ウニ 種類。 危険!だが美味!!毒ウニ「ガンガゼ」を食べる :: デイリーポータルZ

生ウニの種類、美味しいのはどれ?

ウニ 種類

漂着物で遊ぼう ウニの殻 ECHINOIDEA ウニは棘皮動物門ウニ綱というグループの生き物。 種類によって体の 大きさや形、トゲのの長さや色などに違いがあって、けっこう個性的。 ところが、そのウニのトゲの下にある姿も個性的なことを知っている人 は少ないだろう。 ウニは種類によってトゲのつき方や太さが違い、殻に 残る模様やいぼの並びもそれぞれ違っている。 これがなかなかおもしろ く、きれいだったりする。 ウニ殻はとっても壊れやすいものなので、扱 いが貝殻などよりも難しいけれど、ついつい拾いたくなってしまう。 バフンウニ Hemicentrotus pulcberrimus バフン…そう、名前は「馬糞」の意味。 トゲ が細く短く、全体に緑味がかった姿からつけ られたものだと思うけれど、少し可哀想。 仲 間のエゾバフンウニの卵巣は高級食材で、本 種の卵巣も食べることができる。 とは言って も、小さすぎて食べようがないけれど。 磯の 岩下などに普通に見られ、殻もよく拾える。 直径が5ミリもないような小さな殻も拾える し、色も草色をしていて、きれいな放射状の 模様があったりして、とっても可愛らしい。 ムラサキウニ Antbocidaris crassispina ムラサキウニも磯で普通に見られるウニの仲 間。 ちょっと深い場所に行けばそこそこの大 きさのものがいて、食べられそう(地元の漁 業権などがあるから採取はダメ)。 殻もよく 拾えて、かなり大きなものが落ちていること も。 もっとも、大きなものは痛んでいること も多く、自分的には小さいサイズがお気に入 り。 バフンウニの殻に比べると、ちょっと無 骨な雰囲気。 アカウニに比べて殻高が高い。 色はほんのりと紫がかった濃いグレー。 ナガウニの仲間? Ecbinometra sp.? 沖縄・慶良間諸島で拾ったもの。 それほど珍 しくはなかったので、浅場にいる種類か? 図鑑で見ると、トゲのつき方の感じがナガウ ニの仲間によく似ている。 形はふっくらと高 さがあって、楕円形をしているのが特徴だ。 表面のいぼいぼが、トゲのついている場所。 そのいぼいぼが疎らなのも特徴だろう。 太陽 にさらされた時間の違いなのか、種類の違い なのか緑っぽいのとベージュっぽいのがあっ て、その微妙な色の違いが、並べて置いてみ るとちょっと楽しかったりする。 ラッパウニの仲間? Toxopneustes sp.? これも沖縄の慶良間諸島で拾ったもの。 上の ウニ殻に比べてこちらは数が少なく貴重。 種 類はわからないけれど、表面の様子からは、 かなり細かくて多数のトゲがあるウニだと思 う。 いぼいぼの列が作る放射状の模様と、同 心円状に散る濃い色の模様がなんともきれい なウニ殻だ。 もう少し数を拾いたいウニ殻の 1つなので、沖縄に行くときは注意したい。 コシダカウニ Mespilia globulus 一見、バフンウニの殻に似ているけれど、背 が高くて、真上からよく見るときれいに五角 形で、「五放射相称」という棘皮動物の特徴 を、はっきり見ることができる。 トゲの生え ない帯状の部分も5本あるのがわかる。 それ ほど数は多くないけれど、神奈川県の海岸で も時どき拾うことができる。 赤い部分の色が もうちょっと鮮やかだと、もっと素敵なウニ 殻になるんだけどな…。 サンショウウニ Tenmopleurus toreumaticus ではないかと思う。 太いトゲのつく帯と、細 いトゲのつく帯が2本交互に並ぶ特徴から判 断した。 近い仲間のキタサンショウウニかも しれないが、どちらにしても拾った殻からで は正確な判断は難しいところ。 