グーグルミート 使い方。 初めてのオンライン授業、zoomとGoogle Meetの基本的な使い方

【速報】Google Meet が誰でも無料で利用可能に

グーグルミート 使い方

で紹介したビデオ会議ができるツールの一つにGoogle Meetがありますが、それの使い方についてまとめてみました。 ちなみに、弊社ではLINEでオンラインセミナーなどのイベントの予約から決済までが行えるサービスを提供していますので、興味のある方はぜひともチェックしてみてください。 アカウントなしでは使えない Google Meetを利用するには、セキュリティ上Googleアカウントが必要です。 Googleアカウントを持っていない人は、こちらからして作成できます。 利用できる人数と時間 Google MeetはG Suiteのサービスとして有料で提供されていましたが、コロナウィルスの影響で2020年9月30日まで無料アカウントでも無料で利用できるようになっており、G Suite Enterpriseと同等の人数 250人までビデオ会議に参加することができます。 通常のビデオ会議参加上限数は下記の通りです。 利用できる時間は、通常は1時間の制限がありますが、2020年9月30日は無制限で利用できます。 Google Meet用アプリ PCであれば、Google Chrome、Microsoft Edge、Firefox、Apple Safariなどのブラウザで下記のリンクにアクセスしてGoogleアカウントでログインするだけで使えるようになります。 スマホの場合は、専用のアプリをインストールすれば利用できます。 、 Google Meetの使い方 使い方を見てみましょう。 Google Meetにアクセス にアクセスしたらGoogleアカウントでログインすると下記の画面が表示されますので、「ミーティングに参加または開始」をクリックします。 続いては「ニックネームを」入力して、「続行」で次へ進みます。 カメラとマイクのアクセス許可 ブラウザでのカメラとマイクのアクセスがブロックされている場合には、下記のような案内が表示されますので、許可を出すためにアドレスバー右恥のアイコンをクリックします。 この画面が表示されたら「カメラとマイクのアクセスを常に許可する」にチェックを入れて「完了」をクリックします。 ビデオ会議への招待 そしたら「今すぐ参加」をクリックしてビデオ会議を開始します。 するとこの画面が表示されますので、記載されているURLをコピーしてビデオ会議に招待したい人に送ります。 「ユーザーを追加」のメニューからもメールアドレスを入力して招待することができます。 招待は後でも行うことができます。 招待を受け取った人 招待を受け取った人は招待用のURLにアクセスし、Googleアカウントでログインします。 ログインすると下記のように「参加をリクエスト」というメニューがあるので、クリックしてリクエストします。 参加リクエストの承諾 参加リクエストがあると、下記のように承諾の確認画面が表示されますので、「承諾」をクリックします。 チャットと改行 ビデオ会議ではチャットができますので、テキストで共有したい情報がある場合には利用するといいでしょう。 チャットを開始するには画面右上にある「チャットアイコン」で開始できます。 この画面が表示されたら、右下からテキストを入力してチャットができます。 画面共有 ビデオ会議中は自分のデスクトップPCの画面やアプリケーション画面の共有をすることができます。 画面右下の「今すぐ表示」をクリックし共有したい画面の種類を選択します。 一覧が表示されますので、共有したい画面を選択して「共有」をクリックします。 下記は共有中の画面ですが、右上のアイコンで共有画面の切り替え、右下の「あなたが固定表示されています」のメニュークリック後の停止ボタンで停止することができます。 会議の録画と停止 会議を動画に録画することができます。 右下の「オプションメニュー」をクリックし、表示されたメニューの「ミーティングを録画」をクリックします。 録画に対しての注意案内が表示されますので、問題がなければ「承認」をクリックします。 録画中は画面左上にRECと表示されます。 録画を停止するには、オプションメニューを開いて「録画を停止」を選択します。 確認画面が表示されますので、「録画を停止」で終了すると動画がGoogleドライブに保存されます。 バーチャル背景 ビデオ会議は背景を写したくない場合もありますが、その場合にはバーチャル背景を利用することで好きな画像などを背景に設定することができます。 しかし、記事執筆時点ではGoogle Meetにはその機能はありません。 そこで、Snap Cameraというツールを使うことでバーチャル背景が利用できるようになります。 Snap Cameraはこちらからダウンロードできます。 画面を少しスクロールすると下記のような箇所が表示されますので、「利用規約」と「私はロボットではありません」にチェックを入れて、DOWNLOAD FOR MAC、またはWindows向けの「DOWNLOAD FOR PC」のダウンロードボタンでダウンロードできます。 ファイルをダウンロードしてダブルクリックでインストールします。 インストールが完了したらこんな画面が表示されますで、表示されてるパネルをクリックするとこんな風な楽しい背景を選択できるようになります。 そしたら、Snap Cameraを起動した状態でGoogle Meetの設定を行います。 Google Meetを開いたら「オプションメニュー」から、「設定」を開きます。 そしたら、「動画」タブを選択肢、「カメラ」の設定を「Snap Camera」に変更して完了します。 そうするとこんなバーチャル背景が楽しめます。 Snap CameraはPCのスペックによっては動作が重たくなる場合がありますので、必要に応じて解像度を下げたりエフェクトが少ないものに変更をするといいでしょう。 関連記事•

