パクチー チャーハン。 パクチーたっぷりチャーハンのレシピ・作り方

パクチーチャーハン レシピ・作り方 by きのこのみみ|楽天レシピ

パクチー チャーハン

材料(2人分)• パクチー:1~2株(50g)• 鶏むね肉:100g• なす:1本• カシューナッツ:20g [A]• 酒:大さじ1• 塩:少々 [B]• レモン汁:大さじ1• サラダ油:大さじ4• 塩:少々 作り方• 鶏むね肉は熱が伝わりやすいように、厚い部分に包丁で切れ目を入れて開き、耐熱皿にのせてAをふりかける。 1にラップをゆるくかけて電子レンジ500Wで約2分加熱する。 なすは耐熱皿にのせてラップをゆるくかけ、電子レンジ500Wで約1分20秒加熱し、水につけて冷やす。 なすのヘタを切り落とし、手で大きめに裂いておく。 パクチーは4~5cm長さに切る。 カシューナッツはオーブントースターで軽く焼き、粗く刻んでおく。 ボウルにBを入れてよく混ぜ、2・4・5を加えてあえ、器に盛って6を散らして完成。 1 ナンプラーは醤油でも代用可。 2 鶏むね肉に火が通っていない場合は、時間を調節しながら電子レンジで加熱する。 材料(2人分)• パクチー:1~2株• にんじん:30g• ショウガ(みじん切り):10g• ニンニク(みじん切り):1片• とうがらし(小口切り):1本• 鶏もも肉:50g• ブロックベーコン:30g• 溶き卵:1個• ごはん:300g• 塩:適量• コショウ:適量• サラダ油:適量• レモン汁:少々• ミニトマト(くし切りで4分割):4個• パイナップル(缶詰でも可):30g 作り方• パクチーは根、葉、茎に分け、根はみじん切りに、茎は2cmほどに切る。 タマネギ、にんじんは、みじん切りにする。 パイナップルは1cmの角切りにする(缶詰を使う際は汁をよくきる)。 ベーコンと鶏もも肉は1cmの角切りにする。 フライパンにサラダ油を入れ、ニンニク、ショウガ、とうがらしを加え、弱火で炒め、香りを出す。 さらに2・4、パクチーの根を加え、炒める。 6に溶き卵を加えて炒った後、ごはんを入れてパラパラになるまで炒める。 ナンプラー、塩、コショウ、レモン汁で味を整える。 器に盛って、パイナップル、ミニトマト、パクチーの葉と茎を飾ったら完成。 ナンプラーは醤油でも代用可。 材料(4人分)• パクチー:2株(根は1株分)• じゃがいも:4個• ニンニク(みじん切り):1片• ベーコン:60g• オリーブオイル:大さじ1強• 砕いたアーモンド:8~9粒分• 塩:適量• コショウ:適量• レモンやカボスなどの柑橘類:1~2個(お好みで) 作り方• タマネギ、パクチーの根をみじん切りにする。 パクチーの葉と茎は5mmくらいに、ベーコンは1cmくらいに切る。 アーモンドは軽く炒っておく。 レモンは縦半分に切って半月切りにする。 じゃがいもを食べやすい大きさに切り、耐熱皿に入れてラップをゆるくかけ、電子レンジ600Wで約1~2分、少し透き通るくらいまで加熱する。 フライパンにオリーブオイルと1のパクチーの根とニンニクを入れて中火で炒める。 香りが出たらベーコンを入れ、油が出てきたら1のタマネギを入れて炒める。 タマネギがしんなりしてきたら、2を加えて、さらに炒める。 じゃがいもがこんがりとしてきたら、塩、コショウをふり、アーモンドとパクチーの葉を加えて、さっと混ぜて火を止める。 器に盛って、レモンを添えたら完成。 パクチーはスーパーなどでも、通年で手に入りやすい野菜。 たくさん味わいときに、ぜひ試してみてください。

