煽り運転 通報 され た場合。 煽り運転されたら…通報先は「110」しかし後日ドラレコ見せても警察が動く期待は×

バイク運転中に煽られたので警察に通報したときの流れと結果

煽り運転 通報 され た場合

煽り運転とは 東名高速での煽り運転が原因となる悲惨な事故は、多くの人にとって 他人事とは思えない話で、特に高速道路などで煽られて怖い思いをしたことのある人も多いのではないでしょうか。 一般道でも十分恐怖感がありますが、高速道路ともなると恐怖を通り越して怒りすら感じてしまいますが、長いこと運転している人はら数年に1度くらいはこのような経験をすることがほとんどです。 煽り運転とは、他の車に対する嫌がらせ運転のことで、以下の場合が該当します。 1.前の車に対して、衝突するほどに車間距離を詰め、道を譲るよう強要する 2.前の車を猛スピードで追い掛け回す 3.ハイビーム、パッシング、クラクション、幅寄せ等で威嚇する 程度の差にもよりますが、多くのケースでは、1と3を同時に行いながら、道を譲らなかった場合には2になることが多いのではないでしょうか。 このような脅し行為を行うことや、いわゆる 「当たり屋」も煽り行為として一括りにされています。 煽り運転は立派な犯罪行為です! メディアに取り上げられることも多い煽り運転ですが、相手がけがをしたり最悪のケースで死亡した場合には、 道路交通法26条により車間距離保持義務違反となります。 当たり屋の場合には確信犯ですが、 質の悪いドライバーが日常的に行っている煽り運転行為は立派な犯罪行為であり、知らなかったでは済まされない行為なのです。 現在、テレビやネットなどのメディアで煽り運転が多く取り上げられていますが、煽り運転行為を平然と行っている質の悪いドライバーも、自分が犯罪行為を犯していおり、検挙された場合にはどのような罰則があるのかを知れば、このような迷惑行為も少しは減少するのではないでしょうか。 ・道路交通法26条 (車間距離の保持) 第二六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。 煽り運転への対策を求める声の高まりを受けて、 警察庁は2017年12月に事故に至っていなくても、暴行や脅迫などの事実が認められる場合にも免停(免許停止30日~180日)などの処分を適切に行うようにしました。 さらに、 2018年1月には罰則が用化され、悪質・危険とみられる煽り運転に対しては、道路交通法違反のみならず危険運転致死罪や暴行罪などを適用し、これまで以上に罰則を厳しくしました。 万一、煽り運転された場合の3つの対処法 ドライブレコーダーの設置 万一、煽り運転を受けた時にはどのような対処法が有効なのでしょうか。 まず第一に、相手にせずに道を譲るというのが最善の方法で、煽り返したりすると余計面倒なことに巻き込まれることもあります。 特に、若くて腕に少々自信のある男性の場合には、車を止めて先に相手を怒鳴りつけという先制攻撃は時により抑止力以上の効果を発揮することもありますが、 相手が薬物中毒者である可能性も高く、また道路という 極めて危険地帯で車から降りるという行為はリスクが高すぎますので、ぐっと耐えることが重要です。 煽り運転に対して有効性があるといわれているのが ドライブレコーダーで、煽り運転をしてくる車の様子を動画撮影することで、 煽り運転の証拠映像となりますので、警察に通報する際の証拠として利用できますし、相手に対する 抑止効果もあります。 もちろん、自分のスマホで撮影することは危険運転になりますので、同乗者がいる場合かドライブレコーダーを設置していることが条件となります。 警察に通報する できればかかわりたくはないものの、忘れたころにやってくるのが煽り運転するドライバーで、執拗に絡んできたりトラブルに発展した場合には、 煽り運転は違反行為なのですから警察に通報しましょう。 110番に電話したことない人も多いかもしれませんが、はじめてでもわかるように対応してもらえますので、落ち着いて状況を連絡しましょう。 警察に通報する際の注意点 1.緊迫した状況の場合でも、できるだけ安全な場所に車を停車するようにします。 安全な場所がなければ停車は事故に繋がりますので、必ず先に安全を確保します。 2.煽り運転車のナンバー、車種、車のカラー、トラブルの状況などをしっかりと記憶しておきます。 3.常習犯の場合には、車から降りてきて威嚇したりしますが、相手にせずにドアにロックをかけて警察が到着するのを待ちます。 窓を開けたりすると、キーを奪われたりしますので必ずロックをしておくことです。 こちらの状況から警察に通報したと思われると、ほとんどのケースではその場から立ち去っていくでしょうが、後を追っかけたりせずに警察が来るのを待ちましょう。 抑止力 日本の防衛問題が議論される際には必ず抑止力が語られますが、実際に、 空き巣の被害の場合には抑止力でほとんど防げることが証明されています。 防犯カメラや二重キーなどでしっかりと対策をとっているような面倒な人には、プロフェッショナルの空き巣は近寄っては来ないのです。 煽り運転にプロフェッショナルはいないかもしれませんが、 ドライブレコーダーを付けているだけでも抑止効果は高いでしょうし、場合によってはダミーカメラでも一定の効果はあるでしょう。 警察に通報されることを最も嫌がるでしょうから、証拠映像を取られることを一番恐れすはずです。 この車を煽ったり迷惑運転をしたら、証拠映像を取って警察に通報しますよ、という態度を示しておくことでほとんどの迷惑ドライバーは近寄ってこなくなるでしょう。 同様に、 「カメラ撮影中」というステッカーを付けておくことも有効ですし、「赤ちゃんが乗っています」というステッカーは抑止力というよりはむしろ魔除けとして働いでくれるでしょう。 車社会の原理原則は譲り合いの精神から成り立つ 現代社会は車がないと成立しませんし、自動車産業は世界最大の産業とも言ってよいでしょう。 車ほど人間の生活を大きく変えたものも少ないでしょうし、こんな便利なものはそうそうありません。 しかしながら、 便利さの裏返しとして、一つ間違えると命に係わる事故を起こしてしまうというリスクも抱えてしまうことになります。 車を利用することで非常に快適な生活を営むことができますが、そのためには一定のリスクを持ち続けることにもなり、このリスクを少しでもなくすようにしなければならないのです。 車のリスクを取り除いてくれるのはなんなのでしょう、自動車保険でしょうか、いいえ違います、 自動車社会の原理原則は「譲り合いの精神から成り立っている」のです。 皆が譲り合いの精神を持てば、煽り運転はおろか、事故もほとんどなくなってしまうでしょう。 もちろん、そう簡単な話ではないのですが、少なくとも 煽り運転を受けた場合にはこの気持ちを忘れなようにしたいものです。 まとめ 日常的に車を運転している人であれば、多くの人が経験している煽り運転行為や迷惑運転項にですが、東名高速での惨事を機にメディアで取り上げられることも多くなり、遂に警察庁も動き出し罰則強化などの対策が打ち出されるようになりました。 万一、 煽り運転を受けた時のために、しっかりと対策を練っておき、実際の現場では落ち着いて対応できるようにしておきましょう。 煽り運転は犯罪行為ですから、泣き寝入りすることなくしっかりと警察に通報するようにしたいものです。 カーライフの多様化により、マイカーのみならず レンタカーやカーシェアを利用する人が急増していますが、特にカーシェアなどではドライブレコーダーは提供されていないことも多いですから、 携帯型のドライブレコーダーやダミータイプのものも検討するとよいかもしれません。 そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『』で探してみることをおすすめします!.

