宇髄天元 派手派手だ。 【鬼滅の刃】宇髄天元(うずいてんげん)とは?強さや能力について紹介

音柱・宇髄天元(うずいてんげん)の派手すぎる名言5選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

宇髄天元 派手派手だ

使用する呼吸:音の呼吸 誕生日:10月31日 年齢:23歳 身長:198cm 体重:95kg 出身地:不明 趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し 好きな物:ふぐ刺し 音の呼吸の使い手であり、音柱。 左眼の独特な紋様や、輝石がついた額当てが特徴。 遊郭へ潜入するために女性の鬼殺隊員を探しており、『蝶屋敷(しのぶが持つ屋敷。 隊員の治療施設)』にいる女の子を無理やり連れて行こうとしていた。 そこを炭治郎たちに見つかり、罵声を浴びせられる。 女性の代わりに炭治郎たちが遊郭に同行することになる。 その先で上弦の陸と遭遇し、戦うことになる。 忍だったが、今は抜け忍となっている。 元忍という経歴を持っているのに、大の派手好き。 炭治郎たちには「派手を司る神」「祭りの神」と自称した。 その突拍子な発言に、善逸は「アホを司っている」と思っていた。 伊之助と同じようなノリを持っているが、伊之助が「俺は山の王だ。 よろしくな祭りの神。 」と挨拶した時には「何言ってんだお前…気持ち悪いやつだな。 」と引いていた。 それに対し善逸から「どっこいどっこいだろ!」とつっこまれていた。 髪が見えずに判断しづらいが、端正な顔立ちをしており、妻が三人いる。 それを知った善逸からは大きく顰蹙を買った。 特に妻のことが知れた時の反応は凄まじく「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!」と言われ、鉄拳制裁を下した。 妻は全員元くノ一である。 妻である「須磨」「まきを」「雛鶴」のことを大切に思っており、任務よりも自身の命を大事にするように命じている。 忍の一族が衰退していくことに焦った父から過酷な訓練を課される。 その訓練で9人いた姉弟が7人死亡した。 生き残った弟は、部下を駒としか思わず、妻は後継を生むためなら死んでも良いと思っていた。 他人の意思を尊重せず、感情がないその様は、父親そっくりだった。 宇髄は、父や弟のような人間になりたくないという一心で抜け忍となった。 その後、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に拾われる。 産屋敷耀哉は、自身の過去を否定しながら人の命を守る戦いに身を置く宇髄に感謝の言葉を述べた。 それは、命をかけて当然、全てのことを出来て当然、矛盾や葛藤を抱える者は弱者、という環境で育った宇髄の心を強く打った。 鎖で繋がれた2本の日輪刀を使って戦闘を行う。 他に強力な爆薬を使用する。 使用する『音の呼吸』は、斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす。 忍であったゆえに毒に耐性を持っている。 しかし、毒が効かないわけではなく、毒の回りが遅い、という程度の能力である。 『譜面』という独自の先頭計算式を持っている。 『譜面』は、敵の攻撃や行動を音に起こす。 時間がかかるが、完成すれば敵の行動や隙を先読みすることができる。 宇髄天元の来歴・活躍 堕姫の頸を一瞬で落とした宇髄 遊郭に先に潜入していた宇髄の妻から連絡が途絶え、宇髄が直々に遊郭へ向かうことになる。 そこで、女性の鬼殺隊員が必要となり、『蝶屋敷』の隊員を無理やり連れ出そうとする。 そこを炭治郎たちに見つかって大きく顰蹙を買う。 炭治郎たちは女の子の代わりに遊郭に行くことを立候補し、宇髄はそれを了承する。 遊郭についた宇髄は、炭治郎たちに女装を施し、鬼が潜んでいると思われる店に送り込んだ。 遊郭には上弦の陸である堕姫が潜んでいた。 堕姫は帯を操る鬼で、宇髄の嫁は堕姫の帯に囚われていた。 伊之助が地中深くでその帯と戦っていると、その戦闘音を聞きつけた宇髄は、『音の呼吸』を使って地面を掘り進んで地下へたどり着く。 