ゼノ カード。 【XENO(ゼノ)徹底口コミレビュー】ルールや遊び方、カードの種類と効果をまとめてみた!

[SDBHカード性能解説]スターターパック「ゼノゴールド」使い方まとめ│仙豆のSDBHバトスタブログ

ゼノ カード

XENOには 中二心くすぐられるストーリーが背景にあります。 少し長いですが読むとワクワクする世界観で、私はこれを読んで興奮してすぐにAmazonでポチりました。 笑 皇帝の暴力に苦しむ国があった。 ある日、空から英雄が舞い降りた。 英雄は死んでも生き返るという。 英雄は新しい教えを説いて回った。 「暴力はいつか滅ぶ。 大切なのは愛だ。 」 無力な少年はその言葉に救われた。 「いつかあなたの力になりたい。 」 ー国を救うのは愛か、力か。 プレイヤーはこの国の行く末を見守る者となり、この国の未来はプレイヤーに委ねられます。 皇帝に逆らう者は処刑されてしまうため、プレイヤーは自分が何者であるかを隠しながら行動する必要があります。 カードには英雄・皇帝・精霊・賢者・貴族・死神・乙女・占師・兵士・少年の10種類の登場人物が描かれており、それぞれ特殊な効果を持っています。 プレイヤーが保持できるカードは1枚のみ。 それらを上手に選択し、見事最後まで生き残ることができたプレイヤーが勝者となります。 XENOはをベースとしています。 効果:【潜伏・転生】 場に出すことが出来ず、捨てさせられたら脱落する。 皇帝以外に脱落させられた時に転生札で復活する。 このゲームで最強のカードです。 不老不死の力により、皇帝以外に捨てさせられても復活出来ます。 英雄は 「捨てさせられたら脱落する」というのがポイントです。 Rank5の死神やRank1の少年の効果で捨てることになった場合でも、 一度脱落となり手札を場に捨てます。 その後転生札を引いて復活し、ゲームを再開するという流れになります。 最強のカードですが 場に出して使えないので序盤に引くと最後まで守り切るのが難しいです。 一方でこのカードを持っている時にRank6の貴族で対決を挑むと勝ちが決まります。 効果:【公開処刑】 指名した相手に山札から1枚引かせて手札を2枚とも公開させ、どちらか1枚を指定し捨てさせる。 強カードでありながら効果も使いやすく、使い勝手の良い万能なカードです。 英雄を当てれば一発で脱落させることができます。 このカードで「英雄」を捨てさせた場合のみ、「英雄」は転生札で復活できずに完全に脱落することになります。 これで英雄を当てて脱落させるのは、かなりアツい勝ち方です。 またXENO(ゼノ)3人,4人対戦の公開処刑では、 他のプレイヤー全員に手札を公開することになります。 自分の右隣の人を公開処刑することで、その人のターンが来る前に他の人が兵士で刺すことができたりと、工夫した使い方も可能です。 最後まで生き残った人は 持っていたカード分のポイントを得られる。 途中で脱落すると0ポイント• 脱落させられると0ポイントなので、脱落させた人を恨みがちです(笑) 4人だと枚数の減りが早いため、 XENOを2セット買って一部のカードを追加して遊ぶのも面白そうだなと感じています。 また2セットで枚数調整することで5人以上で遊ぶことも出来そうです。 記念すべき一回目はvsメンタリストDaiGoです。 頭脳戦好きにはたまらない内容となっていますので、ぜひご覧いただきXENO欲を高めてください(笑).

