破滅 小説。 人類が滅亡する小説を教えてください。人類破滅テーマのSF小説を教え...

破滅派|オンライン文芸誌

破滅 小説

しかし8歳の時に頭を強く打った際に、この世界が転生前に攻略していた「FORTUNE LOVER(フォーチュンラバー)」という乙女ゲームの世界だということを思い出します。 記憶を思い出した後は、元の庶民だった性格が強く出て、落ちたお菓子を拾い食いするほど食い意地のはった、 元気いっぱいで素直な性格に別人のように変わります。 破滅フラグを回避しようと、国外追放されても行きていけるように魔法の能力を磨きます。 その方法は、まさかの 「畑作り」。 カタリナの魔法属性は「土」で、カタリナ自身が「土ボコ」というほど 地面をちょこっと盛り上げて人を転ばせることくらいしかできません。 (ゲーム内ではその魔法を使って主人公を転ばせるなどして悪用していました) そこで、「土と対話するなら畑」と転生前の祖母のアドバイスに従って、畑づくりのスキルをせっせと磨きます。 また、畑作りのスキルがあれば、身ひとつで国外追放されても行きていけると思ってのことです。 この視点からもわかるように、カタリナはどこか視点がズレていて、 難しいことを考え続けることができない性格です。 なにか問題が起こった時は脳内に複数のカタリナが円座になって、問題解決策を募ります。 導き出された解決策はピントのズレた案ですが、もともとお人好しの転生前の性格が強くでていて、そこが 裏表のないカタリナの魅力にもなっています。 この畑作りエピソードでは腹黒の第三王子・ジオルドの完璧仮面も一瞬笑いで剥がれ落ちてしまうほどで、 正式に婚約が成立してしまいました。 またうっかりした性格からメアリと婚約予定の第四王子・アランのセリフを悪気なく奪ってしまうなど転生前に得たゲームの知識でトラブルを巻き起こしたりもしています。 困っている人を見過ごせない性格で、 男女問わず人たらしの面があります。 反面、色恋にはまったく免疫がなくジオルドからのあからさまなアプローチにもまったく気づいていません。 首筋にキスマークをつけられても「虫?」と思ってしまうほどの激ニブでもあります。 攻略対象と悪役令嬢カタリナとの関係は? 【新刊情報】『 1巻』本日入荷しましたユリ!! 話題沸騰の待望のコミックス化です!! ぜひぜひお求めくださいユリ!! 原作 キャラクター原案・コミック — アニメイト新百合ヶ丘店 animatesyrgok 乙女ゲームの攻略対象と転生後のカタリナの関係について紹介します。 【悪役令嬢カタリナとの関係】第三王子……ジオルド・スティアート なんでもできる天才肌で、毎日に飽き飽きしていたところ、自分の 予想外の行動をするカタリナから目が離せなくなってしまいました。 なにがなんでも婚約解消はしない姿勢を貫いています。 ちなみに蛇が苦手ですが、カタリナからは破滅エンド回避のために蛇のオモチャを投げつけられたことがあります。 まわりはジオルドの完璧仮面にだまされていますが、カタリナはいち早く疲れているジオルドに気づきました。 カタリナはジオルドにとって 魅力的で、安らぐ存在になっています。 【悪役令嬢カタリナとの関係】第四王子……アラン・スティアート ジオルドの双子の弟ですが、完璧超人の兄と比べられてきたため コンプレックスからひねくれた性格をしています。 優しげな王子然としたジオルドとは違い、 ワイルドな風貌をしています。 婚約者であるメアリがあまりにもカタリナのことを話題にするので嫉妬をして家を訪ねてきます。 木登りの勝負を持ちかけられて面食らうも、負けじと勝負を挑みカタリナと仲良くなります。 野性的な風貌に似合わず、 楽器の演奏が得意で、そのことをカタリナに絶賛されました。 アランにはアランの良さがあると教えてくれたカタリナを密かに想っています。 妹のように想っている婚約者のメアリとはジオルドの魔の手からカタリナを護るべく同盟を組んでいます。 傍目からはメアリとお似合いのカップルのように思われていますが、実情は違っています。 【悪役令嬢カタリナとの関係】義弟……キース・クラエス カタリナの 義弟です。 クラエス家に引き取られる前は兄弟から虐げられるなど過酷な経験をしました。 ゲーム版では義姉のカタリナ・義母から冷たくされて愛情不足に陥り、 女性と浮名を流すプレイボーイに育ちます。 