ちらし寿司 レシピ。 ちらし寿司のレシピ/作り方:白ごはん.com

大原千鶴の心に残るレシピ「ちらし寿司」

ちらし寿司 レシピ

ちらし寿司の基本的な作り方をご紹介しましょう。 ちらし寿司は、具材を用意するのに少し手間はかかりますが、あとは混ぜ合わせるだけですから比較的簡単に作ることができます。 具材も、一から作るのではなく、時間がかかるものは購入して済ませるようにすれば、短時間で仕上げることができるでしょう。 ちらし寿司の作り方• 椎茸の煮付け、錦糸卵、かんぴょう、酢れんこんなどは事前に用意しておきましょう。 砂糖・酢・醤油・塩を混ぜ、酢飯を作ります。 椎茸の煮付けはみじん切りにし、酢飯と混ぜ合わせておきます。 器に酢飯を乗せ、その上から、錦糸卵、かんぴょう、海老、いくら、酢れんこん、絹さやを盛り付けて、完成です。 ちらし寿司のアレンジ方法 ちらし寿司に合うサラダのおかずの6つ目は、白菜とツナのサラダです。 めんつゆとごまの香りが香ばしいサラダで、あたたかいまま食べられるのも美味しいポイントです。 あたたかいサラダも、ちらし寿司との相性がよさそうですね。 白菜とツナのサラダ|作り方• 白菜は軽く茹でておきます。 粗熱が取れたら、絞って水分を出します。 すりごまとめんつゆを合わせておきましょう。 白菜にツナを混ぜ、2. も混ぜ合わせます。 これで完成です。 また、次の記事では白菜の最適な保存方法や保管温度についてご紹介しています。 白菜は、丸々一個買ってもなかなか食べきれません。 しかし、ずっと冷蔵庫に入れっぱなしではすぐに傷んでしまいます。 適切な保管方法で、長く美味しく白菜を食べられるといいですね。 ぜひ、次の記事を参考になさってください。 ちらし寿司に合う付け合わせのおかずの1つ目は、たけのこの土佐煮です。 ひな祭りや子どもの日、また入学卒業などが重なる春の季節のお祝いごはんと言えばちらし寿司ですね。 その春が旬のたけのこを使った土佐煮はぴったりのおかずです。 たけのこの土佐煮|作り方• たけのこを一口サイズにカットしておきます。 フライパンに油をしき、たけのこを軽く炒めます。 炒めたらかつおぶしをたけのこに振りかけ、軽く混ぜあわせます。 用意しておいた、醤油、酒、砂糖、みりんを入れ、弱火で煮込みます。 その日のうちでも食べられますが、翌日の方が味が染みておいしくなります。 また、次の記事ではたけのこの旬の季節についてご紹介しています。 歯ごたえがあり、大人から子どもまでみんなが大好きなたけのこですが、実はその種類によってその旬の時期が異なるということをご存じでしょうか。 季節ごとの美味しい食べ方について詳しくご紹介します。 ぜひ次の記事を参考になさってください。 ちらし寿司に合う付け合わせのおかずの4つ目は、きのこのマリネです。 きのこが美味しい季節にはきのこのマリネをたっぷり作るといいでしょう。 さっぱりとした味付けで、ちらし寿司との相性もとてもいいおかずです。 きのこのマリネ|作り方• さまざまなきのこを一口サイズにカットしておきます。 玉ねぎのみじん切り、オリーブオイル、塩コショウ、レモン、鷹の爪を混ぜ、マリネ液を作っておきます。 フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを炒めます。 香りが出たらカットしたきのこを加えます。 塩で調味し、きのこがしんなりするまで炒めましょう。 その後マリネ液に入れます。 一晩マリネしたら翌日には食べられます。 豚汁は寒い季節に食べたくなる美味しい汁物です。 ぜひちらし寿司のお供の汁物としていかがでしょうか。 豚汁|作り方• 大根はいちょう切り、にんじんは半月切り、豚肉は一口サイズ、そのほか豆腐、里芋、こんにゃく、きのこなどを用意してきます。 鍋に出汁を取り、固いものから具材を入れていきます。 みりん、酒、醤油、味噌で味付けをします。 随時アクも取りましょう。 ねぎをかけて完成です! また、次の記事では豚汁の献立に合うおかずについてご紹介しています。 豚汁は寒い季節に食べたくなる、あたたまるスープですね。 豚汁の基本的な作り方から、ヘルシーで簡単な節約メニューのおかずまで、さまざまなレシピをご紹介しています。 ぜひ次の記事を参考に、今夜は豚汁の献立にされてみてはいかがでしょうか。 ちらし寿司に合うおもてなしの献立レシピの1つ目は、しゃぶしゃぶです。 ちらし寿司と合わせて、あたたかいしゃぶしゃぶはいかがでしょうか。 しゃぶしゃぶの〆として、ちらし寿司を味わうのもとても豪華ですね。 ぜひ自家製のごまだれで美味しく食べましょう。 しゃぶしゃぶ|作り方• 鍋で昆布出汁を取っておきます。 肉のほかに、水菜や大根のスライスなどを用意しておきましょう。 すりごまに、味噌、マヨネーズ、醤油、ごま油、塩コショウを混ぜ合わせてごまだれを作っておきます。 自宅で、本格的なローストビーフを作ってみませんか。 とても簡単に美味しいローストビーフが作れます。 ローストビーフ|作り方• 牛肉の塊肉に、にんにくと生姜のすりおろしをすりこみます。 塩コショウもたっぷりかけておきましょう。 10分ほど置いたら、フライパンで牛肉の表面にしっかり焼き色を付けます。 牛肉の全面に焼き色がついたら、二重のビニール袋に入れ、口をしっかりと結びます。 そのまま、お湯が沸いた鍋に入れましょう。 鍋が再び沸騰したら火を止めて、鍋に蓋をし、お湯が冷めるまで放置します。 塊肉を焼いたフライパンに、オリーブオイル、醤油、砂糖、みりんを入れ煮詰めます。 これでソースの完成です。 鍋のお湯がぬるくなったら取り出します。 薄めにスライスし、ソースをかけていただきましょう! なお、次の記事ではローストビーフを炊飯器で作る方法についてご紹介しています。 実はローストビーフに限らず、炊飯器はさまざまなお料理で活躍する便利なアイテムでもあります。 ローストビーフの美味しい作り方のポイントである真空での味付けについても、詳しく解説しています。 ぜひ次の記事を参考になさってください。

