国境 なき 医師 団 ボールペン。 国境なき医師団の実態は?活動内容と寄付の使い道を、5分でチェック

「国境なき医師団」日本・久留宮隆会長に聞く:援助する側の先進諸国で感染拡大、新型コロナとの戦い

国境 なき 医師 団 ボールペン

>それともスポンサーみたいなものがあるのでしょうか? スポンサー企業ではありませんが、協力企業は存在します。 質問者さまは、クレジットカードをお持ちでしようか? クレジットカード会社は、会員名簿をDMとして使用します。 カード規約にも、そのような記載があります。 一度でもカードを利用すれば、この規約に合意した事になります。 日本ユニセフ協会関係のDMには「住所・氏名を印刷した複数のシールが同封」していたので、最初は私も(質問者さま同様)疑問に思いましたね。 クレジットカード会社の手紙も入っていませんでしたからね。 ただ、日本ユニセフ協会の公式説明では「宛て名については、電話帳やダイレクトメールを取り扱う会社の各種名簿を基に送付している」ようです。 10年程前は「某バックパッカー向け旅行雑誌の読者名簿」を流用した事を認めました。 (東京新聞) 2006年度は、この日本ユニセフ協会からのDM問題が消費生活センターで大問題になっています。 まだ、懲りていないようです。 日本ユニセフ協会のHPにアクセスしたのは、拙かったですね。 日本ユニセフ協会は「国際連合児童基金(UNISEFF)とは100%無関係な純粋な民間団体」で、役員の大半は「天下り」です。 国際連合児童基金(UNISEFF)が直接任命している「ユニセフ親善大使」は国内では黒柳徹子だけで、ユニセフ東京事務所が直接活動をサポートしています。 日本ユニセフ協会が任命した「ユニセフ国内委員大使」はアグネスチャンで、国際連合児童基金(UNISEFF)が承認しています。 アグネスチャンの活動サポートは、全て日本ユニセフ協会が行ないます。 「ユニセフ」という名前で、騙されない事が重要です。 日本ユニセフ協会と国際連合児童基金は、全くの別組織である事を理解する必要があるのですが、同じだと思っている方が多いのですよね。 募金で集めた儲けのうち、最大25%を利益として確保し、残り75%を国際連合児童基金に寄付する定款を作れば良いのです。 事実、日本ユニセフ協会に寄付した寄付金も、25%前後が協会の収入になっています。 財団法人格ですから、税金も優遇されています。 貴重な情報ありがとうございます。 なるほど確かにクレジットカードの会員名簿が使われているとしたら 協力企業と言えますね。 日本ユニセフ協会の集めたお金の75%以上が国際連合児童基金 に行くことを 考えたら、募金に対する考え方は根本的な部分でどちらも同じだなという印象です。 「国際連合児童基金(UNISEFF)とは100%無関係な純粋な民間団体」 んーたぶんそいう言う風にみんなが考えてくれた方が都合は良いでしょうね。 団体は違えど募金活動の一部は共同作業で、DMというやり方はやはり賛同できないです。 国境なき医師団についても同じです。 財団法人日本ユニセフ協会とユニセフ(国際連合児童基金)が違うことを知りませんでした。 確かにダイレクトメールは財団法人日本ユニセフ協会がおこなっているみたいですね。 しかしwikiに目を通した限りでは募金額の少なくとも75%はユニセフ(国際連合児童基金)に 流れている点、協力協定を結んでいる点でむしろ関係は深いなぁと感じました。 募金で集めた額の25%以内を自らの協会活動費にあてるというのが興味深いです・・ 「2007年度、日本ユニセフ協会は176億5671万円を集め81%をユニセフ本部に拠出・・」 とあります。 A ベストアンサー 日中に一度補足を見たんですが時間が無くて返信出来ずにいました。 一応見て覚えてる限りでお話すると、5個ぐらいのアドレスを書いていただいてた様に思うのですが、 内2個はmixiやgreeの似て非なるアドレスになってたと思います。 これに関しては先に書いた@をつける方法で回避できると思います。 ステップ4の受信設定内にあるBOXにあるmixi. jpやgree. jpを mixi. jp、 gree. jpにそれぞれ変えればOKです。 cololo. jpみたいな感じのドメインがあったのを覚えています。 この様なドメインに似た正当なドメインからのメールを受信してるかどうかはわかりませんが、一応ステップ4に似たドメインが指定されてないか確認してみてください。 まぁ、念のためにステップ4内のBOXに記入するドメインには全て@をつける方が確かだとは思います。 それでも迷惑メールが来る。 という事であれば、実物の詳細な設定を確認しないとこれ以上のアドバイスが出来ませんので、ショップに持って行き、相談する事をオススメします。 その際、この教えてgooは携帯からでもアクセス出来ますので、このページを提示して相談すると話が早いかも知れません。 迷惑メールは鬱陶しいので解決になる事、願ってます。 日中に一度補足を見たんですが時間が無くて返信出来ずにいました。 一応見て覚えてる限りでお話すると、5個ぐらいのアドレスを書いていただいてた様に思うのですが、 内2個はmixiやgreeの似て非なるアドレスになってたと思います。...

