チンゲン 菜 冷凍。 チンゲンサイ(青梗菜)の選び方と保存、茹で方と料理:旬の野菜百科

チンゲンサイの保存方法

チンゲン 菜 冷凍

スポンサーリンク 「新鮮で美味しいチンゲン菜を見分けたい!」 「チンゲン菜を長く保存する方法を知りたい!」 今回は、このような方にオススメの記事となっています。 チンゲン菜は、日本と中国が国交を回復した1970年代頃に普及し始めた野菜です。 比較的、新しく入ってきた野菜にもかかわらず、今となっては、1年を通してスーパーなどで見かけるようになりました。 アクが無く、クセのない味わいや食感が、日本人の味覚にマッチした結果なのかもしれません。 そんなチンゲン菜を、より美味しくいただくためには・・・ 新鮮なものを選び、正しく 保存することが大切です。 チンゲン菜をはじめ、葉物野菜は鮮度が落ちやすいので、気をつける必要があります。 今回は、新鮮で美味しいチンゲン菜の 選び方と、 保存方法を紹介します。 チンゲン菜の美味しさや栄養をキープするために、ぜひ覚えておきましょう! もくじ• 新鮮なチンゲン菜を選ぶポイントは? 新鮮なチンゲン菜を選ぶときは、 「葉」「茎」「根」の3点を確認しましょう。 それぞれ、確認したいポイントをまとめています。 お店に買いに行く前に、ぜひチェックしておきましょう! 葉の色が、淡い緑色をしていること まずは、チンゲン菜の葉の色を確認しましょう。 葉の色が、 淡い緑色をしているものが狙い目です。 野菜に関しては、色の濃いもののほうが、基本的には栄養豊富なのですが・・・ チンゲン菜の場合は、緑色が濃すぎると、成長しすぎていて、アクが強く出る可能性があります。 濃すぎず、薄すぎず、淡い緑色をしたものを選びましょう。 また、葉が 肉厚で ハリがあるものは、甘みが強く美味しいといわれています。 茎が短く、太いこと チンゲン菜の茎で確認したいのは、長さと太さです。 茎が 短くて、 太く幅広いものが狙い目です。 また、みずみずしくてハリのあるものは、新鮮な証です。 水分が抜けていたり、変色しているものは、鮮度が落ちているので気を付けましょう。 根元が太く、どっしりとしていること チンゲン菜の、根元のお尻の部分をチェックしましょう。 なるべく 太く、どっしりとしているものは、元気に育っている証です。 根元からたくさん茎や葉が 密集しているものを選びましょう。 また、切り口が乾燥していたり、変色しているものは鮮度が落ちているので注意です。 チンゲン菜の保存方法!長持ちさせるには・・・ スポンサーリンク 新鮮なチンゲン菜を手に入れたとしても、正しく保存しないと、あっという間に 鮮度が落ちてしまいます。 新鮮で美味しいチンゲン菜を召し上がるためには、選び方と合わせて、 保存方法にも気を配る必要があります。 ここでは、チンゲン菜の鮮度を長くキープするための保存方法を紹介します。 チンゲン菜の保存は、冷蔵庫の野菜室で! チンゲン菜を保存するときは、冷蔵庫の 野菜室が基本です。 保存の際は、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などで包みます。 