ポエム 小泉。 【小泉進次郎のポエム集】ツイッターで大喜利も?構文について解説

小泉進次郎のポエム発言まとめとセクシー発言の真意や動画・画像も!|AyaboのHAPPYログ♪

ポエム 小泉

小泉進次郎環境大臣(38)が9月17日、除染廃棄物の最終処分にまつわる質問に答えた。 ただその内容が意図の読めないものだったため、ネットでは「何言ってるのかわからない」といった声が上がっている。 同日、福島県に訪問した小泉大臣。 記者から福島第一原発事故で発生した除染廃棄物について「45年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」「その最終処分場の検討が進んでいない。 現状や見通しについて見解をいただきたい」と問われた。 「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います」「その約束は守るためにあるものです。 全力を尽くします」と発言したところ、記者が「具体的には?」と再び訊ねた。 すると、こう返したのだ。 「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。 だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」 さらに「だからこそ果たせる責任もあると思うので」と続けた小泉大臣は、同県のふたば未来学園について「その思いがなければ取り組んでいません」と発言。 「教育というのは、一過性の支援ではできません」「生徒たちが社会に羽ばたいた後の人生も含めて、責任を負うんだという思いがあるからこそ取り組んできました」と語った。 そして「この30年の約束もその思いで、ライフワークだと言ってきたことをしっかり形にするために全力を尽くしたい」と結び、会見は終了した。 30年後の自身について語り、教育の持論を展開。 そして最後まで「何にどう全力を尽くすのか」を明かさなかった小泉大臣にネットでは「言ってる意味がわからない」といった声が上がっている。 《ごめん、進次郎のポエムが何言ってるのか全くわからない》 《それっぽい感じで何か語りつつ、実は何も言っていない小泉進次郎。 こういう人を雰囲気で持ち上げるのは、いい加減にしたほうがいい。 ろくなことにならない》 《自分の意見すら持ってるか怪しいよね》 6日、仙台市で「震災からの復興」をテーマに講演をした小泉大臣。 そのなかでもこんな漠然とした発言をしている。 「支援をされる側でなくて、未来の被災地を支援する側に回るような発想ができれば、私は日本人らしさを発揮できる復興や国づくりができるんじゃないかと思います」 また11日の就任会見で原子力発電に対する考えを問われた際も、「どうやったら残せるかではなく、どうやったらなくせるかを考えたい」と返している。 小泉大臣は11年3月の東日本大震災以降、復興に精を出してきた。 自民党の青年局長だった12年には被災地を巡回する「TEAM-11」を発足。 翌年、復興政務官に就任。 野党議員から与党議員ともなり、この8年間で様々な立場となって現地と向き合ってきた。 しかし前述のように、壮大に聞こえるものの具体性のない返答を繰り返している。 朝日新聞が17日に発表した世論調査によると、小泉大臣は「次の自民党総裁にふさわしい」という問いに対して22%から支持。 石破茂議員(62)や河野太郎防衛大臣(56)、菅義偉内閣官房長官(70)を差し置いてトップだった。 さらに16日の産経新聞でも、最も活躍を期待する閣僚として48. 9%がその名を挙げたという。

次の

「セクシー」発言の小泉進次郎環境相は本当に「ポエマー」なのか? 過去の発言を振り返ってみた

ポエム 小泉

原発処理水問題でも、「質問に答えていない」と苦言も 「日本は1997年に京都議定書を採択したが、リーダーシップを十分に発揮してこなかった。 今日から我々は変わります」。 米ニューヨークで2019年9月22日に開かれた国連の会議で、演説に立った小泉氏は、高らかにこう宣言した。 別の見方をすれば、これまでの歴代内閣が悪いと受け取られかねない発言だ。 とはいえ、どう変わるのかは、この日の発言だけでははっきりしなかった。 小泉氏の外交デビューは、人気者だけにテレビなどで脚光を浴びた。 一方で、その内実については、ネット上で辛口の意見が相次いでいる。 まず演説前に行われた小泉氏の会見だ。 小泉氏は、気候変動について、若い世代が解決のカギだとしたうえで、楽しくカッコよくに加えて、「セクシーに」との言葉を付け加えたことが物議を醸した。 これは、隣にいた国連関係者の発言を引用したもので、識者らからは、ツイッター上などで擁護の声も出た。 しかし、「意味不明」「中身が伴ってなくて違和感がある」「なんでこんな浮かれてるの」とバッシングは続いている。 それは、小泉氏が閣僚になって以降、内実が伴わない「ポエム」ではないかと、その発言が批判を浴びるようになったからだ。 外遊前の20日の会見では、原発処理水の海洋放出による風評被害について記者から質問を受けたときの対応が話題になった。 小泉氏がノドグロなどの水産物は大丈夫とアピールしようとしたという話を持ち出すと、記者からは取り組みへの質問に答えていないと返されたことだ。 「演技は上手だが、船を進めるタイプではない」 国連での会見についても、火力発電を減らすと断言した小泉氏に対し、その方法を外国メディアから聞かれると、しばらく沈黙して「私は、大臣に先週なったばかりです」などと言うだけだった。 小泉氏の最近の発言について、政治アナリストの伊藤惇夫さんは9月24日、J-CASTニュースの取材にこう話した。 「大臣としては新人で、政策などに通暁していないのはある程度仕方がないと思います。 小泉さんは、如才がなく、受け答えの能力は高いです。 確かに、表面的には正論めいたことを言います。 しかし、外交や安全保障といったこの国の方向性についての主張で、納得できる発言は記憶にないですね。 小泉さんの発言に中身や具体性、方向性がないことが、大臣になって表面化したのではないですか」 小泉氏が取り組んできた農協や国会の改革については、中途半端で終わったり、細かな内容が変わったりしただけの感もあると伊藤さんは指摘する。 京都議定書後の変わるべき中身の話も、小泉氏から聞いたことはないという。 私は、天才子役みたいだと言っています。 サーファーみたいに演技が上手ですが、船を進めるようなタイプではないということです」 小泉氏が首相の器かどうかについては、「未知数」だとしたうえで、伊藤さんはこう言う。 「小泉さんは、討論を生でやったことはないと思います。 これまでは、インタビューで一方的な発言をするのがほとんどでしたね。 その証拠に、記者が鋭い質問をすると、答えに詰まってしまいます。 しかし、これからは、野党の厳しい質問に答弁をしなければならない立場です。 大人の俳優になれるかどうか、その力が試されているのではないでしょうか」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

