阪神タイガース ドラフト 2019。 ドラフト|チーム情報|阪神タイガース公式サイト

小川一平 (野球)

阪神タイガース ドラフト 2019

【2019ドラフト】阪神タイガース:指名選手一覧• 2019年ドラフト:阪神タイガース指名選手ポジション比率• 2019年ドラフト:阪神タイガース指名選手年齢比率 阪神タイガースの2019年ドラフトは、高校BIG4の一人・奥川恭伸選手の指名から始まりました。 その奥川選手はくじで外してしまいますが、外れ1位で同じく高校BIG4・西純矢選手を指名しました。 その後もドラフト5位までは高卒選手の指名、6位と育成指名の2人を合わせた3名が大卒選手となりました。 他球団と比較しても、ドラフトの上位指名をすべて高校生としのは阪神タイガースだけです。 ポジション比率を見てみると、投手と外野手を中心にバランスの良い指名となっています。 【2019ドラフト】阪神タイガース:1位・西純矢選手• 名前:西純矢(にし・じゅんや)• ポジション:投手• 生年月日:2001年9月13日• 出身:広島県• 経歴:創志学園高 2019年の高校BIG4の一人。 派手なガッツポーズを見せるなど、気迫十分のピッチングスタイルだが、審判からの注意を受け3年時には封印している。 【2019ドラフト】阪神タイガース:2位・井上広大選手• 名前:井上広大(いのうえ・こうた)• ポジション:外野手• 生年月日:2001年8月12日• 出身:大阪府• 経歴:履正社高 187cm95kgの恵まれた体格から逆方向へも長打を放つ高校屈指のパワーヒッター。 3年夏の甲子園では、高校BIG4の一人・奥川恭伸選手から試合を決める特大アーチを放ち全国制覇。 50m・6秒3、遠投100mと身体能力が高く、外野守備にも定評がある。 【2019ドラフト】阪神タイガース:3位・及川雅貴選手• 名前:及川雅貴(およかわ・まさき)• ポジション:投手• 生年月日:2001年4月18日• 出身:千葉県• 経歴:横浜高 高校BIG4で唯一のサウスポー。 高校3年時は実力を発揮できず、BIG4で唯一のドラフト3巡目指名となるも、潜在能力は世代No. 1と言われている未完の大器。 【2019ドラフト】阪神タイガース:4位・遠藤成選手• 名前:遠藤成(えんどう・じょう)• ポジション:内野手(遊撃手)• 生年月日:2001年9月19日• 出身:秋田県• プロでは内野手として大成を目指す。 【2019ドラフト】阪神タイガース:5位・藤田健斗選手• 名前:藤田健斗(ふじた・けんと)• ポジション:捕手• 生年月日:2001年10月18日• 出身:滋賀県• 経歴:中京学院大中京高 小柄な体格ながら、遠投120mの強肩で、1. 8秒台のセカンド送球とインサイドワークの良さに定評があるキャッチャー。 バッティングは長打力こそあまり期待できないが、左右を苦にしないシェアな打撃を見せる。 【2019ドラフト】阪神タイガース:6位・小川一平選手• 名前:小川一平(おがわ・いっぺい)• ポジション:投手• 生年月日:1997年6月3日• 出身:神奈川県• 【2019ドラフト】阪神タイガース:育成1位・小野寺暖選手• 名前:小野寺暖(おのでら・だん)• ポジション:外野手• 生年月日:1998年3月17日• 出身:奈良県• 大学在籍中にはリーグMVPに2度輝いている。 ミート力と選球眼に高評価を得ている。 【2019ドラフト】阪神タイガース:育成2位・奥山皓太選手• 名前:奥山皓太(おくやま・こうた)• ポジション:外野手• 生年月日:1997年9月3日• 出身:山梨県• 阪神タイガース2019年ドラフトまとめ ここまで、2019年プロ野球ドラフト会議における、阪神タイガースの指名選手8人を紹介してきました。 1位~5位までは、甲子園を沸かせた選手ばかりの指名となった今回のドラフト。 「そんなに高卒ばかりとっても…」という声も上がっているようですが、将来の阪神タイガースを背負って立つ選手になれるよう、しっかりと育成してほしいと思います。 個人的には、ドラ1・西純矢選手とドラ3・及川雅貴選手が左右のWエースとなっているところを見てみたいです。 以上、 あおなによる 阪神タイガースの2019年ドラフト指名選手8人でした。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