その後、ビニール袋に入れて保管しましょう。 こうすることで、チンゲン菜を乾燥から防ぐことができます。 また、チンゲン菜を保管するときは、葉を上にして、 立てて保存しましょう。 生育していたときと同じ姿勢にすると、ストレスが減り、鮮度が落ちにくいです。 チンゲン菜がうまく立たないときは、ペットボトルや牛乳パックなどを切って、ペン立てのように使うのも手です。 私は、小さなブックスタンドを冷蔵庫に入れて立たせています。 見た目もスッキリするので、オススメです。 これらの工夫によって長く保存することはできますが、葉物野菜はもともとが傷みやすい食材です。 3~5以内を目安に、なるべく早く使い切りましょう。 カット済みのチンゲン菜の保存は? カット済みのチンゲン菜は、保存用の容器に入れて、冷蔵庫の 野菜室に入れましょう。 ただし、切り口から傷んできますので、日持ちはしません。 なるべく1~2日以内に食べきるようにしましょう。 チンゲン菜を冷凍保存するときのポイント チンゲン菜を長く保存したいときは、 冷凍保存がおすすめです。 生のまま冷凍することもできますし、茹でた後に冷凍することもできます。 生のまま冷凍保存 生のまま冷凍保存するときは、あらかじめ好きな大きさにカットし、水分を拭き取ります。 これを、なるべく空気が入らないように冷凍パックに詰めて、冷凍庫に入れます。 使うときは、凍ったまま、炒め物や煮込み料理に使いましょう。 だいたい1ヶ月程度は保存することができます。 茹でた後に冷凍保存 チンゲン菜を茹でてから冷凍すると、解凍後に形が崩れにくくなります。 少し手間がかかりますが、食感を良くしたいときは、茹でてから冷凍するのがおすすめです。 なお、茹でるときは、 固めにサッと茹でましょう。 あまり長く茹でてしまうと、解凍したときにベチャベチャになってしまいます。 沸騰したお湯に、だいたい10~20秒くらいで、サッと固茹でしましょう。 あとは、食べやすいサイズにカットして、水気を拭き取ります。 これを冷凍パックに詰めて、冷凍庫で保管するだけです。 まとめ 今回は、新鮮なチンゲン菜の選び方と保存方法について紹介しました。 チンゲン菜を選ぶときは、葉、茎、根の3点に注目しましょう。 色が淡い緑色で、根元が太くどっしりしており、背丈が短いものがおすすめです。 また、保存の際は、乾燥しないように新聞紙などで包んでから、野菜室に入れます。 長期保存したいときは、冷凍保存も可能です。 チンゲン菜は、クセがなく、さまざまな料理に使えます。 また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。 新鮮な状態で食べることで、栄養たっぷり、美味しく召し上がることが出来ます。 チンゲン菜を選ぶときや保存する際は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください! チンゲン菜が気になるあなたへ。 こちらもおすすめです。

