楽天 開幕スタメン。 楽天の開幕スタメンは?――2020年プロ野球12球団開幕スタメン予想【編集部フォーカス】

【プロ野球2020東北楽天開幕戦】スタメン予想!生中継・見逃し配信動画を無料視聴する方法!

楽天 開幕スタメン

千葉ロッテの開幕スタメン2020予想 千葉ロッテマリーンズは2019年シーズンから大きな戦力ダウンもなく、逆にシーズンオフには着実に補強できたといえるでしょう。 最も目立ったところでは鈴木大地選手が東北楽天ゴールデンイーグルスにFA移籍してしまい、抜けた穴をどうするかが注目されましたがFAで福岡ソフトバンクホークスから福田秀平外野手を獲得しています。 スタメン・オーダーは2019年シーズンと大きく異なるということはありませんが、戦力は確実にアップしており昨シーズン以上の躍進が期待されるスタメン・オーダーとなっています。 千葉ロッテマリーンズの開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。 千葉ロッテマリーンズ開幕スタメン2020予想 1番 中 荻野貴司(率. 315 10本 46打点) 2番 左 福田秀平(率. 259 9本 26打点) 3番 二 中村奨吾(率. 232 17本 59打点) 4番 一 井上晴哉(率. 252 24本 65打点) 5番 指 角中勝也(率. 252 8本 48打点) 6番 三 レアード(率. 248 32本 89打点) 7番 右 マーティン(率. 232 14本 39打点) 8番 捕 田村龍弘(率. 243 3本 31打点) 9番 遊 藤岡裕大(率. 264 2本 21打点) 千葉ロッテの開幕投手2020予想 千葉ロッテマリーンズの開幕投手は、 美馬学投手とすでに発表されています。 2019年シーズンの千葉ロッテマリーンズの投手陣の成績を見てみると、二ケタ勝利を挙げた投手はなく最多が石川歩投手と種市篤暉投手の8勝です。 開幕投手に決まった美馬学投手も同じく8勝ですが、実績と安定感から開幕投手に抜擢されたものと推測します。 追記:美馬学投手がコンディション不良のため、 千葉ロッテマリーンズの開幕投手は、石川歩投手に変更となりました。 スポンサーリンク 千葉ロッテの先発ローテーション2020予想 続いて、千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション2020予想です。 上述したように千葉ロッテマリーンズには2019年シーズンに二ケタ勝利を挙げた投手はなく、絶対的なエースがいないのは痛いところです。 こちらの記事も合わせてどうぞ! したがって、2019年シーズンの成績や過去の実績から考えると、千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション2020は以下のようになると予想します。 64)、小島和哉(3勝5敗 防御率 4. 31) その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補 佐々木千隼(2勝1敗 防御率 2. 53) 有吉優樹(0勝2敗 防御率 13. 5) 佐々木郎希(ドラフト1位) 千葉ロッテの2020年の戦力分析とシーズン展望 千葉ロッテマリーンズの戦力分析をまず投手陣から見ていきたいと思います。 投手陣に決め手となるような絶対的なエースはいませんが、シーズン通して先発ローテーションを守れる美馬学投手を獲得できたのは大きく、これにもう1枚二桁勝てる投手が出てくればかなりの脅威となるのではないでしょうか。 しかし、層が厚いとはいえず故障者が出た場合にはやはり不安は残ります。 一方、攻撃陣はレギュラー陣の移籍も少なくチーム力は確実に底上げしているとは思いますが、2019年以上の成績を残すならば、なお一層の奮起が期待されます。 特に3番の中村奨吾選手、5番の角中勝也選手、7番のマーティン選手あたりの活躍がチーム浮沈のカギを握っているように思います。 伸びてきた若手選手たちが勢いに乗ればパ・リーグの台風の目になる可能性を秘めているといってもいいでしょう。 千葉ロッテの中継ぎ投手2020 クローザー 益田直也 中継ぎ 唐川侑己、東條大樹、東條勇輔、内竜也、松永昂大、ハーマン、ジャクソン 千葉ロッテの新戦力2020 美馬学(投手)(8勝5敗 防御率4. 千葉ロッテマリーンズの2020年シーズンは、投手陣の安定と若手選手の飛躍がチーム浮沈のカギで、勢いに乗ればおもしろい存在になるでしょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

【プロ野球2020東北楽天開幕戦】スタメン予想!生中継・見逃し配信動画を無料視聴する方法!