殻は上から見 ると円形に近く、横から見ると高さ(厚み) があり、山形のように盛り上がっているのも 特徴だ。 トゲのつくイボの部分は密で、彫り が深い。 こうして見てみると、殻だけでもか なり個性的なので、なかなかおもしろい。 アカウニ Pseudocentrotus depressus 磯などで普通に見かけるウニなのだが、意外 に殻を拾う機会が少ない。 ただ、殻は別科の ムラサキウニによく似ているから、混同して いた可能性もある。 これは、まだトゲが残っ ていたので判別できた。 殻で見分ける場合は アカウニは殻径に対して殻高が非常に低く、 平べったい形をしていること、殻に赤みがあ ること、トゲのつくイボ、凸部分がやや繊細 に見えることがポイントになると思う。 生き ているものは、名前の通り赤紫で、ややまば らにトゲが生えているから、ムラサキウニと は容易に見分けることができる。 タマゴウニ Ecbinoneus cyclostomus だと思う。 とある本に載っていた図版とそっ くりで、それがタマゴウニだったのだ。 最初 はブンブクの仲間とも思ったけれど、こちら が正解のようだ。 タマゴウニは世界でも2属 2種しかいない少数派のウニ。 トゲは非常に 微少とのこと。 確かに殻に残るイボ、凸部分 はとても小さい。 また、ウニは肛門が普通は 上面にあるのだが(口が下面にある)、タマ ゴウニでは下面にあるのが特徴らしい。 タコノマクラ Clypeaster japonicus 殻の大きさが10 cmほどになる大型種で、海 底の砂地を這ってくらしている。 名前が何と も楽しげで、名づけた人のセンスがまたとて も素敵だ。 でも、その生活にはナゾが多い。 その1つに「小さなタコノマクラを見ない」 というのがある。 海中でも目につくのは、わ りと大きな個体ばかりなのだ。 この幼体は小 型の仲間と混同されているのでは?という意 見もあるが、定かではない。 何とも不思議な ウニなのである。 ハスノハカシパン Scapbecbinus mirabile カシパンの仲間で、とても薄いウニ。 殻の縁 はギザギザっとした感じだが、よく見ると五 角形っぽいのがわかる。 殻の裏側が、ハスの 葉のように見えることが、名前の由来のよう だ。 逗子や鎌倉の海岸ではどちらも拾えるよ うだけど、生息環境の違い、棲み分けなどが あるのかは、よくわからない。 以前に訪れた 外房でよく打ち上がっていたので、外洋に向 いた砂地の海底にすむ種類なのだろう。 ヨツアナカシパン Peronella japonica カシパンは「菓子パン」のことだと思う。 殻 の上についた花びら模様が、桜を乗せたあん パンみたいだからだろうか? ちなみに、ヨ ツアナは生殖孔が4つあることに由来する。 トゲトゲのあるウニとは別グループで、細か くて短いトゲが体の表面にたくさん生えてい て、たわしのようにチクチクする。 ふだんは 砂の中に潜って暮らしている。 ミナミヨツアナカシパン Peronella lesueuri 沖縄のどこか(西表か慶良間)で拾ったもの だけど、ずっとこちら(本土)のヨツアナカ シパンと同じ種類だと混同していた。 でも、 つい最近になって図鑑を見て、別種であるこ とに気がついたのだ。 形にはかなり個体差が あるようだけど、全体に殻が分厚くて、がっ しりしていることが特徴。 特に、縁の部分は 少し盛り上がって厚みがある感じ。 同じ大き さのヨツアナカシパンと比べると、2倍は厚 い感じがする。 分布は奄美、沖縄諸島以南。 *今までヨツアナカシパンとして掲載してい た写真は、このミナミヨツアナカシパンでし た。 改めて訂正いたします〜。 