まき の 木 の 剪定。 庭木の剪定ってどの時期にやるのがいいの?

庭木の剪定ってどの時期にやるのがいいの?

まき の 木 の 剪定

どんなに縁起のいい木を植えても,放っておけばジャングルになります。 うっそうとした家は縁起が悪いと言いますが,これも当たり前でしょう。 風水や家相の話を持ち出すまでもなく、そうした家は日当たりは悪いし,いろいろな虫の巣窟になります。 健康にもいいはずがありません。 見た目にも,「ここには人が住んでいるのか?」,「草取りもしないのか,だらしない人だな」などと人間関係においてもマイナスのイメージを持たれかねません。 植木屋さんに頼むという方法もありますが,成長や季節に応じた剪定をしてもらうには,お金がかかります。 また,自分と好みが違う仕上がりになることもあります。 実際, 街を歩いていると,こんな切り方なら,いっそ切り倒した方が良いのではと思うような剪定の仕方を見かけることもあります。 このページでは適切な剪定方法の概要について解説します。 具体的な剪定例は他のページをご覧ください。 「なぜ剪定するのか?」 「ジャングル」や「世間体」、「風水的な縁起」のほかにも剪定する理由があります。 せっかく庭に自然を採り入れたのだから、人工的に切らず自然のままを楽しみたいという意見の方も多いでしょう。 あまりセンスのよろしくない植木屋さんに切られると、ゴツゴツとした枝ぶりになったり、葉が少なすぎて硬い感じになり、確かに自然な感じがしなくなります。 雑木の庭が増えたのも、そうしたニーズが背景にあってのことだと思います。 もしあなたが、広大な敷地をお持ちでしたら、手入れをせずに自然な姿を楽しむことは可能です。 しかし一般家庭のような限られた広さでは無理です。 木は伸びるに従って、日の当たらない下枝がなくなります。 放っておけば近所迷惑であるばかりか、目の高さの位置に葉がなくなり、家の中から鑑賞することができなくなります。 また横幅も問題です。 放っておけば、道路や駐車場、お隣さんの敷地に枝がはみ出します。 慌てて適当な箇所で枝を切ると、コニファーのような針葉樹は枯れてしまいます。 剪定の目的は、樹木を人間の日常生活と共存させつつ、自然な姿を維持することです。 盆栽が世界的に評価されているのは、ごく限られた中に数十年、数百年来の自然を凝縮しているからですが、庭木の剪定もこれに準じて行われます。 「切り方に正解はない」 しかし、絶対的な剪定方法はありません。 地域(気候)や時代によって剪定の仕方が多少異なるということもありまが、最大の理由は、「その木」が世界に1本しかなく,剪定の成否を検証することが不可能だからです。 また,髪型と同じで,剪定の「仕上がり具合」については、人によって好き嫌いがあり、評価が分かれるからです。 よくベテランの職人さんが「一生勉強だよ。 」と言いますが、それも頷ける話です。 樹木の生理的な要素を考慮するだけではなく、お客の好みや芸術的なセンスも必要とされるのが剪定の技術だからです。 たとえばマツやマキを電気バリカン(ヘッジトリマー)で刈り込む人がいます。 また,モッコクの玉散らしを推奨している本もあります。 これらは,私には耐えられない不自然な仕上がりになりますが,職人とお客さんが合意していれば,よそが文句を言う筋合いはないでしょう。 「強く切ると余計に増える。 」 木にあまり興味がなく,なおかつ勇気のある人は,太い幹の途中でばっさりと切ります。 その後,どうなると思いますか。 木はそうそう枯れるものではありません。 その逆です。 確かにおもいっきり切ったその年はすっきりするでしょう。 ただし,翌年,倍返しどろではなく,切ったところから,細枝が10本も20本も生えてくるのです。 行き場を失った木のパワーが大爆発を引き起こすのです。 この細枝を綺麗に手入れするのはプロでも面倒です。 結果としてこの細枝たちは全部根本から切り取られ,木は不恰好な姿に切られ続けるというローテーションに入ります。 そしてやがて根本から切り倒されます。 そうしないためには,幹の途中で切るようなことはせず,面倒でも中くらいの太さの枝を数本残して形を作ってやる必要があります。 そうすれば木のパワーは,残された中くらいの枝に分散されて,爆発的な成長はしません。 人間でもそうでしょうが,「あれもダメ,これもダメ」ではなく,「こっちならいいよ」という方向性を示して適当な逃げ場を作ってやらないと大爆発するのです。 ちなみに写真は幹を途中で切断され,4年経ったクロガネモチです。 「錯覚を利用する。 」 心理学の基礎で,「プレグナンツの法則」というのがあります。 詳しくは各自で調べていただきたいのですが,簡単に言うと,人間がモノの形を認識するとき,モノ本来の複雑な形ではなく,より簡潔な形として認識しやすいというものです。 私は植木の切り方を勉強していたとき,この法則が頻繁に頭に浮かびました。 これは植物の性質を考えて切ることとは別の話ですが,植木の造形を考える際にはきわめて有効な法則です。 もっとも簡単な例では,一枝一枝の細かなことより,青空を背景にした際の,木全体のシルエットが大事ということです。 それは枝と枝の間隔の取り方や残す葉の濃淡によるものです。 このあたりのことは難しくなるので,気が向いたときにまた記します。

