ティー カップ プードル 体重。 トイプードルの体重

ティーカップやタイニープードルを飼っていらっしゃる方に質問です。

ティー カップ プードル 体重

【目次】ティーカッププードルについて知ろう!性格や値段、寿命、病気など ティーカッププードルとは とても小さいプードルのティーカッププードル。 実はティーカッププードルという名前は、犬種の制定をするケネルクラブに登録された正式な犬種ではありません。 ティーカッププードルは、犬種的には です。 後述もしますが、2kg以下のプードルのことをティーカッププードルと言います。 と のような関係性ですね。 ティーカッププードルの特徴 ティーカッププードルは、プードルと言われてよく連想される姿形そのままの外見をしています。 ぬいぐるみのようなふわふわした外見で、もこもこした毛に覆われており、とても小柄な体格をしています。 毛皮自体はシングルコートなので、その見た目から受ける印象とは違い、抜け毛はとても少ないです。 小柄な外見通り、筋肉も骨もかなり弱い犬種です。 ティーカッププードルは生後6~7か月ほどで成長が止まります。 体重は1. 5~1. 8㎏で、体高は20㎝以下です。 ティーカッププードルと体重 ティーカッププードルは、前述の通り体重の2kg以下のプードルのことを指します。 そのため、場合によってはティーカッププードルも大きくなりすぎてティーカッププードルの基準を逸脱してしまうことがあります。 プードルの体重と呼称を以下に重い順に並べました。 スタンダードプードル• ミディアムプードル• ミニチュアプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル が2~3kgなので、ティーカッププードルは更に小さい2kg以下のもの。 しかし、ティーカッププードルは、ケネルクラブ制定の犬が健康であるとされる基準体重を満たしておらず、正式な制定されたサイズとして認定されていません。 ティーカッププードルの毛色 ティーカッププードルの毛色は非常に様々な種類が存在します。 毛色によって性格が変わると言われており、ティーカッププードルを見極める上で毛色は非常に大切なものとされています。 ここでは3つのカラーをご紹介します。 ホワイト ホワイトのティーカッププードルは、甘えん坊な性格の子が多い傾向にあります。 ティーカッププードルのホワイトは、純白だったり乳白色だったり様々な色を指します。 レッド レッドが最も人気が高い毛色です。 まさにぬいぐるみのようなかわいい外観が人気の秘訣のようです。 レッドに似た濃いオレンジ色のアプリコットも人気色なので、なかなかペットショップで出会えることはないでしょう。 レッドやアプリコットは天真爛漫で元気な子の場合が多い傾向にあります。 ティーカッププードルの歴史 ティーカッププードルの歴史は、 の小型化の歴史そのままです。 プードルがいつから小型化されたかは定かではありません。 16世紀頃からフランスの上流階級の女性の中で人気になり、そこでプードルが小型化されたといわれているのが通説です。 小型化される前は、スタンダードプードルしか存在しませんでした。 しかし、17世紀から18世紀にかけては、明確にプードルが小型化されていることが記録に残っており、トイプードルのサイズまで小型化されているという記録が残っています。 さらに、18世紀にはフランスだけでなくイギリスにまで人気が飛び火しました。 日本に入ってきたのは1900年代中盤の頃の話で、ミニチュアプードルが3匹輸入されたのが始まりです。 2008年には日本での登録犬種でトイプードルが1位を獲得するほどの人気となりました。 更には警察犬試験に合格して嘱託警察犬として採用されるなど、トイプードルは愛玩犬にとどまらず、活躍の場を広げています。 ティーカッププードルは、さらに小さいプードルとして、ここ十数年の間にアメリカで作られるようになったとされています。 体重の箇所でも言及しましたが、ティーカッププードル自体はまだプードルの中の制定されているサイズとして認定されていません。 あまりに小さすぎて健全性の問題があるためです。 今後規格外から正式に認定されるには健全性の問題などをクリアしなければなりません。 ティーカッププードルの性格 好奇心旺盛で賢く、甘えん坊という基本的にはプードルの性格をそのまま引き継いで小型犬の特徴を足した性格です。 