ありがたいお言葉をいただき。 「恐縮しております」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉

「身に余るお言葉」の例文・使い方・類語|メール/ビジネス

ありがたいお言葉をいただき

「嬉しいです」は目上に使えるか 「嬉しいです」は敬語 「嬉しいです」の敬語の言い換えを解説していきますが、実は「嬉しいです」はすでに敬語です...! 敬語には大別して尊敬語(目上の人の行為をうやまう)、謙譲語(目上の人に対する自分の行為をへりくだる)、丁寧語(単に丁寧に表現する)の3種類があります。 「です」は指定の意を表す丁寧語(「だ」の丁寧語)なので、「嬉しいです」は敬語ということになります。 「嬉しい」は形容詞です。 形容詞には敬語はありませんので、語尾に付ける「です」によって、「嬉しいです」は敬語表現となっています。 「嬉しいです」はビジネスシーンで使うには丁寧さに欠ける 「嬉しいです」は正しい敬語ですが、ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、少し丁寧さに欠ける表現です。 「です」は敬語ですが日常会話でも頻繁に使用するため、かしこまった意味合いが薄れてしまい何となく稚拙な印象を与えてしまう可能性があります。 加えて、「です」は指定・断定の役割をする助動詞なので、直接的で少々強意的です。 また、「嬉しい」という感情は目上の人に対して自分が抱くものなので、できれば謙譲語を使いたいものです。 これらの理由から、「嬉しいです」は上司や取引先など目上の立場の相手に対しては使用しない方が無難と思われます。 「嬉しゅうございます」も同義だがビジネスには適さない 語尾に使う丁寧語には他にも「ございます」があります。 「ございます」は「あります」をより丁寧にした丁寧語です。 「嬉しいです」の言い換えには「嬉しゅうございます」という言葉も存在します。 しかし、これは大和言葉でかなり古めかしい響きのある日本語なので、ビジネスには適しません。 この言い換えもビジネスシーンでは使わない方がよいでしょう。 「です」の代わりに「思います」を使うといくらか柔らかい印象になります。 しかし「思います」も「思う」の丁寧語なので、「嬉しいです」と敬語の丁寧さ度合いは変わっていません。 「嬉しく存じます」だと 謙譲表現となり、ビジネスシーンで目上の人に対して問題なく使うことができます。 「存じます」=「存じる」+「ます」で成り立っています。 「存じる」は「思う」の謙譲語で、「ます」は丁寧語です。 「嬉しく存じます」には、単に「こころよく楽しいと思う」という意味の場合と、「〜してくれたらありがたい」という 依頼の意味の場合があります。 「 大変嬉しく存じます」という強調表現もよく使われます。 例文 ・そのようなお褒めの言葉を頂き、大変嬉しく存じます。 ・ご多忙の中大変恐縮ではございますが、早めにご返信を頂けると嬉しく存じます。 まずは「感謝」という言葉を使った「嬉しいです」の言い換えを紹介します。 ・感謝します ・感謝いたします ・感謝申し上げます ・感謝に堪えません ・感謝の意に耐えません などがあります。 「いたす」は「する」の謙譲語、「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 どちらも謙譲語ですが、どちらがより丁寧かはなかなか判断が付かないところです。 「する」のと「いう」のはどちらの方が謙虚さがあるか、ということになります。 「する」のは相手がいないとできませんが、「いう」のは一人でもできるので、「申し上げる」の方が丁寧さが微妙に強いという意見が多数派です。 ・心より ・衷心より などの言葉で感謝の気持ちを強調することができます。 例文 ・この度の新商品開発にあたり、ご協力いただいたことに感謝いたします。 何もわからない私に一から指導してくださった皆様には感謝の念に堪えません。

