花田虎上ブログ。 花田美恵子は「再々婚」だった!花田虎上は何も知らず養育費を送金か

花田美恵子の旦那画像!なぜ花田の名字変えないで週末婚なのか?

花田虎上ブログ

元大相撲の横綱若乃花で、タレントの花田虎上(まさる、49)が10日放送の関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。 ペットを飼えなくなった幼少期のトラウマを明かし、共演者を驚かせた。 番組MCの上沼恵美子(65)からの「お兄ちゃん、犬は好き?」と突然の質問に、戸惑いつつも「好きなんですけど、トラウマで飼えなくなった」と明かした花田。 「犬飼いたいって言って、小学校3年のときに犬が来たんです。 そしたら、3日後、母親が500円で売っちゃって…」と、母でタレントの藤田紀子(74)の行動を暴露した。 上沼ら共演者から「あのお母さん、500円で売った?」と驚きの声が上がる中、花田は「それがトラウマで飼えなくなっちゃった。 自分で面倒みないとかなんとか言われてしまって…。 (そこから犬は)飼ってないです」と明かした。 ただ、犬以外のペットは飼ったことがあるとし「他のものは飼いました。 インコ飼ったり、インコを8羽ぐらい(藤島)部屋で飼ってて」と告白。 上沼から「極端やな」とツッコミを受けるも、花田は「それも、ある日、カゴが倒れて逃げちゃったよって言われて…」と結局、インコもすべていなくなってしまったといい、「これは八百長だなと思って」とボヤいて笑わせた。

次の

花田虎上が「若貴対決」のエピソード告白→兄貴なら待たないで連絡すればいい。

花田虎上ブログ

大相撲の元横綱若乃花でタレントの花田虎上(48)が9日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS 不屈の超人アスリートSP」(日曜後7・00)に出演、大相撲史上唯一の「兄弟優勝決定戦」のエピソードを語った。 花田は「うわー、最悪だ」と頭を抱えたという。 「いつもだったら憎しみこめて(相手に)ぶつかっていくのに、そうできないし。 プロとして情けなかった」と振り返り、「あのときは一番大好きな弟だったから…」と本音を打ち明けた。 MCの浜田雅功(56)から「あのときは?」と突っ込まれたが、対決は下手投げで兄の勝利に終わった。 「決定戦ということはお互いに優勝だから」という思いだったが、弟は「いいよ、いらないよ」と断ってきたという。 「なに、その会話?」とずっこける浜田は「弟さんは仲良くなりたい発言してはったよ。 どうなってんの?」と尋ねると、「そうですね、徐々に…」と歯切れが悪くなり、弟の貴乃花光司氏(46)からその後、「連絡はない」と語った。 浜田から「どう、この姉弟愛!」と水を向けられると、花田は「さきほどのトークが恥ずかしい」とうつむいた。 yahoo.

次の

花田美恵子の旦那画像!なぜ花田の名字変えないで週末婚なのか?

花田虎上ブログ

はなだ まさる 花田 虎上 [[ファイル: 190px 花田 虎上 ]] 本名 花田 勝 生年月日 1971-01-20 (49歳) 出生地 身長 180 血液型 職業 ・ 配偶者 ( - ) 一般女性( - ) 著名な家族 (父) (母) (弟) (伯父) 若乃花 勝 基礎情報 四股名 若乃花 勝 本名 花田 勝 愛称 お兄ちゃん ・若・若様・若関 大相撲現役時 生年月日 1971-01-20 (49歳) 出身 身長 180cm 体重 134kg BMI 41. 人物 [ ] 1971年1月20日にの長男として生まれる。 人当たりのよい性格で話術にも長け、力士時代から「 お兄ちゃん」の愛称で親しまれている。 現在は在住。 車やバイク好き としても知られ、GT3、、など約30台ほど乗り継いでいる。 来歴 [ ] 上背はなかったものの、強靭で巧みな足さばきを生かして多彩な技を繰り出し、技能派の名人力士として知られた。 また容姿や相撲の内容は実父・貴ノ花利彰よりも伯父の初代若乃花を彷佛とさせた。 下半身が非常に筋肉質であり、奉納土俵入りの後ろ姿が、筋肉隆々な出で立ちで有名だったのものとして誤った形でインターネット上で拡散されたほどである(実際は千代の富士は雲竜型だったため、判別は容易である)。 「最大の企業秘密」として現役中は徹底して隠し通されていた点があり、入門前から左のが弱かったため、「左を差されて前に出られる相撲」など左の股関節に負担がかかる体勢を苦手としていたとのこと。 入門 [ ] 入門に当たって、父である藤島親方からは「今日限りお前たちとは親方と弟子になる。 パパとママの呼び方は許さない。 親方とおかみさんだ。 わかったな」と言い放たれ、若貴兄弟が両親に存在を認めてもらうには稽古を重ねて早期に関取になるしかなかった。 3月場所、四股名 若花田として。 「」の一人で、弟の他、・らと同期入門だった。 初土俵以降順調に出世するも、1989年11月場所で史上最年少関取となった貴花田には一歩出遅れたが、若花田も弟の後を追いかけるように3月場所で新となる。 同年9月場所には新入幕を果たした。 入幕 [ ] 入幕して最初の頃は、天性の勝負勘と強靭な足腰で相手の攻撃を凌いで技を繰り出して勝つという勝ち方が多かったが、後半頃からに磨きがかかるようになり、成績も伸びていった。 9月場所2日目には、前頭3枚目の地位で横綱を右で破り初を獲得し、同9月場所は自身初の三賞(殊勲賞・技能賞)を受賞。 