スカシカシパン Astriclypeus manni 殻に5つの穴(透かし)があるという変わり 種のカシパン。 タコノマクラより大型になる けれど、穴の開いている周縁部はうすくて、 中身の入っている部分はやたら小さい。 生息 水深が深いのか、海岸に打ち上がっているの は古い破片ばかり。 なかなか完体を拾うこと ができず、ここにも破片の写真を掲載してい たけれど、2006 年の秋に、ついに拾うこと ができた。 大きさは 13. 5 センチもあるから 文句無しで日本最大級のウニといえるのでは ないだろうか。 漂白がうまくできず、ちょっ と汚れた感じだけど、大切なお宝なのだ。 ちびウニ モルディブ諸島のヴィヤドゥ島で拾った「ちびウニ」。 ちびと言うとおり、大きさは1cm もない。 ブンブクの 仲間ではと思ったけれど、どうやらタコノマクラに近い マメウニの仲間らしい。 何でたくさん漂着していたのか は、まったく不明なのだ。 ヴィヤドゥ島はダイビングで 有名な島。 初めての海外旅行で訪れたこともあって、こ のちびウニは、その思い出の一品でもある。 オオブンブク Brissus agassizii やっと手に入れた最初にブンブクがこれ。 海 が強く荒れた後に打ち上がったもの。 名前の 通りの大型種で、写真のものは約6センチ。 最大では9センチほどになるらしい。 拾った ときにはまだかなり中身が残っていて、結局 漂白しても完全には白くできなかった。 ブン ブク類は海底の砂に深く潜って暮らすウニの 仲間。 外敵に襲われる危険が少ないため、殻 がほかのウニよりも薄くて脆い。 漂白にも神 経を使うのだ。 殻の上の花びら模様は長くて 「大」の字形。 ヒゲを伸ばしたオジサンのよ うにも見えて、なんだか楽しい。 ブンブク類 は相模湾にも普通に見られるのだけれど、殻 が打ち上がることは滅多にないのが残念だ。 マダラウニ Pseudoboletia indiana 初めて拾うタイプのウニ殻。 正確には種類は 判断できないが、ウニ殻の模様はある程度、 トゲのつき方と関係している。 それから考え て、マダラウニではないかと判断した。 見て の通りの模様が魅力。 写真ではやや色が濃い けれど、これは洗って間もないため。 完全に 乾いたものは、もう少し明るい感じの色だ。 マダラウニは南方系の種類出、サンゴ礁域で はさほど珍しくないようだけど、手持ちの図 鑑によれば、相模湾では「稀」とのこと。 サンショウウニの仲間 Tenmopleurus sp. 写真左がそれで、千葉県館山市の海岸で拾っ たもの。 右側が上でも紹介しているサンショ ウウニ。 直感でサンショウウニの仲間として いるが、実際に確かめたわけではない(学名 も同様)ので念のため。 サンショウウニの仲 間でよく見られるのは、サンショウウニ、キ タサンショウウニ、ハリサンショウウニあた りだが、そのどれかではないかと思う。 ちゃ んとトゲのついたものを拾って確かめないと いけないなぁ…。 ちなみに、このウニは、お 友達の千葉のビーチコーマーさん達は拾って いないとのこと。 NEW! ヒラタブンブク Lovenia elongata 神奈川県で2種類目のブンブク。 相模湾には 数種類のブンブクが生息しているはずだけど 海岸地形や生息水深などの関係なのか、打ち 上げをほとんど見ない。 ヒラタブンブクは、 何度か欠片を見ていて、今回やっとまともな ものを拾うことができた。 と言っても、横に 大穴が開いているし、ちょっと漂白し過ぎて 口の周辺が取れてしまった(泣)。 横幅があ る平たい体形で、花紋は形が崩れてほとんど 花に見えない。 生きているときは、ブンブク 特有の短いトゲ以外に、細く長いトゲが数本 背面に生えているのが特徴だ。