次の

Q.イヌマキの剪定時期と方法

まき の 木 の 剪定

山の木々も季節には自然と花を咲かせるが… 庭木の剪定の仕方や個々の剪定時期を解説する前に、まずは剪定の必要性についてお話したいと思います。 そもそもどうして剪定が必要なのか?ということですが、山で自生しているような木々は特に人が手を入れているふうでもないのに、大きく育って花を咲かせていたりしますよね(もちろんキチンと管理されている山もありますが)。 そう考えると、庭木だって放っておいてもそこそこ元気に育ってくれるのでは?とも思えます。 でも、ちょっと待って!もし庭木に一切手を入れず、すくすくと生長してしまったら……?庭はうっそうとした樹木に覆われて、おばけ屋敷さながらになってしまうかもしれませんね。 逆に、庭木同士で栄養を取り合ってしまい、どれもが枯れてしまうことも考えられます。 山の木々は、そこが山だからこそ大木でいられますが、スペースが限られた庭で闇雲に育ってしまったら、日差しが遮られたり風通しが悪くなったりという弊害が生まれますし、それによって庭全体に病害虫が蔓延してしまう危険性もともなってきます。 やはり庭木の場合は各々の庭にあわせたサイズでいてもらう必要がありますし、花木などは古い枝を切って新しい枝に更新することで良い花を咲かせることができます。 また庭の通風や日照といったことも考え合わせて不要な枝を切ったり、形を整える「整枝・剪定」をすることで、病害虫を予防したり強風による枝折れを防いだりすることもできるのです。 庭木の剪定時期 庭木は整枝・剪定することで美しく保つことができる 剪定の必要性はおわかりいただけたかと思いますが、それでは一体いつ剪定をすれば良いのでしょう。 一般的に常緑樹は春の盛んな萌芽が一段落する6月頃と夏枝の伸びが止まる10月頃に、針葉樹は春と10月頃に、落葉樹は葉が落ちて休眠期となる11~3月頃に剪定するのが良いとされています。 ただし、花を観賞することを目的とした木の場合は、花芽の形成時期に注意する必要があります。 良くある事例で、お正月を前に庭の木々をこざっぱりと剪定したのは良いが、その後楽しみにしていた花木の花が咲かなくなった…ということがあります。 これは花芽の形成時期を考えずに剪定をしたため、せっかくできていた花芽を剪定で切り落としてしまったことによる失敗です。 特に頂芽(春から伸びた枝の先端)に花芽ができて冬を越して春に開花するものは、夏の間には花芽が形成されますから、秋以降に枝を切ってしまうと花が咲かなってしまいます。 こういった花木の場合は、花後すぐが、整枝・剪定のチャンスとなります。 この他、個々の剪定については、でご紹介します。 枝を自分で切る時のやり方のコツ・注意点 さていざ剪定しようというとき、どの枝を切ったらよいのでしょう。 「整枝・剪定」の目的は、「樹形を整える」こと。 そして「不要な枝を取り除く」ことです。 不要な枝とは、樹形を乱したり採光や通風の妨げになる枝、樹勢を衰えさせるような枝のことで「忌み枝」とも呼ばれます。 整枝・剪定は、まずこういった不要な枝を整理してから、全体の様子を見て必要に応じて枝を切り詰めて形を整えていくことになります。 