さらに1992年1月場所3日目も、前頭筆頭の地位で再び旭富士を右で下し、2個目の金星を獲得。 なお横綱旭富士は同1月場所で進退を掛けたが初日から3連敗を喫し、この若花田(当時の四股名)の敗戦を最後に現役引退を表明した。 1991年11月場所で、自身初のとなる新に昇進したが、7勝8敗と負け越し。 さらに翌3月場所と同年7月場所を、相次ぐケガで途中休場(2場所共にのち再出場、但し3月場所は14日目から再休場)するなど、小結と前頭の地位を上下する足踏み状態が続いていた。 しかし2度目の再小結だった3月場所は、初日から7連勝と絶好調。 中日(8日目)で当時関脇の戦で初黒星を喫したが、12日目には宿敵・当時新横綱の曙を下し殊勲の星を挙げるなどで、14勝1敗の成績で自身初の幕内最高優勝を達成した。 因みに優勝した場所は新大関に弟の貴ノ花がいたが、新大関がいた場所で関脇以下の優勝が見られた事例は、戦後の15日制下では史上4例目。 1993年5月場所直前に、四股名を若花田から 若ノ花に改名。 同5月場所では新で10勝5敗と二桁白星を挙げ、幕内上位で3場所合計34勝11敗の成績となったが、3場所前に前頭3枚目(10勝5敗)の地位だった事がネックとなり昇進は見送られる。 さらに同場所千秋楽、当時大関のとの取組では明らかに小錦の手が先についていたのに、行司軍配は小錦の方に上げられ、しかももつかなかったため、若ノ花の負けとされる不運もあった(千秋楽の翌日、当時の審判部長(元横綱)はこの一番に物言いをつけなかった責任を取り、辞表を提出しようとする事態となった)。 それでも、翌1993年7月場所には最後まで優勝を争い13勝2敗の成績を挙げ、横綱曙・大関貴ノ花(当時の四股名)と共に3名で優勝決定に出場。 惜しくも巴戦初戦で曙に敗れ優勝は逃したものの、三役の地位で3場所合計37勝8敗の好成績により、同年7月場所後文句無しで大関に昇進。 、弟貴乃花に次ぐ親子大関、伯父・実父に次ぐ兄弟大関となった。 大関時代 [ ] 1994年 大関昇進後も順調に土俵を務めていたが、3月場所で左足首をケガして2場所連続の休場(適用)。 同年11月場所前は若ノ花から若乃花と改名したが、右腰を痛めてしまうアクシデントなどで暫く低迷。 この間曙を倒して弟貴乃花の優勝の援護射撃をするという場面は見られたものの、自身が優勝を果たすまでにはいかなかった。 1995年 11月場所に12勝3敗で弟貴乃花との を制して漸く2回目の優勝を果たした。 この1番では若乃花が右差し、左上手を引いて寄り立て、右から下手投げを繰り出すと、貴乃花は力無く右膝から崩れ落ちた なお、これは、 史上初の兄弟による優勝決定戦として、今でも 若貴対決として語り継がれている。 この一番のことについては、2019年6月9日放送の「」 フジテレビ系 に出演時に 「最悪だと思った。 やりたくない。 一番大好きな弟が 相手になって もう嫌ですよ。 いつもだったら憎しみ込めて行くのに、この時はもう無理ですよね。 プロとして情けないなって」と兄弟同士の取組に抱いた複雑な思いを振り返り、優勝パレードのオープンカーに乗る前に優勝賞金の折半を提案して断られたことも説明している。 1996年 の1月場所は自身初の綱取りとなったが、場所直前に罹ったの影響や肝機能障害による絶不調で、初日から3連敗を喫して4日目から途中休場した。 1996年中盤頃から徐々に復調の兆しが見え、1996年11月場所は11勝4敗ながら、史上最多となる幕内5人もの優勝決定戦に進出。 だが、1回戦で当場所優勝者の(当時大関、のち横綱)に敗れ優勝同点に終わった。 1997年 1月場所は、初日から完璧な相撲で14連勝して14日目に3回目の優勝を決めた。 は惜しいところで、武蔵丸に再び負けた為に自身初の全勝優勝はならなかったものの、若乃花の土俵人生の中で最高の相撲を見せた場所となった (余談だが現役時代は武蔵丸とは14勝24敗と相性が悪く、武蔵丸に敗れて全勝を逃したケースが多かった)。 翌3月場所では2度目の綱取りが大いに期待され、その期待に応えるようにも同場所は初日から3連勝と絶好調だった。 しかし、3日目の戦で勝ちながらも倒れ込む際に右を断裂し、またも4日目からの途中休場により綱取りは全くの白紙となってしまう。 しかも全治3か月の重傷で、2場所連続休場後の7月場所に復帰したものの、序盤に3連敗する等、絶不調で引退を囁かれるまでになってしまった。 この同7月場所、中盤以降は持ち直して何とか8勝7敗とて引退の危機は乗り切ったが、怪我の箇所を考えると「もう上は望めないのではないか」と言われるまでにもなった。 1998年 3月場所では、突如爆発するかのように、初日から完璧な相撲を取り12連勝。 13日目に横綱曙に敗れたものの14日目は武蔵丸に勝利し、千秋楽はので琴錦を下して14勝1敗で4回目の優勝。 翌5月場所は3度目の綱取りとなる中、4日目に小城錦と6日目琴錦に苦杯を喫し、さらに11日目には魁皇にも敗れてしまう。 それでも他上位陣総崩れの幸運もあって自身最後まで優勝を争い、14日目に曙を破り千秋楽には武蔵丸を破り大関の地位で2場所連続優勝を果たし、5月場所後についに昇進を決めた。 ただし5月場所は12勝3敗という低いレベルでの優勝で、日本相撲協会からは「もう一場所見るべきではないか」という声もあったが、で反対論は全く出ずに、史上初の兄弟横綱が誕生した。 