次の

チンゲンサイ(青梗菜)の選び方と保存、茹で方と料理:旬の野菜百科

チンゲン 菜 冷凍

スポンサーリンク 「新鮮で美味しいチンゲン菜を見分けたい!」 「チンゲン菜を長く保存する方法を知りたい!」 今回は、このような方にオススメの記事となっています。 チンゲン菜は、日本と中国が国交を回復した1970年代頃に普及し始めた野菜です。 比較的、新しく入ってきた野菜にもかかわらず、今となっては、1年を通してスーパーなどで見かけるようになりました。 アクが無く、クセのない味わいや食感が、日本人の味覚にマッチした結果なのかもしれません。 そんなチンゲン菜を、より美味しくいただくためには・・・ 新鮮なものを選び、正しく 保存することが大切です。 チンゲン菜をはじめ、葉物野菜は鮮度が落ちやすいので、気をつける必要があります。 今回は、新鮮で美味しいチンゲン菜の 選び方と、 保存方法を紹介します。 チンゲン菜の美味しさや栄養をキープするために、ぜひ覚えておきましょう! もくじ• 新鮮なチンゲン菜を選ぶポイントは? 新鮮なチンゲン菜を選ぶときは、 「葉」「茎」「根」の3点を確認しましょう。 それぞれ、確認したいポイントをまとめています。 お店に買いに行く前に、ぜひチェックしておきましょう! 葉の色が、淡い緑色をしていること まずは、チンゲン菜の葉の色を確認しましょう。 葉の色が、 淡い緑色をしているものが狙い目です。 野菜に関しては、色の濃いもののほうが、基本的には栄養豊富なのですが・・・ チンゲン菜の場合は、緑色が濃すぎると、成長しすぎていて、アクが強く出る可能性があります。 濃すぎず、薄すぎず、淡い緑色をしたものを選びましょう。 また、葉が 肉厚で ハリがあるものは、甘みが強く美味しいといわれています。 茎が短く、太いこと チンゲン菜の茎で確認したいのは、長さと太さです。 茎が 短くて、 太く幅広いものが狙い目です。 また、みずみずしくてハリのあるものは、新鮮な証です。 水分が抜けていたり、変色しているものは、鮮度が落ちているので気を付けましょう。 根元が太く、どっしりとしていること チンゲン菜の、根元のお尻の部分をチェックしましょう。 なるべく 太く、どっしりとしているものは、元気に育っている証です。 根元からたくさん茎や葉が 密集しているものを選びましょう。 また、切り口が乾燥していたり、変色しているものは鮮度が落ちているので注意です。 チンゲン菜の保存方法!長持ちさせるには・・・ スポンサーリンク 新鮮なチンゲン菜を手に入れたとしても、正しく保存しないと、あっという間に 鮮度が落ちてしまいます。 新鮮で美味しいチンゲン菜を召し上がるためには、選び方と合わせて、 保存方法にも気を配る必要があります。 ここでは、チンゲン菜の鮮度を長くキープするための保存方法を紹介します。 チンゲン菜の保存は、冷蔵庫の野菜室で! チンゲン菜を保存するときは、冷蔵庫の 野菜室が基本です。 保存の際は、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などで包みます。 その後、ビニール袋に入れて保管しましょう。 こうすることで、チンゲン菜を乾燥から防ぐことができます。 また、チンゲン菜を保管するときは、葉を上にして、 立てて保存しましょう。 生育していたときと同じ姿勢にすると、ストレスが減り、鮮度が落ちにくいです。 チンゲン菜がうまく立たないときは、ペットボトルや牛乳パックなどを切って、ペン立てのように使うのも手です。 私は、小さなブックスタンドを冷蔵庫に入れて立たせています。 見た目もスッキリするので、オススメです。 これらの工夫によって長く保存することはできますが、葉物野菜はもともとが傷みやすい食材です。 3~5以内を目安に、なるべく早く使い切りましょう。 カット済みのチンゲン菜の保存は? カット済みのチンゲン菜は、保存用の容器に入れて、冷蔵庫の 野菜室に入れましょう。 ただし、切り口から傷んできますので、日持ちはしません。 なるべく1~2日以内に食べきるようにしましょう。 チンゲン菜を冷凍保存するときのポイント チンゲン菜を長く保存したいときは、 冷凍保存がおすすめです。 生のまま冷凍することもできますし、茹でた後に冷凍することもできます。 生のまま冷凍保存 生のまま冷凍保存するときは、あらかじめ好きな大きさにカットし、水分を拭き取ります。 これを、なるべく空気が入らないように冷凍パックに詰めて、冷凍庫に入れます。 使うときは、凍ったまま、炒め物や煮込み料理に使いましょう。 だいたい1ヶ月程度は保存することができます。 茹でた後に冷凍保存 チンゲン菜を茹でてから冷凍すると、解凍後に形が崩れにくくなります。 少し手間がかかりますが、食感を良くしたいときは、茹でてから冷凍するのがおすすめです。 なお、茹でるときは、 固めにサッと茹でましょう。 あまり長く茹でてしまうと、解凍したときにベチャベチャになってしまいます。 沸騰したお湯に、だいたい10~20秒くらいで、サッと固茹でしましょう。 あとは、食べやすいサイズにカットして、水気を拭き取ります。 これを冷凍パックに詰めて、冷凍庫で保管するだけです。 まとめ 今回は、新鮮なチンゲン菜の選び方と保存方法について紹介しました。 チンゲン菜を選ぶときは、葉、茎、根の3点に注目しましょう。 色が淡い緑色で、根元が太くどっしりしており、背丈が短いものがおすすめです。 また、保存の際は、乾燥しないように新聞紙などで包んでから、野菜室に入れます。 長期保存したいときは、冷凍保存も可能です。 チンゲン菜は、クセがなく、さまざまな料理に使えます。 また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。 新鮮な状態で食べることで、栄養たっぷり、美味しく召し上がることが出来ます。 チンゲン菜を選ぶときや保存する際は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください! チンゲン菜が気になるあなたへ。 こちらもおすすめです。

