ミョウバン洗濯。 汗や洗濯物の消臭に手作り「ミョウバン水」が効く!? わがやの作り方と使い方:Cheers! mama [チアーズ ママ] [チアママ]

ミョウバン水の作り方は簡単でお手軽!効果的な使い方と共に紹介します!

ミョウバン洗濯

ミョウバン水の特徴2つ目は、殺菌効果があることです。 古代ローマでは水と混ぜてうがい薬としても使われていたそうです。 手に吹きかければばい菌を除去してくれるので、冬の風邪予防にも使えそうですね。 ちなみに、インフルエンザはうがいでは予防できないそうです。 現在販売されているミョウバンのほとんどは人工的に結晶化させたものですが、その技術がない時代はアルム石という火山地帯で採れる石を加工して使用していました。 こちらは人工のものより殺菌効果が高く、肌への刺激が抑え目なのが特徴です。 アルム石はAmazonなどネット通販で購入できます。 ミョウバンには毛穴を引き締めるという効果があり、それによって汗が出にくくなります。 そのため、市販の制汗剤にもミョウバンが含まれています。 市販の制汗剤にはミョウバン以外にも様々な成分が含まれています。 制汗作用で有名なのはクロルヒドロキシアルミニウムでしょう。 一時期、乳がんの原因になると噂されていましたが、その危険性はないと否定されています。 しかし肌への刺激があるとされるので、肌が弱い方はミョウバン一つに絞った方が良さそうです。 実は、汗自体は臭いません。 皮膚の表面にいるばい菌と汗が混じることで悪臭を放ちます。 ミョウバンは皮膚にいる菌を殺すことから、消臭作用があるとされています。 汗も出づらくなるので2倍の効果がありますね。 ミョウバン水は皮膚の菌を抑制する効果もあります。 ミョウバンは水と混ざることで酸性になり、ばい菌が住みにくい環境にしてくれます。 肌にいるばい菌は弱酸性から弱アルカリ性の環境が大好きです。 人の肌は弱酸性から中性とされているので、ばい菌が繫殖しやすい環境と言えます。 体の中でも臭くなりやすいのが足ですね。 そんな足の臭い消しに効果的な対策がこちらの記事で紹介されています。 ミョウバン水以外に効果のある方法を探してみましょう。 部屋干しして生乾きになったときの臭いをミョウバン水で消すことができます。 スプレーしてそのまま乾かすのも良いですが、日光に当てると消臭効果がアップします。 日光にも殺菌効果があるので、ミョウバン水と合わせてダブルの効果が期待できます。 ワキガの臭いが染み付いてしまった服は、洗濯するときにミョウバン水を入れると臭いが取れます。 洗剤とは一緒に使えませんが、柔軟剤は大丈夫です。 洗濯機で洗う場合はミョウバン水の原液を柔軟剤の投入口に入れましょう。 また、ミョウバン水でつけおきして水洗いしてから、洗濯機に入れて洗うこともできます。 体の臭い消しとして使うときはスプレーボトルに詰めておくと脇などに塗布しやすくなります。 ちなみに、ミョウバン水の濃度が濃すぎると噴射口が詰まってしまいますので、気をつけましょう。 詰まった場合はお湯につけてミョウバンを溶かします。 スプレーボトルの形は特に選びませんが、持ち歩けるようにキャップ付きのものがおすすめです。 画像のものはマークスアンドウェブのもの。 霧が細かいので肌に満遍なく行き渡り、最低限の量で済むため乾きも早いのがメリットです。 ポーチに入れても邪魔にならないサイズで使いやすいと人気があります。 体に付ける場合はスプレーが向いていますが、洗濯などそのまま使う場合もあるのでペットボトルに入れておきましょう。 1,5リットルのペットボトルが原液を作るときに便利でおすすめですが、初めて作るという方は小さめのサイズで試しましょう。 ミョウバン水の原液の保存期間は3年ですが、薄めたミョウバン水は1週間程度しか持ちません。 余ってしまったものは生ゴミに吹きかけるなどして使い切りましょう。 ペットボトルは良く洗ってから使ってください。 ミョウバン水は透明になるので、水と間違えて飲まないためにミョウバン水と書いておきましょう。 100均で作れる!ミョウバン水の作り方は? 