四谷 大塚 二子 玉川。 【四谷大木戸跡】アクセス・営業時間・料金情報

二子玉川校舎|中学受験の四谷大塚 校舎のご案内

四谷 大塚 二子 玉川

入試への本格的な 学習プログラム 「予習シリーズ」のプログラムに沿って授業を行います。 算数・国語・社会・理科の4科目について、中学入試に向けての本格的な学習プログラムが始まります。 授業や先生のアドバイスを「よく聞いて」理解し、確かな計算力や語彙力、作図をしっかりとする力、設問を正しく捉える力など、これからの 学習の基本となる力を身につけるように指導していきます。 月例テスト 17時〜20時30分 入試に向けての 実践的な力を育成 夏までに培ってきた学力を土台に、科目ごとの「テーマ別 学習」とさまざまなタイプの入試問題に取り組む「問題演習」を行います。 テーマ別学習では、 断片的な知識を入試で活用できる知識となるように指導し、さらに、毎週確認のための復習テストを実施して、学力を定着させます。 また、問題演習では、 限られた時間内に自己の力を最大限発揮できる力を養い、入試に向けての実践的な力を育て、塾生を第一志望校合格に導きます。 一人一人の志望校選びから学習指導まで、点数や偏差値に表れない塾生の特性を把握した上できめ細かく対応し、 「PLENUS生・全員合格」をめざします。 レギュラー授業 月曜 日 17時50分〜20時50分 算数・国語 水曜 日 16時50分〜19時50分 国語・理科・社会 金曜 日 16時50分〜19時50分 算数・理科・社会 土曜 日 12時30分〜16時30分 算数・国語・理科・社会 学習に関する さまざまなご要望への対応 ご家庭での復習において、本来は自ら取り組み、考えて力をつけていくことが望ましいですが、 状況によってはなかなかうまくいかないケースもあります。 PLENUS(プレナス)では、 「家庭での復習の仕方がわからない」 「学習のペースがつかめない」 「苦手分野を克服したい」 等のご要望におこたえし、「講師1人に塾生1人」の個別指導を実施いたします。 塾生のご家庭や塾での様子を踏まえつつ、「個別のプログラム」をご相談のうえ決めていきます。 随時、指導状況を報告し、ご家庭での対策方法もご提案していきます。 回数・時間については、ご相談によりますが、原則として「週1回・90分」の指導となります。

次の

東京消防庁<玉川消防署><トップページ>

四谷 大塚 二子 玉川

入試への本格的な 学習プログラム 「予習シリーズ」のプログラムに沿って授業を行います。 算数・国語・社会・理科の4科目について、中学入試に向けての本格的な学習プログラムが始まります。 授業や先生のアドバイスを「よく聞いて」理解し、確かな計算力や語彙力、作図をしっかりとする力、設問を正しく捉える力など、これからの 学習の基本となる力を身につけるように指導していきます。 月例テスト 17時〜20時30分 入試に向けての 実践的な力を育成 夏までに培ってきた学力を土台に、科目ごとの「テーマ別 学習」とさまざまなタイプの入試問題に取り組む「問題演習」を行います。 テーマ別学習では、 断片的な知識を入試で活用できる知識となるように指導し、さらに、毎週確認のための復習テストを実施して、学力を定着させます。 また、問題演習では、 限られた時間内に自己の力を最大限発揮できる力を養い、入試に向けての実践的な力を育て、塾生を第一志望校合格に導きます。 一人一人の志望校選びから学習指導まで、点数や偏差値に表れない塾生の特性を把握した上できめ細かく対応し、 「PLENUS生・全員合格」をめざします。 レギュラー授業 月曜 日 17時50分〜20時50分 算数・国語 水曜 日 16時50分〜19時50分 国語・理科・社会 金曜 日 16時50分〜19時50分 算数・理科・社会 土曜 日 12時30分〜16時30分 算数・国語・理科・社会 学習に関する さまざまなご要望への対応 ご家庭での復習において、本来は自ら取り組み、考えて力をつけていくことが望ましいですが、 状況によってはなかなかうまくいかないケースもあります。 PLENUS(プレナス)では、 「家庭での復習の仕方がわからない」 「学習のペースがつかめない」 「苦手分野を克服したい」 等のご要望におこたえし、「講師1人に塾生1人」の個別指導を実施いたします。 塾生のご家庭や塾での様子を踏まえつつ、「個別のプログラム」をご相談のうえ決めていきます。 随時、指導状況を報告し、ご家庭での対策方法もご提案していきます。 回数・時間については、ご相談によりますが、原則として「週1回・90分」の指導となります。

次の

【四谷大塚二子玉川校舎】の情報(口コミ・料金など)【塾ナビ】

四谷 大塚 二子 玉川

IBコースに詳しい者ではありません。 すみません。 ただ、手元の偏差値表からの推測です。 まず、ご覧になったIB対策塾の63というのは、中学受験の偏差値ではなく、高校以降のIBクラスへの編入の際の偏差値。 中学受験も高校受験も開成がトップ偏差値であることには変わりませんが、それ以下は東京都高校偏差値一覧を見れば、どんな学校がどのくらいの偏差値、高校の63はイメージ的にどのくらいのレベルかはわかるはずです。 で、玉川学園の中学受験偏差値は、「あまり高くない」ではなく、申し訳ないけど「低い」です。 四谷大塚の偏差値表には、偏差値が低すぎて掲載されていません。 中堅校を受ける受験生たちの判断基準となる、首都圏模試の偏差値表で44です。 昨年もらったもので最新ではありませんが ちなみに、例えば三田国際インターは首都圏模試偏差値で50ですが、四谷大塚偏差値では39です。 玉川学園一般 インター含む はそれより低いわけです。 で、玉川学園 IB は偏差値を出してないのか、受験者がは少なすぎて判断ができないのかわかりませんが、掲載されていません。 日本で初年度納入金が一番高いのが玉川学園 国際。 190~200万円。 世間で高いイメージのある慶応の各中学や玉川学園 一般 よりもさらに数十万円高いのには、何か意味があるのでしょう。 お早い回答ありがとうございます。 玉川学園の関係者が見ていたら気分を害するのではないかと思って「あまり高くない」と表現しましたが、私の中でもはっきり言って「低い」というのが感想です。 子どもを進学校へ!良い大学へ!と思う保護者はこの学校を候補に入れる事はまずないでしょう、、とも思います。 ただ、一般クラスはそうでも、IBコースは違うのでは?というかすかな希望もあります。 実際、進学実績の中にあった大学で、この学校に進学出来たら万々歳!と思う大学も2、3あります。 学費は他の私立よりは高いですが、他のインターよりは安いのです。 また、東京のインター以外でIBコースを設置している数少ない学校だったりもするので、やはり念入りに情報を集めないといけませんね。 ありがとうございました。

次の