なお大関29場所目での横綱昇進は、当時に次ぐ史上2位のスロー昇進だった(現在は1位タイの琴櫻・武蔵丸の32場所、3位のの31場所に次ぎ史上4位)。 またこの昇進以降、(平成29年)1月場所後に稀勢の里が横綱昇進を果たすまで19年に渡り日本出身の横綱は1人も誕生しない状態が続いた。 横綱時代 [ ] 1998年 では、後継者が少ない「不知火型」を敢えて選択する。 が中心となって、琴櫻や初代若乃花までが登場して土俵入りを指導した。 若乃花らしい切れのあるきびきびとした土俵入りであった。 ただ当初は、弟貴乃花が横綱土俵入りを指導するものと思われていたが、貴乃花は一切姿を見せなかった(この頃から兄弟仲の確執が噂されるようになり、これが明らかになるのは1998年9月場所前の事である)。 史上初の兄弟横綱として期待されたが、一方で約5年間の大関在位時で多くの怪我に苦しんだ事も有り、また「不知火型」の通りに「で終わるのではないか」という懸念の声も聞かれ、結果的にその悪い予想は的中してしまう事になる。 新横綱の1998年7月場所、序盤は5連勝したものの、6日目の平幕・に敗戦・初金星を配給。 翌7日目も平幕・に連敗、2日続けて金星を献上してしまう。 10日目に勝ち越しを決めたが、結果10勝5敗に留まった。 1998年9月場所では、場所中延々とで不仲説が取り沙汰されていた弟・貴乃花と最後まで優勝を争った。 だが千秋楽結び前の一番で、自身は大関・武蔵丸に敗れ12勝3敗(優勝次点)に後退。 結びの一番、横綱同士の対決で貴乃花は曙に勝って13勝2敗、2場所連続20回目の幕内優勝を達成。 1995年11月場所以来2度目の兄弟対決となる、優勝決定戦進出は果たせなかった。 1998年11月場所は平幕のに優勝を許し、自身は9勝6敗の不振。 それでも、この場所では14勝1敗で平幕優勝した力士に横綱として全勝を阻止する星を付けるという、優勝制度発足以降2例目となる記録を達成している。 1999年 1月場所は12日目まで一人全勝を守っていたが、13日目に関脇・武双山に初黒星。 それでも14日目までは13勝1敗と、単独トップに立っていた。 ところが翌日の千秋楽結び前の一番で、12勝2敗と一差で追う関脇・に突き落とされて、優勝決定戦に。 その決定戦では、史上初となるの末、最後は千代大海に寄り倒されて逆転優勝を許し(優勝同点)、自身横綱として初の優勝を惜しくも逃してしまう(場所後、初優勝した千代大海は大関昇進が決定)。 1999年3月場所と5月場所は、左足の太股や左足関節の外側靱帯を痛める故障により、2場所連続して途中休場に。 7月場所は平成時代2例目の(曙・貴乃花・若乃花・武蔵丸)と成るも、横綱昇進後初の初日から全休となった。 復帰した1999年9月場所は、序盤2連敗したがその後白星を重ね、10日目の戦では左足のを起こしながらも、取り直しの相撲で勝利する。 だが翌11日目からはケガの影響により黒星が続き、当時の時津風理事長(元大関・)らを初め周囲からの「休場勧告」を一切無視して強行出場したものの、千秋楽の武蔵丸戦でも熱戦の末敗北。 結局7勝3敗から終盤戦では5連敗を喫して、ついにてしまった。 横綱の皆勤負け越しは、15日制が定着してからは史上2人目(以来10年ぶり)の不名誉な記録となった。 この9月場所限りでの引退を勧告する声もあったが、千秋楽後に時津風理事長との話し合いの末若乃花本人は現役続行を志願し、翌場所から2場所連続全休して再起を図った。 2000年 そして翌、まだケガが完治せず稽古不十分なまま「ゲンの良い」同年3月場所への出場を志願、「もう一場所待て」という二子山親方の説得を振り切り自ら進退を掛けて土俵に臨んだ。 しかしやはり満足な相撲が取れず、5日目に戦で敗れて2勝3敗。 この栃東との相撲を最後に、現役引退を発表した。 「強くなったか? うん、うれしかった」と、後輩の成長を肌に染み込ませ、心の区切りをつけた。 取組後の支度部屋では「ここまできたら怖いものはない。 やれるところまでやります」と話していたが、宿舎に向かう車中で冷静に限界を悟ったとのこと。 記者会見では引退の理由を「体力を補う気力が限界になりました」とコメント。 現役時代一番の思い出として兄弟で横綱になったことを挙げ、1993年3月場所で曙関を破った一番を思い出の取り組みに挙げている。 記者からは「夏場所復帰でも良かったのでは」と質問されたが、引退会見では「心の問題です。 今場所前に、やるぞっという気持ちになったので」と話した。 当時の若乃花はまだ29歳2か月の若さで、横綱在位は11場所だがその内皆勤したのはわずか5場所であった。 更に若乃花の引退により、4横綱時代も5場所のみに終わった。 横綱時代は休場の方が多くかつ横綱の地位で一度も幕内優勝出来ず、十分にその役目を果たせなかった。 それでも大関時代は大型力士が台頭する中で、小兵の若乃花は下手をすると大負けしかねない状況だったが、休場明け等の場所を除いた場所では概ね二桁以上の成績を上げている。 その為引退時には「横綱昇進しなければ『名大関』として名を残せた」「大関の地位に留まれば、こんなに早く引退する事は無かった」との惜しむ声もあった。 しかし後年、本人は2014年6月2日放送分のフジテレビ『 』で概して「相撲という競技は好きだが小さな体で大きな相手と戦わなければならないので大相撲力士にはなりたくなかった」と明かしており「横綱になったらやめるという条件を付けてもらった」とも話していた。 