次の

【Google Meet】カメラが映らない、マイクの音が出ない時の解決方法

グーグルミート 使い方

Google Meet(グーグルミート)とは Googleが提供するテレビ会議ツールが「Google Meet(グーグルミート)」です。 本記事ではGoogle Meetの特徴や使い方などの基本を解説していきます。 Google Meet無料提供へ Google MeetはもともとG Suiteユーザー対象の有料サービスでしたが、 Googleは2020年5月から一般向けに無料提供を順次開始すると発表をしました( )。 新型コロナウィルスの影響によるものです。 今までGsuiteユーザー以外には利用されづらかったGoogle Meetを使う機会が増えることが想定されます。 無料解放で使える主な機能 今回の無料提供で解放される主な機能は以下です。 無料で使える機能としては非常に魅力的であるといえます。 大規模会議を実施可能(最大参加者数は250名)• 録画機能が利用可能に• ライブストリーミング機能が利用可能に Google Meet(グーグルミート)の使い方 早速Google Meetの使い方を説明します。 といってもほぼ直感で使えるユーザーインターフェースですので難しい説明は不要です。 Google Meetの使い方は大きく2つの方法があります。 Googleカレンダーから使う• Google Meetのサイトから使う Googleカレンダーから使う カレンダーツールとしてGoogleカレンダーを使っている方は多いかと思います。 Google MeetはGoogleカレンダーからほぼワンクリックで立ち上げが可能です。 以下に使い方を説明します。 Googleカレンダーで予定を設定する。 「Google Meet のビデオ会議を追加」をクリック クリックすると、瞬時に「Google Meetに参加する」というリンクが生成されました。 ミーティングの参加者はこのリンクをクリックすると瞬時にGoogle Meetが立ち上がります。 あとは、カメラや音声の設定をするだけでテレビ会議を開始することができます。 Gmailなど、G suite 利用でないGoogleアカウントの場合は「Googleハングアウト」での利用となるため表示が少し異なります。 Google Meetサイトから使う 次にGoogle Meetのサイトからテレビ会議を開催する場合を解説します。 以下のGoogle Meetサービスページにアクセスします。 ミーティングを開始する場合は、画面中央右の「ミーティングに参加または開始」をクリックします。 すると以下のような表示がされます。 ミーティングコードまたはミーティングのニックネームを入力します。 「続行」を押すとそのままミーティングが始まります。 Google Meetは大人数の会議でも使えるの? Google Meetでは 最大250人まで のテレビ会議参加が可能です。 会社の総会やセミナーなどの大規模な会議にも利用ができます。 Google Meetは画面共有はできるの? Google Meetでは もちろん画面共有が可能です。 画面右下の「今すぐ表示」をクリックするとあなたの画面を共有することができます。 全画面共有かウィンドウ共有を選択することができます。 Google Meetで動画中にチャットはできるの? Google Meetでは チャット機能も付いています。 画面右上のチャットアイコンをクリックすると、参加メンバーでチャットを行うことができます。 資料リンクを送ったり、メモを共有したりということが可能です。 Google Meetで録画はできる? Google Meetで画面録画は可能ですが、従来は「G Suite Enterprise」 と 「G Suite Enterprise for Education」プランを契約しているチームのみ使える機能となっていました。 しかし、 2020年9月30日までG Suiteユーザーであれば録画機能も利用可能 になっています。 5月以降順次ロールアウトしていくとのことです。 Google Meetでバーチャル背景は設定できるの? 例えば、ZOOMなどではバーチャル背景の設定機能が人気です。 Google Meetにはそのような機能はあるのでしょうか。 Google Meet単体機能としては 残念ながら設定ができませんが、 次で説明するサービスを使うとバーチャル背景への変更も可能になります。 Snap Camera(スナップカメラ)を利用すればGoogle Meetでも背景変更が可能 前述の通りGoogle Meet単体ではバーチャル背景の設定はできませんが、 Snap Camera(スナップカメラ)というツールを利用するとGoogle Meetでも背景変更が可能になります。 続いて、具体的に Google MeetとSnap Cameraを連携させる方法を説明します。 Snap Camera(スナップカメラ)をダウンロード Snap Camera(スナップカメラ)は デスクトップアプリとなりますのでダウンロードの必要があります。 以下のサービスサイトから「Download」をクリックして、 規約チェック と メールアドレス入力 を行い、ダウンロードを進めます。 インストールが完了するとアプリが立ち上がります。 「ビデオ接続」「マイク接続」を許可して進めます。 バーチャル背景を選択する 様々なバーチャル背景がありますので選択します。 バーチャル背景以外にも様々なエフェクトを利用することができます。 以上でSnap Camera側の設定は終わりです。 Google Meetで設定をする 続いてGoogle Meet側の設定に移ります。 にアクセスします。 画面右上の「歯車」ボタンをクリックします。 動画の設定画面に移りますので、「Snap Camera」を選択します。 これでGoogle Meet側の設定も完了となります。 そのまま会議に参加するとSnap Cameraで設定したバーチャル背景でテレビ会議を行うことができます。

