ドロヘドロ アニメ 無料。 ドロヘドロがアニメ化されていた!?全話無料で視聴することは可能?

ドロヘドロ 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ドロヘドロ アニメ 無料

Introduction 何がドロヘドロ? 魔法によって顔をトカゲにされてしまった 記憶喪失の男、カイマン。 本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続ける。 いったい自分は 何者なのか……。 2000年の連載開始から18年にわたって愛され続けた林田球の「 ドロヘドロ」(全23巻)。 唯一無二の世界観によって国内外で熱狂的なファンを獲得し人気を誇っている。 そのあまりにショッキングでカオスな内容が故、映像化不可能と思われていた衝撃作が 「どろろ」「ゾンビランドサガ」などハイクオリティで挑戦的な作品を数多く手掛けてきた MAPPAによって、ついに 奇跡のTVアニメ化! ドアの向こうからやってくる 魔法使いの『練習』 陽気な笑顔と鋭いナイフ ビールを飲んでスカッとしよっと 黒いケムリと美味しいキノコ ホールか…胸クソワリィ場所だ これだとケツが丸見えになるし 大葉ギョーザ時々 ゾンビ 死にたくなければよく聞いてください 三遊間に底なし沼 なんでフォークを投げんだよ?ナイフだろ、フツー 口の中にもう一人男がいるぞ お前は違う こうなったらヤケ酒だ 林田球イラスト カイマン:高木渉 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 ダークでグロテスクな印象を持つこの作品の中で、果たして僕がカイマンという役をきちんと演じられるのか初めは心配でした。 でも読み進めていくうちに段々と、そしてどんどんこの世界にハマっていく自分がいて、音響監督の藤田さんのもと今では僕にとって収録が一番楽しい時間になっています。 マスクをしているという特殊な設定も、その下に隠れている表情や感情を表現するうえで声優ならではのやり甲斐を感じています。 皆さんに気に入っていただけたら最高ですし、僕も林田先生の世界を楽しみながらしっかり演じていきたいと思っています。 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 もう僕は光栄です。 そして周りのキャストがまた豪華です!収録現場も、グロテスクなのに明るくて笑いがあって、まさにドロヘドロならではのキャスティングになっています。 さらに林田先生の世界を描く林監督のアニメーションも、僕は今から放送が楽しみで仕様がありません。 今回のTVアニメで全23巻を詰め込むことは出来ないでしょうし、その必要もないと思っていて、むしろ皆さんと一緒にじっくりアニメ版ドロヘドロを育てていけたらなと思っています。 ですから、これからもどんどん続編が出来るように皆さんに是非応援していただけたら幸いです。 楽しみに待っていてくださいね! ニカイドウ:近藤玲奈 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 強くて男勝りで、インパクト大なヒロインだと思います。 最初はニカイドウのパワフルさに追いつけずとても苦戦しましたが、音響監督の藤田さんが私の中にあるニカイドウをたくさん引き出してくださり、テンション感を掴めるようになっていきました。 時と場合によっては表情がガラッと変わるキャラクターなので、表情変化を汲み取ってお芝居に反映させるのがとても難しかったです。 でもその難しいところも含めアフレコは毎回楽しくて、全身全霊でニカイドウとぶつかって演じさせていただきました! 2. 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 原作を読ませていただいた時、見た目も性格も個性爆発なキャラクターたちがとても愛おしく感じました。 そんな仲間たちが、敵の首を容赦なく斬ったりチョップを入れて体を真っ二つにしちゃったりしてるんです。 血まみれになって戦ってるんです。 