また、力士生命にとって致命的になった足の怪我の容態は引退後も回復しておらず、後に「将来、車椅子の生活になる事は避けられない」と医師から告げられた事を告白している。 2016年夏頃に武蔵丸(現15代親方)は若乃花に会った時、怪我の後遺症で毎日痛み止めを飲んでいることを知り、驚いたという。 横綱昇進後は実弟・貴乃花との不仲や離婚問題等、ワイドショーを賑わす騒動に巻き込まれることが多かったが、本人によると「(ワイドショーで)騒がれた場所ほどかえって相撲に集中出来た」らしく、実際に騒がれた場所では優勝を逃したが好成績を残している。 引退後 [ ] 相撲協会退職・その後の主な活動 [ ] を襲名し、当初は後進の育成に専念するような発言をしていたが、引退相撲を終えて間もない2000年に突如を退職した。 その後、に挑戦。 2001年にのに入部し、翌2002年に入りを目指して渡米したが、就労ビザが取得できず帰国した。 現在は・として活動しており、テレビのに多く出演している。 2005年5月までは民放で相撲の解説も行ってきたが、後述のトラブルにより番組を降板。 以来、相撲関係の仕事は対談やコラムの執筆などに限られてきたが、2019年7月場所にAbemaTVの実況解説者 土日の幕内解説担当 として約15年ぶりの相撲解説が実現した。 何度もオファーを受け、熱意に応じるかたちであるという。 定評のある話術を駆使し、取組に勝った力士・負けた力士のそれぞれの勝因・敗因について相撲芸人を相手役に視聴者に分かりやすく見せるアクション解説も行っている。 9月、11月場所も土日の幕内解説を務め、2020年も引き続き解説をすることになったことを公式ブログで報告した。 : 同社は大相撲の本場所で懸賞の提供企業にもなっていた。 2006年8月時点でや、、、にも出店し店舗数は30店舗まで拡大していたが、11月に代表取締役会長を退任して経営権を売却し、以降はプロデュースのみ担当した。 5月6日にドリームアーク社は東京地裁に自己破産を申請し、負債額は約4億5千万円であった。 「Chanko Dining 若」は、その後別法人によって運営され、2012年現在西日本を中心に2店舗営業している。 から個室居酒屋業界大手の株式会社で個室居酒屋「若の台所」「赤鶏御殿」、ラーメン屋「若のらーめん」をプロデュースしている。 略歴 [ ]• 1月20日 - 杉並区阿佐ヶ谷に生まれる。 3月 - を中退し、(のちの二子山部屋、現在の)に弟の光司と同期入門、四股名は 若花田 勝(わかはなだ まさる)。 ほかに同期の力士はやらがおり「」と言われた。 3月 - 十両昇進• 1990年9月 - 昇進• 11月 - 小結昇進• 3月 - 初の幕内最高優勝(14勝1敗)• 1993年5月 - 昇進、四股名を 若ノ花 勝(わかのはな まさる)に改める。 1993年7月 - 貴乃花・曙と共に優勝決定巴戦(13勝2敗同士)で対戦するが、初戦で曙に敗れる(優勝は曙)。 同場所後昇進が決定、の口上で「『一意専心』の気持ちを忘れず相撲道に精進する」と述べる。 1993年9月 - 新大関(9勝6敗)• 6月2日 - と。 で夫妻の媒酌で披露宴を開催。 1994年11月 - 四股名を 若乃花 勝(わかのはな まさる)に改める。 11月26日 - 十一月場所千秋楽、史上初の兄弟による優勝決定戦(12勝3敗同士)で、弟貴乃花を破って、15場所ぶり2回目の幕内最高優勝を果たす。 11月 - 初日から貴乃花が全休、千秋楽は曙・武蔵丸・貴ノ浪・魁皇と共に合計5力士の優勝決定戦(11勝4敗同士)で進出するが、1回戦で武蔵丸に敗れる(優勝は武蔵丸)。 1月 - 7場所振り3回目の幕内最高優勝(14勝1敗)• 3月 - 7場所振り4回目の幕内最高優勝(14勝1敗)• 1998年5月場所 - 12勝3敗の成績ながら、2場所連続5回目の幕内最高優勝を達成。 同場所後には昇進も決定し、 史上初の兄弟同時横綱が実現する。 横綱土俵入りは不知火型を選択。 伝達式の口上で「『堅忍不抜』の精神で精進していく」と述べる(前の5月場所、綱獲りのかかった直前の場所で、優勝とはいえ12勝3敗という低レベルの成績が昇進に値するかどうかで議論され、「全勝優勝を求めるべし」と昇進を見送る意見もあった。 1998年7月 - 新横綱(10勝5敗)• 1998年11月 - この場所9勝6敗の成績に終わったが、大相撲史上初の2度目のを果たしたに唯一土をつける。 1998年は自身最初で最後の(67勝)およびを受賞した。 にが年間最多勝を獲得するまで日本出身力士の年間最多勝は18年間出なかった。 1月 - 千秋楽まで単独首位であったが、本割と優勝決定戦で関脇・に逆転で敗れ、横綱として幕内初優勝ならず。 1999年9月 - 十日目の戦で、左太腿の肉離れを起こしながらもで勝利。 十一日目から連敗が続きながらも千秋楽まで出場したが、7勝8敗でた。 横綱が皆勤して負け越しは史上5人目(6例目)、15日制が定着してからはに次いで2人目となる。 3月16日 - 三月場所五日目に現役引退を表明、 藤島を襲名する。 2000年9月23日 -。 若乃花最後の横綱土俵入りには太刀持ちに曙、露払いに貴乃花と両横綱が務めた。 系列での中継は関東地区22. 留めバサミは父であり師匠である。 その後、を退職し、選手を目指し渡米。 - のにラインバッカーとして入部。 キッキングチームなどで計3試合に数プレー出場。 