やる気 出し 方。 スランプ時のやる気の出し方 小説作法

やる気はドーパミン次第で取り戻せる!やる気が湧くドーパミンの出し方とは

やる気 出し 方

やる気は仕事のモチベーション 夢と希望を胸いっぱいに詰め込んで、社会人としての一歩を踏み出したまでは良かったものの、理想と現実のギャップやその他の要因によってやる気を失ってしまっている新人はいませんか? 新社会人だけでなく、ある程度社会の荒波に揉まれてきた人も、人事異動や転職等によって仕事も生活も環境が変化すれば、 ふとしたことでやる気を失ってしまうかもしれません。 さて、 やる気の無い状態で仕事に取り掛かったところで、果たして思い通りの成果を出すことができるでしょうか?できませんよね。 仕事の効率が下がって余計にやる気ダウン、果ては「うつ病」になってしまうなんてことも十分に考えられます。 やる気の有無は、仕事において重要な要素となります。 では、 「やる気」とはそもそもどうやって生まれてくるのでしょうか? こちらの記事もおすすめ 「やる気」は脳科学で解決 「やる気はどこから生まれてくるのか」という疑問に対しての回答は、 ズバリ「脳」だと言えます。 所在がはっきりしたのは良いですが、しかしながら脳とは厄介な場所であるとも言えます。 その理由は、「自分では見えない」というところにあります。 例えば、「お肌に良い」ということで始めてみた行動の結果は、実際に肌がどうなったのかという見た目でわかります。 脳の場合も脳波によって詳しく知ることができますが、皆さんはそう頻繁に脳波なんて見ますか?手軽に目で見る方法ではないため、「脳がこんな状態ならやる気が出ている」なんて言われてもピンと来ません。 そこで、 脳科学の観点から見た「やる気の出る方法・行動」についてまとめてみました。 やる気ポイント1. 「報酬を用意する」 簡単な話ですが、誰だってご褒美・報酬があればやる気を出します。 実はこの単純な話も脳科学で立証できる理論なのです。 脳の器官の一つである「線条体」は、依存や快楽と関係があるとされている器官で、言い換えれば「やる気スイッチ」とも呼べる器官なのです。 「行動の結果、報酬がある」という状況においてはこの線条体が活発に動くことが分かっています。 何か自分に対してご褒美を用意することでやる気を上げることができます。 こちらの記事もおすすめ やる気ポイント2. 「結果よりも過程にやる気を見出す」 しかし、線条体には弱点があり、報酬がなくなってしまうと、 報酬を与えられる前よりも線条体が反応しなくなってしまう、つまりやる気をなくしてしまうという研究結果があるのです。 常に報酬を用意できない状況においては、やる気の持続が困難になってしまいます。 やる気を持続させる方法としては、 結果(報酬)よりも過程(仕事・勉強)にやる気を見出すことです。 報酬のためではなく、 自分の意思で自発的に行動しているというスタンスが、やる気の維持に重要な意味を持ちます。 やる気ポイント3. 「日常と異なる情動体験」 脳の器官の中でも 「前頭連合野」と呼ばれる部分がやる気を生み出していると言われています。 ビジネスマンの場合、言語知能などの 「思考系」の脳領域ばかりを使う傾向にあり、脳を老化させて前頭連合野の活動も弱体化してしまいます。 それを防ぐには思考系の 脳領域と対の関係にある「感情系」の脳領域を使うことで脳をリセットすることができます。 要は「気分転換」というものです。 感情系の脳領域を使うためには、何か 爽快感のある行動をとる必要があります。 スポーツやドライブなど、いつもと違う考えに浸れる行動をとり、脳のリセットを行いましょう。 やる気ポイント4. 「音楽を聴く」 音楽を聴くことは、 快感に関係する脳内ホルモンである「ドーパミン」の分泌につながります。 ドーパミンは前頭連合野に働きかけて集中力や思考力を向上させ、やる気のアップにつながります。 WEB上で 「作業用のBGM」でググるといろいろと良い楽曲まとめが見つかるのでぜひチェックしてみてください。 やる気ポイント5. 「アイドルの映像を見る」 ある脳科学の専門家は、アイドルグループの映像を見ることでやる気がアップするという見解を示しています。 その人物は、魅力的な女性を見るという行為は、目の前に札束を出された時と同じ脳内刺激をもたらすことが分かっていると言います。 確かに近年、ビジュアル重視で動きの多いアイドルグループが数多く登場していますし、ファンの熱狂はテレビを見ていても伝わる程です。 ただし、これは男性専用の方法であり、女性の場合は何を見れば良いかまでは言及されていません。 ビジュアル系の男性グループで良いのでしょうか? やる気ポイント6. 「夜はリラックスする」 ポイント3~5に関しては、考え方ではなく行動なので、やろうと思えば24時間いつでも実行できます。 では、夜の間も感情系の脳を刺激して音楽を聴くのが良いかと言えば、実は逆効果なのです。 夜はしっかりとリラックスして、脳を休ませることが重要です。 もう少し専門的に言えば、 副交感神経を働かせ、深い眠りであるノンレム睡眠をしっかりとることで、脳を休ませることができます。 翌日まで疲れが残るようでは、やる気なんて出るはずがありませんからね。 具体的な方法としては夜は照明を消して音楽等を止め、 アロマなどのリラックス効果のある香りで落ち着きながら眠りに就きましょう。 これで翌朝は頭がすっきりしているはずです。

