地中海 マルタ 島 沖 アンツィオ 沖。 艦これ2019夏イベントE

マルタ護送船団の海戦

地中海 マルタ 島 沖 アンツィオ 沖

イタリア半島 マルタ護送船団の海戦(マルタごそうせんだんのかいせん、Battle of the Malta Convoy)は、、中に、 ()のさなかに起きたである。 この時は1年半もの間、のを基地とするが総指揮を執る、の戦隊により海上封鎖されており、陸上では、、そしてマルタ非正規兵が、軍の駐屯する首都を包囲していた。 この1800年2月、政府は、包囲軍のポルトガル兵を自国の兵と替え、このナポリ兵たちは、ネルソンとと共にマルタに派遣された。 彼らが着いたのはのことだった。 フランスの駐屯隊は、1800年が明けて間もない時期には、かなり食糧が不足しており、駐屯隊による実効支配をマルタで維持するため、なりふりかまわぬ試みがなされ、バレッタに、食糧や武器や援軍を輸送するための、 ()下の船団がで編成された。 2月17日、海岸線沿いにイギリスの封鎖戦隊をかわすことを期待して、このフランス船団は南東からマルタに接近した。 1800年2月18日、イギリス艦「」の見張り役がフランスの船団を発見し、ネルソン戦隊の残りの艦を連れてこの船団を追った。 この時エルフィンストーンはバレッタにいなかった。 大部分のフランス艦はイギリスの追跡を引き離したが、1隻の輸送艦が追い抜かれて降伏を余儀なくされ、一方でペレーのである「 ()」は、自分よりもっと小型の艦である「 ()」に妨害されていた。 砲撃が始まった時、「サクセス」はかなりの損害を受けたが、、ペレーは致命傷を負った。 この交戦によるフランス船団の遅れから、イギリス主力戦隊は船団に追いつくことができ、いちじるしく数の上で劣った「ジェネリュー」は降伏した。 ペレーは負傷してほどなく亡くなり、物資はどれ一つとしてマルタに届かなかったが、フランス駐屯隊は、形勢がイギリス有利となって行く中でその後7か月間持ちこたえ、1800年に降伏した。 歴史的背景 [ ] フランス革命戦争中の5月、の指揮の下、フランス遠征軍がトゥーロンから出港した。 を横切り、マルタを6月上旬に占領してさらに南をめざし、にエジプトに上陸した。 近くに上陸したナポレオンは、ここを攻略して奥地へと進み、アジアにおける作戦計画の第一段階を完了した。 の指揮下にあるフランス艦隊は、アレクサンドリアの北西20マイル(32キロ)にあるに投錨し、の上陸を支援するようにとの命令を受けた。 、投錨していた艦隊は、ネルソン少将指揮下の艦隊の出現に不意打ちを食らった。 この後にが起こり、フランスの13隻ののうち11隻、そして4隻のフリゲート艦のうち2隻がそれぞれ壊されまたはされた。 ブリュイは戦死し、残りの乗員は翌8月2日にどうにか湾の外に出て、分裂して周辺海域へ向かった 、へ北進した「ジェネリュー」は、航行中のイギリスの4等艦「 ()」と交戦し、これを拿捕した。 その他の艦、「」と、2隻のフリゲートの艦長、と ()両准将は、西へ進んでマルタへ向かい、この島が包囲された正にその時に到着した。 マルタに上陸するナポレオン軍 フランス支配下のマルタではが解体させられ、これが住民の間ではなはだしく不評を買っていた。 1798年に、教会の財宝が競売にかけられていた時に、武装した反乱軍が、 ()将軍指揮下のフランス駐屯隊を打ちのめし、駐屯隊は月末までに首都バレッタへと退却した。 駐屯隊は約3000人の規模だったが、食糧の蓄えが限られており、本国から海上を経由して食糧を届けようとするも、港に停泊しているイギリスとポルトガルの戦隊によりかなりの制約を受けた。 この海上封鎖は、シチリアのパレルモを拠点とする、今やとなったネルソンの指揮のもとにあり、直接には「アレグザンダー」の艦長である ()が仕切っていた。 を通じて、マルタは農作物の生産に不向きであること、地中海以外の海域での任務受諾による物資や部隊の不足、地中海西部での ()艦隊の出現などの様々な要因が、海上封鎖の士気を萎えさせた。 しかし、駐屯隊へわずかながら食糧が届けられたにもかかわらず、ヴォーボワの駐屯隊にはだんだん飢餓と病気とが蔓延し始めた。 この年の終わり近く、ボールは包囲を指揮しているマルタ兵の援助のために上陸し、アレクサンダーの指揮は、自分の代わりに一等海尉のウィリアム・ハリントンに執らせた。 キース卿ジョージ・エルフィンストーン 1800年の1月、もし食糧の再補給がなされないのなら、バレッタは降伏の危機にあることをさとり、フランス海軍はトゥーロンで船団を準備した。 この船団は ()艦長の「ジェネリュー」 、20門の「 ()」と「 ()」、そして16門艦「 ()」、そして2,3隻の輸送艦から構成されていた。 この船団の指揮を取ったのは、ジャン=バティスト・ペレー准将だった。 ペレーはその前年に沖でとなり、仮出獄したばかりだった。 ペレーはイギリス軍に見つかって妨害を受けないうちに、意図的に封鎖艦隊の間を縫って、南西からマルタ沿岸のバレッタに近づくように指示を受けていた。 