飼い主にとって嫌なことはほとんどしない、従順な性格をしています。 しかし、体がとても小さい分警戒心は非常に強いです。 社交性もあるので、他の動物がいる家庭でも飼いやすいとされています。 ティーカッププードルの飼育環境 ティーカッププードルはとても小さい犬なので、その分非常に弱い生き物です。 筋肉も骨も非常に弱く、低めのソファーから飛び降りても骨折する危険性が高いほど。 ティーカッププードルの生活環境周辺には段差をつくらないなど、工夫が必要でしょう。 散歩は必須ですが、体力のある犬ではないので、長時間の散歩は厳禁です。 また、散歩にしても小さいうちは外で菌を拾って病気になる可能性もあるため、できるだけ屋内で遊んであげるのが良いでしょう。 小さい体通り、病気にも非常に弱い犬種なのです。 また、ブラッシングは1日数回はしてあげると良いでしょう。 比較的毛が長い犬種なので丁寧にブラッシングをして、毛が絡まったり汚れがそのままになったりするのを防ぐようにしてください。 ティーカッププードルの寿命 ティーカッププードルの平均寿命は12~15年と、小型犬としては標準の寿命です。 体が弱いことから病気になりやすく寿命まで生きられないケースも多いので、日頃からの健康チェックを怠らないようにしましょう。 ティーカッププードルの値段 ティーカッププードルをペットショップで購入する場合、30万円前後程度かかります。 トイプードルよりも比較的高い値段です。 理由としては、個体数が少ないため。 歴史が浅いためか、ティーカッププードルは飼育難度が高いので個体数も少なく、繁殖も不安定です。 仕方ないと割り切るしかないかもしれません。 ティーカッププードルを選ぶ際の注意点 購入時は以下の点に気を付けると良いでしょう。 健康で小さい個体か• 病気になっていないか• 生後4ヶ月経っているか• 大きさの保証をしてくれているか たまに未熟児や栄養不足のトイプードルをティーカッププードルと偽る店やブリーダーがいるそうです。 生後4ヶ月までいくと、ちゃんとティーカッププードルの基準を満たしているかの判断がし易いです。 ティーカッププードルの気を付けたい病気 ティーカッププードルは比較的病気にかかりやすいです。 特に以下の病気には気を付けるようにしましょう。 クッシング症候群 小型のプードルがかかりやすい病気で、副腎の病気です。 疲れやすくなったり、ぐったりするような症状が増えた場合は、クッシング症候群かどうかを確認する必要があります。 免疫介在性溶血性貧血 免疫介在性溶血性貧血は、体内に侵入するウイルスや細菌などの外敵を攻撃する免疫システムが、自分の赤血球を攻撃し、破壊してしまうことによって発症します。 発症したら、元気がなくなる、疲れやすい、運動をしたがらない、などの貧血の一般的な症状のほかに多飲、多尿、食欲の低下や嘔吐、脈が速いなどの症状も見られます。 免疫介在性溶血性貧血は、原因が不明なこともあり、予防は困難です。 しかし、放置しておくと2~3週間で死亡することもあるので、早期発見、早期治療が重要です。 進行性網膜萎縮症 進行性網膜萎縮症は、網膜にある光を受容する部分に異常が生じることで網膜が徐々に委縮し、最終的には多くの犬が失明してしまいます。 進行性網膜萎縮症は遺伝性の病気であるため、予防することはできません。 ただ次世代へ引き継がせないように、繁殖計画をしっかり立てる必要があります。 他にも、「糖尿病」「てんかん」「膝蓋骨脱臼」「外耳炎」などプードルがかかりやすい病気にも注意が必要です。 ティーカッププードルの基本データ 原産国:フランス 価格:30万円ほど 平均寿命:12~15年 毛色:ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、カフェオレ、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなど 体重:1. 5~1. 8㎏前後 特徴:小柄で気品のあるクルクルとした体毛 性格:人懐っこく甘えん坊、賢い かかりやすい病気:免疫介在性溶血性貧血、進行性網膜萎縮症、糖尿病、てんかん、膝蓋骨脱臼、外耳炎など ティーカッププードルについて詳しくご紹介しました。 これから飼おうと考えている方の参考になれば幸いです。