帯は逃げてしまったが、囚われていた人間を救った宇髄、伊之助、善逸は堕姫と先に戦っている炭治郎の元へ急ぐ。 宇髄は、伊之助・善逸よりも早く炭治郎の元へたどり着いた。 そこでは炭治郎の命の危機に際し、鬼化が進んで自身を律することができなくなった禰豆子がいた。 宇髄は、堕姫を無視して炭治郎と話をする。 堕姫が口を挟むと、宇髄は「お前上弦の鬼じゃねぇだろ。 弱すぎなんだよ。 俺が探ってたのはお前じゃない。 」と発言する。 次の瞬間、堕姫の頸が落ちた。 炭治郎が苦戦した堕姫の頸を宇髄はあっけなく斬り落とした。 しかし、堕姫の体は崩壊を始めなかった。 宇髄が不思議に思っていると、堕姫の体から新たな鬼が登場する。 上弦の陸は、新たに現れた鬼・妓夫太郎と堕姫の2体で一つの鬼で、倒すには2体の鬼の頸を落とさなければならなかった。 妓夫太郎と対峙した宇髄 妓夫太郎は堕姫よりも格段に強く、宇髄に容易に一太刀を浴びせる。 妓夫太郎が持つ鎌は、妓夫太郎の血で作られており、毒が含まれていた。 宇髄は忍であった故に毒への耐性を持っていたが、徐々に毒に侵されていた。 宇髄は反撃するが、頸を繋げた堕姫が妓夫太郎を守った。 宇髄の戦いぶりを見た妓夫太郎は「お前違うなぁ。 今まで殺した柱たちと違う。 お前は生まれた時から特別な奴だったんだろうなぁ。 選ばれた才能だなぁ。 妬ましいなぁ。 一刻も早く死んでもらいてぇなぁ。 」と言う。 それに対し、宇髄は「才能?ハッ!俺に才能なんてもんがあるように見えるか?俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな。 俺が選ばれてる?ふざけんじゃねぇ!俺の手の平から今までどれだけの命が零れたと思ってんだ!」と返した。 その時、脳裏には煉獄の姿あり「俺は煉獄のようにはできねぇ」と思っていた。 2対1となるが、宇髄は再び堕姫の頸を落とす。 そこへ炭治郎・善逸・伊之助が合流する。 妓夫太郎を見た炭治郎は、恐れからか手が震えた。 宇髄はそんな炭治郎を励ますかのように「勝つぜ!俺たち鬼殺隊は!」とハッパをかけた。 そして妓夫太郎を宇髄と炭治郎が、堕姫を善逸と伊之助が相手することになった。 妓夫太郎は恐ろしく速く、炭治郎は宇髄に守られてしまう。 炭治郎は妓夫太郎を捌いて宇髄をサポートする。 二人が苦戦していると、宇髄の嫁の一人が藤の花の毒が塗られたクナイを放つ。 その隙をついて宇髄が妓夫太郎の足を切り落とす。 クナイを受けた妓夫太郎はすることが出来なかったが、一瞬で毒を分解する。 炭治郎がその一瞬の隙をついて頸に日輪刀を振り下ろすが、妓夫太郎はノーモーションで両腕から血の斬撃を放つ『円斬旋回・飛び血鎌』を繰り出す。 炭治郎は宇髄に投げられて窮地を脱した。 炭治郎が投げられた先では、善逸・伊之助が堕姫に苦戦していた。 炭治郎は先に堕姫の頸を狙う。 三人は協力して堕姫の頸を落とすことに成功する。 しかし、その瞬間、妓夫太郎が伊之助の胸部を突き刺す。 炭治郎が宇髄の方へ視線をやると宇髄は左手を斬り落とされて倒れていた。 そして炭治郎と善逸は建物の倒壊に巻き込まれてしまう。 炭治郎をサポートする宇髄 炭治郎以外は動けない絶望的な状況だったが、炭治郎は諦めず、妓夫太郎の虚をついて宇髄の嫁からもらったフジの花の毒がついたクナイを妓夫太郎に刺して頸に迫る。 妓夫太郎がそれに反撃しようとすると、宇髄が間に入って炭治郎をサポートする。 宇髄は筋肉で心臓を圧迫して毒が回るのを止めていた。 宇髄は独自の戦闘計算式『譜面』を完成させており、妓夫太郎が放つ『円斬旋回・飛び血鎌』を片腕で防ぐ。 そして左眼を斬られながらも炭治郎の道を切り開く。 炭治郎は渾身の力を振り絞って妓夫太郎の頸を落とした。 その一方で堕姫の頸を、瓦礫から抜け出した善逸と、内臓の位置をずらして致命傷を避けていた伊之助が斬り落とす。 こうして鬼殺隊が長い間滅することができなかった上弦の鬼を倒した。 宇髄を蝕んでいた妓夫太郎の毒は、禰󠄀豆子の血鬼術によって燃やし飛ばされた。 左眼と片腕を失った宇髄は前線を退き、後進の育成に励むことになる。 無惨が産屋敷邸に攻めて来た時には、産屋敷家の新たな家長である輝利哉の警護に煉獄の父親と共に務めた。