次の

【環境もやり方も】勉強のやる気を出す10の方法|ベネッセ教育情報サイト

やる気 出し 方

やる気が持続するには内発的動機づけが大事 逆にやる気を生み出す要因にはどんなものがあるか。 「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」という2つの動機づけがあることを知っておこう。 外発的動機づけとは、人の外部からの誘因で動機づけすることだ。 たとえばビジネスの現場でいうと、給与アップやボーナスなど金銭的なご褒美、昇進や花形部署への配置転換、充実した福利厚生制度などがこれに当たる。 そうした見返りを求めてやる気を出そうとするのが外発的動機づけだ。 外発的動機づけは短期的には効果があるが、物理的な限界があるという欠点もあり、長続きしない。 たとえば、全員を部長に昇進させるわけにはいかないだろう。 対する内発的動機づけとは、自分の内側から湧いてくるものだ。 自分で目標を定めるため、達成感や成長の実感を得やすい。 物理的な限界はなく、自分の考え方次第で無制限に動機づけができる。 そのため、やる気を持続させるには、内発的動機づけが重要だとされている。 行動イノベーションの専門家である大平信孝氏は、うまく内発的動機づけを生かしてやる気を引き出すには、仕事に対して適切な「意味づけ」をするといいと説く。 アドラーも「一般的な人生の意味はない。 人生の意味は自分自身で与えるものだ」という趣旨のことをいっている。 「自分はこの職場に求められている人材だ」とか「今の仕事は確かに辛いが、この経験が次に生かせるはずだ」など、現在の職場、仕事の意味を自分で決めることが重要だ。 大平氏いわく「いつもうまくいっている人は、例外なく意味づけが上手。 自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている」。 意に沿わない部署に異動した途端、すっかりやる気をなくしてしまった。 そんな経験がある人は、外発的動機づけに頼りすぎていたのかもしれない。 やる気のなさそうな部下に、上司が「もっと頑張れ!」と発破をかける場面をよく見かけるだろう。 しかし、前述したことからわかるように、この台詞は部下のやる気を引き出すために有効な方法とはいえない。 組織人事コンサルタントであり、アドラー派の心理カウンセラーでもある小倉広氏は、「『頑張れ』といわれた人は『今のままじゃダメだ』といわれたように感じる」という。 そして、それにより「心のガソリン」が減っていき、余計にやる気が出なくなる、という。 「人は心のガソリンがあれば失敗を恐れずチャレンジをするが、ガソリンが空になると、チャレンジをしなくなる。 『頑張れ』と声をかけることは、ガソリンをつぎ足すことよりも、むしろ減らすことにつながる」(小倉氏)。 では、どうすれば「心のガソリン」は増えるのだろうか。