【忌み枝の種類】 一般的に、次に挙げるような枝を忌み枝と言います。 図解と合わせて、ご参照下さい。 青い枝が、剪定すべき忌み枝となる• 枯れ枝…見た目が悪いだけでなく、病害虫の発生源となったり、風などで突然折れて落下する危険性もあります。 徒長枝…飛び枝ともいいます。 他の枝に比べて、勢いよく飛び出すように長くまっすぐに伸びた枝で、樹形を崩してしまいます。 立ち枝…横に広がるべきところから、まっすぐに直立して伸びた枝で、樹形を崩します。 胴吹き…幹吹きともいいます。 樹の幹から直接伸びた枝で、樹形を崩すと共に、栄養が他の枝葉に行き渡らなくなり樹を衰弱させる原因にもなります。 ヒコバエ…ヤゴともいいます。 樹の根元から出る細い枝のことで、樹形を崩すと共に、樹を弱らせる原因にもなります。 ただし自然樹形が株立ち(株元からたくさんの枝が出る性質)の木の場合は、これにあたりません。 懐(ふところ)枝…樹幹に近い懐部分に出る枝で、通風や採光を妨げになります。 逆さ枝…自然な枝の流れと逆方向に伸びた枝で、景観を損ないます。 重なり枝…平行枝ともいいます。 複数の枝が同じ方向に平行に伸びたもので、樹形のバランスを崩します。 かんぬき枝…二本の枝が樹幹を挟んで左右対称に伸びたもので、樹形のバランスを崩します。 車枝…一箇所から三本以上の枝が放射状に出るもので、樹形を乱します。 絡み枝…枝が交差するような形に伸びたもので、景観を損ないます。 垂れ枝…下がり枝ともいいます。 下方に向かって伸びた枝で樹形を乱します。 この他、枝が込みすぎた部分は枝透かしをして、通風と採光を確保しましょう。 枝の切り方やコツ・注意点 図1. 太い枝は、図の番号順に切っていく 枝を切る際は、剪定鋏もノコギリもよく切れるもの使いましょう。 切れ味の悪い鋏で切ると切り口がギザギザになり、木にダメージを与えてしまいます。 人間でいうと、複雑骨折より単純骨折の方が治りが早いのと一緒です。 枝を剪定する場合、多くは枝の根元から切り取ります。 ここで注意したいのは、剪定鋏で切れないような太い枝を切るときです。 普通の木材を切るように上から切り落とそうとすると、枝の重みで途中から生木を裂くような状態で折れてしまうからです。 枝の根元より少し上の部分にまず「受け」と呼ばれる切込みを入れてから、枝を切り落とします(図1. 参照)。 枝を切り落とした後に、あらためて枝の付け根で切り落とします。 枝を切る際、1で切ると内芽が伸びて不自然になる。 2のように外芽を残すようにしよう 太い枝を切った後には、市販の癒合剤などを塗っておくと良いでしょう。 細い枝を剪定する場合は、芽の位置に注意して切りましょう。 枝には外芽、内芽がありますが、外芽を残すように剪定します。 内芽を残すと、枝は不自然な形に伸びてしまいます(図2. 参照)。 鋏を入れる位置は、芽に近すぎても離れすぎても良くない また、枝の途中から切り戻す際も、芽の位置に注意して鋏を入れます。 節の間で中途半端に切ると、養分が行き渡らず枝先が枯れることがあります。 鋏は芽の上5~10ミリくらいの位置で、芽の方向に合わせて切りましょう(図3. 参照)。 【関連記事】•