転生後のカタリナは「愛情不足になってチャラ男になるから破滅フラグが訪れてしまう。 だったら 私がかまってあげればいい!」と優しく接します。 カタリナの母から冷遇されていたのは、夫の愛人の子供だと誤解があったからですが、カタリナのおかげで早期に誤解は解決されました。 「かわいいから」と夜着姿をカタリナに見せられるなど、まったく 男扱いされていないことが悩みです。 プレイボーイどころかまるで ヘタレの扱いになっています。 暴走しがちなカタリナの監督役として、誤解がとけた義母からは絶大な信頼を寄せられています。 悩みは最近積極的になってきたジオルドの魔の手からいかにカタリナを守るか、という点です。 【悪役令嬢カタリナとの関係】宰相の息子……ニコル・アスカルト 成長するに従って 色気がムンムンのニコル。 男女問わず、その魅惑の微笑みには失神者が出るほどの威力があります。 カタリナ曰くまるでロマンス小説に出てくる「 魔性の伯爵」のよう。 ロマンス小説仲間である妹のソフィアの付き添いでクラエス家を訪れた際に、カタリナと出会います。 アルビノ風の妹のことを口さがなく言われ辟易していた中、カタリナに「 ご両親はあんなに素敵で妹さんはあんなに可愛くて、ニコル様は本当に幸せ者ですわね」と言われたことがきっかけでカタリナに惹かれます。 真面目な性格のため婚約者のいるカタリナに想いを寄せることはやめようとしますが、両親も実は略奪婚だったと妹ソフィアからはけしかけられています。 この主要攻略対象の4人以外にも、 メイドのアンや 友人のメアリ、 ソフィア、本来の乙女ゲームの主人公・ マリア、 ソラからも想いを寄せられています。 スポンサーリンク 悪役令嬢カタリナに転生する前はどんな女の子だった? 転生前は男兄弟と野山を駆けずり回っていた「野猿」と呼ばれた女の子です。 特技は「木登り」。 女友達からすすめられた乙女ゲームにハマって母親に怒られるほどやり込んでいました。 高校生の時に、交通事故で亡くなってしまいました。 ちなみにこの「木登り」のスキルは、カタリナになっても活かされていて第四王子・アランとの勝負で勝っています。 (そもそも王子は木登りなんてしたことがありませんので、この勝負には度肝を抜かれていました) 悪役令嬢カタリナの破滅フラグとは? 乙女ゲーム版のカタリナは、主人公ヒロインと攻略対象のジオルドが ハッピーエンドで国外追放、 バッドエンドで死亡、といった破滅フラグが待ち受けています。 ちなみに、他の逆ハーレムエンド、義弟のキースエンドでも同じくハッピーエンドで国外追放、バッドエンドで死亡になっています。 転生したカタリナは、この破滅フラグを回避する努力をします。 それがこの小説のメインストーリーとなっています。 スポンサーリンク 悪役令嬢カタリナはジオルドと婚約破棄できる? カタリナは、ジオルドとの婚約破棄を狙っています。 ジオルドとの婚約は、カタリナが自分の不注意で額につけてしまった傷が原因です。 カタリナは初めてみる理想の王子様に我を忘れてベッタリくっつきすぎてしまい、結果王子に激突して転倒。 転んだ拍子に額を石でザックリと切ってしまったのでした。 嫁入り前の貴族の女性の顔に傷をつけてしまったと、ジオルドは責任をとってカタリナと婚約します。 ゲーム版のカタリナは、そのことを盾にとり婚約者という立場で主人公ヒロインをいじめます。 転生したカタリナは破滅エンドを回避すべく、額の傷が消えたタイミングで婚約解消を申し出ますがジオルドに 「まだ傷は残っている」と言われ婚約解消には至っていません。 【悪役令嬢カタリナ】まとめ 小説と漫画もどちらも面白くて、あっという間に読み終わってしまいます。 小説はライトノベルだけあってサクサク読めます。 小説が原作の漫画ですが、忠実にコミカライズされているので、漫画で読んだ後、続きが気になる場合は小説、と飛ばして読んでもつじつまが合います。 小説版では 学園を卒業をして就職した後の成長したカタリナの活躍が読めるのでおすすめです。 特に大人になると ジオルド王子からのアプローチが熱烈でニヤニヤします! 最近話題の「悪役令嬢モノ」ですが、一番人気なのもわかります。 キャラ作りや過去背景がしっかりしているので大人でもしっかり楽しめます。

次の

人類が滅亡する小説を教えてください。人類破滅テーマのSF小説を教え...