楽天 開幕スタメン

楽天スタメン予想2020! 今回は 2020シーズンの楽天イーグルスのスタメンオーダーから開幕投手と先発ローテを予想してみました。 2019年は3位につけた楽天。 FA加入の浅村選手や、助っ人のブラッシュ選手を中心に破壊力ある打線が光りました。 一方で先発陣は則本投手や岸投手らエース格の投手たちが怪我にも苦しみ不本意なシーズンとなりましたね。 さらに、2018年途中からチームを立て直した平石監督が退団し、フロントも一掃。 キャプテンシー溢れる捕手の嶋選手の退団や福山投手の戦力外、美馬投手のFAなど2020年の楽天は大きく変わるのでは? それでは、2020年のスタメンオーダーを予想していきます! スポンサーリンク 目次• 【2020年版】楽天スタメンオーダー予想• 1番:辰己涼介(中)• 2番:茂木栄五郎(遊)• 3番:浅村栄斗(二)• 4番:ブラッシュ(右)• 5番:銀次(指)• 6番:鈴木大地(一)• 7番:島内宏明(左)• 8番:ウィーラー(三)• 9番:太田光(捕) 中心選手は2019年と大きく変わらない見通しです。 嶋選手が退団したものの、ここ数年干されていましたし若手の太田選手や足立選手が経験を積んでいますから大きなマイナス要因はないでしょう。 足とスピードのある辰己選手を1番に固定するか、積極性のある茂木選手を1番に起用するか。 三木新監督はどのような采配をするのか楽しみですね。 鈴木大地選手は内野手ならどのポジションでもこなせますが、2019年は一塁手での起用が多かったため、守備に不安のある銀次選手を指名打者にしてみました。 鈴木選手をどのポジションに置くか? これも注目の采配ですね! 【2020年版】楽天の開幕投手は則本!開幕ローテも予想 楽天の 2020年の開幕投手は則本昂大投手と予想します。 則本昂投手は2019年、キャンプで怪我をし開幕から大幅に手遅れ、5勝止まりと不本意なシーズンに終わりました。 また、5年連続獲得中だった奪三振王のタイトルも逃しましたから、2020年は再び熱い思いでマウンドに立ち続けることでしょう。 エースとして、気迫あふれる投球でチームを勝利に導きます! 楽天の2020年開幕ローテはこちら• 82 と二桁勝利を挙げた投手はいませんでしたね。 また、先発ローテの一角だった美馬投手がFAでロッテに移籍するなど貴重な戦力が流出しました。 しかし、実績十分の則本投手と岸投手のダブルエースを軸に2019年に活躍した辛島投手や弓削投手、復活を目指す塩見投手など実力のある左腕も多く 新天地で輝きを取り戻したい福井投手や由規投手からも目が離せませんね。 確定ポジションとポジション争い 2020年の楽天で確定されたポジションはこちら• セカンド:浅村• ショート:茂木• レフト:島内• センター:辰己• ライト:ブラッシュ 浅村選手、茂木選手の二遊間はもちろんレフトの島内選手、ライトのブラッシュ選手は打線の中心ですから 2020年もレギュラーは確実でしょう! 辰己選手もルーキーながら印象的な活躍を見せましたから、レギュラー濃厚と言えます。 オコエ選手や田中和基選手もいますから、外野手は層が暑いですね。 2020年ポジション争いになりそうなのがこちら• キャッチャー:太田光と足立• ファースト:鈴木大地と銀次• サード:ウィーラーと鈴木大地 正捕手争いは、太田選手と足立選手が筆頭ですが、會澤が加われば正捕手確実。 第2捕手争いが激しくなるでしょう。 スタメン予想で記述した通り、鈴木選手は内野手の全ポジションこなせるので銀次選手やウィーラー選手を指名打者に起用し、複数のポジションを守ることになると考えられますね。 2019年のCSを戦ったメンバーを軸に、新加入選手によってポジション争いが発生するということです。 1番:辰己涼介(中)• 2番:茂木栄五郎(遊)• 3番:浅村栄斗(二)• 4番:ブラッシュ(右)• 5番:銀次(指)• 6番:鈴木大地(一)• 7番:島内宏明(左)• 8番:ウィーラー(三)• 9番:太田光(捕) で、開幕投手は則本昂投手と予想。 ドラフトでは社会人ナンバーワン内野手の小深田選手を獲得するなど即戦力野手を多く獲得しました。 また、鈴木選手FA獲得で野手陣は超強力で層の厚いチームになるでしょう。 一方で、美馬投手が抜けて先発陣は大変でしょうね。 石井一久GMは継投策を好むタイプなので、2020年もリリーフ陣は苦労するかと思いますが三木新監督がどんな采配を揮うのか今から楽しみです! スポンサーリンク•

次の

【楽天】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

楽天 開幕スタメン

いよいよ6月19日に開幕を迎えるプロ野球。 新型コロナウイルスの影響で公式戦日程を再編成した今シーズンは、例年以上の注目が集まっており、多くのプロ野球ファンが開幕を待ちわびていることだろう。 そこで今回は、開幕に先立って、同年のチームの基本オーダーとなることも多い開幕スタメンを予想していきたい。 第9回は、昨シーズンのパ・リーグ3位、楽天だ。 楽天の開幕スタメン予想 注目は2人の新戦力ではないだろうか。 まずは、千葉ロッテからFA移籍で加入した鈴木大地だ。 優れたキャプテンシーと、堅実なプレーには定評があり、ユーティリティー性も兼ね備える。 内野の全ポジション、外野でも出場経験のある鈴木だが、楽天では三塁での起用が濃厚だ。 練習試合では様々な打順を打っているが、状況に応じた打撃ができる器用さから、2番を予想する。 もう一人は、オリックスから加入したステフェン・ロメロ。 昨シーズンはけがの影響もあり、81試合の出場となったが、高い打力を見せた。 過去のシーズンを踏まえると、けがの心配はあるが、ロメロが下位にいる打線は、相手チームの脅威となり得る。 1番には茂木栄五郎、3番に島内宏明、昨シーズンの3・4番、浅村栄斗、ジャバリ・ブラッシュを4・5番とし、新クリーンアップを形成。 6番には打撃職人・銀次を置いた。 山下斐紹との一騎討ちの様相となっている捕手には、2018年のドラ2・太田光、山粼幹史らもいる中堅には、2018年のドラ1・辰己涼介を起用し、それぞれ8・9番とした。 オフには大型補強を行った楽天。 その戦力層から下馬評も高く、三木新監督の下、7年ぶりの優勝を狙う。

次の