次の

Web会議アプリ「Google Meet」の使い方と手順

グーグルミート 使い方

Contents• はじめに ビジネスでは既に活用されているzoomやGoogleMeetですが、コロナの影響で、新しくオンライン授業で利用し始める学校も増えてきていることと思います。 そこで今回はオンライン授業での基本的な zoomとGoogleMeetの使い方についてまとめていきたいと思います。 zoom編 授業への入り方(スマホver) スマホで視聴する際もパソコンを使う際も事前にアプリを入れておくと良いでしょう。 クラスへの入り方は簡単です。 アプリを立ち上げるとこのような画面が出てきます。 ミーティングに参加ボタンを押しましょう。 このとき、サインインしなくてもミーティングには参加できる仕様になっています。 教員側から事前にクラスコードが送られてくると思うので、そのクラスコードと、相手に伝わる自分の名前を入れましょう。 オーディオに接続しない、を選択するミュート状態になり、相手に自分の音声が届かなくなります。 また、自分のビデオをオフにする、を選択すると自分の顔がクラスに見られなくなります。 送られてきたミーティングパスワードを入れれば入室完了です。 基本的な機能(スマホver) 続いて授業で使うとき使用するであろう機能について ミュートとビデオオフは左下のボタンで設定できます。 マークが赤くなっているときはこちら側の音声及びビデオがオフになっているサインです。 右上の退出ボタンでいつでも退出できます。 この画像だと全てビデオオフしているため真っ暗になっていますが、この画面に相手の映像が映っているはずです。 続いて詳細ボタンを押すと 最近少し話題になったバーチャル背景や挙手、チャットを選択すると授業に対してコメントをすることができます。 挙手した生徒一覧は参加者ボタンからこのように出てきます。 大人数が参加するオンライン授業では、参加者の映像はこのように写っていることと思いますが 特定の人物の画面(先生など)をダブルタップすれば、その人物の映像のみを視聴することができます。 これらさえ押さえておけば、オンライン授業は攻略することができます。 特に何も難しいことはありません。 授業への入り方(パソコンver) サインアップしたくない場合はzoomのホームページから入ると良いでしょう。 開くとこのように出てくるので、右上にある、ミーティングに参加する、を選択します。 ミーティングIDとパスコードを要求されるので入力しましょう。 するとこのように出てくるのでファイルを保存、を選択した後、ダウンロードからファイルを開きましょう。 コンピュータでオーディオに参加、を選択します。 これで入室完了です。 基本的な機能(パソコンver) 左下でミュートとビデオオフが設定できます。 挙手をしたい場合は参加者ボタンを押してから設定できます。 