2002年 - AFL 1部、アリゾナ・ラトラーズ入りを目指すも、就労ビザを取得できずに断念する。 帰国後、本名の 花田 勝で・スポーツキャスターとして活動を開始する。 2002年 - ドリームアーク社設立、代表取締役に就任。 5月30日 - 父が死去し、7月4日に弁護士が遺産相続の放棄を発表 する。 10月2日 - 妻の美恵子と5年間の別居を経て離婚する。 子ども4人のは美恵子が持つ。 2008年11月 - ドリームアーク社の代表取締役会長を退任し、12月に同社を売却する。 6月15日から3月22日放送分までの約9か月間、『』のの三代目男性アシスタントとして出演する。 2008年12月12日 - 大阪府出身で9歳年下の元の女性と再婚。 2010年1月に第5子となる女児が 、2014年に第6子となる女児が誕生。 エピソード [ ] 相撲関連 [ ]• 現役時代のに付いていたさがりの本数は17本で、弟の貴乃花も同数であった。 現役時代はアメリカ文化に憧れており武蔵丸にアメリカ文化を教えてほしいと思ったが、私情を避けるため現役時代は私的に交流しなかった。 2000年3月場所、現役最後の対戦相手は奇しくも明大中野高校の後輩でもある、だった。 本人は高校の後輩として面倒を見ていた栃東ならば、最後の対戦相手として不足はない、と考えていたという。 実際、現役最後の白星となった4日目戦の取組後、翌日の対戦相手が栃東と決定した時に、から電話で「明日栃東でしょう。 良かったわね」と話すと、若乃花も「そう。 よかったよ、ダイスケで」と喜んだ。 この電話で二人は「栃東戦が最後の一番」と、通じ合っていたとのこと。 横綱時代は勝つことを求められる中、極度の取組に対する恐怖から睡眠薬を6錠飲んでも眠れないほどであった。 現役を引退したその日から3日程度原因不明の高熱が自身を襲い、震えによって部屋から出られなかったほどであった。 急激に体重が20㎏も減少したが、場所後の最後の巡業には引退した身でありながら横綱土俵入りだけを行い、急遽曙が太刀持ちを、武蔵丸が露払いを行った。 現役時代のある時、との取組の後に右足親指の骨が見えてその指が切断しそうになっていた。 霧島もこれには心配になって東西が反対の支度部屋の風呂まで駆け付けたという(当時、東西の支度部屋の往来は認められていた)。 相撲の専門家として [ ]• 2019年3月場所前に相撲の専門家としての記事でインナーマッスルの強化不足を昨今の力士の傾向として挙げており、また、子供の頃のスポーツ競技経験のバリエーションが少ないことにも触れている。 2019年5月19日、5月場所8日目の幕内の取組を「12年ぶりぐらい」に記者席から生観戦し、連載を持っている「」 報知新聞社 に特別観戦記が掲載された。 小結の92年春場所で再出場後に再び休場した経験から、再出場した貴景勝について「休んだ方がいいんじゃないですか。 膝は大きいところ。 休んで治した方がいい」と話した。 2019年11月場所千秋楽 11月24日 のAbemaTV大相撲中継の解説中、優勝した白鵬に以外の若手力士が土をつけられなかったことについて「 力士たちが 何か考えないと世代交代はない。 まだまだ続きます」と語った。 白鵬の立ち合いにも問題は指摘しつつ、「このままの立ち合いをやってしまったら、ずっと優勝されていく。 (相撲は)8割が立ち合い」「相手力士は嫌われてください。 嫌がられてください。 そこまでしないと勝てない。 汚い相撲とは言いませんが、ずるい相撲は取らないと」と立ち合いの研究・勝つことへの貪欲さを持って欲しいと現役力士たちに苦言を呈した。 2019年11月場所14日目のの中継で「これから入門する人は、元々親方がどういう相撲を取った人かを調べて入ったほうがいいと思います。 親方も教えやすいですしね」と、今後角界入りを目指す若者へアドバイスを送った。 2020年5月24日、により中止された5月場所の中継に替わる「大相撲ABEMA場所」に出演した。 過去の名勝負の映像を見ながら、弟の貴乃花の相撲について「前に攻めて、自分の形は右四つだが、両方どちらでも相撲が取れる。 それが一番強い」と評価している。 先に出世されたことについて司会者の質問が及ぶと、「自分は自分のペースで行こうと。 私、付き人についていた時もあります。 お風呂場で背中を流してましたから」「誇らしかった。 七光りが通用しない世界ですから」と答えている。 プライベート関連、その他 [ ]• 2007年に花田美恵子と離婚。 「正式に書面を提出し離婚という道を選ぶ事になりました。 2人で時間をかけて話し合い、このような結果となりました。 出逢えたこと、4人の子供を授かったことなど13年間の結婚生活に感謝しています。 これからも2人を温かく見守って頂けると嬉しく思います」と所属事務所を通じてFAXでコメントしている。 一方、美恵子元夫人は『』(2007年10月18日号)にて離婚に至る経過を語っている。 なお4人の子供のは美恵子元夫人が持つこととなった。 数日後美恵子元夫人の不特定多数との不倫行為が報道される。 これが離婚の大きな要因になった可能性を示唆する報道も存在している。 2008年『』に出演した際、物凄く絵が下手だった事が発覚した。 草彅剛画伯以上に凄く番組のお題でドアラを描いた際は、「水の妖怪」と言われた程である。 2011年4月9日より、風水建築デザイナーのアドバイスで芸名を「花田虎上」(はなだまさる) に改名した。 