次の

宇髄天元

宇髄天元 派手派手だ

| | |. 〜attention〜 *現代キメツ学園。 *キャラ崩壊ありかもです。 *ギャグ要素も入れつつ、ラブコメとやらのようにできればなと思っております。 *話し方が上手く表現できないときがあります。 *誤字脱字は申し訳ないです… *語彙力はどこかへ飛んでいきました。 *受験生のためマイペースで更新します。 夢主様のセリフ『』 その他登場人物のセリフは 宇「派手派手だぁ」 このようにします。 単純な作者ですので読み終えたらお星様の1番右をポチッとして頂けますと励みになります。 励みにはなりますがハゲにはなりません。 ありがとうございます。 感謝感謝です。 これからも頑張ります! Twitterのフォローお待ちしております。 裏というのは、えちちなやつでございまして、こちらの本編で番外編という形で投稿してもフラグが立ってしまうので出来ないということです。 7月10日 22時 id: - あの、裏へ続くってところが読みたいんですけど、調べても出てこないので、裏へ続くのところ、番外編にしてもらってもよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。 楽しみにしています。

次の

【鬼滅の刃】宇髄天元には3人も嫁がいた!?人生もド派手に行こうぜ!宇髄が鬼殺隊に入隊したきっかけは?忍以外の能力は?