基本のミョウバン水原液の作り方 まずは、基本のミョウバン水原液の作り方を説明します。 初めてミョウバン水を作るという方は、このシンプルなものから挑戦しましょう。 臭いがないので人や目的を選ばず使えて便利です。 ミョウバンと水の割合は1:30です。 薄めるときは10倍にして使い、冷蔵庫で保管してください。 基本のミョウバン水原液の材料• 焼きミョウバン 10g(生ミョウバンの場合は15g)• 水道水 300ml• ペットボトル 基本のミョウバン水原液の作り方• 1ミョウバンをペットボトルに入れる• 21に水道水をよく混ぜる• 3透明になるまで2,3日冷暗所で保管する 100均で買えるミョウバンで作るアロマ入りミョウバン水の作り方 こちらはアロマ入りミョウバン水の作り方です。 精製水入りなので早めに使い切りましょう。 100均で扱っているミョウバンは焼きミョウバンのみになります。 焼きミョウバンは湿気を吸うと生ミョウバンになるので、気になる方は密閉できる容器や袋で保管してください。 レモンやグレープフルーツなどの光毒性のあるアロマオイルは避けましょう。 日光に当たるとシミや皮膚炎のもとになります。 おすすめはティーツリーです。 殺菌効果が高く、爽やかな香りで男女問わず使えます。 アロマ入りミョウバン水の材料• 焼きミョウバン 10g• 水道水 300ml• 無水エタノール 5ml• 精製水 45ml• ペットボトル• スプレーボトル アロマ入りミョウバン水の作り方• 1焼きミョウバンをペットボトルに入れ、水道水とよく混ぜる• 2透明になるまで冷暗所で保管する• 3無水エタノールにアロマオイルを3滴垂らす• 43に精製水を足してよく振って混ぜる• 5原液5mlと4をスプレーボトルに入れてよく混ぜる ダイソーの焼きミョウバンを使ったハッカ油入りミョウバン水の作り方 こちらはダイソーの焼きミョウバンを使ったハッカ油入りミョウバン水の作り方です。 ハッカ油には臭い消しの他に虫よけ効果もあり、夏に最適です。 付けるとひんやりするので、冬は避けましょう。 無水エタノールの代わりに水道水でも作れますが、分離しやすいので使う都度よく振って混ぜてください。 ハッカ油入りミョウバン水の材料• 焼きミョウバン 20g• 水道水 500ml• ハッカ油• 無水エタノール• ペットボトル• スプレーボトル ハッカ油入りミョウバン水の作り方• 1ペットボトルに焼きミョウバンと水道水を入れてよく混ぜる• 2透明になるまで時々振ったりしながら放置して原液を作る• 3無水エタノールにハッカ油を5~10滴混ぜる• 毛穴の引き締め効果があるミョウバン水は、乳液のあとに使うと毛穴詰まりやニキビの予防になります。 また、殺菌効果で既にできてしまったニキビも治すことができ、顔から汗が吹き出すように出る、という方には汗の抑制効果が発揮されます。 顔だけでなく背中に使えば、ニキビはもちろん汗疹にも効きます。 アトピーにも効果があるので、ぜひ試してみてくださいね。 顔に使うミョウバン水の作り方は、原液を20倍くらいに薄めて作ります。 パッチテストをしてから使うと安心です。 特にカビに対して効き目があり、お風呂掃除におすすめです。 使い方は、ミョウバン水の原液をスプレーした後、ブラシなどでこすって洗い流すだけです。 簡単にカビが落ちます。 しつこいカビには時間をおいてからこすりましょう。 同じくカビ汚れのあるトイレで使えば、カビ落としと臭い消しが同時にできます。 また、拭き掃除の後に仕上げでミョウバン水をスプレーすると菌の繫殖を抑制できます。 掃除用のミョウバン水の作り方は、ミョウバン水を5倍に希釈します。 オイルの含まれない純粋なミョウバン水なら野菜のあく抜きや漬物、煮物に使えます。 原液を10倍に希釈したものに皮をむいた野菜を2,3時間つけておくと、あくが抜けて煮崩れしなくなります。 漬物の作り方は原液の濃度のまま使い、塩を足して野菜を漬けます。 ミョウバンを使ってナスを漬けるときれいな紫色になります。 引き締め作用で身がしまり、歯ざわりも良くなるので、美味しい漬物ができます。