次の

オリラジ中田のカードゲームXENO(ゼノ)について|ゴクラキズム

ゼノ カード

通常版XENO【ゼノ】 ラブレター プレイ人数 2〜4人 2〜4人 プレイ時間 3〜10分 5〜10分 対象年齢 12歳以上 10歳以上 内容 全カード18枚 全カード48枚 トークン12個 タイル1枚 説明書1冊 本体価格 770円 1850円 XENO【ゼノ】の特徴• カード枚数が18枚と少ないためプレイ時間も短くなる傾向がある• 価格が安価• 対象年齢が12歳以上 ( イラストやカードにテキストがないことから中学生以上に好ましいかと) ざっと特徴としてはこんな感じ。 XENO【ゼノ】の気になる点 カードにイラストのみしか描かれておらず、そのカードが有する効果が記載されていないため、 効果を覚えるの少々時間がかかります。 しかし、この気になる点もポジティブに考えれば、 記憶力アップなどの脳の活性化にもつながると言えます! XENO【ゼノ】の収録カード XENO【ゼノ】に収録されているカードは 全部で18枚。 Rank1〜8までは2枚ずつ収録されており、Rank 9とRank10は1枚ずつ収録されています。 そのほか、各カードの名称が書かれたカードが4枚収録されています。 (裏にはQRコードが記載)• 少年:2枚• 兵士:2枚• 占師:2枚• 乙女:2枚• 死神:2枚• 貴族:2枚• 賢者:2枚• 精霊:2枚• 皇帝:1枚• 英雄:1枚• QRコードカード:4 少年【Rank1】:2枚 効果『革命』1枚目の捨て札は何の効果も発動しません。 場に2枚目が出た時には皇帝と同じ効果 『公開処刑』を発動させる能力を持ちます。 兵士【Rank2】:2枚 効果『捜査』相手を1人指名し、相手の手札を言い当てると、その相手を脱落させることができる能力を持ちます。 失敗の場合は、そのままゲームは継続されます。 占師【Rank3】:2枚 効果『透視』 相手を指名し手札を見ることができる能力を持ちます。 乙女【Rank4】:2枚 効果『守護』 次の自分のターンまで自分への全ての効果を完全無効にする能力を持ちます。 死神【Rank5】:2枚 効果『疫病』相手を1人指名し山札から1枚引かせます。 その後、手札が2枚になった相手の手札を非公開のままシャッフルし、1枚を選択して捨てさせる能力を持ちます。 貴族【Rank6】:2枚 効果『対決』 相手を指名し、手札を見せ合います。 数字の小さい方が脱落するというシンプルな能力を持ちます。 選択した後、残り2枚はデッキに戻しシャッフルます。 精霊【Rank8】:2枚 効果『交換』指名した相手の手札と自分の手札を交換する能力を持ちます。 皇帝【Rank9】:1枚 効果『公開処刑』指名した相手にデッキから1枚引かせます。 その後手札を2枚とも公開させ、どちらか1枚を指定し捨てさせる能力を持ちます。 さらに 英雄を一発で脱落させることができます。 英雄【Rank10】:1枚 効果『潜伏・転生』場に出すことができません。 捨てさせられたら脱落しますが『皇帝』以外に脱落させられた時に『転生札』を手札に戻し復活できる能力があります。 XENO【ゼノ】の勝利条件• デッキがなくなった時大きい数字を所持している。 【Rank2】『兵士』の効果で相手の手札を言い当てる。 【Rank6】『貴族』の効果で指名した相手より数字が大きければ勝利。 相手が【Rank 10】『英雄』を所持している時に【Rank9】『皇帝』を使用する。 XENO【ゼノ】開始の準備 プレイヤーは先行、後攻、またはどの順番で進めていくかを決定します。 プレイヤーはデッキの上から1枚ずつ選択し裏側で伏せます。 さらにデッキの上から1枚引き、裏側横向きにしてデッキの一番下にセットします。 これが 『転生札』というものになります。 ここまでが準備となります。 手札を公開 交互、または順番に進めていきデッキがなくなった場合、脱落していないプレイヤーは持っている手札の【 Rank】(カードの左上に書いてある数字)の大きさで勝敗を決めます。 この時脱落していない 全てのプレイヤーは手札を公開します。 3人や4人でプレイする場合もルールは同じです。 リンク XENO【ゼノ】のレビュー(運ゲーになりにくい神ゲーです) 結論、運ゲーになりにくい神ゲーです。 運ゲーになりにくい 強いカードが明確であるにもかかわらず、【Rank9】や【Rank10】のカードを防げたり、それらを破壊するような下克上カードも存在します。 プレイヤーの心理状況にも左右され、自分の手札をどう使用するかで勝敗を左右するゲーム運びとなります。 おわり。

