400万円の方なら、一時所得による課税金額の25万円を足して年収が425万円となるわけです。 確定申告する際には、間違えのないように気を付けましょう。 特別控除額の勘違い 特別控除額を勘違いしている方がよくいますが、特別控除額の50万円とは年間であり、一回で得た一時所得ではありません。 一回で得た一時所得と勘違いしている方の場合、 「50万円以下の舟券だから税金はかからない」 と考えてしまっているわけです。 こうした勘違いをしていると、 知らない間に脱税していたなんてことにもなりかねません! ネット投票なら履歴が残る テレボートでネット投票をすると、入出金の情報から舟券の的中、ハズレといった記録までもがネット上に保存されます。 また、お金の動きは銀行の記録にも残ります。 これはマイページからいつでも確認できるので、税金の計算をされる時にはチェックしましょう。 もしかしたら、 自分一人くらい申告しなくてもバレないだろうと思う方がいるかもしれませんが、テレボートや銀行に記録が残っているため、 調べられたら言い逃れはできません。 そのため、キチンと計算をして納税することをオススメします。 予想を仕入れる ただむやみに大穴狙いをしてもうまくいかないのは何度かやっていくとわかります。 そこで利用したいのが一般に競艇予想サイトと呼ばれる競艇予想サービスです。 競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して大穴が出るレースを洗い出してくれます。 無料情報で勉強して自分で時間を使い場数を踏んで得意な競艇場や勝ちパターンを作ることも大事ですが、競艇予想サイトを活用するのも時間短縮して稼ぐ確率を高める一つの方法です。 3つの競艇予想サイトの予想結果 今回、実際に使った評判のいい競艇予想サイトの 実績結果を掲載します。 2019年9〜10月に実際に競艇予想サイトを使った内容になります。 注意)競艇予想サイトは手を抜いた予想を出してくるところもたくさんありますので、きちんと理論と経験、足を使って調査してくれる予想サイトを選ばないといけません。

次の

【初心者向け】競艇の舟券をネットで購入する方法

競艇 ネット 投票

そんなときはインターネットを使って投票すると解決します。 他にも色々なメリットがあるネット投票の仕方について解説します。 ネット投票で得られるメリット• 投票するために投票機の前まで行く必要がなくなる• 投票機操作の手間を省くことができる• 当った投票の払い込みは即口座に反映されるので次のレースに再投入できる• 投票した選手を思い出すのに使える ざっと、上記のようなメリットを得ることができます。 手間を省けるのはあたり前として自分が投票した選手が誰だったかを後で思い出すのに使えるのが素晴しいです。 このおかげで自分のお気に入り選手がわかってきて、回を重ねるごとに好きな選手が増え、もっと競艇を好きになることまちがいなしです。 ネット投票の会員になる方法(無料) にアクセスしてください。 【TELEBOAT会員募集サイト|トップ】 上記のようなページが表示されたら「会員登録はこちら」をクリックして会員登録ページに進みます。 【TELEBOAT会員募集サイト|会員登録】 こちらの「ネット銀行口座をお持ちの方」から自分が持っている口座を選択して申し込みを行ないます。 15分くらいで登録完了まで進めます。 わたしは三井住友銀行を使っています。 その場合は即お申し込み完了にならず、翌営業日にメールが来て残った手続きを行なうことになります。 完了するとログイン情報を取得できます。 ログイン情報について PCサイトへのログインに必要な情報とスマホサイトへのログインに必要な情報が異なっています。 公式サイトを見るとPCと携帯で違うみたいなことが書いてあったけど、スマホはPC扱いでいいのかなと思ってたら違いました。 レース場に行ってからログインできないと焦る前に行く前にちゃんと投票サイトにログインできるか確認したほうがよいでしょう。 インターネット投票サイト PC版サイト にアクセスしてください。 【インターネット投票会員認証画面|PC版】 上記のような画面が表示されます。 見た目が古いので動いているか心配になりましたが、たしかにこのサイトであってました。 ログイン情報を3つ入力してログインしてください。 HTMLログインとFLASHログインの2つのボタンがありますがどちらでもOKです。 スマホ版サイト にアクセスしてください。 【インターネット投票会員認証画面|スマホ版】 スマホサイトっぽい表示ですね。 こちらのログインに必要な情報はPC版と異なっているのでまちがわないように気を付ける必要があります。 スマホでも設定を変更してみるとPC版サイトを見れたのてHTMLログインでログインしてなんとか投票することができました。 ログイン後の入金と投票 【投票メニュー画面】 PC版にログインすると上記のような画面が表示されます。 入金 まずは左のメニューから入金をクリックしてネット口座から入金をします(最低入金額は1,000円のようです)。 もちろん、わたしは1,000円の入金です。 投票 画面右側のボートレース場の表示から開催場所をクリックしてください。 【通常投票入力画面】 こちらのような画面が表示されます。 最初は直近のレースと通常投票が選択されています。 投票レースを変更するときは上のレース番号から変更してください。 次に通常投票で最低限必要な選択としては勝式とその下側に表示されている番号を選択します。 初心者は単勝で一着に来ると思った番号を一つ選択するとよいでしょう。 最後に、購入金額を入力して「投票フォームに記入」ボタンを押してください。 右側に入力内容が反映されます。 ここまでやったら「投票入力完了」ボタンを押して確認ページに行きます。 【投票内容確認画面】 確認ページで投票内容を確認してまちがいがなければ購入金額を表示されているものと同じ内容で入力して投票用パスワードを入力して「投票する」ボタンを押せば投票完了です。 投票結果 レースが終って順位が確定したら自動的に払い戻しが行なわれています。 トップページの左側メニューの照会から確認できます。 以上が投票までの方法です。 投票した選手を思い出す ネット投票の会員になると簡単に投票できるだけでなく、サイトも使えるようになります。 【TELEBOATサイト】 右上のログインボタンからログインすると投票結果などを見ることができます。 投票結果を確認する サイトの投票結果タブをクリックすると下のようなページが表示されます。 【投票結果照会】 こちらから辿っていくと実際に誰が一位になったのか確認できます。 わたしはこれで的中した選手が誰だったか調べてお好み選手に登録しました。 ボートレースの上手い下手はわからないのでまずは的中した選手を自分のお気に入り選手として今後ウォッチしていけば楽しみが増えそうです。 今は単勝がメインだけどお気に入り選手が増えたら2連複にも手を出していけそうだし、もっと競艇を楽しめるような気がしてます。 お好み選手登録 サイト上部の設定タブをクリックして次のページに進んで、次にお気に入り設定をクリックすると下の画面が表示されます。 【お好み選手登録】 こちらから選手番号を入力するとお好み選手に登録できます。 今後はここに登録したお気に入り選手が活躍してくれるとうれしいですね! まとめ 投票機の手間から開放されたくてネット投票を開始したらいい事があった。 自分が誰に投票して的中したのかを調べられるようになった。 この機能のおかげでまずは選手に興味を持ってもうちょっと競艇にも興味を持っていけるような気がした。

