日本たばこ産業株価。 【日本たばこ産業(2914)】株価2600円 配当利回り5%超えは買い?減配や優待改悪リスクは?

【JT・日本たばこ産業】配当利回り・配当金推移、配当金支払日。M&A戦略とその履歴

日本たばこ産業株価

[2914]日本たばこ産業(JT)企業情報 企業概要 [2914]日本たばこ産業(JT) は、たばこ製造・販売会社です。 医薬品、食品・飲料の製造、販売も手掛けています。 日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立され、日本専売公社のタバコ事業を引き継いでいます。 本社は東京都港区虎ノ門。 日本たばこ産業株式会社法により、 全株式のうち3分の1以上を日本政府が保有するため、安定度の高い銘柄と考えられます。 5%超えの高い 配当金利回りと高い 株主還元意識が非常に魅力的な会社です。 プルーム・エス(Ploom S) 高温加熱型の電子たばこです。 紙巻たばこ セブンスター(Seven Stars) 1969年の2月に日本で初めてチャコールフィルターを採用したタバコとして発売されているタバコブランド。 現在でも JT の全銘柄の中で販売実績上位に必ず入っている人気銘柄。 メビウス(MEVIUS) 日本たばこ産業の JT の製品の中で最も銘柄数が多いタバコブランド。 喫煙者の様々なニーズに合わせて様々なラインナップを揃えているブランドです。 ピース(Peace) バニラ豆のバニリン風加工を施していて、「ほのかに甘く華やかな香りと深みのある風味」が特徴。 [2914]日本たばこ産業(JT) 株価 ( 2020/07/11時点) [2914]日本たばこ産業(JT)の 株価は、 1930円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約19.3万円です。 1年チャート 5年チャート [2914]日本たばこ産業(JT) 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [2914]日本たばこ産業(JT)の配当金関係の基本情報です。 ( 2020/07/11時点) 配当金 [2914]日本たばこ産業(JT)の 1株当たりの配当金は、 154円です。 100株保有の場合、 年間15400円の配当金が支払われます。 配当利回り [2914]日本たばこ産業(JT)の 配当利回りは、 7.98%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 7. 79685= 6. 36% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [2914]日本たばこ産業(JT)の 権利確定月は、 6月・12月です。 配当性向 [2914]日本たばこ産業(JT)の 配当性向は、 90%です。 [2914]日本たばこ産業(JT) 配当金まとめ 株価 1930円 年間配当 154円 最低購入額(100株) 約19.3万円 年間配当(100株) 15400円 利回り(税引き前) 7.98% 実質利回り(税引き後) 6.36% ( 2020/07/11時点) [2914]日本たばこ産業(JT)配当金の支払い実績・配当性向 配当金の支払い実績 [2914]日本たばこ産業(JT)過去の配当支払い実績です。 2012年以降、 増配を継続中です。 この間の上昇率は3~41%、平均で12%と素晴らしい 配当の増配上昇率です。 企業として 非常に高い株主還元意識が感じられます。 配当性向 [2914]日本たばこ産業(JT)の配当性向です。 2015年までは 40%程度の配当性向を維持していますが、2015年以降、配当性向は連続上昇し、2020年予想では、 80%に達しています。 少しずつ増配余地は少なくなってきていると言えます。 [2914]日本たばこ産業(JT)業績 売上高 [2914]日本たばこ産業(JT)の売上高は、毎年 2兆円弱程度で極めて安定的に推移しています。 この安定性は、たばこという商品独特の 特異性・中毒性のなせる業だと思います。 営業利益 [2914]日本たばこ産業(JT)の営業利益は、毎年 5000億円程度でこちらも極めて安定的に推移しています。 純利益 [2914]日本たばこ産業(JT)の純利益は、毎年 3000億~4000億円程度でこちらも安定的に推移しています。 まとめ [2914]日本たばこ産業(JT)は、5%超えの高い配当利回りと増配傾向が魅力の銘柄です。 50%以下の配当性向と増配余地も大きく、配当金狙いのポートフォリオにぜひ組み込みたい銘柄です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

