言えません絶対に ネタバレ。 【スラムダンクが面白い理由】ネタバレなしで解説【絶対1度は見てほしい】-イシログ

『ウォーキングデッド』シーズン10第6話の私的な感想―ユージーンの無線の相手―(ネタバレあり)

言えません絶対に ネタバレ

もくじ• 絶対にときめいてはいけない! 【第25話】最新話のネタバレ ドキドキの相部屋 旅行先で部屋が足りずに、相部屋になってしまうことになった楓とさくら。 一応付き合っている義理の姉弟ということで友人たちも戸惑う。 無理を言って部屋をなんとかしてもらおうかと話し合っていたが、迷惑をかけたくなくて気を使ったさくらは、大丈夫、と言い楓と2人部屋を了承した。 部屋に戻り、お互いに意識しまくるさくらと楓。 昼間は、彼氏と彼女っぽくできないことに不満を思っていたが、突然2人きりになってどうすればいいかわからない。 1人思い悩むさくらだったが、そこへ楓が声をかける。 話をしようと思った瞬間、みんなが突然トランプを持って押しかけてきた。 さくらは楓が何を話したかったのか気になりつつも、みんながきてくれたことにほっとする。 それぞれの思い それから4時間半、ぶっ続けでトランプをし、みんなは帰って行った。 どっと疲れたさくらと楓。 楓は、俺は寝る、と言って布団を整え始めた。 ふとさっき楓が何を言おうとしていたのか気になったさくらは、楓にたずねてみた。 そこで楓は、さくらにそんな気は全くないから、と言い放った。 さくらが緊張していることがわかった楓は、さくらを安心させるために明るく振る舞った。 期待してたのか、と問いかけられ、焦るさくら。 さくらは、そんなことしてない、私も寝る!、と電気を消して布団に入った。 しばらく経っても眠れないさくら。 楓が気づき、眠れないのかとたずねた。 さくらは、もったいなくて眠れない、と答えた。 みんなといて楽しかったけれど、せっかくの旅行だからもっと2人でいたかった、だから今2人だけになれてもったいなくて寝れない、と笑顔で楓に話す。 それを聞いて、突然起き上がる楓。 どうしたのかと心配になるさくらだったが、楓は、この状況で姉弟とか無理だ!、と叫ぶ。 さっき、そんな気ない、と言ったばっかりだという桜に、楓は、本当はそんなこと思っているわけないだろう!、と強く言う。 みんながいるから旅行中は姉弟して過ごそうと思っていたのに、いきなり同じ部屋だと言われて考えないわけないだろう!、と。 その発言にあせるさくらだったが、楓は、いろいろ考えるし男だからしたくないわけではないけど今はそういうことではなく、もっと近くにいたい、とさくらに伝えた。 その言葉に、自分も同じ気持ちだと嬉しくなるさくら。 そして楓は、両手を広げてさくらに、絶対変なことしないからもっと近くにきて、と伝える。 抱きしめ合うさくらと楓。 さくらはどきどきが止まらない。 そして、見つめ合い、キスされると思った瞬間・・・楓は、さくらのおでこにキスをした。 そしてパッと離れる楓。 ちょっと変なことしそうになった、ごめん、といいながら布団にくるまる。 怒った?とたずねる楓に、さくらは、怒ってないよ、と笑顔で答えた。 そして、ぎゅっとしてくれてありがとう、嬉しかった、と言って、手を繋いで眠りについた。 そんなさくらを見て、楓はますます眠れなくなった。 葵の訪れ 旅行から帰った2人。 家には、兄の葵が遊びに来ていた。 葵を送っていくため、葵と楓は2人で歩いていた。 さくらとどうなったのか、とたずねる葵に、楓は、葵に関係ないと冷たく答える。 じゃあ俺が誘おうかな、と軽く話す葵に楓は、絶対あいつに手を出すな、あいつは俺のだ、とうっかり宣言してしまう。 からかうように笑う葵。 お前がうらやましいよ、と笑っていた。 4月、新学期になり、さくらと楓は2年生になった。 さくらは、波多野と同じクラスになった。 次回に続く。 絶対にときめいてはいけない! の過去のあらすじまとめはこちらになります。 それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね! あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の

絶対零度10話最終回ネタバレ!黒幕や香坂を殺したのは誰?