阪神タイガースのドラフトの狙い(2019)

阪神タイガース ドラフト 2019

そこで、今年も「ドラフト答え合わせ」。 決まってしまった結果を眺めてみて、これからのこのチームは、プロ野球は……そんな空想を思い巡らせてみたり、ドラフトの当日談に後日談。 人間模様も聞こえてくるのかもしれない。 この考察は、単なる「ドラフト採点」などではない。 最初の答え合わせは、2019ドラフトの結果から拾ってみた。 阪神タイガースが胸のすくような「指名」をやってのけた。 甲子園のスターで5位までゴリ押し。 いつ、こういう痛快なドラフトをしてくれるのか……実は、もうずーっと前から待っていた。 いつ、こういう漫画みたいな「夢満載」の指名をしてくれるのか。 例年、ちょっと意味不明気味の、行き当たりばったりとは言わないが、なんとも説明、解説の難しい指名ぶりにお付き合いしてきただけに、余計に「阪神のドラフトが豹変した」といういい意味での驚きを禁じ得なかった。

次の

2019年の阪神タイガース

阪神タイガース ドラフト 2019

概要 [ ] 開幕前 の一軍監督就任に伴い、2018年限りでコーチを辞任していたを新たに一軍ヘッドコーチに招聘。 その他、前年までの一軍と二軍のコーチ陣を大幅に入れ替える形で首脳陣を編成した。 からFA宣言していたを獲得。 から自由契約となっていたを獲得した他 、新外国人としての 、のを獲得した。 オープン戦期間中には、ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019「対」に出場する日本代表にを派遣。 シーズン中 キャンプ中の実戦、オープン戦を通じて打撃好調であった新人のとがそれぞれ「1番・遊撃手」「2番・中堅手」として開幕戦にスタメン出場。 阪神の新人選手2人による開幕スタメンはの・以来47年ぶりの出来事であり、1番・2番としての出場は球団史上初であった。 木浪、近本は共に後にレギュラーに定着したものの 、慢性的な得点力不足は前年から解消されておらず 、、、らベテラン勢の不振・離脱・欠場が相次いだ影響もあり、特に夏場にかけて徐々に成績は低迷した。 最終的には12球団中最下位のチーム総得点(538)を記録した他 、守備面での不振も目立ちチーム失策数が12球団中最下位の102を数えた。 だが矢野新監督の掲げた「超積極的野球」の効果から、チームの盗塁数はリーグトップの100盗塁を記録した。 一方で、投手陣では新加入のを始め、が新たに先発ローテーションに定着。 また、や、、僅差の場面での登板に不安を見せたドリスに変わって守護神に返り咲いたといった昨季までの面々に新外国人のジョンソンや昨季まで一軍で出番の少なかった、らが加わってより強力となった救援陣がチームを牽引し 、チーム防御率3. 46、救援防御率2. 70はともに12球団中トップを記録。 シーズン最終盤には、残り試合が僅かとなる中で、3試合連続を含む4度の零封及び42回連続無失点を記録した投手陣の活躍もあってシーズン最多の6連勝を果たし 、最大6. 5ゲーム差を逆転して3位に浮上 、2年ぶりの進出を決定した。 CSでは、2位のと1stステージを戦い、初戦ではCS史上最大となる6点差を逆転して勝利するなど2勝1敗でファイナルステージへ進出。 以来のCSファイナルステージでは、首位の読売ジャイアンツに対して1勝3敗に終わり日本シリーズ進出は逃した。 記録では、が日米通算100勝を達成。 近本がシーズン159安打を記録しセ・リーグ新人安打記録を更新。 近本、木浪が共に球団新人記録となる13試合連続安打を記録。 藤川がNPB史上初の「通算150セーブ・150ホールド」を達成。 梅野がを達成した他 、シーズン123補殺を記録して捕手のシーズン補殺の日本記録を更新した。 また、近本が新人ではの以来NPB史上2人目、球団ではの赤星以来となるを獲得した。 西、梅野が球団史上初めてバッテリー同時でのゴールデングラブ賞を受賞。 梅野は自身2年連続2度目の受賞で、球団の捕手では(・)以来45年ぶり2人目となる2年連続受賞となった。 また、西の同受賞は球団の投手では史上初の出来事であった。 シーズン終了後 メッセンジャー 、 、が現役を引退。 一軍打撃コーチ、トレーニングコーチが退団。 主催試合での総観客動員数が2年ぶりに300万人を突破した。 がのメキシコ代表に選手された。 5 阪神 4. 0 広島 3. 0 DeNA 3. 