そんなギャップの激しい独特な世界観にすごく惹かれ、この作品に参加できたらと思っていたので、ニカイドウに決まったと聞いた時はビックリしましたが、本当に嬉しかったです! 大先輩方との掛け合いのアフレコは緊張しましたが、私も負けないよう全力でお芝居に取り組みました。 ぜひご覧ください! 煙:堀内賢雄 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 煙を演じるにあたり悩みました。 ビジュアルは強面、それでいて魔法使いの世界ではリーダーシップがあり、意外と優しい。 はたまた、キノコマンの時にはユニーク。 このメリハリをうまく演じ分けられるか…それが悩みの種でした。 今は収録も進み楽しんでいます。 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 ドロヘドロという、実に不思議な世界…。 残酷なようで余裕があり、キャラは近寄りがたい強面のようでいて隙だらけ。 それでいて妙な絆で繋がっています。 この作品に参加できて、私自身が一番楽しませていただいています。 既定路線にはまらない、ホラーのようでそうでなく、ワイルドのようで意外とマイルド。 私自身が魔法使いの世界、そしてホールを覗いてみたい気持ちでいっぱいです。 完全に、私もハマりました。 皆様も是非ドロヘドロの世界観を堪能してください。 心:細谷佳正 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 能井と二人でいる時の雰囲気が、アフレコしていて心地よくて好きです。 心のキャラクターはアニメのアフレコでやって来なかった事を、しつこくやっています 笑。 大体修正されるんですけど、めげずにそれを楽しんでいます。 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 高木渉さんや、堀内賢雄さんと一緒に仕事ができて嬉しいです。 いい時間になるように、楽しんで作っていきたいです。 能井:小林ゆう 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 私が演じさせていただく能井さんは身長は2m超、魔法にも長けていて腕っ節も素晴らしく、心さんとのコンビネーションが本当に絶妙で強い絆を感じます。 心さんのことを「先輩!」と慕い絶大な信頼をおいているところが印象深いです。 マスクを被っていると男性に間違われるほど逞しい肉体で好戦的な方ですが、同時に心さんを慕う姿は子犬さんのように可愛らしくて、そういった沢山の魅力を合わせ持ったとても素敵な方です。 今回能井さんを演じさせていただくことができて心から嬉しく思います。 精一杯演じてまいりたいと思います。 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 「ドロヘドロ」というタイトル、世界観、ストーリー、キャラクターの皆様、そのすべてが唯一無二で素晴らしくて、いつも驚きと素敵な衝撃をいただいております。 作品にご登場されるキャラクターの皆様お一人お一人がそれぞれの愛らしさをお持ちでいらっしゃって、そのチャーミングさがとても印象的です。 素敵な先輩方をはじめとするキャストの皆様並びにスタッフの皆様の中に入れていただき、感謝しています。 毎回とても楽しく収録が行われていて、この空気感や雰囲気が画面を通して伝わってくださることを願っております。 作品を応援していただいている皆様、ありがとうございます。 放送をどうぞお楽しみにしていてくださいね。 よろしくお願い致します。 藤田:高梨謙吾 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 藤田役の高梨謙吾です!藤田の魅力はなんといっても、その弱さ、そして真っ直ぐなところだと思います。 弱さが魅力というと変な感じですが、そこが彼のキャラクター性を作り上げる大きなポイントでもあります。 不器用ですが、心根は優しく、情に厚く、真っ直ぐな男です。 最初にいただいたディレクションで、まわりは強烈な個性を持ったキャラクター達ばかりだけど、藤田はその中でも一番普通でいてほしいというのがありまして。 