次の

パクチー チャーハンが味の素から発売!パクチー 大好き女の食レポレビュー

パクチー チャーハン

タイに行ったことのある人ならば、きっと誰しもが「カオパット(タイ風チャーハン)」を食べたことがあるだろう。 小奇麗なレストランで食べるよりも、 なぜか屋台のカオパットの方がアロイ(うまい)んだよなァ……なんて思う人も多いのでは? そんなカオパットを日本のタイ料理屋さんで注文すると、どういうわけだか「コレジャナイ感」があったりする。 荒々しさが足りないというか、なーんかビミョーに違うのだ。 あの味を……もう一度……食べたい!! ということで、私(羽鳥)が研究に研究を重ねたレシピがコレだ。 材料さえ完璧に揃えたら激ウマ確定。 1個でも良い。 カルディにも3合用の無洗米が売ってるぞ。 何が美味いんだか分からなかったら、高いやつを買おう。 カルディに売ってるぞ。 これがないとタイの味は絶対に出ない。 カルディに売ってるぞ。 味覇(ウェイパー)でも良い。 <作り方> その1:フライパンに油をしいて、中火でタマネギとニンニクを炒める。 その2:いい香りがしてきたら、豚肉とエビを投入。 ジャッジャと炒める。 多少コゲ目がついたほうが美味いぞ! その3:エビに火が通ったら、エビを隔離。 これ大事。 その4:こっから強火! ジュウジュウと炒まるフライパンにタマゴを投入!! その5:間髪入れずにゴハンも投入し、ジャッジャと炒める!! その6:間髪入れずに小口ネギ&パクチーも投入! ジャッ、ジャッ!! その7:ナンプラー&シーズニングソース&創味シャンタンを投入し、炒めろ炒めろ!! その8:ゴハンにタマゴがコーティングされてパラパラ的な感じになってきたら、隔離していたエビちゃん復活のリングイン!! その9:エビちゃんも仲間ですよ〜、みんな仲良くなじんでね〜と念を送りながら最後のジャッ、ジャッ!! その10:お皿にもりつけて、キュウリとパクチーとライムを添えたらハイ完成!! ようするに、具材を混ぜて炒めるだけだ。 ・失敗しないためのポイント2つ ポイントは、調味料の量を絶対に守ること。 ある意味、 カオパットの味は「タイ米&ナンプラー&シーズニングソース」で勝負が決まるといっても過言ではない。 ・強火の前で迷いは禁物 また、ダラダラ調理せずに一気に仕上げることもポイントだ。 カオパットは段取り命(だんどりいのち)、電光石火の料理である。 そのためには、まるでタイの屋台のように、 事前に材料を完璧に揃えておくと大吉だ。 味の決め手となる調味料も、事前に量を測って用意しておくとスピーディーに投入できるぞ。

次の

コストコアレンジレシピ|ドライパクチーを混ぜただけガーリック海老チャーハンが超本場の味になってた

パクチー チャーハン

冷凍食品で、温めるだけで調理は完了します。 パッケージを見るとライスが緑色(写真では明るめに写っていますが)で、こんなチャーハン見たことない人も多いのでは? ちなみに通常価格は226円(税込)ですが、6月30日まで198円(税込)で割引販売されています。 原材料は? 原材料欄がもりだくさん。 具材はたけのこ、たまねぎ、蒸し鶏といったところです。 内容量は230gです。 仕込時0. ということは1袋230gで388. 7kcal。 けっこうしっかりありますね! 調理方法は? 電子レンジで温める際は、パッケージの裏面を上にして、中央に3ヵ所ほど小さな穴をあけ、冷凍状態のままチンしてOK。 500Wの場合は約4分、600Wの場合は約3分30秒です。 パクチーの香りを楽しめるエスニックチャーハン! お皿に盛り付けたところ。 実際の色合いは、黄色と緑色の中間といったところ。 この色はほうれん草ペーストなどによるものと思われます。 なのでわざとらしさはありません。 そして広がるパクチーの香り! これだけでパクチー好きとしては満足感が高まります。 味のほうはパクチー感はひかえめながらも、エスニック感は満載。 魚醤とココナッツミルクパウダーで、独特の味つけになっています。 とはいえクセが強すぎることもなく、非常に食べやすいのでご安心を。 蒸し鶏の大きなかたまりがうれしいですね! 黄色の四角いものはタケノコです。 歯ごたえの違いがいいアクセントになっていて、食が進みます。 全体的に満足感の高い仕上がりですが、さらに「追いパクチー」をすると、(パクチー好きにとって)より完璧な一食になりそう。 生パクチーの山盛りトッピングを、ぜひ試してみてください!.

次の