5 DeNA 5. 0 DeNA 5. 5 3位 中日 3. 0 巨人 5. 5 阪神 5. 5 広島 5. 0 広島 7. 5 阪神 6. 0 4位 阪神 3. 5 中日 8. 5 DeNA 阪神 8. 5 阪神 10. 5 広島 6. 5 5位 広島 8. 5 DeNA 9. 5 中日 8. 0 中日 11. 0 中日 13. 5 中日 9. 0 6位 DeNA 6. 5 ヤクルト 11. 5 ヤクルト 14. 0 ヤクルト 17. 0 ヤクルト 20. 5 ヤクルト 18. 0 最終成績 順位 優勝 77 64 2. 546 --- 2位 71 69 3. 507 5. 5 3位 69 68 6. 504 6. 0 4位 70 70 3. 500 6. 5 5位 68 73 2. 482 9. 0 6位 59 82 2. 418 18. 0 セ・パ交流戦 [ ] 日本生命セ・パ交流戦2019 最終成績 順位 優勝 福岡ソフトバンクホークス 11 5 2. 688 --- 2位 オリックス・バファローズ 11 6 1. 647 0. 5 3位 読売ジャイアンツ 11 7 0. 611 1. 0 4位 横浜DeNAベイスターズ 10 7 1. 588 1. 5 5位 埼玉西武ライオンズ 10 8 0. 556 2. 0 6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 10 8 0. 556 2. 0 7位 北海道日本ハムファイターズ 8 9 1. 471 3. 5 8位 中日ドラゴンズ 8 10 0. 444 4. 0 9位 千葉ロッテマリーンズ 8 10 0. 444 4. 0 10位 阪神タイガース 6 10 2. 375 5. 0 11位 東京ヤクルトスワローズ 6 12 0. 333 6. 0 12位 広島東洋カープ 5 12 1. 294 6. 5 クライマックスシリーズ [ ] 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月5日(土) 第1戦 阪神タイガース 8 - 7 横浜DeNAベイスターズ 10月6日(日) 第2戦 阪神タイガース 4 - 6x 横浜DeNAベイスターズ 10月7日(月) 第3戦 阪神タイガース 2 - 1 横浜DeNAベイスターズ 勝者:阪神タイガース 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 アドバンテージ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ 10月9日(水) 第1戦 阪神タイガース 2 - 5 読売ジャイアンツ 10月10日(木) 第2戦 阪神タイガース 0 - 6 読売ジャイアンツ 10月11日(金) 第3戦 阪神タイガース 7 - 6 読売ジャイアンツ 10月12日(土) (台風19号)のため中止 10月13日(日) 第4戦 阪神タイガース 1 - 4 読売ジャイアンツ 勝者:読売ジャイアンツ 入団・退団 [ ] シーズン開幕前 [ ] 本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。 なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。 また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。 支配下選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 16 FA移籍 15 育成再契約 47 ドラフト5位 38 BCリーグ・ 48 ドラフト4位 42 FA人的補償 52 新外国人 47 65 ・ ドラフト6位 48 77 自由契約 98 ドリス 再契約 98 再契約 捕手 52 球団職員 内野手 0 Honda ドラフト3位 5 BCリーグ・ 31 新外国人 20 AAA 38 ドラフト2位 49 球団職員 93 外野手 5 ドラフト1位 45 育成再契約 65 球団職員 育成選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 115 横山雄哉 支配下選手 再契約 捕手 122 BCリーグ・ 育成ドラフト1位 外野手 124 育成選手 再契約 124 横田慎太郎 育成再契約 125 藤谷洸介 支配下選手 再契約 シーズン開幕後 [ ] 本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。 