JT(2914)の株主優待紹介

日本たばこ産業株価

2015年6月頃から下がり続けているJTの株価 まずはJTの株価推移を確認してみよう。 2914 日本たばこ産業のチャート推移 1994年10月に上場して以来、大きな上昇、下落を繰り返しながら2015年6月頃には4,850円という高値を記録しています。 では 配当金を加味するとどれくらいの損失だったのか?参考までに試算してみたい。 2015年の高値で購入してしまった人の損益試算 仮にJT株を4,850円で200株、97万円分購入していた場合、現在どれくらいの損を抱えているのか具体的に試算します。 このように株価下落の傾向にあるものの、高配当であることから多くの個人投資家を魅了しつつあるJT株。 そんなJT株に投資をしても良いのだろうか? スポンサードサーチ JT(日本たばこ産業)の事業概要 JTは連結子会社224社、持分法適用会社11社から構成されるグローバル企業。 国内たばこ事業、海外たばこ事業、医薬事業、加工食品事業の4つの柱からなる大企業です。 つまり、JTの株価が今後上がるのか、下がるのかを予想するには、 タバコ産業の儲けが今後、どのように推移していくのか?がキーポイントということが分かります。 縮小を続ける国内たばこ事業、だが利益率は落ちていない。 国内たばこ事業の売上は減少の一歩を辿り、日本国民のたばこ離れは着実に進んでいることがわかります。 2013年:売上12,273百万ドル、調整後営業利益4,206百万ドル(利益率34. また連結会社を含めた海外たばこ事業の従業員数は2014年25,829人であったが、2018年は 45,319人と大幅に増加している。 JTの株価低迷は海外たばこ事業の不振に原因があるのかもしれません。 そこで世界のたばこ事情について調査する。 海外たばこ事業の不振の理由はなんだ? JTいわく、JTは世界第3位のたばこメーカーです。 海外のたばこ事業の売上が伸びていない原因として、世界の喫煙者数の低下、もしくはトップメーカー同士のシェアの奪い合いが起きていると推測できます。 もし、 世界の喫煙者数の低下が原因であれば他の海外のたばこメーカーの株価推移もJTと同じく下落トレンドかもしれません。 そこでライバル会社の株価をチェックしてみたところ驚くことが分かります。 世界のほとんどのタバコメーカーの株価が近年大きく下落しているのです。 JTのライバル フィリップモリス(米国:Philip Morris international)の株価推移 電子たばこが既存のたばこメーカーを駆逐している? 喫煙者であればタバコの種類について知っている人も多いだろうが、大きく分けるとタバコは3つの種類に分けることができます。 ライターで火をつけて吸う紙タバコ、機械的に加熱して煙を吸う加熱式たばこ(アイコス、ブルームテックなど)、そして 急速に広がりつつある電子たばこです。 急速に広がりつつある電子だばこ使用者 電子たばこは液体を加熱し、その蒸気を吸い込むという形を取っています。 煙の発生がゼロであり、様々なフレーバーを楽しむことができ、吸い殻の処理をしなくて良いといったメリットがあり、近年利用者が急増。 市場調査会社「ユーロモニター・インターナショナル」の調査結果によると 「世界の電子たばこの使用者は2011年の700万人から、2018年には4100万人に急増している。 」 というような報道がされるほど、 電子たばこの登場によって、世界のタバコ勢力図が塗りかえられつつあります。 電子タバコ企業 JUULがとんでも無い強さを見せている。 日本では聞くことが少ないものの、米国の電子タバコ企業「JUUL」がとてつもない勢いで成長しています。 既にDecacorn(デカコーン)呼ばれるほどの企業価値を持っており、その評価額は300億ドル以上(3兆円以上)あると言われている。 世界のたばこメーカーの株価が下落しているのは、 電子たばこの登場と市場規模の拡大、そしてJUULという新興企業の登場が原因だと推測できます。 【暴落】JTの株価見通し、株価予想 まとめ JTは安定している、というとそうではなく、今まさに世界のたばこ需要の変化と戦っている最中です。 もちろん世界のトップたばこメーカーも戦っており、残念ながらどこも株価は低迷しつつあります。 もしかするとたばこ業界に起きている変化はポケベルから携帯電話、携帯電話からスマートフォンへ。 という程の大きな変化なのかもしれません。 もし 紙タバコや加熱式タバコから電子たばこへという変化が継続すればJTの株価はさらに低迷を辿ることが考えられます。 私としては、高配当ですがJT株はおすすめしたくない、と思います。 JTの株価がどこまで下がるか?というと、果てしなく下がり続けると予想しています。

次の

JT(2914)の株主優待紹介

日本たばこ産業株価

関連銘柄• 麺棒一番• 讃岐麺一番• 真健鶏• 東北の味• 加ト吉• 下町食堂の焼めし• 下町のラーメン屋さん• ロジック• メビウス• ホームラン軒• ホープ• ベーカーズセレクト• プルーム・テック• プルーム・エス• ピース• ピアニッシモ• ハイライト• ナチュラル・アメリカン・スピリット• ゼロスタイル・ミント• セーラム• セブンスター• スヌース• ゴールデンバット• グリーンジャイアント• キャメル• エコー• ウルマ• ウィンストン• アメスピ• わかば• たきたてご飯• しんせい• さぬきうどん• おいしさ一品• いまどき和膳• JTのみんかぶ目標株価は「2,415円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 2,541円 、証券アナリストによる予想では【中立】 予想株価 2,307円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 2,496円 と判断されています。 JTは、【JPX日経400、ロシア関連、欧州関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の