足立 区 10 万 円 給付。 【新型コロナ】足立区10万円の定額給付金~申請方法・申請期間・期限~

【悲報】給付金10万円の手続き、まだ2%しか申請されず 役所で目視の確認作業を行うため支給は当分先?

足立 区 10 万 円 給付

新型コロナウイルス対策として国民に一律給付される10万円の「特別定額給付金」について、東京都内各地でオンライン申請の受け付けが始まった。 押し寄せる申請の確認作業のため、支給が6月にずれ込む自治体があれば、すでに支給をスタートさせた自治体もある。 住民の手に給付金が行き渡る時期はまちまちとなっている。 お年寄りの通院などに付き添うのが主な仕事だが、利用客が外出する機会が減ったために収入も減少。 「高齢者と接するので、マスクや消毒液も自分で買わなくてはならず、生活を圧迫している」とこぼす。 給付金を受給するには、自治体から送られてくる申請書を郵送するか、マイナンバーカードを使って専用サイトでオンライン申請する必要がある。 各自治体は郵送申請に先立ち、今月から順次、オンライン申請の受け付けを始めた。 読売新聞の取材では、足立、江戸川の2区は既に支給を開始した一方、世田谷区と狛江市は6月上旬の支給を予定。 支給時期を「未定」とする自治体もある。 板橋区の支給時期は早くても今月下旬だといい、女性は「国の給付金なのに、なぜ自治体ごとにもらえる時期が違うのか」と首をかしげる。 申請内容を住民基本台帳のデータなどで確認する職員ら(12日、品川区役所で) 11日時点で約1万件のオンライン申請があった品川区では、職員が連日、2人1組になって、申請内容と住民基本台帳の情報を照合している。 不備がないか1件ずつ目視で確認し、振込先の銀行名や口座番号などに間違いがあれば修正。 1日の処理は約100件が限度といい、同区の寺嶋清・特別定額給付金担当課長は「オンライン申請は手入力の項目が多く、ミスがあると支給までさらに時間がかかる」と話す。 都内最大の92万人の人口を抱える世田谷区の担当者も「事務作業が膨大で、『遅い』と区民からお叱りを受けている」と頭を抱える。 他部署からの応援を得て作業を進めているが、担当者は「今月中にも支給を始めるべく最大限の努力はしているが……」と話す。 渋谷区は区公式フェイスブックで、5月下旬に開始予定の郵送申請を利用するよう呼びかけている。 オンライン申請で入力ミスをした場合、区での確認に時間がかかるため、郵送申請よりも支給が遅れることが見込まれるという。 同区では申請処理が完了した分から支払いを進めているという。 7日に支給を開始した江戸川区は、給付金を盛り込んだ緊急経済対策の国会論議が進んでいた4月下旬には、オンライン申請に関わるシステムの構築に着手していた。 10万円を受け取った区民からは「子どもが多く、あす食べていけるかも不安だったので、早い対応で助かった」と感謝されたという。 区の担当者は「感染拡大によって生活に困っている人は多いはず。 いち早く支給できるようにしたかった」と話していた。 元三重県知事の北川正恭・早大名誉教授の話「人口の多い大都市圏で、給付金を配る作業は容易ではない。 窓口に住民が殺到しないようにしたり、作業する職員も『密』にならないようにしたりするなど制約もある。 援助は迅速に行う必要があり、政府も配り方を見直すなど、柔軟な対応が求められる」 あわせて読みたい•

次の

10万円給付金、わたしの街はいつ?主要132自治体の給付事務スケジュール

足立 区 10 万 円 給付

新型コロナウイルス対策として国民に一律給付される10万円の「特別定額給付金」について、東京都内各地でオンライン申請の受け付けが始まった。 押し寄せる申請の確認作業のため、支給が6月にずれ込む自治体があれば、すでに支給をスタートさせた自治体もある。 住民の手に給付金が行き渡る時期はまちまちとなっている。 お年寄りの通院などに付き添うのが主な仕事だが、利用客が外出する機会が減ったために収入も減少。 「高齢者と接するので、マスクや消毒液も自分で買わなくてはならず、生活を圧迫している」とこぼす。 給付金を受給するには、自治体から送られてくる申請書を郵送するか、マイナンバーカードを使って専用サイトでオンライン申請する必要がある。 各自治体は郵送申請に先立ち、今月から順次、オンライン申請の受け付けを始めた。 読売新聞の取材では、足立、江戸川の2区は既に支給を開始した一方、世田谷区と狛江市は6月上旬の支給を予定。 支給時期を「未定」とする自治体もある。 板橋区の支給時期は早くても今月下旬だといい、女性は「国の給付金なのに、なぜ自治体ごとにもらえる時期が違うのか」と首をかしげる。 申請内容を住民基本台帳のデータなどで確認する職員ら(12日、品川区役所で) 11日時点で約1万件のオンライン申請があった品川区では、職員が連日、2人1組になって、申請内容と住民基本台帳の情報を照合している。 不備がないか1件ずつ目視で確認し、振込先の銀行名や口座番号などに間違いがあれば修正。 1日の処理は約100件が限度といい、同区の寺嶋清・特別定額給付金担当課長は「オンライン申請は手入力の項目が多く、ミスがあると支給までさらに時間がかかる」と話す。 都内最大の92万人の人口を抱える世田谷区の担当者も「事務作業が膨大で、『遅い』と区民からお叱りを受けている」と頭を抱える。 他部署からの応援を得て作業を進めているが、担当者は「今月中にも支給を始めるべく最大限の努力はしているが……」と話す。 渋谷区は区公式フェイスブックで、5月下旬に開始予定の郵送申請を利用するよう呼びかけている。 オンライン申請で入力ミスをした場合、区での確認に時間がかかるため、郵送申請よりも支給が遅れることが見込まれるという。 同区では申請処理が完了した分から支払いを進めているという。 7日に支給を開始した江戸川区は、給付金を盛り込んだ緊急経済対策の国会論議が進んでいた4月下旬には、オンライン申請に関わるシステムの構築に着手していた。 10万円を受け取った区民からは「子どもが多く、あす食べていけるかも不安だったので、早い対応で助かった」と感謝されたという。 区の担当者は「感染拡大によって生活に困っている人は多いはず。 いち早く支給できるようにしたかった」と話していた。 元三重県知事の北川正恭・早大名誉教授の話「人口の多い大都市圏で、給付金を配る作業は容易ではない。 窓口に住民が殺到しないようにしたり、作業する職員も『密』にならないようにしたりするなど制約もある。 援助は迅速に行う必要があり、政府も配り方を見直すなど、柔軟な対応が求められる」 あわせて読みたい•