次の

ミョウバン水の効果。臭い消し以外にも使える! | 女性の美学

ミョウバン洗濯

ミョウバン水の特徴2つ目は、殺菌効果があることです。 古代ローマでは水と混ぜてうがい薬としても使われていたそうです。 手に吹きかければばい菌を除去してくれるので、冬の風邪予防にも使えそうですね。 ちなみに、インフルエンザはうがいでは予防できないそうです。 現在販売されているミョウバンのほとんどは人工的に結晶化させたものですが、その技術がない時代はアルム石という火山地帯で採れる石を加工して使用していました。 こちらは人工のものより殺菌効果が高く、肌への刺激が抑え目なのが特徴です。 アルム石はAmazonなどネット通販で購入できます。 ミョウバンには毛穴を引き締めるという効果があり、それによって汗が出にくくなります。 そのため、市販の制汗剤にもミョウバンが含まれています。 市販の制汗剤にはミョウバン以外にも様々な成分が含まれています。 制汗作用で有名なのはクロルヒドロキシアルミニウムでしょう。 一時期、乳がんの原因になると噂されていましたが、その危険性はないと否定されています。 しかし肌への刺激があるとされるので、肌が弱い方はミョウバン一つに絞った方が良さそうです。 実は、汗自体は臭いません。 皮膚の表面にいるばい菌と汗が混じることで悪臭を放ちます。 ミョウバンは皮膚にいる菌を殺すことから、消臭作用があるとされています。 汗も出づらくなるので2倍の効果がありますね。 ミョウバン水は皮膚の菌を抑制する効果もあります。 ミョウバンは水と混ざることで酸性になり、ばい菌が住みにくい環境にしてくれます。 肌にいるばい菌は弱酸性から弱アルカリ性の環境が大好きです。 人の肌は弱酸性から中性とされているので、ばい菌が繫殖しやすい環境と言えます。 体の中でも臭くなりやすいのが足ですね。 そんな足の臭い消しに効果的な対策がこちらの記事で紹介されています。 ミョウバン水以外に効果のある方法を探してみましょう。 部屋干しして生乾きになったときの臭いをミョウバン水で消すことができます。 スプレーしてそのまま乾かすのも良いですが、日光に当てると消臭効果がアップします。 日光にも殺菌効果があるので、ミョウバン水と合わせてダブルの効果が期待できます。 ワキガの臭いが染み付いてしまった服は、洗濯するときにミョウバン水を入れると臭いが取れます。 洗剤とは一緒に使えませんが、柔軟剤は大丈夫です。 洗濯機で洗う場合はミョウバン水の原液を柔軟剤の投入口に入れましょう。 また、ミョウバン水でつけおきして水洗いしてから、洗濯機に入れて洗うこともできます。 体の臭い消しとして使うときはスプレーボトルに詰めておくと脇などに塗布しやすくなります。 ちなみに、ミョウバン水の濃度が濃すぎると噴射口が詰まってしまいますので、気をつけましょう。 詰まった場合はお湯につけてミョウバンを溶かします。 スプレーボトルの形は特に選びませんが、持ち歩けるようにキャップ付きのものがおすすめです。 画像のものはマークスアンドウェブのもの。 霧が細かいので肌に満遍なく行き渡り、最低限の量で済むため乾きも早いのがメリットです。 ポーチに入れても邪魔にならないサイズで使いやすいと人気があります。 体に付ける場合はスプレーが向いていますが、洗濯などそのまま使う場合もあるのでペットボトルに入れておきましょう。 1,5リットルのペットボトルが原液を作るときに便利でおすすめですが、初めて作るという方は小さめのサイズで試しましょう。 ミョウバン水の原液の保存期間は3年ですが、薄めたミョウバン水は1週間程度しか持ちません。 余ってしまったものは生ゴミに吹きかけるなどして使い切りましょう。 ペットボトルは良く洗ってから使ってください。 ミョウバン水は透明になるので、水と間違えて飲まないためにミョウバン水と書いておきましょう。 100均で作れる!ミョウバン水の作り方は? 基本のミョウバン水原液の作り方 まずは、基本のミョウバン水原液の作り方を説明します。 