次の

まきの木の剪定方法を教えてください。家の周りの囲いにしていても...

まき の 木 の 剪定

基本的には軽い剪定でOK!コウヤマキの剪定方法について コウヤマキは生長スピードが遅いため、剪定などの手入れがほかの庭木に比べて少なくてすむ樹木です。 しかも枝があまり横に伸びないため、放っておいてもある程度、円すい状の姿を保ってくれます。 気になるようであれば木の形からはみ出るほど生長した枝を切り落とすだけで、シルエットを保つことができます。 もう1つ、おこなっておくといいコウヤマキの剪定は「芯となる枝を間引く」作業です。 若い木ではメインとなる枝が2本以上、生長していることがあります。 栄養が分散してしまうため、コウヤマキが若いならば早めに1本だけ残してほかは切ってしまいましょう。 このように、コウヤマキの剪定は比較的簡単で手間がないものです。 しかし、コウヤマキは生長すると高さが10m~30mにもなる針葉樹です。 大きさをコントロールしたい場合、剪定は欠かせない作業になります。 そんなときはこの後説明する時期や方法を参考にして剪定をするようにしてください。 コウヤマキの剪定をするのに適した時期とは コウヤマキの剪定は、目的によって時期が変わってきます。 各時期に適した剪定方法がありますので、確認していきましょう。 春 コウヤマキは、春に新しい芽を出し生長していきます。 あまり大きく育ってほしくない際は、この芽吹きの前に刈り込み剪定をして形を小さく整えましょう。 こうすることによって、新しく出た芽が育った際に、大きくなるのを抑えることができます。 刈り込み剪定は、剪定ばさみで全体の形を整えるように切っていくものです。 コウヤマキの細い葉を切り落とす方法で、比較的手軽な剪定です。 しかし、葉を傷つけてしまうため、切った葉の先が茶色く変色してしまうことがあります。 気になるのであれば、一本一本ていねいに、枝を切り落としていくようにしましょう。 梅雨前 ゴールデンウィークから梅雨の頃は、春に芽吹いた枝の生長が止まります。 このときに枝先を軽く切り詰めておけば、シルエットが横に広がってしまうのを防ぐことができます。 切り詰めは、長く伸びた枝を途中から切り落とす作業です。 枝を1本ずつ切っていく必要があるので、少し手間ですが大まかなシルエットを整えるには必要な作業となります。 秋頃 飛び出た枝を切り落とすなど、軽く形を整えるだけであれば、10月頃におこなっても大丈夫です。 秋に剪定をおこなえば、その状態を春まで維持することができます。 この時期に枝葉の数を少なくするなら、互い違いに伸びている細い枝を切るのではなく、真ん中の太い枝を切るようにしてください。 なお、この時期には葉を多く切り落とす剪定はしないよう注意してください。 樹木は夏の間に冬を超えるための養分を葉などに貯めています。 冬前にその葉を切り落としてしまうと、コウヤマキの栄養分が奪われ、冬越えができなくなってしまうのです。 特に寒さの厳しい地域では注意が必要になってきます。 コウヤマキの剪定を業者に依頼する際にかかる料金の目安 剪定をしようと思っても、木が大きくなりすぎて自分でおこなうには危ないこともあります。 そんなときは業者にコウヤマキの剪定をお願いしてみてはいかがでしょうか。 コウヤマキの剪定は業者によって値段に違いがありますが、多くは木の高さによって大体の価格が決まってきます。 家屋の1階屋根ぐらいの高さまでの低木だと値段は2,500円ほどです。 これが2階部分の中程までの高さの中木になると値段は少し上がり7,000円ほどになります。 2階建ての家と同じ高さぐらいの高さになってくると、15,000円ほどかかる場合が多いです。 また、業者のなかには剪定で出た葉や枝などのゴミを処理する値段を別途設定していることがあります。 業者にお願いする場合は、複数の業者に見積もりを取ってみてください。 複数の業者を比較すれば、納得して依頼することができるでしょう。 コウヤマキは挿し木で増やすこともできる。 その方法は コウヤマキの挿し木は難しいといわれていますが、条件を整えれば根を張る可能性を上げることができます。 まずは挿し木をする枝ですが、若い枝のほうが古い枝よりも根が出る確率が高いため、芽が出た4月頃に若い枝を選んで切り取ってください。 切り取った根は発育をうながす薬剤に丸一日付け込んでおきます。 こうすることで、根が出やすくなり、根付きがよくなるでしょう。 そして、バーミキュライトの挿し床に挿し木すれば、約半年ほどで根が出ることがあります。 コウヤマキの挿し木は根が出る可能性が低いため、挿し木をする枝は数十本用意しておいてください。 植えた挿し木の半分でも根が出ていれば成功といえます。 また、根が出たとしても苗木になるまでには長い年月が必要です。 一般的にコウヤマキが種から50㎝まで生長するまでには8年前後の年月がかかります。 生長が遅いため、コウヤマキは剪定などの手間が少ないというメリットを持っています。 しかし、それは、挿し木をおこなう際には根が出にくいなどのデメリットになってしまうのです。 もしコウヤマキの挿し木を試そうとお思いの人は、肥料などを調節しながら根気よく育てていってください。 まとめ コウヤマキは10m~30mほどまで大きくなるので、住宅街やお庭で育てている場合は、大きくなりすぎないように剪定が必要になってくる樹木です。 コウヤマキの剪定をするときには、時期を守っておこないましょう。 もし冬前に大がかりに剪定してしまうと、枯れてしまう原因となってしまいます。 大きすぎて手が届かなければ、業者に相談するのもひとつの手です。 業者によって料金に差がありますので、頼む際には複数の業者から見積もりを取ることをオススメします。 大きくなるまでには時間がかかるコウヤマキですが、そのぶん長く楽しめる庭木でもあります。 業者の手を借りながらじっくりとコウヤマキの栽培を楽しんでください。 剪定を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の