次の

チンゲン菜の冷凍保存でアレンジ!すぐできるお弁当のおかず

チンゲン 菜 冷凍

チンゲン菜を冷凍保存するメリット チンゲン菜は冷蔵保存が本当はおすすめです。 湿らせたキッチンペーパーに包んでから、冷蔵用の保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存すれば4~5日は日持ちします。 しかし、日に日に鮮度が落ちてしまうので3日以上保存する場合は冷凍がおすすめです。 チンゲン菜の冷凍保存方法 チンゲン菜の冷凍保存方法は3つあります。 ただ、生のまま冷凍すると多少食感が変わります。 逆に硬めに茹でてから冷凍すると食感は変わりませんが、シャキシャキとした食感は失われてしまいます。 チンゲン菜を炒めてから冷凍すると、炒め物を作る時にサッと炒めるだけで良いので時短にもなりますし、ラーメンのトッピングなどにも使えて便利です。 チンゲン菜を生のまま冷凍保存 チンゲン菜の葉は包丁で切ってしまうとアクが出やすくなります。 その為切らずに冷凍してしまうか、葉は手でちぎるようにして細かくするのがおすすめです。 スポンサーリンク チンゲン菜を丸ごと冷凍する場合 洗ったチンゲン菜の根元を包丁で切り落とし、バラバラに分けます。 根元の部分をよく洗い流します。 水気をよくふき取ります。 冷凍用保存袋に平らになるように入れ、金属トレーの上などで素早く冷凍します。 凍るとパラパラになるので、欲しい分だけ取り出すことができます。 チンゲン菜を切ってから冷凍する場合 洗ったチンゲン菜の根元を包丁で切り落とし、バラバラに分けます。 根元の部分をよく洗い流します。 水気をよくふき取ります。 茎の部分は食べやすい大きさにカットします。 葉の部分は包丁で切るとアクがでやすくなってしまうので、手で繊維を断つように切ります。 冷凍用保存袋に平らになるように入れ、金属トレーの上などで素早く冷凍します。 凍るとパラパラになるので、欲しい分だけ取り出すことができます。 チンゲン菜を茹でてから冷凍保存 お湯を沸かし、少量の塩を入れます。 洗ったチンゲン菜の根元を包丁で切り落とし、バラバラに分けます。 根元の部分をよく洗い流します。 お湯が湧いたら、チンゲン菜をサッと硬めに茹でます。 チンゲン菜の根元部分を10秒ほどお湯に浸けてから、全体を湯に沈め、10秒ほどであげ、冷水で冷まします。 粗熱が取れたら、よく絞って食べやすい大きさにカットしてから冷凍用保存袋に入れます。 もしくは一回分ずつラップに包んでから冷凍用保存袋に入れます。 金属トレーの上で、できるだけ素早く冷凍します。 チンゲン菜を炒めてから冷凍保存 洗ったチンゲン菜の根元を包丁で切り落とし、バラバラに分けます。 根元の部分をよく洗い流します。 水気をよくふき取ります。 食べやすい大きさにカットします。 フライパンを熱しお好みのオイルを入れます。 (チンゲン菜2株に対し小さじ1程度がおすすめです。 サラダ油やごま油など) 茎を加え、炒めます。 硬めがよいので、サッと炒めるだけにします。 粗熱が取れたら、冷凍用保存袋に入れます。 もしくは一回分ずつラップに包んでから冷凍用保存袋に入れます。 金属トレーの上で、できるだけ素早く冷凍します。 冷凍チンゲン菜の解凍方法 生のまま冷凍したチンゲン菜は凍ったまま使用するのがおすすめです。 茹でてから冷凍したチンゲン菜は冷蔵庫で自然解凍してから使ってもいいですし、スープなどに凍ったまま加えても美味しく食べることができます。 炒めてから冷凍したチンゲン菜は他の材料を炒めてから仕上げ近くに加え、炒めるのがおすすめです。 チンゲン菜の冷凍レシピ 調理してから冷凍保存する場合はお弁当などに自然解凍や電子レンジで加熱するだけで使えて自家製冷食となるので便利です。 用途に合わせて冷凍保存法を使い分けると、美味しく冷凍チンゲン菜を食べることができます。 その為、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病予防に役立ちます。 干ししいたけやしらすなどビタミンDを含む食材と合わせて食べるとカルシウムの吸収を高めてくれます。 チンゲン菜の冷凍保存まとめ チンゲン菜は栄養価の高い緑黄色野菜です。 また、料理に加えると彩りも綺麗なので、冷凍しておくと便利です。 購入後、すぐ冷凍してしまえば、新鮮なまま保存することができます。 また、生で冷凍すれば、シャキシャキとした食感も味わうことができます。 チンゲン菜が安く手に入る時にまとめて購入して冷凍しておくのもいいですね。

次の