宇髄天元 派手派手だ

app. goo. そのためか、鬼殺隊の隊士は黒を基調とした隊服を身につけており、あまり目立たないように務めています。 そんな中で「派手」をモットーに生きる伊達男が・・・それが音柱宇髄天元です。 虹色に染めた髪、宝石で飾られた額当て、複数のピアスと鬼殺隊でなくても目に付く出で立ちをしており、自らえお「派手を司どる祭りの神」と称してします。 また物事や任務の尺度を派手か地味化で測る傾向があります。 天元の性格は放漫不遜で、遊郭潜入の際は炭治郎たちに対して「俺が犬になれといったら犬になり。 猿になれと言ったら猿になれ!!」上下関係をたたき込もうとしました。 しかし作戦の雲行きが怪しくなると、自分の判断を謝罪し、現場を離れるように指示するなど、面倒見のいい一面もあります。 また天元の戦闘力の高さは、柱の中でも1. 2を争うほどです。 いかなるしくみかは明かされていませんが、天元の太刀は爆発を引き起こし、鬼の強靭な肉体を粉砕します。 また彼は周囲の敵の位置を特定することが可能です。 さらに相手の動きを音に変換する戦闘譜面を操り、癖や死角を完全に読み取る事ができます。 app. goo. 忍として影に隠れ、感情を押し殺し無機質に生きる・・・そんな生き方に疑問を感じた宇髄は忍を辞め、鬼殺隊の剣士になりました。 制御されて育った反動からか、とにかく派手好きです。 化粧をし、宝石の突きの額当てを身につける彼は文字通りハデハデです。 また宇髄は鬼滅の刃一のモテ男キャラとしても名を馳せています。 端正な顔立ち、鍛え上げられた肉体、公式ファンブックによればお話がすごく上手ときています。 モテないという方が無理な話なのでしょう。 遊郭の女将たちが次々と宇髄に心を奪われていったのも納得です。 加えて刀を振り下ろすだけで轟音を響かせたり爆薬を用いたりと、戦い方もとにかく豪快で、先に遊郭に潜入していた宇髄の3人の嫁たちが手紙で来る時は極力目立たないようにと、何度も念押しするほどです。 平時も戦闘中も常に派手で目立つのが宇髄天元という男なのです。 app. goo. 実際に、善逸は羨ましさからか。 宇髄に敵意をむき出しにしていました。 ただしそれはあくまでも宇髄の表の顔に過ぎません。 お前は生まれた時から特別な奴だと評する上弦の陸・妓夫太郎に対し、宇髄は才能がないと吐露しています。 「俺に才能なんてもんがあるように見えるか?俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな」「俺が選ばれてる?ふざけんじゃねぇ 俺の手の平から今までどれだけの命が零れたと思ってんだ」という台詞からも、宇髄は自分の実力に対して厳しい評価を下しています。 しかし、だからこそ宇髄は柱にまで昇りつめる事ができたのではないでしょうか?鬼殺隊一の実力者である悲鳴嶼、刀を握ってたった2カ月で柱となった時透などの柱メンバーや多くの忍びと接してきた宇髄は、人の何倍もの天才と相まみえる機会が多かったのでしょう。 己の才覚や実力を冷静に分析し、ひたむきに鍛練を続けてきたからこそ、鬼殺隊のトップである柱にまでたどりつけたに違いありません。 また宇髄は「そう 俺は煉獄のようにはできねぇ」とも独白しています。 忍びとして常に死と隣り合わせで生きてきた宇髄は、全ての命を守りきる事がいかに難しいかを十分に理解しているのでしょう。 だからこそ彼は、第一に妻たち、次に一般人、最後に自分という明確に命の優先順位をつけているのだと考えられます。 app. goo. ただし宇髄の場合は真逆で轟音に爆風にと派手好きの彼らしい派手な戦闘シーンが目立ちます。 特に宇髄が第一発目に解禁した音の呼吸「壱の型・轟」は二本の大剣を地面にたたき付ける豪快な技であり、「喰らって生き延びた者がいないので今にところ仕組みは不明」 第9巻まで という記述からもその威力の強さが伺えます。 また他の型でも爆発したようなエフェクトが用いられている事から、宇髄は人並みはずれた腕力を活かしたパワー型の剣士であると推測できます。 その一方で、頭脳プレーもまた宇髄の持ち味の一つだといえるでしょう。 彼の攻撃動作の律動を音に変換し、音の隙間に現れる相手の癖や死角を突く「戦闘計算式・譜面」は音に敏感な宇髄だからこそ可能な技。 相手の隙をつくという意味では炭治郎の隙の糸と通じるものがあるのかもしれないですね。 app. goo. 中でも印象的な戦闘シーンは太刀の刃先をもって繰り出した豪快な一太刀だといえるのではないでしょうか。 鎖で繋がった2本の刀のうち一方の刃先を持つことで、まるで刀身が伸びたかのように錯覚させるこの技は妓夫太郎も「どういう握力してやがる」と舌を巻きました。 他の隊士が使う刀の何倍もの大きさの誇る大刀を2本、しかも振り回す事で遠心力が加わっていることから推測するに、この宇髄の腕にかかった負担は相当なものだったと考えられます。 しかも刃先ギリギリの個所を持っていたのですから・・・その重量ははかり知れません。 まさしく逞しく鍛え上げられた腕ゆえに可能な大技だといえるでしょう。 音の呼吸 壱ノ型 轟.

次の