入団 退団 月 No. 選手名 守備 区分 前所属 No. 太字はリーグ最高。 556 172. 1 159 12 112 36 9 60 56 2. 500 143. 1 145 14 100 42 12 56 50 3. 571 50. 2 56 5 35 12 1 27 24 4. 000 3. 1 5 0 6 5 0 4 4 10. 000 1. 1 2 0 0 1 0 1 1 6. 000 53. 2 24 5 58 17 3 11 6 1. 333 40. 1 43 4 33 15 0 19 18 4. 429 77. 2 90 13 43 21 3 46 39 4. 000 5. 1 6 2 4 3 1 5 5 8. 000 5. 2 6 1 6 5 1 4 4 6. 000 11. 2 11 0 6 13 1 3 3 2. 429 103. 2 123 8 79 40 6 66 54 4. 000 5. 0 10 1 6 3 1 9 5 9. 667 15. 1 20 0 14 5 0 8 8 4. 000 2. 0 1 0 2 3 0 0 0 0. 000 59. 1 42 4 60 14 4 13 11 1. 400 58. 2 34 2 91 13 1 12 9 1. 000 5. 2 6 0 6 1 1 4 3 4. 000 0. 1 0 0 0 0 0 0 0 0. 250 109. 2 115 9 125 38 0 56 46 3. 000 7. 1 8 0 4 3 0 4 3 3. 556 55. 1 36 1 50 11 1 16 13 2. 333 44. 0 37 5 41 24 1 21 21 4. 000 3. 1 7 3 4 1 0 4 4 10. 667 28. 0 35 4 27 8 0 21 19 6. 000 2. 0 6 1 3 1 0 5 5 22. 800 56. 0 29 3 83 32 0 11 11 1. 000 4. 1 4 0 3 6 2 1 1 2. 300 79. 0 71 11 55 38 2 45 41 4. 500 31. 1 33 4 26 16 3 15 14 4. 500 54. 0 45 3 53 17 0 19 18 3. 00 合計 5 3 69 68 36 96. 504 1289. 2 1209 115 444 53 1135 566 496 3. 46 打撃成績 [ ]• 色付きは規定打席(443打席)以上の選手• 太字はリーグ最高。 選手 103 444 382 45 120 22 1 5 159 42 9 5 0 3 52 7 63 10. 314. 403 142 640 586 81 159 20 7 9 220 42 36 15 14 3 31 6 110 2. 271. 313 143 572 491 66 131 20 4 2 165 45 6 5 11 3 60 7 70 7. 267. 390 129 492 433 49 115 22 3 9 170 59 14 3 16 3 34 6 83 16. 266. 353 143 587 538 52 139 33 1 14 216 76 3 0 1 4 39 5 98 12. 258. 000. 242. 192. 067. 262. 175. 250. 000. 188. 269. 207. 000 1. 181. 209. 276. 256. 247. 284. 000. 109. 000. 125. 000. 000. 133. 100. 205. 000 1. 000. 000. 000. 000 合計 5465 4835 538 1213 216 20 94 1751 509 100 36 104 30 447 49 1044 102. 251. 