次の

【やる気】筋トレ・運動のやる気を出す4つの方法【モチベーション】|マイプロテイン完全攻略

やる気 出し 方

やる気の出し方はドーパミン次第!脳の働きを知ろう やる気の出し方を知るために、まずは脳の働きについて知りましょう。 私たちの脳内では、やらなければならない仕事や自分でやると決めた運動やダイエットや読書をする行動をするために、神経伝達物質が放出されて体中にやる気を行き渡らせます。 脳内のニューロンから放出される神経伝達物質は、約20種類が確認されていて、合法ドーピングや脳内麻薬と呼ばれるような、やる気に関連する神経伝達物質は主に、アセチルコリン・ノルアドレナリン・セロトニン・ドーパミンの4種類あります。 この中でも、やる気に関係が深い神経伝達物質の1つがドーパミンなんです! 脳内のドーパミンを増やすことは、脳内麻薬や合法ドーピングとも言われていますが、全然怖いものではありません。 私たちが日常的に感じている現象を、あえてそう呼んでいるだけです。 たとえば、今はやる気が出ないけど、あなたにはしなければならない仕事があるとします。 もしその仕事を終えるだけで、10万円が手に入るとすれば、やる気がみなぎってきませんか? 人間の身体は「なにかが手に入りそうだ!」という報酬が予測できたときに、ドーパミンが分泌されてやる気が出てくる仕組みになっています。 ドーパミンは、脳内で最も重要な報酬系の神経に作用する神経伝達物質だからです。 反対に、「この仕事をしても、得られるものはなにもない」と意識的にでも無意識的にでも感じているときには、その予測に呼応してドーパミンが分泌されないので、やる気が出なくなってしまうんです。 ドーパミンは快楽だけじゃなく恐怖にも関係する?行動を起こすやる気の出し方とは 「ドーパミンは、快楽に関係するものじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、ドーパミンが関係するのは、快楽だけではありません。 ドーパミンは、行動そのものに関係しています。 ドーパミンが快楽と結びつくイメージが強いのは、セックスやドラッグ、アルコール関連の事柄でよく取り沙汰されるためです。 実は、ドーパミンが快楽だけでなく、恐怖にも結びついていると聞いたらどうですか? ドーパミンは、なにかしら行動を起こすためのトリガーとなる物質です。 なので、強いストレスや恐怖が予測できたときにも、ドーパミンの分泌量は増えます。 その状況から、逃れないと大きなストレスや恐怖が襲いかかってくるからです。 私たちは、ヒトである前に動物です。 恐怖やストレスからは逃げたいという防衛本能が働きますし、自分にとってなにか良いことが起こりそうだと思えばやる気が出てきます。 恐怖や快楽に関わらず、この行動に関係している私たちの脳内にある神経伝達物質が、ドーパミンなんです! やる気をコントロールするなら、ドーパミンを増やそう! では、やる気をコントロールするためにはどうやってドーパミンを増やせば良いんでしょうか。 最も簡単な方法は、ドーパミンが増やせるサプリを摂取することです。 けれど、そんな都合のいいサプリはあまり市場には出回りません。 そこでオススメしたいのが、ムクナ豆が成分として配合されているサプリです。 ムクナ豆には、ドーパミンの原材料となるL-ドーパという成分がふんだん含まれています。 ドーパミンを作る原材料を増やせば、自然とドーパミンの分泌量も増やすことができる、という仕組みなんです! 実は、このムクナ豆が配合されたサプリがあります。 そう、あのクラチャイダムにもムクナ豆が配合されておるんです!この機会に、ちょっと試してみるのも良いかもしれませんね。 「その行動ができないんだ!」という方は、行動の先に報酬を設けましょう。 快楽と恐怖、どちらの報酬でも構いません。 たとえば、「これをしたらお菓子を食べられることにする!」とか、「これが終わったら気になるあの子をデートに誘う!」と決めてみるとか。 あるいは、「これができなければ上司から3時間怒られる」とか「これが終わるまでは今日は家に帰らない」と決めてみるとか。 受け取る報酬が大きければ大きいほど、ドーパミンは分泌されます。 そして肝心なのは、報酬を受け取ることをリアルなものとしてイメージすること。 そのイメージが現実的であり、本気で手に入れたいものであればあるほど、ドーパミンが分泌されてやる気がみなぎってきます。 なので、恐怖の報酬はできるだけ設定したくはないですね笑 また、ドーパミンに頼らない方法としては、テンポの速い曲を聴くというのもやる気の出し方としてはアリでしょう。 ロシアの演出家であるスタニスラフスキーは、人の感情は音楽の速さ BPM でコントロールできると主張し、この技報を演劇の舞台にも取り入れていました。 テンポが速くてノリのいい音楽を聴くのも、ドーパミンに頼らずやる気を出す方法としてはおすすめですよ! やる気を出すドーパミンの出し方【まとめ】 今、あなたにやる気がないからといって、ソレはあなた自身のせいではありません。 ただ、ドーパミンの分泌量が少なくなっているだけ。 ドーパミンのもとであるL-ドーパが増えるサプリを服用したり、ドーパミンの分泌量を増やすために意識的に報酬を用意することで、やる気がなくなってしまう状況は解決できます! もし、いつもやる気が出なくて困っているでしたらなにか1つでも良いので実践してみてください。 あなたにあったやる気の出し方が見つかりますように!• あなたにぴったりの記事•

次の