肩を並べても、その弱さと普通さ、ヘタレ感から、逆に際立っていたい。 そんなキャラクターになるよう演じさせていただきました。 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 恥ずかしながら、オーディションのお話をいただいて、初めてこの作品を知ったのですが、原作を読ませていただいて、最高に面白過ぎて、一気に全巻読んでしまいました! アフレコ前、この原作の空気感を声でどう表現しようかと楽しみで仕方なかったです。 現場では、座長である高木渉さんをはじめ、大先輩の方々が先頭に立たれて、すごく楽しい雰囲気を作ってくださっていて、それはきっと作品にも表れているはずです! 原作を知る方もそうでない方もお楽しみいただけると思います! 是非是非、TVアニメ「ドロヘドロ」をよろしくお願い致します!!! 恵比寿:富田美憂 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 恵比寿は外見は普通の女の子なのですが頭のネジが何本もない状態なので、アフレコではかなり遊んだお芝居にチャレンジさせていただいています。 本能で動いていると思いきや、女の子らしい一面もある、ドロヘドロの中ではマスコット的なとても可愛い女の子です。 みなさんにいい意味で毎話衝撃を与える存在になってくれると思います。 演じるのがとっても難しいキャラクターではありますが、その分すごくすごく楽しいです! 2. 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 今まで出会ったことのない世界観の作品で、出演させていただけることが決まってからずっとワクワクしていました。 とてつもなくダークなのに、とてつもなくファニー。 そんなドロヘドロならではの空気感に浸って楽しんでいただけたらと思います。 どのキャラクターも個性が爆発してぶつかり合うほど魅力的なので、ぜひ放送を楽しみにしていてください! ジョンソン:木村良平 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 これまで、キュートな彼のスタンプを幾度となく友人たちに送ってきました。 そして、たいていの場合とても嫌がられました。 そんな思い出を胸に演じます。 これ以上ない幸せです。 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 大好きで大好きで大好きな作品のアニメ化。 1ファンとしては不安も持ちつつ現場に入りました。 しかし、収録現場で完成前の絵を見ながらみんなの芝居を聞いているだけで、作品世界が自分の前に広がっていくのを感じられました。 オンエアが楽しみで仕方ありません。 原作未読の方もぜひ、この素晴らしい世界を覗いてみてください! 13:梶裕貴 1. 「ドロヘドロ」でご自身の演じるキャラクターの魅力や印象・演じてみての感想をお願いいたします。 なんっとも言えない魅力のあるキャラクターだな、と感じました! 笑 言葉にするのが難しい、絶妙な「なんとも言えなさ」が光る13。 大好きです。 原作を読ませていただき、そのなんとも言えない彼の魅力を、どうにか声と芝居に乗せられたらと思い、試行錯誤しつつ演じさせていただきました!アニメ版13も皆さんに愛していただけたら嬉しいです! 2. 「ドロヘドロ」参加することになっての感想や意気込みなど、ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。 漫画表現ならではの混沌とした面白さが詰まった作品だなと感じた本作。 アニメ化のお話を聞いて驚きました!そして、PVを拝見してもっと驚きました…!『ドロヘドロ』の世界がそこにある!動いている…!カイマンをはじめとする個性的なキャラクターたちが漫画を飛び出し、生き生きと暮らし、暴れている姿が本編で観られる日を僕もとても楽しみにしています!ものすごいフィルムになりそうです!放送までワクワクしながらお待ちください!.