破滅 小説

しかし8歳の時に頭を強く打った際に、この世界が転生前に攻略していた「FORTUNE LOVER(フォーチュンラバー)」という乙女ゲームの世界だということを思い出します。 記憶を思い出した後は、元の庶民だった性格が強く出て、落ちたお菓子を拾い食いするほど食い意地のはった、 元気いっぱいで素直な性格に別人のように変わります。 破滅フラグを回避しようと、国外追放されても行きていけるように魔法の能力を磨きます。 その方法は、まさかの 「畑作り」。 カタリナの魔法属性は「土」で、カタリナ自身が「土ボコ」というほど 地面をちょこっと盛り上げて人を転ばせることくらいしかできません。 (ゲーム内ではその魔法を使って主人公を転ばせるなどして悪用していました) そこで、「土と対話するなら畑」と転生前の祖母のアドバイスに従って、畑づくりのスキルをせっせと磨きます。 また、畑作りのスキルがあれば、身ひとつで国外追放されても行きていけると思ってのことです。 この視点からもわかるように、カタリナはどこか視点がズレていて、 難しいことを考え続けることができない性格です。 なにか問題が起こった時は脳内に複数のカタリナが円座になって、問題解決策を募ります。 導き出された解決策はピントのズレた案ですが、もともとお人好しの転生前の性格が強くでていて、そこが 裏表のないカタリナの魅力にもなっています。 この畑作りエピソードでは腹黒の第三王子・ジオルドの完璧仮面も一瞬笑いで剥がれ落ちてしまうほどで、 正式に婚約が成立してしまいました。 またうっかりした性格からメアリと婚約予定の第四王子・アランのセリフを悪気なく奪ってしまうなど転生前に得たゲームの知識でトラブルを巻き起こしたりもしています。 困っている人を見過ごせない性格で、 男女問わず人たらしの面があります。 反面、色恋にはまったく免疫がなくジオルドからのあからさまなアプローチにもまったく気づいていません。 首筋にキスマークをつけられても「虫?」と思ってしまうほどの激ニブでもあります。 攻略対象と悪役令嬢カタリナとの関係は? 【新刊情報】『 1巻』本日入荷しましたユリ!! 話題沸騰の待望のコミックス化です!! ぜひぜひお求めくださいユリ!! 原作 キャラクター原案・コミック — アニメイト新百合ヶ丘店 animatesyrgok 乙女ゲームの攻略対象と転生後のカタリナの関係について紹介します。 【悪役令嬢カタリナとの関係】第三王子……ジオルド・スティアート なんでもできる天才肌で、毎日に飽き飽きしていたところ、自分の 予想外の行動をするカタリナから目が離せなくなってしまいました。 なにがなんでも婚約解消はしない姿勢を貫いています。 ちなみに蛇が苦手ですが、カタリナからは破滅エンド回避のために蛇のオモチャを投げつけられたことがあります。 まわりはジオルドの完璧仮面にだまされていますが、カタリナはいち早く疲れているジオルドに気づきました。 カタリナはジオルドにとって 魅力的で、安らぐ存在になっています。 【悪役令嬢カタリナとの関係】第四王子……アラン・スティアート ジオルドの双子の弟ですが、完璧超人の兄と比べられてきたため コンプレックスからひねくれた性格をしています。 優しげな王子然としたジオルドとは違い、 ワイルドな風貌をしています。 婚約者であるメアリがあまりにもカタリナのことを話題にするので嫉妬をして家を訪ねてきます。 木登りの勝負を持ちかけられて面食らうも、負けじと勝負を挑みカタリナと仲良くなります。 野性的な風貌に似合わず、 楽器の演奏が得意で、そのことをカタリナに絶賛されました。 アランにはアランの良さがあると教えてくれたカタリナを密かに想っています。 妹のように想っている婚約者のメアリとはジオルドの魔の手からカタリナを護るべく同盟を組んでいます。 傍目からはメアリとお似合いのカップルのように思われていますが、実情は違っています。 