次の

煽り運転の対策や仕返しについて!通報しても違反にならない?

煽り運転 通報 され た場合

もっと相手に思いやりを持った運転をすればいいのにと思いますが、急いでいたとか、相手がノロノロしていた運転が、自分への当てつけのように感じたということもあるのでしょうね。 煽り運転とは、正直いつ、どのように、何がきっかえでどっちが煽り運転をしたかというのは、非常にわかりにくいですから 笑 それでこそ、ドラレコの普及、そもそも街中に防犯カメラも増えましたからね。 今後煽り運転は必ず少なくはなってくると思いますが、もし自分自身が煽り運転をしたいたドライバーだということで、赤の他人に通報されていたら後日どうなるか考えた事はありますか? 今日は、そんなときにどうすれば良いのかということをしっかりと書かせて頂きますね! Sponsored Link 煽り運転で通報されたら後日逮捕?どうなってしまうのか… 以前アメリカで、勝手に通報されて家にSWATが来るというようなことがあった話を聞いたことがあるのですが 笑 自分が知らない内に煽り運転をしていたということで通報されてしまった場合、どうなるかわかりますか? 逮捕…なんてすぐにはされませんからね 笑 勿論、悪質でテレビで報じられるレベルのものは絶対にマズイと思いますが、煽り運転なんてしたつもりは全く無いと言う場合。 こんな場合は恐らく逮捕というよりも、 事情聴取される可能性は十分にあるでしょう。 いつどこで、あなたは何をしていたのか…ちゃんと運転をしていたのか、何を元に煽り運転と通報されてしまったのか? そのあたりをクリアに出来れば全く問題ないでしょうね。 となると、やはりドラレコぐらいは最低限車につけておいた方が良いでしょうね、どのような運転を「煽り運転してる!」と思われるかは、今後わからなくなってきていますからね、過剰に通報をするような人も今後出てくると思いますからね。 楽天で購入 自分は大丈夫と思っている人も、 その状況の証拠を刻々と聴取した人に伝えるというのは大変ですよね、時間ごとにどのような運転を自分がしていたのかという記録は必ずあった方が自分の煽り運転をしていないという正当性は伝えられますからね。 煽り運転はドラレコが証拠になるのか? 煽り運転をしていないと主張したい場合や、誰かがしていた時にドラレコで撮影をしていた場合、ドライブレコーダーは証拠になるのか? これは間違いなく証拠になりますね! でも、ドラレコではその車が何キロ出ていたとか、車間距離がどれぐらいだったというのが分からないではないかと言う人もいるかもしれませんが、冷静に考えてみてください。 時間、距離、撮影時の動画などは確実にスピードが出せますからね 笑 人の証言よりも、しっかりと撮影出来ていれば時には、自分の運転についても不利にしてしまうほどの証拠になります! 煽り運転をしていないと主張したい場合、煽り運転をされていたと主張したい場合などにはドラレコをはじめ、録画や録音は必須ですからね。 ブログ運営者:大和(ヤマト) 中年の星40歳代に突入!日本に生まれましたが見た目外国人のような大柄な人間です。 血液型はO型と大らかな性格ですが、意外と神経質で真面目な性格です! 本業をしながら、副業で自動車を取り扱う仕事をしながら、お安く、お得に、価値提供をしております。 自分の車が廃車にしかならなかったのが、なんと5万円の買い取り金額がついた! 購入しようとする中古車が、〇〇な方法で安く買うことが出来た! 車の相場を知ることができた! など、お得な情報を元に安く買えた!高く売れた人が続出!!していたりします。 今人気の中古車や、これから買う新車の見極め方は是非こちらをご参考にしてみてください! 勿論車を買いたい方のご相談も受け付けておりますし、同じようなブローカーだけども商売に行き詰っているとか、ブローカーから中古車屋開業をしたいけど不安なんて人はご相談ください。 ネットビジネス【経歴】 2017年 ネットビジネス開始 初月 2万を売り上げる 2018年 ネットビジネスで月収25万を売り上げるにまで飛躍 2019年 ブログアフィリエイトの指導を開始.