次の

「ありがたい」を目上に伝える際の敬語表現とメールで使える例文7選

ありがたいお言葉をいただき

「ありがたい」の意味とは? 「ありがたい」の意味は「滅多にない・感謝」 「ありがたい」の語源は「有り難し(ありがたし)」で、「有る(あること)」と「難い(むずかしい)」の2語からできています。 思いもしない幸運に恵まれたり、期待していなかったような助けが得られたりすると、私たちは「ありがたい」ことが起きたと感じます。 現在では「ありがとうございます」というあいさつ言葉になっていますが、古くは「有り難ふ御座りまする」といいました。 「ありがたい」の表記は「ひらがな」が基本 ネットで変換すると「有難う御座います」の候補もありますが、「ありがたい」も「ありがとうございます」も、表記する場合はひらがなにするのが一般的です。 あいさつ言葉には「今日は(こんにちは)」「今晩は(こんわんは)」「御免なさい(ごめんなさい)」など由来となる言葉が存在しますが、いずれも基本的には「ひらがな」で書くことになっています。 「ありがたい」の使い方と注意点 「ありがたい」はお断りのクッション言葉 「ありがたい」は謝意を伝えるときだけでなく、ビジネスマナーとして欠かすことのできない「クッション言葉」としてもたいへん重要です。 クッション言葉とは、用件を丁寧にお断りしたいときや異論を唱える場面で結論の前にひとこと添えるクッションのような役割をする言葉のことで、「せっかくのありがたいお誘いですが~」「たいへんありがたいお話ではありますが~」のように使います。 「ありがたいです」の乱用は避けよう 「ありがとうございます」の代わりに「ありがたいです」と言うことも可能ですが、「形容詞+です」は短絡的で稚拙な印象になりやすいため、そういった用法が習慣になっていないか見直してみましょう。 しかも、「ありがたい」の丁寧語表現としては「ございます」の方がより丁寧であるため、あいさつ言葉として定着している「ありがとうございます」をわざわざ「ありがたいです」と言い換えると他意を疑われることにもなりかねません。 「感謝の言葉」と「嬉しい」の表現は分けよう あまり一般的でない表現を乱用することのデメリットは、「クセの強い人」と言う印象を相手に与えてしまうことです。 授業中に先生の口ぐせを数えてしまったという経験はないでしょうか。 もうすこし神経質な人ならストレスを感じて授業に集中できなくなってしまったかもしれません。 たしかに、紋切型のあいさつよりも率直な気持ちを口にしたほうが伝わりやすい場合もありますが、「ありがたいです」は自分の気持ちを表現する言葉として、一般的な慣用句である「ありがとうございます」とは使いわけることをおすすめします。 ビジネスでは避けたい「~たいです」 「ありがたいです」の乱用を避けるべきもうひとつの理由に、近年増えつつある「~たいです」という表現に対する評価が分かれていることもあげられます。 「~してください」と依頼するのではなく、「~して頂けるとありがたいです」「~していただきたいです」のような言い回しは自分の希望をやんわりと伝えているだけなので、コミュニケーションとして不完全な印象です。 「して頂きたいならちゃんと依頼しろ」と相手に思わせてしまうリスクがあります。 「ありがたい」の類語と言い換え 類語は「幸いです」「幸甚です」 「幸い(さいわい)」「幸甚(こうじん)」は、かつてはそれほど頻繁に目にすることはありませんでしたが、近年とくに「~してくだされば幸いです」「いただけますと幸いです」という表現は、メールの締めには欠かせない決まり文句となっています。 本来の意味は「~してもらえるとうれしい」という希望の謙遜表現で、「幸甚」は「はなはだ(非常に)うれしい」という意味です。 いずれも書き言葉であり、話し言葉に使われることはありません。 それほど強い意志をあらわす言葉ではないため、近年では「~してください」という依頼の婉曲表現として用いられる傾向がありますが、もともと「~してもらえたら私が幸せです」という表現なので、同じ文面の中で乱発してしまうと「自分の幸いばかり」と違和感を覚える人もいるようです。 また、判で押したような「マニュアル敬語」になってしまうリスクもあるため、適宜「お願いいたします」「助かります」などのふさわしい言葉に置き換えたいところです。 「ありがたい限りです」で喜びをあらわす 「ありがたい」は形容詞なので、ほかの言葉と組み合わせることで生き生きとしたオリジナリティを出すことができます。 「とてもありがたく心に沁みます」など、感謝をあらわすほかの表現と抱き合わせて気持ちを伝えましょう。 「ありがたい限り」とは、「願ってもない」「最高にありがたい」「感謝の気持ちで心がいっぱい」という意味で、丁寧なお断りでも「ご厚意はありがたい限りなのですが、いまは十分間に合っています」のように使います。 「過分なるお言葉」「おかげさま」で言い換える 「過分(かぶん)」とは「身に余るほどの」という意味で、「過分なるご厚情」「過分なるお心遣い」のように「ありがたい」の内容とセットで言い表します。 「おかげさま(御蔭様)」は江戸時代から使われている古い言い回しで、見えない力が働いて実力以上の幸運に恵まれたという謙遜表現です。 感謝をあらわす言い回しに謙譲表現が多いのは、多くの人が感謝するとき自然に謙遜な気持ちになるためではないでしょうか。 まとめ クッション言葉やあいさつ言葉としおなじみの「ありがたい」は、形容詞としてあらゆるシーンや立場で使えるポピュラーな言葉なので、それだけに使い方には注意したいものです。 敬意の足りないビジネス用語はそれだけで問題ですが、あまり大げさな表現になってしまうのもスマートなビジネスパーソンはいえません。 敬語としては間違っていないのに、何となく浮いてしまう「コピペ敬語」「マニュアル敬語」にならないためにも、過不足のない言葉選びを心がけましょう。