次の

【安くて美味しいウニを求めて】900円から6500円のウニ4種類をプロが目利き! どんなウニが一番美味しくてコスパが良いか調べてみた

ウニ 種類

北海道のうには4種類 カラスミ(ボラの卵巣の塩漬け)、このわた(なまこの腸の塩辛)、そして「うに」は、日本の三大珍味と称されています。 日本国内で食用とされているうには、キタムラサキウニ、ムラサキウニ、バフンウニ、エゾバフンウニの主要4種類で、北海道ではすべてのうにが漁獲されています。 すべての種類のううに漁が可能なことからもわかる通り、国内の最も主要な産地は北海道とされ、中でも積丹、利尻島、礼文島が特に有名で、国内外から旬のうにを求めて多くの人々が訪れます。 国内食用うにの約半分が北海道 国内のうに生産量のおよそ半分を占める北海道は、広大な面積があり、3方をそれぞれ違う海に囲まれています。 日本海、オホーツク海、太平洋と3つの海に接しているため、それぞれの海域・漁場ごとに生息しているうにの種類も、漁獲可能な漁期や旬も異なります。 北海道のうにの漁期はほぼ一年中 3つの海に接し、広大な大地を誇る北海道では、ほぼ1年を通してうに漁が行われています。 北海道でも最高級とされるうに 北海道では一年を通じてどこかの漁場でうに漁が行われていますが、中でも最高級とされるのが6月から8月に時期を迎える日本海側のエリアです。 この日本海側のうにのうち、積丹方面は古平・余別・美国・日司があり、それぞれ漁期が異なる場合があります。 現地でおいしい「うに」を食べるには 1.前日までの天候が重要 うに漁は、漁師さんが小舟に乗って、覗き眼鏡で海中を見ながら、同時に舵を操作し(足などで行う)、長い棒の先に付いたタモ(小型の網)や鈎でひとつひとつ丁寧に捕獲します。 したがって、海底にいるうにが視認できないと、獲りようがないのです。 つまり、降雨や強風などによるシケで、海中が濁ってしまっている間は漁ができません。 うに漁は主に早朝に行われるため、当日の天候は雨であっても、前日夜まで天候が安定していた状況であれば、出漁している可能性が高くなります。 もちろん、お天気が良い日が続いていれば、安心して行くことができます。 2.売り切れは早い 全国的に著名な積丹などは、うに漁解禁中には大変多くの観光客の方々が訪れます。 漁獲制限もあり、ふんだんに提供されているわけではありません。 天候に恵まれてうに漁があったとしても、「売り切れ」ということはよくあることです。 漁港近くで営業されているうに丼専門店やお寿司屋さんは、概ね午前10時から午前11時前後に開店されるところが多いですが、仕入れることができたうにの量や当日の来客数によっては、お昼を待たずに「うに売り切れ」となることもあります。 確実に食べたいのなら、開店前には現地に到着して待つか、事前に予約を入れておくことをおすすめします。 なお、店舗によっては予約不可となっている場合もあります。 また、予約可能な場合は、席だけの予約ではなく「エゾバフンウニの丼を2人で」など、うにを食べる旨を伝えて、うにそのものを確保しておいてもらうことも大切です。