小泉進次郎のポエム大喜利ツイッター集まとめ!どのポエムが人気?

ポエム 小泉

おはようからこんばんは!オモナガです。 小泉進次郎環境大臣が 福島第一原発事故で発生した汚染廃棄物の 最終処分に関する説明が話題になっているようです。 その内容が「無能の詩人」や「ポエム」といった ちょっと何言ってるのかわからないですね~、 状態とのことで話題になってるようです。 オモナガはよく長い話をしていて 論点がズレたり脱線をよくしてしまいます… なので、長く話すのがとても苦手なんだよねー。 だけど、大臣でそれはまずいでしょう。 内容はまだ確認してませんが、 曖昧でわかりにくい説明であれば、 市民は納得できないんじゃないでしょうか。 この話題について、詳しくみていきましょう。 スポンサードリンク もくじ• 小泉進次郎の福島第一原発事故で発生した汚染廃棄物の説明 2011. 06 8:00 a. m 「東北道を北上して福島県に向かっています。 横須賀の『海軍カレー炊き出し隊』も夜中の2時過ぎに宮城県に向けて出発しました。 」 … — 小泉進次郎BOT ShinjirouBOT 【プロフィール】 名前:小泉進次郎(こいずみしんじろう) 生年月日:1981年4月14日 出身:神奈川県横須賀市 現職:環境大臣、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当) 9月17日、福島県に訪問した小泉大臣。 福島第一原発事故の汚染廃棄物について このように説明されたようです。 「45年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」 「その最終処分場の検討が進んでいない。 現状や見通しについて見解をいただきたい」 「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います」 「その約束は守るためにあるものです。 そして、全く見通しが立ってないけど、 絶対約束守ります!って話をされたんだ。 ここまでは至ってまともじゃないかな? 続いてだけど、記者が具体策を再び訊ねたんだね。 ここからどうやら「ポエム」や 「無能の詩人」と言われたところのようだ汗 スポンサードリンク 具体策の回答が「ポエム」や「無能の詩人」?何を言ってるのか考えてみた。 (考察) 「私の中で30年後を考えた時に、 30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。 さらに「だからこそ果たせる責任もあると思うので」と続けた小泉大臣は、 同県のふたば未来学園について 「その思いがなければ取り組んでいません」と発言。 「教育というのは、一過性の支援ではできません」 「生徒たちが社会に羽ばたいた後の人生も含めて、 責任を負うんだという思いがあるからこそ取り組んできました」と語った。 そして「この30年の約束もその思いで、 ライフワークだと言ってきたことをしっかり形にするために全力を尽くしたい」と結び、 会見は終了した。 ふたば未来学園についての説明も、 前も全力で取り組んでたし、 今後も全力で取り組むよ! ってことなんだろうか。 ん~…ポエムって言われても仕方ないな汗 福島の住民は汚染廃棄物の処理方法について 明確な回答がほしいだけだと思います。 例えば、汚染廃棄物の移送方法や 運ぶ候補地を検討するとか 何かしらの進捗状況を伝えてほしかったのです。 以下口コミを紹介していきます。 例の小泉進次郎の「ポエム」、でもよく読むと「私は健康でいられれば~見届ける可能性のある政治家」だとあり、汚染土の全国拡散で国民に健康被害が出ても、自分だけは健康を守ってその惨状を見届けてやる、とも読める。 小泉進次郎がこえーな、って思うのは、中身が(今の所)無いのに、周りより発信力があって、親の影響度もあり、そこそこ若いから「若いのが頑張ってるな、いっちょ応援したるか」的な支持を集めてしまって、中身の無い何かが生まれてしまっているところかなぁ。 — たづしろ May 2019 Update tachu51 あまりに的確すぎて注目されてるツイートですね。 確かに元総理である小泉純一郎が父親ともなると、 世襲による影響力があまりに大きいと感じるよね。 小泉進次郎、就活では顔の良さと小手先の口だけで大成功するも、仕事では使えない人の典型例って感じで笑う(全く笑えない) — かーしゅ carsh295 この中身のない説明は確かに残念だけど、 環境大臣に就任したばかりなので、 中身を判断するのはこれからじゃないでしょうか? 廃棄物に関する問題はどこかが犠牲になる問題なので、 身を切る改革が迫られてますな。 小泉進次郎の、目的のない長ゼリフを一定の調子で喋って、みんなが理解できずぽかんとしたとき「……ニッ!」って笑うやつ、大好きななかやまきんに君のネタと全く同じテンポなので、つらいんだよな — 増村十七 masumura17 お笑い芸人と被りましたかw 若手大臣とあって注目度が高いばかりに、 いついかなる発言も注意しないといけないですよね。 全体的に市民からの評判は、 福島原発の汚染廃棄物に対する回答に関して、 中身のない内容だったという意見が圧倒的多数でした。 若くてイケメンだけじゃないところを是非、 小泉大臣はみせていってほしいところですな。

次の