次の

「10万円給付」早く欲しい!あすから振込の町村もあるのに、東京・足立区は7月...なんでバラバラなの?: J

足立 区 10 万 円 給付

【1】電話予約 緊急小口資金貸付の相談・手続き先は区役所・市役所など役場でなく、 社会福祉協議会です。 まずはお住まいの社会福祉協議会へ 電話で予約をしますが、想像のとおり申し込み電話が殺到しているそう。 なかなか繋がらない状況で今回申請にあたって一番のハードルとなるかもしれません・・(はよネット申請!) 私は今回の拡大措置が発表になった直後に電話して込み合っていると言われたものの1週間後の日時予約となりました。 お住まいの地域によって状況が異なると思いますが予約数は日に日に増えているそう。 今回の拡大措置は予算達するまでといったアナウンスはありませんが、計上された予算に上限があるのが通常です。 心当たりのある方は「明日でいいかな・・」でなく今から電話するのが吉でしょうか。 電話では 仕事の内容と 収入減少の見込みなどのやりとりをした後、申請に必要な書類・予約日時の説明です。 【3】社会福祉協議会で手続き 電話予約で日時・手続きの流れやスケジュール、場所の説明があります。 当日は(当たり前ですが)遅刻しない様にすることと、地域によって社会福祉協議会の支所が複数あるので日時とともに住所・建物の念のため確認しましょう。 (成城学園前駅周辺に社会福祉協議会が2か所あって見事に間違えました・・) 社会福祉協議会(成城学園前) 世田谷区社会福祉協議会 緊急小口資金貸付の会場案内 会場は ソーシャルディスタンスを意識した配置・構造になっていて、60平米くらいの部屋に職員が4名(受付・申請者対応職員・事務職員)だけ。 申請用テーブルは職員・申請者間の飛沫が飛ばない様に 透明のプラ板が即席ながら立てられて、ひとり受付が終わるたびにテーブルを アルコール消毒していました。 (先日行ったと大きく異なり感心) 申請用テーブルをアルコール消毒する職員 窓口で書いた書類 以下書類は申請窓口で用意されています。 状況を確認する書類• 借入申込書• 借用書• 口座振替依頼書 状況を確認する書類:過去・現在の借入状況の確認・緊急小口資金貸付の条件確認(はい・いいえ形式) 借入申込書:いくら借りて、何回で返済したいという旨を記載する申請書 申請理由を記載する項目がありますが、 新型コロナウイルス感染症で 収入が減少する、もしくはその見込みあることがキーワードとなっているようです。 (おそらくこの申請で一番重要) 借用書:お金を借りた内容を証明するもの 口座振替依頼書:1年後に開始される引き落とし口座の情報と銀行印の捺印 これまでに行った電話予約・書類の用意の後、遂に申請となりますが、審査と思われる 面談は簡単なもので申し込みが殺到している状況を想像させました。 必要書類に加えて私は仕事の中止連絡メールを印刷したもの・過去の収入を示すものなど、突っ込まれるであろうことを想定して減収の見込みを示す書類を数種類を用意していましたがそれらを出すことはなく、口頭の確認のみでした。 詳細は分かりませんが、窓口申請時に簡単な仮審査、記載書類で本審査という流れになりそうです。 あらかじめ用意する書類さえ用意すれば スムーズに申請完了するし、申請は1対1で行うので書き方が分からない場合すぐに尋ねることができます。 お金を借りる・・って難しい書類があるのではないか。 そして申し訳ない・・気持ち(や怖さ)がありましたが、難しいことはないどころか丁寧な対応に感謝。 「緊急小口資金(特例貸付)を申し込まれた方へ」という紙面(下画像)を受け取り申請完了です。 緊急小口資金貸付 申し込み完了! その他 申請金額は 最大20万円、 返済回数は24回まで任意で設定できます。 よっぽどな理由がない限り借入額は20万円、24回払いとなるでしょうか。 入金は申込日から 1週間程度で振り込まれるそうですが、今後の申し込み状況に応じて遅くなる可能性があるとか。 銀行印のお間違えないように! 拡大措置となった緊急小口資金貸付は金銭負担のかからない 無利子の貸し付けで、条件によっては 償還を免除(返済不要)となるので、新型コロナウイルス感染症関連で収入の変動や不安のあるフリーランス・個人事業主は申請しない理由はないのではないでしょうか。

次の