船団はに出港した。 物資に加えて、船団は3000人近い駐屯隊への援軍も輸送していたが、駐屯隊の貯蔵食糧を補給するのであれば、援軍を送るのはそれを無効にすることであり、必要のないやり方だった。 フランスが援軍を計画している間、イギリス海軍は、マルタに駐屯している500人のポルトガルのを、から支援された1200人のナポリの部隊と交替させた。 ネルソンは当時、の政治、特に駐ナポリのイギリス大使の妻に利益をもたらす封鎖の任務を怠っており、ナポリ王国の護送船団と同行するように指示された。 援軍の派遣は、ネルソンの上官にして最高指揮官であり、旗艦「」に乗艦しているジョージ・エルフィンストーン中将により行われた。 戦闘 [ ] ジャン=バティスト・ペレー 1800年2月の第一週、エルフィンストーンの船団はマルタ沖に到着し、 ()にナポリ兵を上陸させた。 バレッタ沖に停泊中の2月17日に、エルフィンストーンはフリゲート「サクセス」から文書を受け取った、それには、フランスの護送船団がシチリア方向からこの島に接近しているとあった。 ()艦長の「サクセス」は、沖の海域を監視するように命じられていた。 トゥーロンからやって来たペレーの船団を見つけた後、ピアードはマルタに近づくこの船団を追跡した。 知らせを受けたエルフィンストーンは、すばやく「 ()」に命じて、マルタと、沖合の島のの間の海峡を見張らせた。 その間ネルソンの旗艦の「 ()」、そして「」と「 ()」は、マルタの南東岸にいた「アレクサンダー」に合流した。 エルフィンストーンは旗艦「クイーン・シャーロット」でバレッタ沖にとどまり、港の戦隊を監視した。 2月18日の夜明け、「アレクサンダー」の見張り役が、バレッタに向かうフランスの護送船団が、マルタの沿岸を、ネルソンの3隻の艦に追われて海の方に向かうのを見つけた。 8時には輸送艦「ヴィユ・ド・マルセイユ」が追いつかれ、ハリントンの艦「アレグザンダー」に降伏したが、他のフランスの小型艦は13時30分に針路を変え、何とか海に出て、バディーヌが一団を指揮した。 「ジェネリュー」は小型艦について行くことができず、「アレクサンダー」と交戦し、風下に進む代わりに今いる位置を守り通した。 この位置は「アレグザンダー」が容易に入ってこられなかったが、「サクセス」のピアード艦長は、自分の小さなフリゲートをフランスの戦列艦に近づけて、その船首を横切り、猛攻撃を開始した。 ピアードは、「ジェネリュー」の士官がどうにかして艦の向きを変え、「サクセス」に砲火を浴びせるその前に、「ジェネリュー」の艫側に何度か片舷斉射を浴びせた。 この斉射は「ジェネリュー」の艤装とマストに深刻な損害を与えた。 しかしこの段階では、ペレーはもはや指揮を取れる状態ではなかった。 最初の片舷斉射で左目に破片が入り、一時的にものが見えなくなったのである。 艦上のペレーは乗員に「お前たち、何もやって来ないから仕事を続けろ」(Ce n'est rien, mes amis, continuons notre besogne)と叫び、艦の向きを変えるように命令したところ、「サクセス」の二度目の片舷斉射の砲弾が、彼の右足を太ももからとばし、ペレーは意識を失って甲板に崩れた。 「サクセス」もかなりの損害を受けて漂流していたが、この交戦による遅れで、ネルソンの旗艦で、 ()艦長指揮下の「フードロイヤント」と、 ()艦長指揮下の「ノーサンバーランド」が、16時30分には「サクセス」のそばに寄って来た。 「フードロイヤント」はフランス艦に2発の砲撃を放ち、士気を失ったフランスの士官は、近づきつつあるイギリス艦にこの地点から単発の片舷斉射を行い、5時30分に 降伏した。 残りのフランス艦は海の方へと逃げて最終的にトゥーロンに着いた。 その一方でイギリス戦隊は、拿捕した艦をまとめて、トゥーロン沖のエルフィンストーンのもとに戻った、この交戦でのイギリスの死傷者は、戦死とが1人に負傷が9人だった、これらすべては「サクセス」の乗員で、かたやフランスはペレー1人にとどまった。 ペレーが亡くなったのはその夜のことで 、その死に関しては、イギリス戦隊の中で様々な反応があった。 ある者は勇敢で才能ある人物としてその死を悔やみ 、一方では、ペレーが捕虜となった後に恭順宣誓 に違反したことに対し、「名誉を挽回できて幸運なことだ」と考える者もいた。 戦闘後の英仏両国 [ ] ホレーショ・ネルソン フランスの降伏はエドワード・ベリーによって承認された、ベリーは、「リアンダー」が1798年に拿捕されて、捕虜となった時以来の艦上任務だった。 ネルソンはとりわけ、「ジェネリュー」の拿捕に喜んでいた。 この艦は2年前のナイルの戦いで逃した艦だった。 「ジェネリュー」は損害は軽微なもので、に、「クイーン・シャーロット」に乗っていた海尉のと弟の ()の指揮の下修理にやらされた。 この航海の間、「ジェネリュー」は強い嵐に見舞われた。 嵐は1度きりであったが、コクラン兄弟のリーダーシップと身をもって示した模範のおかげで、どうにかに着くことができた。 