メバル アクアパッツァ。 【簡単料理】釣れたメバルとカサゴのアクアパッツァのレシピ

意外と旨い!?メバル飯のレシピ

メバル アクアパッツァ

今日はメバル飯の紹介 これまで、釣ったメバルを色々と料理しましたが、その中でも奥が深いのが 「メバル飯」 魚が淡白な為、出汁や醤油が強すぎるとただの醤油飯になってしまう。 かといって出汁を抑えすぎると魚が臭さがでてしまう。 目指したのは、釣った魚の旨味を残したまま、酒や生姜を使用せずに臭みを除去した子供が喜んで食べるメバル飯。 ある程度完成形が見えてきたので紹介します。 まずメバル飯を作る前日の夜に材料確保サイズの良い奴を4、5匹持ち帰ります。 持ち帰る魚は、エラからナイフを入れ、首筋の骨を切断しバケツに入れてしっかり血抜きをします。 血抜きが終わるとエラに指をかけ、エラと胃袋を引き抜きます。 この時胃袋の中を調べると次の釣果のヒントになるかもしれません。 処理が終わった魚は真っ直な状態でジップロックなどの袋に入れて持ち帰り冷蔵庫の中へ入れて材料確保終了 翌朝、前日に釣ったメバルを3枚におろします おろしたメバルは皮を剥がし、キッチンペーパーで包み、冷蔵庫に戻します。 身を取った後の中骨も一緒に炊くので残しておきます。 次はいよいよメバル飯本番 夜まで寝かせたメバルを冷蔵庫から取り出し、軽く洗います。 メバルは、腹骨を包丁で丸め取ります。 又、身の中央にも細い骨があるので、これも取り除き、刺身にする様に切ります。 御飯として炊くので、食感を壊す骨は全て取り除くのがポイント 別に取っておいた中骨は湯通しし、 米 2号 みりん 大さじ2 だし醤油 大さじ1 ごぼう 人参 エリンギ 塩 小さじ 半分 かつお出汁の元 小さじ1 昆布 ひとかけら メバルの身 メバルの骨 の順で炊飯器に入れ、普通の水分量よりほんの少し多めで炊きます。 少し手間がかかりますが、食べやすいメバル飯になると思います。

次の

ガヤのアクアパッツァが美味しい件

メバル アクアパッツァ

イタリア料理の定番、つうか漁師料理?であるメバルを使ったアクアパッツァです。 要するにイタリア風メバルとアサリの煮物。 メバルを使った料理ではこれが一番美味しいと思います(独断!(笑)) 基本的には、オリーブオイル・ニンニク・トマト・赤唐辛子が有れば簡単に出来ちゃいます。 後は好みの香草なんかでアレンジすれば自分なりのオリジナルが出来あがります。 塩の代わりにアンチョビを使っても美味しいです。 プチトマトの代わりにドライトマトを使うと、トマトの香りと甘みが増します。 サフランの代わりに等が良く使われています。 バジルの代わりにイタリアンパセリなどでも美味しく出来ます。 香草やアンチョビなどは好みで使ってください。 サフランはあらかじめ水に漬けて色と香りを出して置きます 漬けておく時間は30分程度。 メバルはウロコを落として内臓とエラを取り省いたら水洗いして水気をキッチンペーパーなどで拭き取って置きます。 特に腹の中とエラの内側は血などが残らないようにきれいにしてください。 血や内臓が残っていると雑な味になり臭みも出てしまいます。 魚下処理が終わったら、表面と腹の中に塩と白コショウを適量、満遍なく振っておきます。 冷めたフライパンに、みじん切りにしたニンニクと輪切りにした赤唐辛子、オリーブオイル大匙1を入れ、弱火で炒めます。 ニンニクは潰したものでもかまいませんが、みじん切りの方が香りが良くなります。 赤唐辛子は種を取り省いてください。 ニンニクの香りが出てきたら塩コショウをしたメバルを入れ、中火で両面に焦げ目をつけます。 この時、魚の中まで火が通る必要はありません。 表面に焼き色が付けばOKです。 スライスしたマッシュルームとザク切りにしたプチトマトを入れて軽く炒めたら、白ワインを入れて1分程度煮立たせます。 アサリを投入し、戻しておいたサフランを水ごと入れ、0. 5カップの水を入れたら蓋をして弱火にします。 煮立ってきてアサリが開いたら軽く味見をし、塩が足りないようなら味を見ながら塩を足します。 約10分程したら魚に火が通りますので、仕上げに手でちぎったバジルの葉(又はイタリアンパセリ)をまぶし、エクストラバージンオイル大匙1程度を回し入れ、30秒ほど蓋をして蒸せば出来上がりです。 今回はアンチョビとは使用していませんが、アンチョビとケッパーを使用すると香りとコクが強くなります。 今回のレシピは、サフランの香りとアサリの風味で上品な味になります。 ご飯よりもどちらかと言うとパスタやフランスパンによく合う料理です。 魚の焦げ目も良く付くし、火力も弱いままで調理でき、調理した物を取っ手を外せばそのまま食卓に出せるので便利です。 パエリアなんかにもあると便利ですよ! その上焦げ付かないので洗うのもとっても楽!一石三鳥の便利なフライパンです。