言えません絶対に ネタバレ

ようやく、感想を書くに至った第一巻「烏に単は似合わない」 2012年に単行本が出版され、その後、文庫本が発売されました。 私が読んだのは、文庫本の方。 第五巻まで既に文庫本が出版されてましたので、 およそ6年もの歳月を経て、この小説に出会ったわけです。 でも書きましたが、 そこまで期待していなかったためか、 その衝撃は計り知れないものでした。 第一巻は、前半はファンタジー+歴史小説、 中盤以降は推理小説の要素がプラスされてくるような感じですね。 前半は、四家の姫達の華やかな桃花宮での生活が描かれ、 大半が東家の姫であるあせびの視点で物語が進んでいく。 この、あせびちゃんが何といっても、かわいい。 世間知らずな箱入り娘。 楽器以外は何も知らない。 それを毎回他の三家の姫に馬鹿にされる。 「あせびちゃん、頑張って!!」 ついつい応援せずにはいられませんでした。 「こんなけなげな女の子と若宮が一緒になってほしい。 」 そんな期待を持ちながら、読み進めていきました。 しかし、物語中盤から、展開が変わってきた。 浜木綿、真すほの薄、白珠の視点が加わり、 それまであせびのことばかり応援していた気持ちに、徐々に変化が。 ・浜木綿、仲間思いでかっこいい。 ツンデレなやさしさに惚れた。 ・真すほの薄、意外とやさしい。 純粋で、家庭的な姿に惚れた。 ・白珠、可哀想。 入内の責任を人一倍感じ、葛藤が痛いほど感じられた。 そして、早桃の死を期に、それまでの穏やかな空気は一変。 サスペンスの如く、各々が疑いを感じ、腹の探り合いの様相に。 浜木綿の宿下がり、白珠の精神崩壊を経て、いよいよ終盤へ。 第五章、 ここにきて、物語は急激に、大どんでん返しを迎えることに。 やっと、やっと現れた若宮。 他の姫と同様にどれだけ私も待ちわびたか。。 やさしくて、貴い、素敵な若宮のイメージをしてましたよ。 今までずっと憧れてきた若宮。 でも、そんな、そんなまさか。。。 その冷徹な物言い、失礼な発言に怒りがこみ上げる。 「四家の姫たちがどんな思いでこの一年を過ごしてきたと思ってるのか?」 真すほの薄と同じ気持ちでした。 確かに若宮の言うことは筋が通っている。 ただ、あまりにも真すほの薄や白珠が不憫に思われて仕方がなかった。 結果として、推理小説のラストの様に、今までの謎解きを若宮が行っていき、 今回の桃花宮を巡る一連の出来事の謎が解決していったのだが。。 そして、その過程で四家の姫のそれぞれの本当の思いを知ることに。 浜木綿は若宮を守るべく、ずっと西家の為に尽くしてきたこと。 真すほの薄は、ただ自分の意志に忠実に動いていたこと。 白珠は、自分の意志を抑えられるほどの感情を捨てた人形ではなかったこと。 そして、あせびは、無邪気さを装うことで自分を守り、 他者の気持ちにあまりに無頓着だったこと。 最期に、若宮が自らの伴侶に選んだのは、まさかの浜木綿。 序章を読んだとき、若宮は間違いなくあせびに恋をしており、 最後はあせびと結ばれることを疑わなかった。 終章の最後に若宮が回想した一言、 この部分はまた後述しますが、 これで少し気持ちがスッキリして読み終わった気がします。 しかし、未解決の謎が多くあったため、もやもやした気持ちも残りました。 感想をここまで書いてみましたが、 この第一巻は、印象的なシーンが満載であり、 特に最後の情報量が多すぎて、言いたいことがたくさんありすぎます。 また、第二巻以降の第一部のシリーズを読み終わった後の感想なので、 第一巻だけでは分からなかった背景を知るにつれ、 各登場人物への思いも変わっていった為、 なるべく最初に第一巻を読み終えての感じたことを書いてきたつもりです。 ただ、この第一巻だけでも一つの作品として完結できていることに、 改めて驚きを隠しきれません。 最後に、自分が特に印象に残った場面をベスト3を書きます。 いずれも、鳥肌が立ちながら、 ずっと泣きながら読んだシーンです。 そして、何度読み返しても大好きな場面です。 ベスト3 「白珠と一巳 まさかの再会」 死んだはずの一巳がまさか。。。 「か」 かずみ? その時の白珠の一つ零れ落ちた涙。 白珠の背景を知っているが故に、未だに忘れられません。 このシーンは第一巻で唯一、 純粋な意味でのハッピーエンドだと思っています。 白珠と一巳が結ばれて、本当によかった。 ベスト2 「あせびの最期」 「しかし、悪いな。 私はあなたのことが嫌いなんだ。 」 若宮の衝撃の一言!! もっとオブラートに包むように、 「申し訳ないが、気持ちを受け取ることが出来ない」 とか、せめて 「あなたのことは、好きではない」 と言えなかったのだろうか。 この、「あなたのことが嫌い」というストレートすぎる一言。 こんなこと、普通言えますか? 私には絶対に言えません。 でもあせびちゃんには完全に裏切られましたよ。 そう言われても仕方ないかもしれない。 最初は、けなげで常識知らずなあせびを応援してましたよ。 でも、最期での印象は「かなり計算高いぶりっ子」 こういう女性は、男性から見れば、恋愛としてはいいのかもしれないが、 結婚を考えると、絶対に幸せにはなれないタイプ。 読み返してみても、あせびはどこまで計算をしていたのかが分からない。 全てを疑って見えてしまう。 それが何とも面白い。 しかし、「あなたのことが嫌い」は言い過ぎじゃないですかね。。。 ベスト1 「終章のラスト、若宮の回想の言葉」 「いつか、自分とすみが大きくなったときは・・・笑ってやるのだ。 そんなもの着ても着なくても、何も変わっていない、と。 お前はいつだって、一番強くて素敵だった、と。 」 これを読んだとき、しばらく涙が止まりませんでした。 終章がまさか、序章の続きだったとは。 そして、私があんなに嫌いだった若宮。 その素直な思いに触れ、一転して、大好きになりました。 思えば、桃花宮では、五感で感じることの出来る美しさ 例えば、着物、香、音楽。 こればかりに姫たちは気を取られていた。 しかし、本当に美しいものは、目に見えないもの。 それを若宮は教えてくれた。 現実の世界でも、同じことが言えるのではないだろうか。 最初に思い描いたラストとは全く違っていたけれども、 本当にいい意味で、予想を大きく裏切ってくれました。 以上、拙い文章を最後までご覧いただき、ありがとうございました。 この作品に対しては、ひとりひとりが違った感想を持たれていると思います。 それは、また違った視点からこの作品を楽しめるきっかけとなるはずです。 もし差し支えなければ、コメントでご意見をお寄せください。 また、個人的に実写映画化してほしいと思いながら読んでいるので、 別ページでも、感想と同時に上げていきたいと思います。 もしご興味あれば、そちらもご覧いただき、ご意見等頂けたら幸いです。