次の

煽り運転されたら…通報先は「110」しかし後日ドラレコ見せても警察が動く期待は×

煽り運転 通報 され た場合

通報の流れを解説しています。 私が通報した車両は、• 見通しの効かない交差点を• 対向車線を使って• 赤信号で停車している前車を追い越し• 信号無視して交差点を突破していきました 偶然にも人や車がおらず、最悪の事態は免れました。 少し混雑した道だったため、まずはそのまま走って安全な場所まで移動しました。 その後、ドライブレコーダーで録画できていることも確認しました。 通報先は 110番にしようかとも思いました。 しかし、緊急性の高いものを邪魔してはいけないので、まずは 9110に通報することにしました。 9110とは、 ストーカーや家庭内暴力、悪質商法など、生活の安全・平穏に関しての悩み事などを相談するための電話番号である。 実際に事件が発生する前に手立てを打つことが出来ず、重大な事件にまで発展してしまったこともあることから、警察に身近に相談できる手段として、1989年から運用が開始された。 警察や警察官に対する意見・苦情も受け付けている。 (Wikipediaより引用) 本当に暴走車両とも呼べる車両がいた場合には、迷わず110番しましょう。 私も後から思い返して気が付きましたが、車は銃や刃物よりも手軽に人を死傷することができる道具なのです。 緊急性・危険性の見極めは素人ができるものではないので、もしかすると一律110番の方がいいのかもしれません。 通報した結果 通報した結果は拍子抜けなものでした。 場所と状況を確認された上で「パトロールを徹底します」で終了でした。 対応してくださった警察官の話では、危険車両が見た瞬間に現地で通報していればまた違う対応を取ってもらえたかもしれません。 しかし、その時は場所を移動してしまったうえ、時間も経過していました。 また、残念ながらドライブレコーダーの映像は証拠として採用されないそうです。 映像にしっかりとナンバーと悪質な運転の内容が記録されていたとしても、基本的にそれをもとに取り締まることは出来ないそうです。 あおり運転の被害に遭った時の適切な対処方法とあわせて以下の記事で解説しています。 ドラレコが普及したんだから事故防止に活用できないの? 今回の通報で強く感じたのが、折角これだけドラレコが普及したんだから、事故防止に活用できないのか?ということです。 警察のパトロールや定点の取り締まりでは、交通全体に占める0. もっと低いかもしれません。 そこで一般からの通報窓口を設置し、ドライブレコーダーの映像も証拠として採用できるようにすれば良いのではないでしょうか。 もちろん映像を根拠に罰則を与えることが難しいにしても、危険運転をしたドライバーに注意を促すことはできます。 同じ車両に関する通報が増えれば、更に強い警告をしたり、通報の内容をもとにパトロールをすることもできるのではないでしょうか。 今回の通報で交通事故を防止できなかった 今回通報した車両は、 いつか人が死ぬと確信させるほど危険な運転をしていました。 私の説明で、警察側もそれは理解したと思います。 しかし、残念なことにドライブレコーダーの映像や一般ドライバーの通報内容はまったく証拠として採用することができず、何一つ効果的な対応をとることができないそうです。 ドライバーに対する注意すらできないそうです。 これは警察も苦心しているところだと思います。 もし警察に問題意識があるのであれば、早急に誤った現行のルールを変更し、改善してもらいたいものです。 なお、危険運転とは言わないけど「これってどうなの?」というちょっと行儀の悪い運転について、違法性を解説する記事を不定期で追加しています。 「これって違反?」シリーズと題して以下のリンクからまとめてご覧頂けます。 katamichinijikan.

次の