前妻の美恵子がマスコミに見せた良妻ぶりは「演技」であり、逆に子供の運動会の前日に飲酒して帰ってきたら運動会に間に合わないように目覚まし時計を設定するという仕返しを受けたこともあると、2013年7月8日放送分の『』で暴露した。 現役時代からの実弟・貴乃花との確執 [ ]• もともと角界には入るつもりはなかったが、弟を守る壁になれと両親に迫られ、横綱になったら引退して好きなことをさせてもらう約束で入門した。 1998年5月場所千秋楽で白星を挙げて横綱昇進を決めた時も嬉しくないと思い、むしろ「横綱になっても横綱相撲は取れない」「辞めるしかない」と不安にまみれていた。 場所終了後に横綱になることになったので、口上の決まり文句「謹んでお受けします」ではなく 、「謹んでお断りしてよろしいでしょうか」と言って入門時の約束どおりに引退するつもりだったが、両親に反対され 、仕方なしに横綱になった。 以来、相撲を辞めたいと言う度に、引退3日前まで11代二子山は殴って諌めたとのこと。 1998年9月場所直前に父親の11代二子山が「貴乃花は懇意にしている整体師から洗脳されている」と発言したとする「貴乃花洗脳騒動」が発生以来、実弟とは絶縁状態である。 直接の話し合いもなくメディアを使い一方的に実弟に非難をされており、2005年5月の父親死去の折も同様の形で非難をされている。 実弟は「年寄株や登記書などの父の遺産が行方不明になっており、兄に『年寄株を買い取れ』などと要求された」 「相撲を辞めた人間が相撲の事を語るな」などと様々なテレビ番組に出演し話していたが 、この件に関して花田はマスコミの取材を一切受けず反論もしなかった。 また「相撲を辞めた人間が相撲を語るな」との発言を耳にしてレギュラー番組だったも降板。 その際「今後は出演する事は無い」との花田のファックスが番組内で紹介された。 2005年7月4日に、で父親の11代二子山の相続放棄の手続きをしたと代理人弁護士が発表した。 弁護士によると、現役引退のときに父親と話し合って決めていたことで、それ以外の(プライベートな)ことはこの相続放棄と一切関係なく、同月3日の35日の法要を終えるまで公表しない約束だった。 2014年3月4日放送の系テレビ番組「」でも、花田本人が「遺産放棄は父と自身との話し合いによって決めたことであり、弟はそれを知らなかった」と証言している。 2019年3月20日の公式ブログで、その半年前までテレビ出演時に弟の写真はおろか名前を使うことも出来なかったことを明かしている。 2017年11月場所に発覚した日馬富士による貴ノ岩への暴行事件に関しては、11月14日ので「これが本当であれば協会が判断するうんぬんではなく刑事事件として警察に任せる程の事だと私は思いました」と発言して以来、一貫して被害者の貴ノ岩の師匠としての弟の立場に理解を示す発言をしている。 「憶測が憶測を呼び何が真実かわからなくなっている今、被害者が何も発言していない今、当事者でない私が何を話しても説得力がない」(11月23日)として、当初は週刊誌やテレビなどのマスコミへ取材には応じない意向を表明していた。 ところが騒動が沈静化せず、芸能界の仕事で世話になっているの要請を受けたため、12月10日に「」に出演した。 この時も「この問題に関しては(貴乃花は)被害者側だと思うんです」と発言している。 2018年9月25日に弟の貴乃花が退職表明をしたときは「"貴乃花"という部屋を興して頑張っていたので、もったいないなという気持ちはありますけど、あれだけ相撲が好きだったところに、"相撲道"とずっと言っていたので協会にいた方がいい人材である」と退職を惜しむコメントを出した。 協会とのことについては、「にウソはないと思います。 どういう方か存じていますので、引き留められたと思います」と話している。 2019年5月の一般社団法人の設立には「どういう風にやっていくのか楽しみにしている。 『頑張ってください』としか言えない」とコメントした。 母親の藤田紀子については、日馬富士による暴行事件で弟の貴乃花を庇う言動をしたことや貴乃花が相撲協会退職後に家族の和解を望むことを仄めかした折に再会を望んだ心情について理解を示し、母としての願いが叶うことを望む発言をしている。 しかし、自らの立場・考えは母親とは異なることも明言している。 2018年6月10日放送の「」出演中に、母と距離を置いていることを明かした。 角界を離れアメフトの世界で選手が母親を大切にしているのを見て感銘を受けたためこれまで母親を大切に扱ってきたが、藤田が各局のワイドショーに出演し角界の内部情報をほのめかし続けたことについて「自分の中で裏切られたということがあって。 テレビに出て自分の子ども(貴乃花)をかばうのはいいんですけど、今まで助けてくれていた人たちのことを全然顧みず裏切ったりしていたので。 僕の本心が違うように伝わっていたので。 僕が言いたいことを母がほとんど言っていない」と不快感を表した。 2019年1月26日の公式ブログに「今後は利害関係なく、ただの親子になります。 考えが合わないのでどうするべきか考え抜いた結果です。 そうすることで親子として普通に接することができるのではないかと考えたのです」というコメントを出し、母・藤田紀子と2008年に再婚した倉実夫人と子どもたちで会食をしている写真を掲載した。 今後は母親と仕事を関係させないプライベートで交流する と語る。 