初めてミョウバン水を作るという方は、このシンプルなものから挑戦しましょう。 臭いがないので人や目的を選ばず使えて便利です。 ミョウバンと水の割合は1:30です。 薄めるときは10倍にして使い、冷蔵庫で保管してください。 基本のミョウバン水原液の材料• 焼きミョウバン 10g(生ミョウバンの場合は15g)• 水道水 300ml• ペットボトル 基本のミョウバン水原液の作り方• 1ミョウバンをペットボトルに入れる• 21に水道水をよく混ぜる• 3透明になるまで2,3日冷暗所で保管する 100均で買えるミョウバンで作るアロマ入りミョウバン水の作り方 こちらはアロマ入りミョウバン水の作り方です。 精製水入りなので早めに使い切りましょう。 100均で扱っているミョウバンは焼きミョウバンのみになります。 焼きミョウバンは湿気を吸うと生ミョウバンになるので、気になる方は密閉できる容器や袋で保管してください。 レモンやグレープフルーツなどの光毒性のあるアロマオイルは避けましょう。 日光に当たるとシミや皮膚炎のもとになります。 おすすめはティーツリーです。 殺菌効果が高く、爽やかな香りで男女問わず使えます。 アロマ入りミョウバン水の材料• 焼きミョウバン 10g• 水道水 300ml• 無水エタノール 5ml• 精製水 45ml• ペットボトル• スプレーボトル アロマ入りミョウバン水の作り方• 1焼きミョウバンをペットボトルに入れ、水道水とよく混ぜる• 2透明になるまで冷暗所で保管する• 3無水エタノールにアロマオイルを3滴垂らす• 43に精製水を足してよく振って混ぜる• 5原液5mlと4をスプレーボトルに入れてよく混ぜる ダイソーの焼きミョウバンを使ったハッカ油入りミョウバン水の作り方 こちらはダイソーの焼きミョウバンを使ったハッカ油入りミョウバン水の作り方です。 ハッカ油には臭い消しの他に虫よけ効果もあり、夏に最適です。 付けるとひんやりするので、冬は避けましょう。 無水エタノールの代わりに水道水でも作れますが、分離しやすいので使う都度よく振って混ぜてください。 ハッカ油入りミョウバン水の材料• 焼きミョウバン 20g• 水道水 500ml• ハッカ油• 無水エタノール• ペットボトル• スプレーボトル ハッカ油入りミョウバン水の作り方• 1ペットボトルに焼きミョウバンと水道水を入れてよく混ぜる• 2透明になるまで時々振ったりしながら放置して原液を作る• 3無水エタノールにハッカ油を5~10滴混ぜる• 毛穴の引き締め効果があるミョウバン水は、乳液のあとに使うと毛穴詰まりやニキビの予防になります。 また、殺菌効果で既にできてしまったニキビも治すことができ、顔から汗が吹き出すように出る、という方には汗の抑制効果が発揮されます。 顔だけでなく背中に使えば、ニキビはもちろん汗疹にも効きます。 アトピーにも効果があるので、ぜひ試してみてくださいね。 顔に使うミョウバン水の作り方は、原液を20倍くらいに薄めて作ります。 パッチテストをしてから使うと安心です。 特にカビに対して効き目があり、お風呂掃除におすすめです。 使い方は、ミョウバン水の原液をスプレーした後、ブラシなどでこすって洗い流すだけです。 簡単にカビが落ちます。 しつこいカビには時間をおいてからこすりましょう。 同じくカビ汚れのあるトイレで使えば、カビ落としと臭い消しが同時にできます。 また、拭き掃除の後に仕上げでミョウバン水をスプレーすると菌の繫殖を抑制できます。 掃除用のミョウバン水の作り方は、ミョウバン水を5倍に希釈します。 オイルの含まれない純粋なミョウバン水なら野菜のあく抜きや漬物、煮物に使えます。 原液を10倍に希釈したものに皮をむいた野菜を2,3時間つけておくと、あくが抜けて煮崩れしなくなります。 漬物の作り方は原液の濃度のまま使い、塩を足して野菜を漬けます。 ミョウバンを使ってナスを漬けるときれいな紫色になります。 引き締め作用で身がしまり、歯ざわりも良くなるので、美味しい漬物ができます。