次の

ウニ

ウニ 種類

ウニと聞いたらやっぱりこの形をイメージします。 ムラサキウニはたくさんある長いトゲが特徴のウニです。 大きさは5~6センチほどで、日本でもっとも見られるウニといわれています。 見た目のとおり紫色の殻をもつことからムラサキウニと名づけられましたが、九州ではムラサキウニのことを「黒ウニ」と呼ぶ地域もあるようです。 淡い黄色、白っぽい身の色をしているため「白ウニ」ともよばれます。 味はあっさりとしていて上品な甘みがあります。 ムラサキウニの天敵はラッコ。 ラッコはウニが大好きで、ムラサキウニの鋭いトゲや硬い殻もなんのその、上手に石に打ち付けて割って食べてしまいます。 バフンウニとムラサキウニどちらが高級かわかりましたか? 一般的には体が小さいためとれる身の少なく、 味も濃厚なバフンウニが高級とされています。 ですがバフンウニは生で食べるとえぐ味が強いということで、獲れても食べない地域もあるんだとか。 みなさんはどちらがお好みですか? 私たちはウニのどの部分を食べているの? 私たちが食べているのは ウニの生殖巣(せいしょくそう)です。 産卵期の1~2か月前からオスの精巣やメスの卵巣が大きくなり、これが食用とされています。 よく見てみると同じ種類のウニでも黄色いウニとオレンジ色のウニがあるのですが何が違うのでしょうか。 黄色いのはウニの卵巣。 つまりメスのウニ、オレンジ色はウニの精巣でオスのウニといわれています。 オスの方がきめ細かい身で苦みがないため高価とされています。 バフンウニとムラサキウニだと色の濃いバフンウニが、オスとメスだと色の濃いオスが高価ということは美味しいウニを食べるには色の濃いものを選ぶと間違いないということなのでしょうか。 ウニと表す漢字はいくつある? 「ウニを漢字で書いてください」と言われたらどのように書きますか? 私が真っ先に頭に浮かんだのは「雲丹」でした。 雲丹は中国では栄養価の高い食品のことを薬とみなし「雲丹(うんたん)」と呼んでいたのが語源といわれています。 ウニも栄養価が高い食品のためこの漢字が用いられたそうです。 それとは別に「海丹」と表すこともあります。 「丹」は赤いという意味があります。 植物の「牡丹(ぼたん)」、「丹頂鶴(タンチョウヅル)」も赤に関係することから「丹」という漢字が使われています。 ウニは海で獲れる赤い身の生き物なので海丹と書くようになりました。 実は他にも書き方があります。 それは「海胆」と「海栗」。 漢字を見て、どうしてこの漢字になったかピンときた方も多いはず。 海胆の「胆」は肝のことをいいます。 昔の人たちはウニの肝を食べていると思ったことから、または肝のように濃厚な味わいだったことからこの漢字がつけられたといわれています。 海栗は、見た目のとおり、トゲだらけの姿が「栗」のようだからという理由でこの漢字になったそうですよ。 ウニには4つもの表し方があるんですね。 人気記事一覧• そういえば昔、友人が「カニとクモって仲間なんだよ」と言っていた気がします。 その時は、そんなわけ... 8,857件のビュー• お寿司で美味しいウニ、ウニがたっぷりのったウニ丼なんてたまらないご馳走です。 ウニは世界で約900種類、... 5,796件のビュー• もし、イワナとヤマメってどう違うの?と聞かれたら、あなたは答えられますか? なんだか漠然と「川... 4,905件のビュー• 「お寿司」と聞けばご馳走のイメージがありますが、回転寿司店が全国にできたおかげでかなり気軽に食べられるもの... 3,976件のビュー• 塩漬けにした鮭の身を乾燥させて燻製にした「スモークサーモン」。 メインにもサイドにも、おつまみ... 3,822件のビュー• 「アンチョビ」ってご存知ですか? 何となく聞いたことあるな、という人は多いと思いますが、あらため... 3,630件のビュー• 皆さん、「肺魚」って聞いたことありますか?鯛とかヒラメとかは知ってるけど、「肺魚」ってなかなか聞かないし、... 3,433件のビュー• 「イカ」を丸々1杯買って調理したことはありますか? 調理済みのものや、切り身になって部分だけ売っ... 3,302件のビュー• キンメダイとキンキの違い、あなたはわかりますか?実は私、知りませんでした! もちろんどちらも聞... 3,159件のビュー• 「ムール貝」と「カラス貝」それぞれ聞いたことはありますか? 「ムール貝」というと、個人的にはイタリアンや... 2,271件のビュー• ご家庭でよく食べられる貝のひとつに「しじみ」が挙げられます。 全国で一年中とられることもあり、馴染み深い... 2,207件のビュー• 四方を海に囲まれた日本。 国内でよく食べられる「大衆魚」だけでも色々と種類があって、食べる機会はもちろん... 1,524件のビュー• 数多くの水族館で飼育されているチンアナゴ。 砂から体を覗かせてゆらゆら揺れている姿がなんとも言えず可愛い... 1,421件のビュー• 1,265件のビュー• おでんに漬物、おにぎりや佃煮、そしてもちろんお出汁にも!昔から日本食には欠かすことのできない「昆布」に... 1,222件のビュー• 突然ですが、みなさんは雷魚という魚を知っていますか? 雷魚とは、スズキ目タイワンドジョウ科に分類される淡... 1,210件のビュー• イカを知らない人ってほとんどいないんじゃないでしょうか?最近ではイカが主役のゲームも流行っていますよね... 1,197件のビュー• 突然ですが、魚の寄生虫を見たことはありますか? そもそも寄生虫は何をするの? 寄生というのは、ある... 1,081件のビュー• ころんとした体、小さい目がかわいいマンボウは水族館でも人気者です。 水の中をゆらゆら泳ぐ姿に癒される人も... 1,013件のビュー• 最近ではご当地グルメとしてイカスミをつかったやきそばやソフトクリーム、イカスミバーガーなんかも話題になっていま... 1,006件のビュー.

次の