2019年5月17日放送の日本テレビ系「」に出演し、かつて「」で共演していた、を自宅に招いた。 貴乃花が3月20日放送の日本テレビ系「ザ・発言X」に出演し家族関係の修復に前向きな姿勢を見せた ことに触れ「僕は仲良くしてもらいたい」と求めた羽鳥に対し、「ずっと殴られ続けてるのに急に仲よくしようって言われた」状態であり貴乃花の連絡先を知らないため『待ち』の姿勢であると答えている。 主な成績 [ ] 通算成績 [ ]• 通算成績:573勝286敗124休 勝率. 667• 幕内成績:487勝250敗124休 勝率. 661• 大関成績:274勝101敗60休 勝率. 731• 横綱成績:61勝38敗57休 勝率. 616• 幕内在位:58場所• 横綱在位:11場所• 大関在位:29場所• 三役在位:5場所(関脇2場所、小結3場所)• :1998年(67勝23敗)• 連続6場所勝利:70勝(1996年3月場所〜1997年1月場所、1998年3月場所〜1999年1月場所)• 通算(幕内)連続勝ち越し記録:10場所(1997年5月場所〜1999年1月場所)• 幕内連続二桁勝利記録:7場所(1997年9月場所〜1998年9月場所) 各段優勝 [ ]• 幕内最高優勝:5回(1993年3月場所、1995年11月場所、1997年1月場所、1998年3月場所、1998年5月場所)• 十両優勝:1回(1990年7月場所)• 三段目優勝:1回(1988年11月場所)• 序ノ口優勝:1回(1988年5月場所) 三賞・金賞 [ ]• 三賞:9回• 殊勲賞:3回(1991年9月場所、1993年3月場所、1993年5月場所)• 技能賞:6回(1991年9月場所、1992年1月場所、1992年5月場所、1993年1月場所、1993年3月場所、1993年7月場所)• 金星:2個• 他に(も含む)では、同部屋対決でに1勝。 曙・武蔵丸・千代大海に各1敗がある。 若花田 勝(わかはなだ まさる) 1988年3月場所 - 1993年3月場所• 若ノ花 勝(わかのはな - ) 1993年5月場所 - 1994年9月場所• 若乃花 勝(わかのはな - ) 1994年11月場所 - 2000年3月場所 年寄変遷 [ ]• 藤島 勝(ふじしま まさる)2000年3月場所 - 2000年11月場所 パチスロ [ ]• -花田勝-(2005年) の中期の力士を平成の横綱「花田勝」が演じている。 主なテレビ出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (2000年12月4日 - 2002年4月5日、) - MC• (2008年6月15日 - 2009年3月22日、)• (2013年8月31日 - 2014年12月20日、)• (不定期である金星相撲部コーナーのレギュラー、2016年1月2日 - )• () - 『』などレギュラー企画に不定期出演• SPORTSウォッチャー - 準レギュラー• - メインパーソナリティ(2020年4月18日 - 、) テレビドラマ [ ]• (2003年 - 2004年、TBSテレビ) - 豊田秀吉 役• 第5・6話(2013年5月17・24日、TBSテレビ) - 水無月弘 役 ウェブテレビ [ ]• (2017年12月31日、) - 解説• AbemaTV大相撲LIVE 2019年7月 - 、 - 解説(土日レギュラー)• (現:) - パテックス 文献 [ ] 著書 [ ]• なお当時の若乃花は、前場所11勝で優勝同点・直前場所14勝の優勝と、現在の横綱昇進基準で有る「大関で2場所連続優勝、 それに準ずる成績」に当て嵌める勝ち星を挙げながら、当時「11勝留まりでさらに優勝を逃しては『準ずる成績』に該当しない」と全く話題に成らず、結局相撲協会は横綱審議委員会への諮問も見送っている。 前妻との間に儲けた1男3女と合わせると5子。 美恵子の不倫行為の相手として報じられたのは。 この時の会見で弟の貴乃花が他人行儀に「花田勝氏」「勝氏」と呼んだことが話題となり、が貴乃花親方のモノマネをする際にもこのコメント部分を用いている。 左肩関節捻挫により6日目から途中休場・11日目より再出場・14日目から再休場• 右母趾裂創及び関節捻挫により8日目から途中休場・11日目より再出場• ・と優勝決定戦• 左足首三角靱帯及び左足首けっ舟靱帯損傷により7日目から途中休場• 貴乃花と優勝決定戦• 急性肝機能障害により4日目から途中休場• 曙・・・と優勝決定戦• 右大腿二頭筋断裂により4日目から途中休場• と優勝決定戦• 左大腿二頭筋不全断裂のため10日目から途中休場• 左足関節外側靱帯損傷、腓腹神経損傷及び肝機能障害のため8日目から途中休場• 左足関節外側靱帯損傷のため全休• 横綱皆勤負け越し• 左大腿二頭筋不全断裂のため全休• 陳旧性右大腿二頭筋挫傷により全休 出典 [ ]• Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p81• 第66代横綱若乃花 花田勝『独白-ストロング・スピリット』文藝春秋、2000年、45-50頁。 『相撲』2018年10月号99頁から107頁• 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p46• スポニチAnnex 2019年6月9日. 2019年6月12日閲覧。 