次の

ミョウバン水で洗濯すると驚きの消臭効果が得られます!

ミョウバン洗濯

ミョウバンにはどんな効果があるの? ミョウバンは、漬物の発色を良くする食品添加物として知られています。 殺菌効果が高いため、ウニの鮮度を保つのにも使われているんですよ。 また、ミョウバンは制汗・消臭効果も高いことでも知られています。 ローマ時代から最古のデオドランド剤として人々に愛され、現代でも一番効果が高いデオドランド剤として人気No. 1の地位を保っています。 人気デオドランド剤・デオナチュレの原料となっている天然アルム石とは、実はこのミョウバンのことなんです。 ミョウバン水の作り方 ミョウバンは、スーパーの調味料コーナーなどで50g110円くらいの価格で販売されています。 普通のミョウバンでも焼きミョウバンでもどちらでもOK! 【材料】 ・1リットルの空きペットボトル ・ミョウバン30g 【作り方】 1. 空きペットボトルにミョウバンを入れます。 ペットボトルが一杯になるまで水道水を注ぎます。 ペットボトルの蓋をしめ、ミョウバンと水が混ざるようによく振ります。 すぐには溶けないので、ペットボトルを横に寝かせて1~2晩置いておきます。 白い粉がなくなって、透明の水になったらできあがり! 用途に合わせて、この原液を適宜薄めて使用してください。 濃度を薄めたものはあまり長持ちしないので、早めに使い切るようにしましょう。 原液のままなら、常温でも約3年持つといわれています。 お風呂の掃除に お風呂のカビは気になるけど、ペットや小さな子供がいるから刺激の強いカビ取りは使いたくない…。 そんな時にこのミョウバン水スプレーが大活躍します。 カビにシュッシュと吹きかけたら、使い古した歯ブラシでカビをこすり落としていくだけ。 しつこいカビには、ティッシュなどにミョウバン水を浸して貼り付けておく浸け置きが有効です。 カーテン、カーペットのカビ予防に 結露が起こりやすい冬場のカーテンや、ずっと敷きっぱなしのカーテンやラグにカビが生えてしまうことがあります。 カビは、アレルギー性鼻炎や喘息を招く恐ろしい存在。 なかなか洗えない布製品には、ミョウバン水をシュッシュと吹きかけてカビの予防をしておきましょう。 ミョウバンは昔、クリーニング屋さんが仕上げに使っていたくらいなので、色落ちやシミの心配はほとんどありません。 柔軟剤代わりに使って生乾きの臭い防止に 洗濯物が乾きにくい季節になると、いやな生乾きの臭いが気になりますね。 そんな時は、ミョウバン水を柔軟剤として使ってみましょう。 優れたデオドランド効果で、あのイヤな匂いを防いでくれます。 酸性のミョウバン水には、アルカリ性の衣料用洗剤を中和して洗濯物をふわっと仕上げてくれる効果もあります。 きつい匂いがいやで柔軟剤を使わないけれど、タオルをふわふわに仕上げたいという人は試す価値ありです! 他にもこんな使い方が!• 生ごみの消臭に• 子供やペットが粗相した時の消臭に• ふきんやまな板の殺菌消臭に• デオドランドスプレーとして脇や足に 肌めちゃくちゃ弱くて、どんな制汗剤やクリームでもワキがすごい荒れちゃうんだけど、ミョウバン水に溶かしたやつスプレーでしゅっしゅしたら臭いほんとしないし荒れないからおすすめよ。

次の