次の

トイプードル子犬はいつまで成長する?成犬の平均体重や大きさとは!

ティー カップ プードル 体重

我が家には、10ヶ月のトイプードルの女の子がおります。 2ヶ月でウチに来た時 614gでした。 生後4ヶ月までは、もの凄い食欲で 始めはきちんと量って与えていた餌も 足りなそうに、いつまでもお皿を舐めている姿が可哀想で 1日の給与量を大幅にオーバーして与えておりましたが 食べてる割に、体重の増加少ない??と思っていたら 3ヶ月~4ヶ月、一気に1キロ増! どんなに大きな子になるのかと楽しみにしていたのですが 4ヶ月後半から、全く食に興味がなくなり 成長もピッタリ止まってしまいました。 5ヶ月から現在2. 2キロのままで体重の変化はありません。 どのくらいで成長が止まるか予想は難しいですが。 ティーカップやタイニーはペットショップや一部のブリーダーが「商品名」として使用しているだけです。 質問されている「生後三ヶ月で成長が止まる」と言われ、本当に生後三ヶ月で成長が止まるのであれば何かしらの障害があると思うべきです。 成長はどんなに早くても6ヶ月までは成長し続けます。 雌犬の場合は始めてのヒートを目安にする場合も有ります。 その後も、その犬種として出来上がるまでには、2年だと思って下さい。 「何キロ」で止まると言う質問ですが、個体によって違います。 質問者さんの愛犬も2キロにはなりますよ。 先の「動物取扱業販売」に対する解釈は間違っていますよ。 的確な回答をされていると思えば、今回のように自分の納得のいかない回答や気に入らない方に対しての攻撃的なやり方は如何なものでしょうね。 極小トイプー飼いではありませんが、 一部にトンチンカンな回答がありましたので、補足です。 >JKCはスタンダードからははずれているというだけで >認めていないわけではありませんし、 認めているって、血統書のコト? スタンダードから外れても、JKCの血統書は発行されます。 それは他の犬種でも同じです。 当たり前です。 だからって、健全と認められている訳じゃありませんよ? そもそもそのサイズを好んで作る悪徳ブリーダーたち、 血統書を発行しないと廃業するしかなくなりますからねー。 だからこそ、存在しない「ティーカップ」血統書ではなく、 無理矢理なトイプードルの血統書なのです…。 >小さいというだけで未熟児・奇形ではありません。 とは限りませんが、そうである確率や不健全な率は高いということです。 これは人間だって同じですよね? >これは、おそらく、小型化への警鐘もあると思いますが、 >JKCの上位機関のFCI 国際畜犬連盟 の改正に準じただけです。 JKCに確認済みです なぜ、FCI 国際畜犬連盟 が改正したのか、 調べてすらいないのですか!? ズバリ不健全だから、です。 JKCはイヤイヤ追従したのですね。 人間の勝手な姿形の理想を押し付ける形で作られたスタンダードが あまりにも不健全で、不幸な犬が大量に作られている現状を見直す運動が 世界的に起こり、その一環なのですね。 スタンダード自体が「健全な基準である」が大嘘だったのです。 >人が決めたスタンダードの範囲外というだけのことです。 スタンダード自体、まだまだ不健全ですが、 上記の通り、トイプーが小さい方に範囲外ならもっともっと不健全なのですよ。 スタンダードの意味や歴史的背景など、全くご存知ないのでは? もっと犬のこと、お勉強して下さいね…。 極小犬のリスク : いずれも獣医さんからのお話です。 お気をつけ下さい。 遺伝疾患が多発しやすい。 (小さくするために近親交配の程度が高いコが多い) 低血糖で何かと倒れやすい。 骨折などケガのリスクが高い。 同じ病気でも薬の適正処方、手術などの処置ともに難しい。 病気になると容態の変化が早く、しかも大きい。 知人のティーカップちゃんも、私が外で会う時は元気なので、 健康バリバリなコと思っていたのですが、 おうちでは体調の変化が激しいそうです。 PS あまりやりたくないのですが、あえてネーム出しますね。 redsuddunimpactさんは、ティーカップやタイニープードルは 「たまたま出ちゃったバラツキのコ」と本気でお考えなのでしょうか!? ならば、ティーカップやタイニープードル専門フリーダーが ゴロゴロ存在するのはナゼ? redsuddunimpactさんの主張では、その全てがパピーミルなのかな? そうでなく意図的に小型化しているから JKCもわざわざ注意喚起しているのですよ。 他の犬種にも普通にバラツキはありますが、 わざわざ注意書きはありませんよね? そして出産に向く向かない関係なく、急速な小型化と、 極小サイズそのものが犬として不健全なのです。

次の

ティーカッププードルは里親を募集してる?無料なの?

ティー カップ プードル 体重

さまざまなサイズが存在するプードル種の中でもいちばん小さなサイズのティーカッププードル。 まだ公認されたサイズではなく、正式には「小さめの」ということになります。 成犬になっても体重は2kg程度、体高は23cm以下と、まさにティーカップに入りそうなほど小さな体が特徴です。 相対的に食事量も少なめですが、骨が細く弱いため、健康維持のためには栄養たっぷりの食事を与える必要があります。 特に、健康な骨をつくる「カルシウム」や、体の基礎となり免疫を高める「タンパク質」は必須な栄養素です。 また、子犬は体内の糖分が不足して「低血糖」を起こしてしまうことがあるため、特に食事の栄養は重要です。 サイズに対して運動量が多いことや、内臓が未発達で消化不良を起こしやすいことなどが原因で、場合によっては死に至ることも。 小型犬の子犬が特に気をつけるべき症状で、ティーカッププードルも当てはまります。 ティーカッププードルはトイプードルの一種なので、トイプードル適したバランスのフードを選び、子犬のうちは空腹の時間を作らないように食事を3~5回に分けて与えましょう。 ティーカッププードルの原型でもある「プードル」は、古くは猟犬として鴨を狩っていました。 そのため、運動神経がよく、狩猟に適したしなやかな筋肉を持っています。 その血を引くティーカッププードルももれなく運動が大好きでよく動きたがります。 しかし、愛玩犬として小型化された犬なので、激しい運動をさせると体に負担がかかる場合もあります。 特別な運動は必要ありませんが、毎日の散歩は欠かさないでください。 外に出かけることでティーカッププードルの旺盛な好奇心も満たせるので、運動とリフレッシュを兼ねた理想的な時間にすることができます。 ティーカッププードルがかかりやすい病気.

次の