【悪役令嬢カタリナとの関係】義弟……キース・クラエス カタリナの 義弟です。 クラエス家に引き取られる前は兄弟から虐げられるなど過酷な経験をしました。 ゲーム版では義姉のカタリナ・義母から冷たくされて愛情不足に陥り、 女性と浮名を流すプレイボーイに育ちます。 転生後のカタリナは「愛情不足になってチャラ男になるから破滅フラグが訪れてしまう。 だったら 私がかまってあげればいい!」と優しく接します。 カタリナの母から冷遇されていたのは、夫の愛人の子供だと誤解があったからですが、カタリナのおかげで早期に誤解は解決されました。 「かわいいから」と夜着姿をカタリナに見せられるなど、まったく 男扱いされていないことが悩みです。 プレイボーイどころかまるで ヘタレの扱いになっています。 暴走しがちなカタリナの監督役として、誤解がとけた義母からは絶大な信頼を寄せられています。 悩みは最近積極的になってきたジオルドの魔の手からいかにカタリナを守るか、という点です。 【悪役令嬢カタリナとの関係】宰相の息子……ニコル・アスカルト 成長するに従って 色気がムンムンのニコル。 男女問わず、その魅惑の微笑みには失神者が出るほどの威力があります。 カタリナ曰くまるでロマンス小説に出てくる「 魔性の伯爵」のよう。 ロマンス小説仲間である妹のソフィアの付き添いでクラエス家を訪れた際に、カタリナと出会います。 アルビノ風の妹のことを口さがなく言われ辟易していた中、カタリナに「 ご両親はあんなに素敵で妹さんはあんなに可愛くて、ニコル様は本当に幸せ者ですわね」と言われたことがきっかけでカタリナに惹かれます。 真面目な性格のため婚約者のいるカタリナに想いを寄せることはやめようとしますが、両親も実は略奪婚だったと妹ソフィアからはけしかけられています。 この主要攻略対象の4人以外にも、 メイドのアンや 友人のメアリ、 ソフィア、本来の乙女ゲームの主人公・ マリア、 ソラからも想いを寄せられています。 スポンサーリンク 悪役令嬢カタリナに転生する前はどんな女の子だった? 転生前は男兄弟と野山を駆けずり回っていた「野猿」と呼ばれた女の子です。 特技は「木登り」。 女友達からすすめられた乙女ゲームにハマって母親に怒られるほどやり込んでいました。 高校生の時に、交通事故で亡くなってしまいました。 ちなみにこの「木登り」のスキルは、カタリナになっても活かされていて第四王子・アランとの勝負で勝っています。 (そもそも王子は木登りなんてしたことがありませんので、この勝負には度肝を抜かれていました) 悪役令嬢カタリナの破滅フラグとは? 乙女ゲーム版のカタリナは、主人公ヒロインと攻略対象のジオルドが ハッピーエンドで国外追放、 バッドエンドで死亡、といった破滅フラグが待ち受けています。 ちなみに、他の逆ハーレムエンド、義弟のキースエンドでも同じくハッピーエンドで国外追放、バッドエンドで死亡になっています。 転生したカタリナは、この破滅フラグを回避する努力をします。 それがこの小説のメインストーリーとなっています。 スポンサーリンク 悪役令嬢カタリナはジオルドと婚約破棄できる? カタリナは、ジオルドとの婚約破棄を狙っています。 ジオルドとの婚約は、カタリナが自分の不注意で額につけてしまった傷が原因です。 カタリナは初めてみる理想の王子様に我を忘れてベッタリくっつきすぎてしまい、結果王子に激突して転倒。 転んだ拍子に額を石でザックリと切ってしまったのでした。 嫁入り前の貴族の女性の顔に傷をつけてしまったと、ジオルドは責任をとってカタリナと婚約します。 ゲーム版のカタリナは、そのことを盾にとり婚約者という立場で主人公ヒロインをいじめます。 転生したカタリナは破滅エンドを回避すべく、額の傷が消えたタイミングで婚約解消を申し出ますがジオルドに 「まだ傷は残っている」と言われ婚約解消には至っていません。 