「ジェネリュー」は、その後ほどなくしてイギリス海軍の軍艦「ゼネリュース」となった。 ネルソンはエルフィンストーンによりに転属されたが、ネルソンはハリントンとピアードを、フランス船団を見つけ出して戦闘に持ち込んだことで大いに称賛した。 フランス戦隊がマルタに着いた時に、マルタ沖にイギリス戦隊が出現したことは大部分が運によるものであり、戦闘後まもなくボールがエマに送った手紙に、それはネルソンのおかげであると記されている。 — () Nelson: The Essential Hero, 1977 エルフィンストーンは交戦の結果に満足したが、ネルソンに海上封鎖の任務について、決して戻らないように命令した。 もしシチリアに行く場合には、港を使うように命じた。 エルフィンストーンはその後に向かったが、そこで突然の火災で旗艦が焼失し、700人以上の乗員が死んだ。 しかし彼はその時乗艦していなかった。 3月の始めには、ネルソンは海上封鎖の任務にうんざりしており、エルフィンストーンの命令に反して再びパレルモへ向かった。 封鎖の指揮には「」と艦長を残しておいた。 3月、ネルソンはパレルモで休暇中であったが、この時ナイルの海戦の最後生き残りで、フランスの戦列艦ギョーム・テルがマルタを脱出し、 ()でフードロイアントのベリー率いるイギリス戦隊に負けた。 ネルソンは4月に短期間引き返したが、艦上にはハミルトン夫妻が乗っており、多くの時間をマルサ・シロッコで、情事の「随行員」としてエマと過ごした。 「ジェネリュー」の艦長シプリアン・ルノーダンと、「ヴィユ・ド・マルセイユ」のジョゼフ・アルマンは、共に艦を失ったかどで自動的ににかけられたが、無罪放免された。 フランス海軍はその後それ以上マルタに近づこうとはせず、その後の試みではフランス艦は封鎖にあい、わずか1隻のフリゲート艦だけが封鎖を破ってフランスに戻った。 ペレーの船団の物資が届かなかったため、駐屯隊の間に飢餓と病気が蔓延し、8月の終わりには1日に着き100人もの兵が死亡した。 9月4日、ヴォーボワは最終的に条件付きの降伏をし、島をイギリスに明け渡し、その後164年間にわたりこの島はイギリス領となった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Bradford, p. 187• 小林幸雄著 『図説 イングランド海軍の歴史』 原書房、2007年 418頁。 James, Vol. 2, p. 159• James, Vol. 2, p. 223• Clowes, p. 515• Clowes, p. 374• Gardiner, p. James, Vol. 2, p. 189• 418• 3, p. Fonds Marine, p. 239• Bradford, p. 245• Mostert, p. 365• Adkins, p. James, Vol. 3, p. 419• Bradford, p. 246• 141• 2, p. 199• Bradford, p. 247• Adkins, p. , 要購読、または. 2009年12月13日閲覧。. 248• Grocott, p. Mostert, p. 366• Bradford, p. 249• James, Vol. 3, p. Gardiner, p. 70 参考文献 [ ]• The War for All the Oceans. Abacus. 1999 [1977]. Nelson: The Essential Hero. Wordsworth Military Library. 1997 [1900]. The Royal Navy, A History from the Earliest Times to 1900, Volume IV. Chatham Publishing. Gardiner, Robert, ed 2001 [1996]. Nelson Against Napoleon. Caxton Editions. Grocott, Terence 2002 [1997]. Caxton Editions. 2002 [1827]. The Naval History of Great Britain, Volume 2, 1797—1799. Conway Maritime Press. 2002 [1827]. The Naval History of Great Britain, Volume 3, 1800—1805. Conway Maritime Press. Mostert, Noel 2007. The Line upon a Wind: The Greatest War Fought at Sea Under Sail 1793 — 1815. Vintage Books. 1867 French. 2001. The Sea Warriors. Constable Publishers. Fonds Marine.