次の

ボートレース|公営競技|ジャパンネット銀行

競艇 ネット 投票

電話投票会員の申し込み方法 電話投票会員の申し込みをするにあたって、 まず最初にテレボートに加入申込書の請求をする必要があります。 そして、案内書に書かれている説明に沿って申込書を記入し、それらを返送するだけでOKです。 電話投票会員の申し込みをするにあたって特にこれといって難しい部分はありませんが、 テレボートが指定している銀行口座を持っている必要がある点には気をつけてください。 指定の銀行口座を持っていれば、テレボートから利用開始通知書が送られてきた時点で登録が完了して電話投票ができるようになりますが、そうでない場合は会員登録とあわせて口座開設もしなければいけません。 指定口座を持っていない場合 テレボート指定の銀行口座を持っていない場合は、2つの方法で申し込みを進めることができます。 テレボートから送られてきた書類の中にある口座開設書を利用する• テレボートへ申込書と本人確認書類を返送し、指定期間内に自分で銀行口座の開設手続きをする 1の方法の場合は、テレボートから銀行通帳と利用開始通知書が送られてくれば登録完了となります。 2の方法の場合は、テレボートから利用開始通知書が送られてくれば登録完了です。 登録完了までの期間 電話投票会員に登録する場合、加入申込書の請求から 約1ヶ月半~3カ月程度かかります。 指定口座を持っていれば1ヶ月半、なければ3カ月と見ておく必要がありそうですね。 利用開始通知書が送られてきた時点で登録は完了しているため、すぐ電話投票を始めることができますよ。 家族に内緒で申し込める? 競艇は公営競技と言ってもギャンブルですから、内緒でやりたい方もいらっしゃると思います。 しかし、 電話投票会員の場合は最低2回は郵便物が届くので、郵便物が自分以外の家族に見つかった時点でアウトです(笑) 自分で郵便物を回収できるのならバレずに済むと思いますが、それが難しい場合はネット投票会員になることをオススメします。 ネット投票会員の場合、会員登録時に 郵送物不要という欄にチェックをしておけば何も送られてきませんからね。 ただ、指定口座を持っていない場合は、電話投票会員と同じように口座開設手続きが必要になってきます。 電話投票アプリについて ネット投票会員向けのアプリであればiPhone版でリリースされていますが、 電話投票会員向けのアプリは残念ながらありません。 会員規約にも、登録情報に変更があった場合は速やかに変更手続きをするようにと記載されているので、できるだけ早く変更手続きを済ませてしまいましょう。 ちなみに、 舟券の購入に関しては最初に登録した時の加入者番号と暗証番号を使うので、電話番号が変わって変更手続きを済ませた後にもそのまま使えますよ。 加入者番号・暗証番号を忘れた場合 もし加入者番号を忘れてしまった場合には、インターネットもしくは電話にてテレボートへ連絡をして確認することができます。 暗証番号を忘れてしまった場合は、電話でテレボートへ連絡するしかありません。 なお、暗証番号は受付時間内のみ確認することができます。 受付時間に関しては、通常開催時は8時15分~17時まで、ナイター開催時は8時15分~20時半までとなっています。 情報の取り扱いには要注意! 加入者番号と暗証番号に関しては、 他人に知られてしまうと勝手に舟券を買われてしまう可能性があります。 そのため、しっかりとした管理が必要ですし、むやみやたらに電話やネットで確認するのもあまり良くありません。 また、利用開始通知書にも加入者番号と暗証番号が記載されているので、人目に付かない場所かつ絶対に無くさないよう気をつけてくださいね。 電話投票会員の解約方法 電話投票会員は特に何の手続きもしなくても、 1年間利用しなかった場合には自動解約となります。 ただ、解約手続きをきちんとしたいという場合には、 テレボート公式サイトから解約届をダウンロードして郵送するといった方法もありますよ。

次の