次の

アニメ|ドロヘドロの動画を無料で全話視聴する方法まとめ

ドロヘドロ アニメ 無料

応募する際はアニメ公式Twitter()をフォローして下さい。 ドロヘドロ リビングデッドデイ 8bitゲーム ~リビングデッドデイ・サバイバー~をプレイし、ゲームクリアまたはゲームオーバーになった時の結果画面「今回のプレイでわかったこと。 」画面で「ツイート」ボタンをクリックすると、プレイ結果が記載されたツイート投稿画面が表示されます。 そのツイートを投稿すればプレゼントキャンペーンへの応募が完了!友達のドロヘッズのみんなを誘ってスコアを競いあおう! プレゼント商品• ドロヘドロ キクラゲぬいぐるみパスケース• アクリルフィギュアセット(カイマン/ニカイドウ/心/能井)• ドロヘドロ 空腹虫パーカー(カラー:白 サイズ:XL)• ドロヘドロ 空腹虫コーチジャケット(カラー:グリーン サイズ:XL)• ドロヘドロ 空腹虫Tシャツ(カラー:黒 サイズ:S/カラー:白 サイズ:L)• あらかじめご了承下さい。

次の

【BookLive!独占インタビュー】『ドロヘドロ』アニメ化記念特集

ドロヘドロ アニメ 無料

2018年に、18年間もの長きにわたる連載の幕を閉じた。 現在『大ダーク』(小学館)を連載中の林田球先生による本作は、2020年1月12日よりTOKYO MXでのアニメ放送開始も決定している、今こそ読みたい大作です。 唯一無二の独特の世界観の中を、クセが強すぎるキャラクターたちが縦横無尽に駆け回る『ドロヘドロ』はまさに混沌(カオス)! 好き嫌いの分かれる絵柄、設定かもしれませんが、だからこそ勇気を持ってこの世界に飛び込んでいただきたい。 決して損はさせませんから。 そこで本記事では基本情報と本作の魅力、読者の感想などをご紹介し、ビギナーにも優しくドロヘドロの世界をご案内します。 また、当記事には一部ネタバレを含みます。 あまりにも衝撃的な内容のため、映像化不可能といわれた本作。 そのアニメ化を手がけるのは、『どろろ』や『ゾンビランドサガ』などハイクオリティかつ挑戦的な作品を制作してきたアニメ制作会社MAPPAです。 主人公・カイマンの声を高木渉さん、ニカイドウの声を近藤玲奈さんが担当するほか、堀内賢雄さん、細谷佳正さん、小林ゆうさん、高梨謙吾さん、富田美憂さん、市来光弘さんなど、名だたる声優陣の出演が決定しています。 現在見られるPVでも、そのクオリティを実感できます。 コミックスでは全23巻で表現された壮大な世界観が、アニメではどこまで描かれるのか、今から楽しみですね(すでに2期の予感……!? なお、アニメはNetflixにて先行配信される予定です。 あらすじ 舞台は魔法が使えない「人間」と、マスクをつけた「魔法使い」が存在する世界。 人間が生活する世界は「ホール」と呼ばれ、魔法のドアによって魔法使いの世界と繋がります。 魔法の種類は一人ずつ異なり、あらゆるものをキノコに変える、生きたままバラバラにする、死者を復活させる……など千差万別。 ケムリをうまく使いこなせない魔法使いは学校に入ったり、ホールを訪れては人間を練習台にしたりして、各自その力を磨いているのです。 終盤では、練習台として売られる人間の凄惨な様子なども描かれています。 物語は、主人公のカイマンが魔法で頭部をトカゲにされて、それ以前の記憶を失ったことから始まります。 カイマンは自分の記憶と本当の姿を取り戻すため、相棒のニカイドウとともに魔法使いを狩り続けます。 やがて魔法使いの世界の大物・煙が率いる煙ファミリーや十字目の組織、さらには悪魔たちが入り乱れ、混沌は極まるばかり。 巻を追うごとに少しずつ謎が明かされ、最終巻まで読んだあかつきにはまた1巻から読み直したくなる、それが……ドロヘドロ! 『ドロヘドロ』のキャラクター 基本情報をおさえたら、本作の大きな魅力である個性的なキャラクターたちをチェックしましょう。 カイマン 主人公。 顔をトカゲに変えられた上に記憶を失い、路地裏に倒れていたところをニカイドウに助けられます。 名前はカイマントカゲに由来し、名付け主はニカイドウ。 大きな体格と目の周りの十字模様が特徴的で、主にナイフを使って戦います。 「ホール中央病院」で魔法使いの実験台となった魔法被害者を治療している、顔に升状の刺青をした中年の医者。 記憶を失い、倒れていたカイマンを助けたことから、何かにつけカイマンたちを助けています。 ちょいちょい不憫。 