【悪役令嬢カタリナ】まとめ 小説と漫画もどちらも面白くて、あっという間に読み終わってしまいます。 小説はライトノベルだけあってサクサク読めます。 小説が原作の漫画ですが、忠実にコミカライズされているので、漫画で読んだ後、続きが気になる場合は小説、と飛ばして読んでもつじつまが合います。 小説版では 学園を卒業をして就職した後の成長したカタリナの活躍が読めるのでおすすめです。 特に大人になると ジオルド王子からのアプローチが熱烈でニヤニヤします! 最近話題の「悪役令嬢モノ」ですが、一番人気なのもわかります。 キャラ作りや過去背景がしっかりしているので大人でもしっかり楽しめます。

次の

破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO

破滅 小説

アメリカとソ連の核戦争を描いた1952年のアメリカのコミックブック、「Atomic War! 」第1号 一般的にはのサブジャンルとされるが、SF、、などを包含する「」(speculative fiction、思弁小説、思索小説)というより大きなカテゴリを設け、終末ものをその一部とする論者もいる。 破滅もののフィクションは災害の最中あるいは直後を舞台とし、災害や戦争で都市や社会が破壊される様を描き、生存者の苦闘や心理に焦点をあてる。 また災厄から遠い将来、現代の文明社会が完全に忘れられたか神話と化している時代を舞台とし、文明の後の社会や自然環境を構想しその世界に生きる人々を描くもの、あるいは地球の終末()や宇宙自体の終末を描くものもある。 こうしたフィクションにはに属するものもあるが、どちらかといえばファンタジーやある種のものなどにあたる作品もある。 終末もののジャンルは後、人類がを手にして地球規模の殺戮が現実味を帯び、社会がに関心を持つようになって、一気に人気を博するようになった。 しかし文明の終末を描いた小説は少なくとも初頭、が『』(1826年)を著した時期には存在しており、19世紀の科学的知見の発達や産業革命などによるイギリス社会の激変を背景に、破滅・災害を描くフィクションや破滅後・終末の風景を描くフィクションが次々登場している。 加えて、終末ものは数千年も前から存在してきたさまざまなや終末を描いたなどからも想像力を得ている。 こうしたフィクションには、それらが書かれた時代を覆う恐怖、社会の破滅への期待など様々な関心事が反映している。 終末・破滅のテーマの起源 [ ] 現代の終末ものフィクションの起源は、古代の的文学にその起源を見ることができる。 世界各地のやには世界や人間社会の終わりを描写したもの、予言したものが多く存在する。 例えばでは、後に災厄や終末への志向があらわれ、たちによる黙示文学にも終末に関するが登場した(特に)。 が生まれる前後ののにおいても、ローマ人に抑圧されるユダヤ人の間では終末に関する教えは関心が高く、キリスト教の勃興や教えにも影響を与えており、の中では自身も終末について述べている。 キリスト教がローマ帝国に広がった後も、の間では、世の終わりの時にイエスがするという思想が信仰の中枢にとどまり続けた。 ローマ帝国後期の信仰やは、キリスト教の終末論の形成に大きな影響を与えている。 ローマ帝国後期にはさまざまな黙示的文学が登場するが、その中でもはに採り入れられたため今日でもよく知られており、西洋文明のなかの終末テーマの作品のほぼすべてに何らかの影響を与えている。 当時書かれた黙示文学にはほかにも、をはじめとする新約聖書に納められなかったの黙示録や、の黙示録などがあり、ペトロの黙示録がの『』に影響を与えたように、聖書から除かれてもなお西洋社会に影響を与え続けた。 中世以降も、の『』(Apocalypse of Pseudo-Methodius)などのような黙示録的文学が書かれ、ユダヤ教やキリスト教の終末論をもとにも新たな終末論を構築した。 