319 表彰 [ ]• 36個(初受賞)• オールスターゲームMVP〈第2戦〉• 〈捕〉(2年連続2回目)• ゴールデングラブ賞〈投〉(初受賞)• 〈投手9月〉(初受賞、パで1度)• 月間MVP〈野手6月〉(初受賞、パで2度)• (5月、年間大賞)• スカパー! サヨナラ賞(6月)• 敢闘選手賞()• オールスターゲーム マイナビ賞• オールスターゲーム 賞• 連盟特別表彰・特別賞• スカパー! サヨナラ賞(7月) 達成記録・出来事 [ ]• - が自身のの公式アカウントでであることを公表• - が1回戦()で先発登板し勝ち投手となって日米通算100勝(NPB96勝・MLB4勝)• - が広島2回戦で(マツダ)で8回にから本塁打を放ち通算1000打点、史上46人目• - が1回戦()でを達成、史上69人目• - が5回戦()で1回にから二塁打を放ち通算300二塁打、史上71人目• - 福留孝介がDeNA9回戦(甲子園)で9回にから本塁打を放ち通算5万号• - 糸井嘉男が広島12回戦(マツダ)で1回にから死球を記録し通算100死球、史上21人目• - が1回戦()で通算150ホールド、史上7人目• - 福留孝介が3回戦()で9回にから二塁打を放ち日米通算500二塁打(NPB389本・MLB111本)• - が1回戦(甲子園)で5回にから三振を奪い通算1000奪三振、史上149人目• - 新外国人選手ののと契約の締結を発表• - が第2戦(甲子園)でサイクル安打を達成、史上2人目• - 福留孝介が16回戦()で2回にから本塁打を放ち通算1000得点、史上42人目• - ソラーテが中日15回戦(甲子園)で5回にから本塁打を放ち球団通算8000号、史上8球団目• - 糸井嘉男が16回戦()で先発出場し通算1500試合出場、史上195人目• - が今シーズン限りの退団を表明• - ヤクルト21回戦(甲子園)で敗戦を喫し、球団通算5000敗。 史上3球団目(5309勝5000敗318分)• - メッセンジャーの今季限りの引退を発表• - 近本光司がヤクルト25回戦(甲子園)で1回にから安打を放ちシーズン154安打、の(巨人)の持つ新人最多安打記録を更新(最終記録は159安打)• - からの復帰を目指していたの今季限りの引退を発表• - 梅野隆太郎が巨人25回戦(甲子園)で9回二死からの振り逃げ阻止のための一塁への送球でシーズン120補殺、の(東映)の持つ捕手補殺のプロ野球記録更新(最終記録は123補殺) ドラフト指名選手 [ ]• 阪神タイガース公式サイト 球団ニュース 2018年10月22日• Sponichi Annex 2018年12月7日• Sponichi Annex 2018年12月17日• デイリースポーツ online 2018年12月8日• 日刊スポーツ 2018年12月28日• 阪神タイガース公式サイト 2019年2月18日• SANSPO. COM 2019年3月29日• 日刊スポーツ 2019年3月29日• COM 2019年9月5日• デイリースポーツonline 2019年7月1日• 2019年10月8日• J-CASTニュース 2019年8月5日• 日刊スポーツ 2019年7月14日• Yahoo! ニュース 2019年10月6日• AERA dot. 2019年10月8日• Sponichi Annex 2019年10月1日• NHKニュース 2019年10月1日• デイリースポーツonline 2019年9月30日• 日刊スポーツ 2019年4月5日• SANSPO. COM 2019年9月30日• スポーツ報知 2019年6月12日• SANSPO. COM 2019年4月9日• BBNews 2019年9月30日• スポーツ報知 2019年10月1日• COM 2019年10月31日• Sponichi Annex 2019年10月31日• 日刊スポーツ 2019年9月18日• 日刊スポーツ 2019年9月25日• 日刊スポーツ 2019年9月26日• 阪神タイガース公式サイト 2019年10月15日• デイリースポーツonline 2019年9月24日• SANSPO. COM 2019年9月29日• Full-count 2019年10月8日• サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019年3月30日. 2019年3月30日閲覧。 栃木ゴールデンブレーブス公式HP 2019年3月12日. 2019年3月13日閲覧。 NPBHP• 阪神タイガース公式HP• NPBHP• 2019年10月17日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の