『ドロヘドロ』の魅力 冒頭でも(我慢できずに)少し触れましたが、本作の魅力は盛りだくさん。 特に推したいポイントを厳選してご紹介します! バトルで多発する魔法がユニーク 「魔法」と言われてどんなものを想像しますか? 空を飛ぶ、姿を変える、誰かと誰かを恋に落とす……。 いいですか、そんなファンシーな妄想は今すぐ捨ててください! キャラ紹介部分でも述べたように、今作には特異で衝撃的な魔法が多数登場します。 人の頭部をトカゲやエビフライに変えてしまう、あらゆるものにキノコを生やして破裂させてしまう……など、字面で見ると笑えてしまう魔法ですが、その威力はシャレにならないほど絶大。 明るい新年の始まりのようですが、実はこの1コマは、カイマンとニカイドウがカスカベ博士の屋敷に不法侵入している場面なのです。 迷路のような家の中には魔法使いの標本、怪しすぎる研究室、オバケらしき黒い煙……と不気味なものだらけで、ほっこりとしたこたつが薄気味悪さを引き立てています。 爬虫類マッチョのカイマンが、オバケが苦手という設定もコミカル! ほかにもちょっとした会話でクスッと笑わせてくれるのが林田先生マジック。 連載中の『』でもそうですが、暗いストーリーや世界観にとぼけた笑いをふりかけることで、作品全体が絶妙なバランスに保たれています。 愛嬌たっぷりのコメディー部分は、登場人物にとっても読者にとっても、ある種の救いなのかもしれません。 作者・林田球先生の画力 1巻の表紙を見ただけでもわかると思うのですが、とにかくもう……絵面がすごくないですか???(語彙力がキノコになった) 本作をジャケ買いした人はセンスがあります。 キャラクターや一つ一つが特徴的なマスクなどの造形からも、先生独自の美意識が伝わってきて楽しいのですが、ホール、魔法使いの世界、魔法学校、中央デパートなど、遠景や建物の描写は圧倒的です。 コミックスには部分的にカラーページも収録されており、迫力のあるイラストが心ゆくまで楽しめます。 色の付け方、にじみ方などを見ると、おそらくアナログ処理で描かれていると思うのですが……なんというロックンロール……! キャラも世界観も相当ですが、何よりもハードコアなのは林田先生だった、という華麗なオチでした。 『ドロヘドロ』の感想【ネタバレあり】 BookLive! に寄せられたレビューの中から、思わず本作を読み返したくなるわかりみレビューをいくつかご紹介。 完結まで見守ったファンの声には共感必至です! 1巻を買ったら、続きを買い求める日々に! 一見、グロテスクホラーのような雰囲気かと思いきや、キャラクターの個性ややり取り、過去が複雑に絡んできて面白いの一言です。 巻を増すごとに、ギャグが秀逸になっていってる気が(笑) もちろん、世界観やデザインのクールさは言わずもがな。 ちょっとでも気になったら読むのをお勧めします! ごちゃごちゃでどこか愛嬌のあるキャラクターがとってもかわいい。 とても洗練された少年漫画のセンスで描かれた、 スラム的なファンタジー世界が目新しい。 見た目はグロテスクで中身はとっても健全な漫画だと思います。 一度は夢見る魔法使い!! 魔法使いのイメージが一気に崩れて新しい自分発見。 それがドロへドロ! あー恵比寿が可愛いなー!!!!!! 本当に終わってしまうんだね。 長かったと言えば長かったけど、ちゃんと終わってくれてよかった。 最初から読んでいた身としては、これを一気に読めるって言う幸せを味わえるのはうらやましい。 楽しみ方無限大! それが……「ドロヘドロ」! 上記の読者のように物語をストレートに楽しむもよし、別の角度から楽しむのもよし。 おすすめの楽しみ方をレクチャーします。 「相棒同士の絆」にモエモエする 作品世界では、魔法使いはそれぞれ「パートナー」を探し、コンビを組むことが推奨されている様子。 掲載誌で連載を追っていた方は、ぜひ単行本もチェックし直してみてください! 終わりに 一度読んだだけでは全てを咀嚼できないぐらい圧巻の構成力で、格別の読書体験を与えてくれる今作。 世界観が壮大すぎて、いくら語っても語りきれないという混沌ぶりに、ただただ頭を垂れるしかありません。 魔法使いが死ぬ端から生き返り、人体が輪切りにされた端から修復され、生首が飛び交った端からくっついていく、圧倒的カオス。 血しぶきとドロで染まった紙面におののきながら、それでも我々は読まずにいられないのです。 それもこれも誰も彼も……ドロヘドロ!.

次の