次の

【ドラゴンボールヒーローズ】最強カード

ゼノ カード

今回は 2020 年 3 月 14 日土曜日に発売したスーパードラゴンボールヒーローズスターターパック「ゼノゴールド」で収録されているカードの使い道を簡単にご紹介させていただきます。 今回は重要なところだけをご紹介させていただいております。 各カード個々の詳細な使い道に関しては、順次更新させていただきますのでお待ちください。 ) 本セットは「スターターセット」と命名されておりますが、このセットは販売価格が500円というのにも関わらず収録内容が非常に豪華であり、同時発売の「アルティメットシルバー」収録の「ザマス合体」にばかり目を取られがちですが、「ゼノゴールド」も強力なカードが複数収録されております。 管理人の近所には「ゼノゴールド」だけなら売れ残っていることが多かったので、まだ購入されていない方は残っていた場合には購入を検討してみるといいかもしれません。 スポンサーリンク 孫悟空ゼノ アビリティの発動条件が色々と厳しそうですが、発動できればユニットメンバーを気力ダメージから守れたり、ステータス増加をさせることができたりと得るものは大きいかと思います。 このアビリティを発動させるポイントとしては、このカードも持っている「合体」によって自分チームの人数そのものを減らしたり、アタッカ ーにしても人数には数えられない下記のような「巨大化キャラ・ SPカード」といったカード達と相性が良さそうです! ベジータゼノ のように倍増を活かした「究極龍拳」のようなCAA・TAAはありませんが、 「合体効果によるダメージ 3 倍」と「不意打ち」のアビリティで合体後は「3倍ダメージ&ガードとダメージ軽減効果を無効」による攻撃が非常に強力です。 エナジー妨害も可能であるため、活躍できる場は割と多そうです。 悟飯ゼノ 下記のと「ユニット・ユニットメンバー・アビリティ内容」の3点に共通点が多いため、一緒に編成することで「戦闘力制限ユニット」・「防御系アビリティ」を各2枠ずつ編成することができ、シンプルに強いデッキが組めそうです。 「かめはめ波」による復活対策にも期待できますね! 悟天ゼノ 今まで悟天ゼノの候補としては、 「逆襲の好機+神龍」・「絶好の好機+パワー 1 ロックオン」といった候補が使われていた印象がありますが、今回収録の悟天ゼノでは「気絶を狙えるトリプルアタック」くらいしか見所が無いため、上記の 2 枚に比べると使われる頻度は低くなることが予想されます。 トランクスゼノ 「タイムパトロール」による CI 補助は相手によって機能しない可能性があるため個人的には「無いよりは増し程度」で考えていますが、 上記でご紹介した「孫悟飯ゼノ」とユニットメンバーが被っているため、 悟飯ゼノの他に「戦闘力制限ユニット」を組む必要がないというデッキの場合には「ユニット発動のタイミング」での気力回復をでき、「回復した分の気力を相手から妨害されにくい」といったメリットを活かしての採用が個人的には良いかな~と思っています。 この他にもユニットメンバーの孫悟飯:ゼノの枠で「戦闘力を3倍にできる」下記のカードとトランクスが持つ、「ダブル効果を合わせて戦闘力 6倍を 付与させる。 」 といった使い方も個人的には良いかと思います。 時の界王神 「神聖なる力」持ちの「時の界王神」を採用したいのであれば、 2R 目のチェンジによる HP 増加も考えるとありなのかもしれません。 また、チェンジ前の状態では「ヒーロータイプで通常形態」であるため、下記の「」 と 「2R でチェンジをする」・「 1R でサポーターに下げない」限りは見分けがつかないという点も「プレイング」的な意味で効果がありそうです。 魔神ドミグラ 「冷たい眼光」による1Rのエナジー増加妨害と「ゴッドメテオ」を保有していますが、ゴッドメテオ効果が「サポーターのパワー・ガードを1人につき3000ダウン」という使い勝手が悪いものとなっているのと、魔神ドミグラの枠には他にも多数の有力な採用候補が存在するため、使用頻度は低いでしょう。 まとめ 今回は 2020 年 3 月 14 日土曜日に発売したスーパードラゴンボールヒーローズスターターパック「ゼノゴールド」で収録されているカードの使い道を簡単にご紹介させていただきました。 アルティメットシルバーのように環境で使われ続けるようなカードは無いかもしれませんが、デッキ構築の幅を広げる分には十分に役立つセットであり、500円を払う価値は十分にあるかと思いますので、まだ購入されていない方はぜひ購入を検討してみてください。 以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!.

次の