マイ ジャグラー 3。 【マイジャグラー3】勝ち続けるための立ち回り方法|設定6を掴んで離さない!各設定の挙動を完全網羅

【マイジャグラー3】勝ち続けるための立ち回り方法|設定6を掴んで離さない!各設定の挙動を完全網羅

マイ ジャグラー 3

コンテンツ• 5 96. 1 99. 7 101. 9 104. 1 107. 5 111. 大きく公表値と異なる結果が出てきました。 公表値が正しいかにわかには信じがたいデータですが数字から考察をしてみましょう。 -スポンサーリンク- 目次 ・設定1がエグイ・・・ 設定1の機械割がエグイ部分が際だっています。 マイジャグラー3に限った話ではありませんが、ジャグラーの設定1はかなり利益がでます。 しかし、あまりにも利益が出るためよほど高稼働のお店ではないと継続して利用される事は ありませんし、セオリーとして設定1はなるべく使わないとされています。 最初は累計回転数が少ないデータも混じっているのでその影響かと思いましたが 3,000回転以上回っているデータのみ利用してもほとんど変わりませんでした。 ちなみに設定1と判定されたデータのみでも11,533,574回転分のデータ量があります。 ここで重要な事は、設定1でも機械割が96. 4時間打つと2万円負けているかもしれませんね。 みなさんも不思議に思った事がありませんか? ・ 公表されている機械割より負ける気がする・・・ ・ 全然遊べないんだけど・・・ そうなんです。 公表値はあてにしてはいけません。 また、打ち続ければ96. 6%に収束するから・・・とおっしゃる方もいますが 少なくとも11,533,574回転では収束しないという事ですね。 この辺りは考えてもメーカーの人しかわかりませんので考える事が無意味ですが 身を守るために大事な事は、設定1は実際に辛いデータが出ているとの事を忘れないようにしましょう。 ・高設定域のデータに注目 高設定域のデータですが、特に設定6は優秀ですね。 1日打てば普通にレンジで4,000枚を 超える事は専業の方ならご存知かと思います。 また、よっぽど強いイベント以外、設定6なんてありませんよね。 本当に設定6を打った場合は、明らかに違和感があるレベルですね。 使う事を知っている場合は別ですが、通常の営業ではまず使いませんので ノーイベントの日に夢を持つ事はやめましょう。 合算が良かったとしても中間設定か設定2あたりの上振れで今から補正されるだろう と考えた方が無難です。 データの集計上、ボーナス確率が下振れした場合は下位の設定に判定されるため、確かに 下振れのデータは含まれない事もあると思いますが、公表値を下回る事がない点です。 公表値より確率が良いからと言って過度な期待を持つ事はやめましょう。

次の

マイジャグラー3

マイ ジャグラー 3

5 95. 1 97. 7 99. 9 102. 1 105. 5 109. ボーナス割合 設定 BIG REG 設定1 60. 中・右リールは適当打ち。 ボーナス中 BIG中は完全適当押しで良し。 REG中は中・右リールから停止すると小役を取りこぼす可能性がある為、必ず左リールから止める(押し位置は適当で良し)。 誤って中・右リールから止めてしまった場合は、左リールにチェリーを狙えば良し。 ボーナス当選契機 小役重複当選 角チェリー重複 重複率 BIG出現率 REG出現率 設定1 5. 6 設定2 5. 3 設定3 5. 3 設定4 5. 0 設定5 6. 8 設定6 6. 37 設定判別要素 小役確率 ぶどう・角チェリーに設定差がある。 23 ボーナス確率 設定差が存在するのは、単独BIG・REG、角チェリー重複BIG・REG。 単独REG確率に比較的大きい設定差が存在するので、特にこの確率を重要視したい。 32 朝一ガックン 設定変更後の1G目はリールがブレるので、ガックンチェックは有効。 ただし、リールの停止位置によって判断が難しいケースもあるので注意。 優先制御 ボーナス優先制御 ぶどう抜き方法 ぶどう確率算出ツール マイジャグラー3のぶどう確率を『総ゲーム数』、『ビッグ回数』、『レギュラー回数』、『差枚数』から逆算できる。 5 25. 1 27. 7 28. 9 30. 1 31. 5 34.

次の

マイジャグラー3 実機ボーナス確率と公表値の差を暴露 9,459台の実機データから解析した真実|正しい台選びでジャグラーを攻略!

マイ ジャグラー 3

Contents• 5 95. 1 97. 7 99. 9 102. 1 105. 5 109. 低設定と設定6を比べるのであれば、BIG確率も決して無視できないくらいの設定差がありますが、やはり注目すべきはREG確率で間違いありません。 特に大きい設定差が設けられているのが 「単独REG」ですので、通常時のチェリーフォローは確実に行い、単独REGなのかチェリー重複なのかの区別ができるようにしておきましょう。 1番使いやすい見せ台 マイジャグラー3は設定6の出玉率が突出しています。 そして波も穏やかなので十中八九、客側が勝つことが可能な設定です。 そのため、私がホール側の人間であれば、設定6なんか普段は使いません。 1~6の選択肢で考えるのと1~5の選択肢で考えるのは全くの別物であり、前者の場合は5が選ばれる可能性もありますが、後者の場合は5も選ばれにくくなるのではないでしょうか あくまで私の考えです。 そういう意味でも 『設定4の何台に1台が、設定6っぽく化けるのか』などにも注目して、データを見てほしいと思います。 中には半分の5回というデータも複数あるので、なかなかの暴れっぷりが伺えます。 試行回数が少なく、トータルのREG数がヒキ弱の数値になってしまいましたが、その分BIGが少し引けているので差枚については問題ないでしょう。 3000G回して平均で300枚のプラスですから、 狙うべきは5以上にするべきですね。 フェイク台 6番と12番がREG数が突出しているのもあり、飛びついてしまいそうな数値です。 特に6番は合算もとびっきりの数値を叩き出しているので、空いてたら迷わず打ってしまいますね。 ちなみにREG確率でいうと、3000Gで14回引けているのであれば設定6の確率を上回っているので、それを基準に考えると30台中5台という結果が得られました。 5回に2回程度の確率で負ける 絶対値の大きさは無視するとして、30回の3000Gのデータで18回がプラス領域、残りの12回が負け領域です。 確率にすると40%でマイナスに転じているということがわかります。 いくら長い目で見ればプラスになるとは言っても勝率にして60%で、なおかつ額も微々たるものですから、 勝ちを拾うには設定5以上に絞った方がいいでしょう。 最後に マイジャグラー3の設定4は、打ち続ければそれだけプラスになっていく台ではありますが、安定して勝っていくのが難しそうです。 しかも設定4を良しとしてしまうと設定3なんかも拾ってしまう可能性が高くなるので、そこのボーダーは徹底して守るようにした方がいいと思います。 設定6であればかなり突出しているので、「設定5か6」と言い切れる状況になることがほとんどではないでしょうか。 「設定4はありそうという状況で、実は6だった」という展開は本当に稀です。 確信できない設定4は捨てるという判断もアリだと思いますよ。

次の