次の

【艦これ】E6『マルタ島沖海戦』地中海マルタ島沖 攻略記事

地中海 マルタ 島 沖 アンツィオ 沖

E3第二ゲージを削ります。 「連合艦隊:空母機動部隊」で出撃。 道中・決戦支援は砲撃型で出します。 1回目。 同航戦でA勝。 那智ドロップ。 2回目。 反航戦でS勝。 Littorio。 3回目。 T字有利でA勝。 天津風。 4回目。 同航戦でA勝。 Roma。 5回目。 反航戦でC敗。 敵の前衛部隊が残りすぎました。 本体より倒しづらい前衛… ボスが変化しました。 ラスダンです。 6回目。 T字不利でA勝。 良い感じでゲージ削り完了。 一度も大破撤退せず、ボスマスでのドロップも豪華でした。 周回しながら調整した編成と装備は最終的にこんな感じに落着きました。 「ボス装甲弱体化」ギミックはまた後日。 お疲れさまでした。 ale.

次の

【艦これ】2019夏イベ E3 地中海/マルタ島沖/アンツィオ沖【発動!「シングル作戦」】

地中海 マルタ 島 沖 アンツィオ 沖

開戦時の地中海の情勢 [ ] 欧州随一の海軍国であるは、地中海においても西の・東の・中央のに海軍基地を置き、他を圧倒する存在であった。 1939年の第二次世界大戦の勃発後も、のイタリアが参戦しなかったため、地中海で戦闘行為は行われなかった。 しかし、で、連合軍がで大敗を喫して状況は激変した。 フランスの敗北が間違いの無いところとなった、1940年6月10日、イタリアがイギリス・フランスに宣戦布告。 6月21日にフランスがドイツと休戦協定を結び、ドイツ庇護下のが南仏及び植民地を支配する事になり、フランス艦隊は接収はされなかったが使用はできなくなり、北アフリカのフランス植民地・・が事実上枢軸国の手に落ちた。 戦いの経過 [ ] イタリアとイギリスの戦闘開始(1940年6月~11月) [ ] イタリアは1940年6月10日に参戦したが、フランスは21日に休戦したため両国間の戦闘はきわめて少なかった。 イタリアのは、からへ、からへの侵攻を図った。 イギリスはアレキサンドリアのとジブラルタルのが対応し、の攻撃を避けようと、マルタからの船団引き上げを図った。 ここで、引き上げ船団の護衛に赴いたカニンガム艦隊が、リビアへ向かうイタリア艦隊を発見、7月9日が起こり、イタリア艦隊は逃走した。 以後もイタリアの劣勢が続き、11月11日にはイギリス部隊によるが行われた。 イギリス輸送船団の往来を許したため、9月からのエジプト侵攻・10月からのギリシャ侵攻も大敗北を喫した。 ドイツの地中海への介入(1940年12月~1941年2月) [ ] 一度はマルタからの引き上げを試みたイギリスだったが、イタリアの脅威が弱まったため、マルタへ増援を送る事となった。 しかし、地中海が完全にイギリスに支配される事を恐れたドイツが介入し、12月にへ空軍を派遣しマルタのイギリス軍を牽制、1941年2月北アフリカへが指揮するドイツアフリカ軍団を派遣した。 1941年1月、ジブラルタル・アレクサンドリア双方からマルタへ増援船団を送り込む「」が発動されたが、十分なの直援が無い中、ドイツ空軍のの猛攻を受け、アレクサンドリアからの部隊は撤退を余儀なくされた。 ギリシャでの戦い(1941年3月~5月) [ ] ドイツのギリシャ侵攻を察知したイギリスは、北アフリカからギリシャに支援部隊を送る事にし、1941年3月ドイツの要請で出動したイタリア艦隊とが行われ、イギリス軍が一方的に勝利し、支援部隊はの外港からギリシャに入った。 