レコーディングでは授業のスクリーンレコードが、チャットでは授業に対するコメントをすることができます。 パソコンでバーチャル背景を使用する際は、まずビデオを開始ボタンの右側をクリックします するとこのように出てくるので仮想背景を設定してくださいをクリックしましょう。 既存の写真から選択することも出来ますが、自分の写真を使いたいときは右側にある十字マークをクリックします。 追加を押すとファイルに入ってる写真から背景を選ぶことができます。 自分の部屋を見られたくないときには便利ですが、ふざけていると思われないように注意しましょう。 Google Meet編 Googleアカウントを持ってさえいれば、基本的にはzoomの使い方と変わりません。 授業への入り方(スマホver) zoom同様スマホで視聴する際はアプリを入れておくと良いと思います。 アプリを開くとこのような画面が出てきます。 ビデオオフしたかったら右のボタンを、ミュートにしたかったら左のボタンを押しましょう。 赤くなっていたらオフになっているサインです。 続いて会議コードの入力を選択して会議コードを入力します。 ホストの許可を得たら入室完了です。 基本的な機能 参加者一覧はこのように出てきます。 真ん中の受話器マークが退出ボタンです。 受話器マークの下のボタンを選択するとコメントを出すことができます。 zoom同様、授業を受けるだけなら、難しい操作は使いません。 授業の入り方(パソコンver) ブラウザで にアクセスします。 ミーティングコードを使用、を選択し、ミーティングIDを入力します。 今すぐ参加ボタンをクリックしまて、主催者の承諾を得れば入室完了です。 基本的な機能 真ん中の受話器マークで退出、両側のマイクとビデオマークでミュートとビデオオフができます。 右上のチャットマークからコメントができます。 まとめに いきなりオンライン授業なんて言われても機械の使い方わからない、zoomなんて使ったことないと心配になる方もいるかもしれませんが、ここまで読んでいただけたなら、zoomを使うにしろMeetを使うにしろ、オンライン授業を視聴する上で難しい操作などないことがわかったと思います。 いつ収束するか全く見通しが立たないCOVID-19。 オンライン授業に切り替えても、それで普段の授業の全てを賄いきれるわけではありません。 学習が遅れてしまうのではと心配になる方も大勢いることと思いますが、逆にこんなことがなければオンライン授業なんてなかなか受けられないからラッキー、と前向きに受け止めていきたいなと筆者は願っています。 Zoom自習室の活動報告 先日、東京受験の有志メンバーで「Zoom自習室」を実施しました。 下記の画像はその時の様子です。 メンバー各々が思い思いの教材を持ち寄り、勉強に励んでいます。 この活動は広めていく予定です。 近日アナウンスしますので、ぜひ楽しみにお待ち下さい。 Zoom自習室の様子.

次の