終末までのすべての教皇について書かれているとされる『』のようなものも登場しているが、これは中世ではなくの偽書とみなされている。 には医者・科学者であり哲学者でもあった(Ibn al-Nafis)がで小説『Theologus Autodidactus』を著しているが、経験主義的科学を用いてイスラム終末論を説明したこの書が近代科学以前の最初のサイエンス・フィクションであり最初の破滅テーマのフィクションとも考えられている。 またのとの物語は、古代世界に広く見られる「 」神話の一つであり、腐敗した文明が大洪水で破滅する様や、新しい文明が破滅後に再建されるという希望を描いている。 近代の終末もの [ ] 近代以降の破滅ものフィクションの先鞭をつけたのは、イギリスの作家にして『』の著者のであった。 に出版した『』では、疫病で人類が死に絶えた世界に生きる最後の1人が描かれている。 この小説は終末ものというSFのサブジャンル最初の小説で、最初のサイエンス・フィクションとも評されるが、当時は酷評を浴びて忘却され、1960年代になってから再評価された。 ()のの小説『After London』が、しばしば「最初の終末後フィクション」と評される。 この小説でのイングランドは未知の災厄に突然襲われて無人化しており、わずかな生存者が中世のような生活を送っている。 第一章は、未来の歴史家が文明の死とその後を解説したという設定の文章であり、自然がイングランドを元に復活していく様子が描写される。 農地は森に覆われて家畜は野生に帰り、道路や町には草が茂り、忌まわしいは湖や有毒の沼地と化している。 第二章以降は、原始に戻った大地と社会を舞台にした単純な冒険となるが、破滅後のイングランドの説得力を持った描写には後のサイエンス・フィクションに共通するものがある。 ()のの短編小説『 ()』では、同様に謎の災厄で廃墟となったを舞台に、若者が成人になるための冒険が描かれている。 心地よい破滅 [ ] 後ののSF小説家の間では、破滅後を描いたフィクションが大流行した。 これらの多くに共通する特徴は「 心地よい破滅」(cosy catastrophe)と呼ばれる。 「心地よい破滅」という語は、もともとイギリスのSF小説家・評論家のが、SF史を概説した書籍『十億年の宴』の中で、当時の破滅ものSFの典型を揶揄して用いた言葉である。 彼の批判した典型的な破滅ものの筋書きとは、我々の文明が崩壊し、一握りの生存者を除いてばたばたと人が死ぬ絶望的な状況にもかかわらず、主人公ら生存者たちは遠く離れた安全地帯にいて災厄を傍観していたり、無人の都市で残されたぜいたく品をあさるなどある面で楽しい冒険をしたりし、最終的には自分たちの文明観をもとにささやかなコミュニティを再建して、破滅の起こった原因や文明が滅んだ原因に対して達観した立場から考察を加える、というものだった。 イギリスの小説家の著作『』は、流星雨のあとで世界の人口のほとんどが目が見えなくなり、主人公をはじめ流星雨を見なかった人たちが社会の崩壊や疫病、食人植物と戦いながら地方へ逃れる話であるが、オールディスがこれらの破滅ものを批判する際に代表として挙げている。 「心地よい破滅」は戦後イギリスの終末ものSFの典型として語られるが、その初期の形態は、にアメリカの政治家・小説家イグネイシャス・ロヨラ・ドネリー(Ignatius L. Donnelly)が「Edmund Boisgilbert」の変名で発行した小説『Caesar's Column』にすでに見られる。 この小説では20世紀末を舞台にし、世界を覆ったに対して労働者が起こした暴動により文明が崩壊する様を描くが、主人公はの高地に建設されたヨーロッパ人の入植地にいて難を逃れている。 