次の

ビジネスで使う「ありがたい」の敬語変換

ありがたいお言葉をいただき

「幸甚です」の読み方と意味 「幸甚です」の読み方は「こうじんです」 「幸甚です」は「 こうじんです」と読みます。 「幸甚です」は、 「幸甚」に丁寧語の「です」をつけた言葉です。 「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」と読みます。 「幸」は「運が良いこと」「かわいがる」「思いがけないさいわい」を意味しています。 「甚」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はなはだ」と読みます。 「甚」は「ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味になります。 「幸甚です」の意味は「非常に嬉しいです」 「幸甚です」の意味は「 非常に嬉しいです」です。 「幸甚」は、「 思いがけないさいわい」という意味のある「幸」と、「 ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味のある「甚」を組み合わせた言葉なので、「非常に嬉しい」というような意味をもつ言葉になります。 また、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う というようなニュアンスが含まれている言葉です。 「幸甚です」の使い方と例文 「幸甚です」はビジネスで目上の人に使える 「幸甚です」は、 ビジネスシーンで目上の人使用することができる言葉です。 「幸甚です」は、「~をすることができて幸甚です」などのように、自分の行動に対して「嬉しいです」という気持ちを表現するというような場面では使用することができません。 「幸甚です」は、 相手の配慮の配慮や心使いに対してなど、相手に感謝の気持ちを使える場面で使用する言葉です。 「幸甚です」は、少々堅苦しい表現になるので、 社内で日頃から関わりのある相手や親しい間柄の上司にはやや不自然です。 主に、メールや手紙などビジネス文書で使用される言葉です。 「〇〇していただき幸甚です」は、「 ~をしてくれて大変ありがたく思います」というような意味になります。 「大変幸甚です」のような使い方は誤用になりますので注意してください。 例文 「この度は食事会にお招きいただき幸甚です」 「オープンから今日まで、たくさんの人たちにご来店いただき幸甚です」 「お忙しい中、貴重なご意見をいただき幸甚です」 「御社の企画会議にお忙しい中参加していただき幸甚です」 「この度は、弊社の商品を購入していただき幸甚です」 贈り物をする際の決まり文句としても使われる 「幸甚です」は、 贈り物をする際の決まり文句としても使われる言葉です。 「気に入ってくれたら幸甚です」「受け取ってくれたら幸甚です」といったように「~してくれたら幸甚です」という使い方をします。 ここでの「幸甚にです」は、 自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足に思います」といった意味になります。 例文 「心ばかりの御礼といたしまして当地の名産品をお送りしました。 気に入ってもらえたら幸甚です」 「お菓子の詰め合わせをクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸甚です」 「日頃、お世話になっているお礼としてギフト券を同封いたしました。 受け取ってくださると幸甚です」 「幸甚です」の言い回しと例文 この上ないほど幸せなことを表す「幸甚の至りです」 この上ないほど幸せなことを表す場合は「 幸甚の至りです」という言い回しをします。 「至り」の意味は「 ある物事が最高の状態に達していること」「 極み」です。 つまり、「幸甚の至りです」は「 幸せの極みです」「 最高潮の幸せです」をというような気持ちを表しています。 「幸甚の至りです」は、 「幸甚です」よりも、幸せであることを強調している言葉になります。 例文 「この度は、素敵な贈り物をいただきまして、幸甚の至りです」 「弊社の商品を購入していただけるということで、幸甚の至りに存じます」 「このような素晴らしい賞をいただくことができるなんて幸甚の至りです」 「幸甚です」の敬語表現は「幸甚に存じます」 「幸甚です」の敬語表現は「 幸甚に存じます」となります。 「存じます」は 「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 よって、「幸甚に存じます」は謙譲語であり、自分の行為をへりくだっていうときに使う表現だということになります。 「幸甚に存じます」は「 とてもありがたく思います」「 何よりの幸せであると思います」という意味です。 また、「幸甚に存じます」には、「対応してくれたらこの上なく幸せです」といったニュアンスが含まれます。 「幸甚に思います」と言うよりも「幸甚に存じます」と言った方が、丁寧な表現になります 例文 「本日はご来店いただきまして誠にありがとうございます。 「幸いです」は、「幸い」に「です」という丁寧語をつけた言葉です。 「幸いに存じます」は、「幸い」に「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」をつけた言葉です。 「何かをお願い・依頼する場合」・「贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合、ビジネスメールで相手に何かを依頼するとき」に用いることが多い言葉です。 「非常にありがたいです」は、「ありがたい」に強調する「非常」という言葉をつけて「とてもありがたいです」というような意味合いにしています。 「ありがたく存じます」は、「ありがたい」に「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」をつけた言葉です。 「ありがたく存じます」は「嬉しいです」「助かります」といった意味で、感謝や喜びを表す言葉です。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 「光栄」は 感謝や嬉しく思う気持ちを伝えるときに多く使われます。 「光栄」の「栄」には、「輝く」「繁栄する」「活気がある」といった意味があります。 つまり「光栄です」は、自身の嬉しいことやありがたいことに対して使います。 また自身の行動や業績を褒められたときにも使う表現です。 「光栄です」は目上や目下、立場に関係なく名誉に思う気持ちを伝えるときに使うことができますが、 目上の相手に使うことがほとんどで、目下の相手に使うことは少ないです。 例文 「このような素晴らしいステージにお招きいただき大変光栄です」 「この度は、素晴らしい賞をいただき光栄に存じます」 「お褒めに預かり、光栄に存じます。 今後も日々精進してまいります」.

次の