北アフリカ戦線での独ソ戦開始の影響(1941年6月~1942年5月) [ ] 1941年6月、ドイツは突如ソ連に侵攻、空軍を地中海からに引き抜いた。 ドイツ空軍の脅威が薄らいだため、マルタの少数の艦艇・潜水艦がイタリアからリビアの・へ向かう事態が相次ぎ、イギリス軍が北アフリカでの反攻を本格化し11月ので、一旦包囲されていたを解放し、ロンメルをリビア奥地へ押し戻した。 冬季に入ると、ロシアの悪天候では使用できないドイツ空軍が一時的にシチリアに戻り、1942年5月でトブルクが陥落、イギリス軍はアレクサンドリアの目前のに決戦陣地を敷いた。 エル・アラメインの戦いと北アフリカの枢軸軍消滅(1942年6月~1943年5月) [ ] 追い詰められたイギリス軍はマルタへの海上補給を強化、6月に「」・8月に「を行い、多大な犠牲を出しながらも中部地中海での制海・制空権を回復し、アレクサンドリアで兵器・物資の陸揚げを始めた。 逆に枢軸国による北アフリカの補給は滞り、既にが参戦していたため、イギリス軍にはアメリカから貸与された兵器・物資も加わり、物量で枢軸軍を圧倒し始めた。 7月1日ロンメルはイギリス軍陣地へ攻撃をかけたが攻め切れずに中止(アラム・ハルファの戦い)、逆に10月23日イギリス軍が攻撃を開始()、アフリカ軍団は壊滅的損害を受け、リビアも捨て、チュニジアへと退却した。 11月8日イギリス・アメリカ軍はモロッコ・アルジェリアへの上陸作戦「」を開始。 これに対しは北アフリカの死守とチュニジア(フランス軍が駐留)への派兵を命じた。 最初の部隊は11月11日に到着し引続き兵員や装備が増強された。 エル・アラメインから退却した枢軸軍も到着して、チュニジアの戦いが行われたが補給力に劣る枢軸軍は次第に劣勢になり、1943年5月に降伏した。 イタリアの降伏とイタリア本土での戦い(1943年6月~1945年5月) [ ] チュニジアを占領し、連合軍は対岸への橋頭堡を得た。 1943年7月10日、シチリア上陸「」を開始。 敗北が避けがたい事を悟ったイタリアでは7月25日にが失脚、政権が発足した。 9月8日、イタリア本土への上陸が始まると、休戦を表明した。 これに対しドイツ軍は9月9日、を占領、バドリオ政権は南部へ脱出する。 が開幕した。 9月12日、ドイツ軍特殊部隊がムッソリーニを救出し、15日、北部にドイツの傀儡を樹立した。 それでも連合軍の優勢は続き、1943年9月末にを占領した。 10月13日、バドリオ政権はドイツへ宣戦布告。 1944年1月、連合軍はローマ南方のへ上陸を開始した。 5月にはドイツ軍の防衛線を迂回し、6月4日にはローマを占領する。 その後、連合軍の西部戦線(とその後のドイツに向かって進攻)優先の方針もあり、ドイツ軍の新しい防衛線で戦線は1945年春まで停滞するが、同年4月5日、ので連合軍は進撃を再開する。 同25日、イタリアのパルチザンが蜂起。 ムッソリーニは愛人と共にを脱出するが同28日、スイス国境で逮捕され、翌日処刑された。 5月2日、イタリア方面のドイツ軍は降伏、ここに地中海の戦いは幕を閉じた。 脚注 [ ]• 『砂漠のキツネ』P. 400 - 464 参考文献 [ ]• 著、 訳、『砂漠のキツネ』、中央公論社、1998年 関連項目 [ ]•

次の