次の

『今度は絶対に邪魔しませんっ!』漫画のネタバレ感想|元悪役令嬢の人生やり直しファンタジー!

言えません絶対に ネタバレ

もくじ• あきら先生は誰にも言えないのあらすじまとめ 結婚目前の高校教師・一ノ瀬晶(あきら)には、恥ずかしくて人に言えないことがある。 リアルにお医者さんになった響ちゃんに診察されて、子どもの頃にした、いたずらをそのままお返しされて…!? こんなの絶対、誰にも言えない…!! あきら先生は誰にも言えないのネタバレ一覧 最終話のネタバレ 晶は響一郎と一緒に、彼の実家を訪れる。 響一郎と結婚したことについて、ちゃんと彼の両親に挨拶したかったから。 けれど、響一郎という大好きな夫の家族だからと、その気持ちから逃げないと心に決める。 晶の目を見つめそれを悟った響一郎は、まずは腹ごしらえだと、突然彼女の口に大きなメロンパンを突っ込んだ。 彼は彼女が朝から何も食べていないことを見抜いていたのだ。 響一郎の優しい心遣いに感動する晶。 だったらと、彼女はメロンパンを半分に割って彼に渡し、一緒に味わうことにする。 そのやり取りに、昔はよく晶と二人で買い食いしていたことを思い出した響一郎は、今日も寄り道しようと、彼女の手を引いてせっかく来た実家の敷地から出てしまうのだった。

次の