次の

釣ったメバルで作るアクアパッツァ

メバル アクアパッツァ

白ワインと水で魚介を煮る、イタリア版「水炊き」です。 魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝、トマト、オリーブ、にんにく、ケーパーのうまみを魚に吸わせるようにスープを回しかけながら、ゆっくり火入れしていくこと。 アンチョビや貝類に塩気があるため、最後に塩を加える必要はありません。 4人分/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準備 鮮魚 カサゴ、真鯛、スズキなど白身魚 1尾 うろこ、えら、内臓、血合を除く あさり 20個 殻をこすり合わせて洗う ムール貝 8個 殻をこすり合わせて洗う にんにく 1片 縦に割って芯を除き、みじん切り アンチョビフィレ 2枚 ドライトマト ミニトマトで代用可 12個 ケーパー 大さじ2 ブラックオリーブ 12個 白ワイン 200cc 水 400cc イタリアンパセリ 適量 粗みじん切り エクストラバージンオイル 50ml タイム 1枝 塩 少々 こしょう 少々• 1 魚に塩と胡椒を振って下味をつける。 大きなフライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、魚の頭が右にくるようにおく。 表面に焼き色をつけ、裏面も同じように焼く。 2 フライパンの端でにんにく、アンチョビフィレを炒める。 アンチョビフィレは加熱させながらヘラでつぶす。 ケーパー、オリーブ、ドライトマトを加える。 3 あさり、ムール貝を入れたら強火にして白ワインを振り入れ、アルコール分を飛ばしながら貝の口が開くまで待つ。 タイムを加え、アルコール臭がしなくなったら、水を注ぐ。 4 15分ほど煮込む。 この間、魚が焦げつかないようにフライパンを揺ったり、貝類などのうまみを吸わせるようにスープをレードル お玉 で魚に回しかけながら火を入れていく• 5 スープの味がしっかりと感じられ、魚に火が通ったら、レードルとトングを使って皿に移す。 イタリアンパセリをちらし、エクストラヴァージンオイルを回しかけて、完成。 gnavi. 大きなフライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、魚の頭が右にくるようにおく。 表面に焼き色をつけ、裏面も同じように焼く。 STEP2:フライパンの端でにんにく、アンチョビフィレを炒める。 アンチョビフィレは加熱させながらヘラでつぶす。 ケーパー、オリーブ、ドライトマトを加える。 STEP3:あさり、ムール貝を入れたら強火にして白ワインを振り入れ、アルコール分を飛ばしながら貝の口が開くまで待つ。 タイムを加え、アルコール臭がしなくなったら、水を注ぐ。 STEP4:15分ほど煮込む。 この間、魚が焦げつかないようにフライパンを揺ったり、貝類などのうまみを吸わせるようにスープをレードル お玉 で魚に回しかけながら火を入れていくSTEP5:スープの味がしっかりと感じられ、魚に火が通ったら、レードルとトングを使って皿に移す。 イタリアンパセリをちらし、エクストラヴァージンオイルを回しかけて、完成。 魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝、トマト、オリーブ、にんにく、ケーパーのうまみを魚に吸わせるようにスープを回しかけながら、ゆっくり火入れしていくこと。 アンチョビや貝類に塩気があるため、最後に塩を加える必要はありません。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の