次の

国境なき医師団からボールペンが送付されてきた 郵便物(DM)送付にはお金もかかるのに。。不思議|気楽なアーリーリタイアメントを目指して

国境 なき 医師 団 ボールペン

>それともスポンサーみたいなものがあるのでしょうか? スポンサー企業ではありませんが、協力企業は存在します。 質問者さまは、クレジットカードをお持ちでしようか? クレジットカード会社は、会員名簿をDMとして使用します。 カード規約にも、そのような記載があります。 一度でもカードを利用すれば、この規約に合意した事になります。 日本ユニセフ協会関係のDMには「住所・氏名を印刷した複数のシールが同封」していたので、最初は私も(質問者さま同様)疑問に思いましたね。 クレジットカード会社の手紙も入っていませんでしたからね。 ただ、日本ユニセフ協会の公式説明では「宛て名については、電話帳やダイレクトメールを取り扱う会社の各種名簿を基に送付している」ようです。 10年程前は「某バックパッカー向け旅行雑誌の読者名簿」を流用した事を認めました。 (東京新聞) 2006年度は、この日本ユニセフ協会からのDM問題が消費生活センターで大問題になっています。 まだ、懲りていないようです。 日本ユニセフ協会のHPにアクセスしたのは、拙かったですね。 日本ユニセフ協会は「国際連合児童基金(UNISEFF)とは100%無関係な純粋な民間団体」で、役員の大半は「天下り」です。 国際連合児童基金(UNISEFF)が直接任命している「ユニセフ親善大使」は国内では黒柳徹子だけで、ユニセフ東京事務所が直接活動をサポートしています。 日本ユニセフ協会が任命した「ユニセフ国内委員大使」はアグネスチャンで、国際連合児童基金(UNISEFF)が承認しています。 アグネスチャンの活動サポートは、全て日本ユニセフ協会が行ないます。 「ユニセフ」という名前で、騙されない事が重要です。 日本ユニセフ協会と国際連合児童基金は、全くの別組織である事を理解する必要があるのですが、同じだと思っている方が多いのですよね。 募金で集めた儲けのうち、最大25%を利益として確保し、残り75%を国際連合児童基金に寄付する定款を作れば良いのです。 事実、日本ユニセフ協会に寄付した寄付金も、25%前後が協会の収入になっています。 財団法人格ですから、税金も優遇されています。 貴重な情報ありがとうございます。 なるほど確かにクレジットカードの会員名簿が使われているとしたら 協力企業と言えますね。 日本ユニセフ協会の集めたお金の75%以上が国際連合児童基金 に行くことを 考えたら、募金に対する考え方は根本的な部分でどちらも同じだなという印象です。 「国際連合児童基金(UNISEFF)とは100%無関係な純粋な民間団体」 んーたぶんそいう言う風にみんなが考えてくれた方が都合は良いでしょうね。 団体は違えど募金活動の一部は共同作業で、DMというやり方はやはり賛同できないです。 国境なき医師団についても同じです。 財団法人日本ユニセフ協会とユニセフ(国際連合児童基金)が違うことを知りませんでした。 確かにダイレクトメールは財団法人日本ユニセフ協会がおこなっているみたいですね。 しかしwikiに目を通した限りでは募金額の少なくとも75%はユニセフ(国際連合児童基金)に 流れている点、協力協定を結んでいる点でむしろ関係は深いなぁと感じました。 募金で集めた額の25%以内を自らの協会活動費にあてるというのが興味深いです・・ 「2007年度、日本ユニセフ協会は176億5671万円を集め81%をユニセフ本部に拠出・・」 とあります。 A ベストアンサー 日中に一度補足を見たんですが時間が無くて返信出来ずにいました。 一応見て覚えてる限りでお話すると、5個ぐらいのアドレスを書いていただいてた様に思うのですが、 内2個はmixiやgreeの似て非なるアドレスになってたと思います。 これに関しては先に書いた@をつける方法で回避できると思います。 ステップ4の受信設定内にあるBOXにあるmixi. jpやgree. jpを mixi. jp、 gree. jpにそれぞれ変えればOKです。 cololo. jpみたいな感じのドメインがあったのを覚えています。 この様なドメインに似た正当なドメインからのメールを受信してるかどうかはわかりませんが、一応ステップ4に似たドメインが指定されてないか確認してみてください。 まぁ、念のためにステップ4内のBOXに記入するドメインには全て@をつける方が確かだとは思います。 それでも迷惑メールが来る。 という事であれば、実物の詳細な設定を確認しないとこれ以上のアドバイスが出来ませんので、ショップに持って行き、相談する事をオススメします。 その際、この教えてgooは携帯からでもアクセス出来ますので、このページを提示して相談すると話が早いかも知れません。 迷惑メールは鬱陶しいので解決になる事、願ってます。 日中に一度補足を見たんですが時間が無くて返信出来ずにいました。 一応見て覚えてる限りでお話すると、5個ぐらいのアドレスを書いていただいてた様に思うのですが、 内2個はmixiやgreeの似て非なるアドレスになってたと思います。...

