谷川 温泉 旅館 福島。 【ポツンと一軒家】福島県(10/27)は片野三郎さんの谷川温泉!山奥で住み続ける理由に驚愕!

アクセス

谷川 温泉 旅館 福島

谷川の湯は、福島県塙町にある温泉旅館です。 塙町は、福島県の南東部に位置する町です。 町の総面積の8割が山林で占められており、昔からの林業の町だそうです。 町の中心エリアから東側へ行った山中にある、赤い屋根が目じるしの秘湯だそうです。 常磐自動車道「いわき勿来IC」から車で46分、あぶくま高原道路「玉川IC」からは52分の距離です。 福島空港からは車で54分です。 客室数は全6室で、最大収容人数は25名です。 アルカリ性単純泉の天然温泉があるそうです。 食事は、季節の食材を使った料理や、手打ちうどんなどを提供しているようです。 旅館の周辺の観光スポットには、羽黒山や塙ふれあいの森などがあります。 ラグジュアリーホテルやビジネスホテル老舗旅館や温泉旅館などの様々な宿泊施設はもちろん、 仲居さんや支配人、フロントやコンシェルジュ、料理長やパティシエ、ブライダルコーディネーターまで、宿泊業界のあらゆる職種の求人をご用意しています。 気になるホテル・旅館の求人があれば、まずはご登録いただくか電話やメールでお問い合わせください。 なら【おもてなしHR】• 公式コミュニティ• 株式会社ネクストビート運営サービス•

次の

群馬 水上温泉郷谷川温泉 旅館たにがわ【公式サイト】

谷川 温泉 旅館 福島

温泉の特徴から探す• ちょっとお得なプランから探す• 季節のおすすめから探す• 食事のこだわりから探す• 温泉以外の宿の特徴・施設から探す• 誰と行くか、旅のスタイルから探す• 女性向けプランから探す• ご当地観光内容から探す• 冬の味覚王「カニ」の種類・ブランドから探す• 出張・ビジネスにおすすめから探す•

次の

日本秘湯を守る会 福島県 おススメの宿 高湯温泉・甲子温泉・中ノ沢温泉・二岐温泉・木賊温泉・微温湯温泉

谷川 温泉 旅館 福島

福島県の他、宮城県・岐阜県・広島県に同じ柳津町があるが、すべて「やないづ」と読むのが面白い。 当地の柳津の由来は、かって只見川沿いに柳の大木が植えられていて、その前に船の発着所があったことに由来するそうだ。 町は会津地方の西部に位置し、会津若松市からは25kmの地点にある。 人口が僅か3700人余りの小さな町だが、 町には日本三大虚空藏尊の一つで重要文化財の福満虚空藏尊圓藏寺があり、もともとは門前町として栄えていた。 1200年の歴史を有する寺は、七日堂裸まいりや稚児行列、おこもり等の伝統行事が古くから行われていた。 門前町であったために古から宿坊が多数あったが、現在は旅館に姿を変え、近年になって温泉も発掘されて柳津温泉街に変貌している。 因みに、2012年には、町で「第10回 全国門前町サミット2012 in会津柳津」が開催されている。 まぐぞーさんに強く薦められて、珍しくも1人で行くことになった奥会津・南会津の素朴な温泉地。 前日宿泊したから、この日に泊まるに向かう途中の立ち寄り候補についても同じくまぐぞーさんにご教授願った。 その中の一つが西山温泉 老沢温泉旅館で、彼女のここの記事を見たときに目に飛び込んで来たのが、私設の温泉神社の前に並ぶだった。 これを見た瞬間、立ち寄り湯の第一候補に決めた。 後で知ったが、この風呂こそ知る人ぞ知る名物風呂だった。 ナビがどうやら周辺まで連れて行ってくれて、駐車場を兼ねた広い前庭の後に、明治9年(1876年)築の建物が取り込まれた2階建ての老沢温泉旅館が見えてきた。 ここのHPが無いので詳細は不明だが、部屋数は10室、宿泊料金は2食付きで1万円以下だろうが詳細は分からない。 磐越自動車道会津坂下ICから国道252号線で20kmほど、途中、県道32号(柳津昭和線)に乗り換えて滝谷川沿いを5kmほど下った静かな山間に、5、6軒ほどの素朴な温泉宿が点在する西山温泉がひっそりと湯煙を上げている。 この一帯は地熱が高い地域で、すぐ近くにはがあることから推測できるように、湯量豊富な温泉が滝谷川沿いに湧き出ており、多くの旅館が自前源泉を有している。 中の湯、滝の湯・老沢など源泉名を使った旅館が多く、日帰り入浴を歓迎していて、同じ町内の柳津温泉の旅館と合同で、を発行している。 料金は1000円で3軒の旅館で立ち寄れるので、3軒目が実質無料で入浴出来ることになる。 今回立ち寄らなかったが、意外にもこんな小さな温泉地に町営の日帰り温泉施設「せいざん荘」が、温泉街から奥まった高台にある。

次の