Infoseekニュース 2019年6月9日. 2019年6月12日閲覧。 『相撲』2018年3月号 p. 114-115• 『嫌いなことでも好きになれる。 』魁皇博之・著作より。 尚魁皇も若乃花と同じく1988年3月場所初土俵「花の六三組」のだった。 TVでた蔵 2014年6月2日. 2015年1月9日閲覧。 潮()2004年12月号 222〜229ページ『連載対談 内館牧子の「今日もがぶり寄り! 」 36 報道されていることの八割は「ウソ」でした。 『大相撲ジャーナル』2016年9月号12ページ• www. kouenirai. com. 2019年8月26日閲覧。 第66代横綱若乃花 花田虎上オフィシャルブログ Powered by Ameba 2019年7月6日. 2019年7月6日閲覧。 ザテレビジョン. ザテレビジョン 2019年7月6日. 2019年7月6日閲覧。 zakzak 2019年7月8日. 2019年7月10日閲覧。 AbemaTIMES 2019年7月7日. 2019年7月10日閲覧。 第66代横綱若乃花 花田虎上オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2019年12月28日閲覧。 2010年5月6日. 2010年5月6日閲覧。 もぐもぐニュースビジネス 2014年6月19日. 2015年9月24日閲覧。 『大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史』(杉並区立郷土博物館編、1991年)• 1998年7月21日付 相撲面 他各紙より。 web. archive. org 2005年7月6日. 2019年6月2日閲覧。 2007年10月4日. 2018年7月31日閲覧。 ORICON NEWS. 2008年12月15日. 2018年11月28日閲覧。 ORICON NEWS. 2013年11月8日. 2018年11月28日閲覧。 日刊スポーツ 2019年5月17日10時0分(日刊スポーツ新聞社、2019年5月19日閲覧)• Smart FLASH 2019. 14 11:00(2019年12月17日閲覧)• Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p38• AbemaTIMES 2020. 21 18:41(2020年3月29日閲覧)• 『』2019年3月号 p. 第66代横綱若乃花 花田虎上オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2019年5月19日閲覧。 スポーツ報知 2019年5月30日. 2019年12月28日閲覧。 nikkansports. com 2019年5月19日. 2019年5月19日閲覧。 ライブドアニュース 2019年11月25日. 2019年11月25日閲覧。 AbemaTIMES 2019. 24 08:00(2019年12月2日閲覧)• ABEMA TIMES 2020年5月24日. 2020年5月25日閲覧。 デイリースポーツ 2013. 08(2019年12月7日閲覧)• SANSPO. COM 2018. 17 06:47(産経新聞社、2018年3月17日閲覧)• J-CASTニュース 2018年9月28日. 2019年5月30日閲覧。 結局一旦紛失した年寄株「藤島」は再発行された。 ()2005年7月15日号 218〜221ページ『二子山親方「病室の遺言ビデオ」衝撃映像--兄弟戦争に新局面 ベッドの父に花田勝氏がぶり寄り』• 『』 2005年7月4日• web. archive. org 2005年7月8日. 2019年6月2日閲覧。 TVでた蔵 2014年3月4日. 2015年1月9日閲覧。 第66代横綱若乃花 花田虎上オフィシャルブログ Powered by Ameba(2019年3月20日). 2019年3月25日閲覧。 日本語. サンスポ. 2018年11月2日閲覧。 日本語. スポーツ報知. 2017年12月10日. 2018年11月2日閲覧。 日本語. FNN. jpプライムオンライン. 2018年11月2日閲覧。 日本語. デイリースポーツ online. 2018年11月2日閲覧。 第66代横綱若乃花 花田虎上オフィシャルブログ Powered by Ameba 2019年1月26日. 2019年1月26日閲覧。 第66代横綱若乃花 花田虎上オフィシャルブログ Powered by Ameba 2019年1月26日. 2019年1月26日閲覧。 BLOGOS 2019年3月21日. 2019年5月19日閲覧。 Infoseekニュース 2019年5月17日. 2019年5月19日閲覧。 テレビ東京・BSテレ東 日本語 , , 2019年9月9日閲覧。 AbemaTV アベマTV 2017年12月31日. 2017年12月31日閲覧。 株式会社サイバーエージェント 2020年5月15日. 2020年5月21日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ちゃんこダイニング若. 2013年10月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年5月22日閲覧。 - 日本相撲協会• - 相撲レファレンス•

次の