次の

「国境なき医師団」に関するQ&A

国境 なき 医師 団 ボールペン

この記事は国境なき医師団の海外での医療活動に異を唱えるものではありません。 国境なき医師団から本日届いたボールペン付きのダイレクトメール(DM について、強い違和感、不信感を覚えたので、その点について書きます。 届いたDMは下記。 小児科医師の手書きのサインのある、ボールペン付きの挨拶文と、チラシ、ポストカード、払込取扱票とクレジットカード寄付の申込書などであるが、払込取扱票にはすでに私の氏名と住所が印字されています。 まず最初に不審と感じたことは、私の氏名と住所をどこで知りえたのか?という点。 国境なき医師団のWebページ「」には Q:ダイレクトメールの個人情報はどこから入手したのですか。 A:ダイレクトメールを取り扱う会社の名簿を元にお送りしております。 ダイレクトメールを取り扱う会社? ダイレクトメールを取り扱う会社と言っても、封入物の作成から封入・郵便局への持ち込みまでしてくれる会社は数多くあります。 過去にはそういった会社も独自に収集した様々な属性別の各種名簿データを持っており、クライアントの要望(職業、年齢層、エリア、性別、高額所得者など)にあわせてDMに使用していました。 しかし、個人情報ダダ漏れ時代の過去はそれが受け入れられていましたが、現在ではそういった名簿を使用すると「いったいどこから私の住所・氏名を知りえたのか?」という不信感を持たれるようになり、最近では名指しで来る単独のDMはめっきり減少しています。 そのためDMを送付したい業者は、例えば定期的に郵便物を発信するクレジットカード会社などに料金を払って請求書など同封するとか、DMをあきらめてポストインをするといった手段が増えています。 次に、クレジットカードでの申込書として、カード情報を用紙に書いて返信用封筒で返信させるか、FAXで送信させる方法をとっている点。 残念で、呆れてしまいます。 カード情報を紙に書くという時点でダメでしょう。 その用紙を見ると、カード会社名、カード番号、名義人、有効期限、電話番号を書く欄があります。 (さすがにセキュリティコードの記入欄までは無かったですが) カード会社名と、電話番号は決済には不要なはずですが、さらにそれを普通の返信用封筒で送らせるとかFAXで送信させるのもリスクがあります。 この申込書のカード情報を国境なき医師団の事務局(寄付管理データセンター)が、本人不在決済をするわけですよね? この用紙をもとに、事務局が正しく希望した金額を守り、1回限りのカード決済をするとしても、その後申込用紙溶解処分とかしてくれるのでしょうか? 用紙が複写されたり、持ち出されたり、盗難に遭ったらどうするのでしょうか? その他の寄付(募金)方法として、 ・郵便局から払込取扱票を使う ・インターネットでのカード決済 ・電話での寄付(カード情報を電話で伝える) などがありますが、カード情報を電話で伝えるというのも疑問です。 実際、電話でカード情報を口頭で伝えるという方法は、DELLでありました。 バッテリーなどをサポートから買った際、カード決済を希望すると、サポートに電話でカード情報を言うという手段が使われていますが、電話でカード情報を伝えるのは勇気がいるものです。 話を戻しますが、国境なき医師団の募金DMに関しては、個人情報の取得方法に問題があり、かつ非常識な(カード情報の郵送などの)募金方法があるせいで、問題のないであろうその他の募金方法まで不安になってしまいます。 これら寄付の募集活動に関しては個人情報の取得方法といい、カード情報を用紙に書かせて返信させる方法といい、あまりにも世間の常識と乖離しています。 学校の先生が閉鎖的な社会で世間知らずになることはよく聞く話ですが、まさか医師団もですか? せっかく崇高な、尊い医療支援活動をされているのですから、事務方も個人情報の取得方法や、募金方法を改善いただきたいと思った次第です。

次の