また頃に書かれ流行した災害小説の一種で、より限定した範囲での破滅を描いたもの(たとえば噴火がロンドンとテムズ川流域を破壊する『テムズ・ヴァレイの大災害』〈グラント・アレン〉、大火災の煙と霧が合わさって人間を窒息させる黒いを起こす『The Four Day's Night』〈フレッド・M・ホワイト〉など)も「心地よい破滅」と呼ばれる。 その「心地よさ」は破滅の範囲が非常に限られていること、主人公はどこか安全な場所で難を逃れて破滅を見ていることから来ている。 その他の終末もの [ ] で無人となった近郊の町。 人間が住まなくなった市街地は緩やかに荒廃し雑草や植物に埋もれつつある。 地球から人類が根こそぎいなくなれば、長く残存するプラスチックや放射性物質などを残しつつ、無人の大都市はほぼ自然に埋もれて消えていくと考えられる。 時代には、が絶対的な力の象徴として描かれ、特にによって世界が終末を迎えるというタイプの終末ものが強く支持された。 の小説で映画化もされた『』()などのように、近未来の核戦争による絶滅や破滅を描いたものが多く書かれた。 一方で、破滅後の世界で、、、最終兵器などと戦う、冒険小説的なものも書かれた。 の『Star Man's Son』(別名 Daybreak 2250、)は、に汚染された大地で、青年がテレパシーを持つ猫の助けを借りながらミュータントたちと戦い、かつての文明の失われた知識を求めてアーサー王の聖杯探しのような旅に出る様を描く。 この小説は後の破滅ものに大きな影響を与え、ほとんど語り直しのような小説が無数に出版される原型となった。 終末もののフィクションでは、未知のや人工の疫病、彗星や隕石の衝突、気候変動や環境破壊、経済破綻や暴動、宇宙人の侵略や超自然的な存在による破壊、機械やの反乱、の膨張、人類の種族としての絶滅など、様々な原因による終末や破滅が描かれる。 破滅後を舞台にしたものでは、生存者の苦闘を描くもの、や組織が抑圧的な社会を築いているもの、西洋の程度に文明が後退した世界で破滅前の文明の遺物を巡って戦うものなどがある。 また、破滅そのものよりも、迫る破滅直前の人心荒廃にテーマを置くものもある。 日本でも末からにかけ、とがもたらしたや急激な社会不安などから、終末ものフィクション(SF小説やSF漫画)、終末予言(の『』など)が大流行した。 から初期にかけては、冷戦の再激化や核事故(特にや)などを受けて、『』『』『』『』といった、核戦争や核事故などで死に絶えた世紀末前後の世界が舞台として描かれるフィクション作品が増え、『』など世界の終末を示唆する歌曲も登場した。 この外にも、異星人による侵略と冷戦の地球外への拡大が融合した『』や、人類文明の撲滅を企図する人外の呪術組織を描いた『』なども登場した。 また、『』のように文明崩壊寸前に難を逃れたごく一部の人々が荒廃した地球とは別に、高度文明を継承している場合もある。 この場合主人公と敵対することが多い。 後半になると、『』で見られる「世界の終末」と「主人公とヒロインの狭い関係性」を直接的に結び付けるローカル事情が世界の趨勢を左右する「」と呼ばれる作品が多数出現している。 ただし、これらセカイ系作品では、世界の終末そのものより、自己への承認を求める自意識の問題が前面に押し出されている部分があり、純粋な意味での終末ものは、日本では1990年代後半以降はそれほど流行していない。 脚注 [ ] 地球への小惑星の衝突。 原始地球では大きな小惑星との衝突がたびたび起こったと推測されるが、終末ものでは近い将来の人類社会を巨大隕石や小惑星が襲う様を描くことがある• 外部リンク [ ]• - A website dedicated to apocalyptic fiction• - A website detailing all mediums involving post-apocalyptic fiction• - A website dedicated to post apocalyptic media• - エンカルタ百科事典.

次の