次の

ちらし寿司に合うおかず18選!献立や付け合わせのレシピも

ちらし寿司 レシピ

ちらし寿司の基本的な作り方をご紹介しましょう。 ちらし寿司は、具材を用意するのに少し手間はかかりますが、あとは混ぜ合わせるだけですから比較的簡単に作ることができます。 具材も、一から作るのではなく、時間がかかるものは購入して済ませるようにすれば、短時間で仕上げることができるでしょう。 ちらし寿司の作り方• 椎茸の煮付け、錦糸卵、かんぴょう、酢れんこんなどは事前に用意しておきましょう。 砂糖・酢・醤油・塩を混ぜ、酢飯を作ります。 椎茸の煮付けはみじん切りにし、酢飯と混ぜ合わせておきます。 器に酢飯を乗せ、その上から、錦糸卵、かんぴょう、海老、いくら、酢れんこん、絹さやを盛り付けて、完成です。 ちらし寿司のアレンジ方法 ちらし寿司に合うサラダのおかずの6つ目は、白菜とツナのサラダです。 めんつゆとごまの香りが香ばしいサラダで、あたたかいまま食べられるのも美味しいポイントです。 あたたかいサラダも、ちらし寿司との相性がよさそうですね。 白菜とツナのサラダ|作り方• 白菜は軽く茹でておきます。 粗熱が取れたら、絞って水分を出します。 すりごまとめんつゆを合わせておきましょう。 白菜にツナを混ぜ、2. も混ぜ合わせます。 これで完成です。 また、次の記事では白菜の最適な保存方法や保管温度についてご紹介しています。 白菜は、丸々一個買ってもなかなか食べきれません。 しかし、ずっと冷蔵庫に入れっぱなしではすぐに傷んでしまいます。 適切な保管方法で、長く美味しく白菜を食べられるといいですね。 ぜひ、次の記事を参考になさってください。 ちらし寿司に合う付け合わせのおかずの1つ目は、たけのこの土佐煮です。 ひな祭りや子どもの日、また入学卒業などが重なる春の季節のお祝いごはんと言えばちらし寿司ですね。 その春が旬のたけのこを使った土佐煮はぴったりのおかずです。 たけのこの土佐煮|作り方• たけのこを一口サイズにカットしておきます。 フライパンに油をしき、たけのこを軽く炒めます。 炒めたらかつおぶしをたけのこに振りかけ、軽く混ぜあわせます。 用意しておいた、醤油、酒、砂糖、みりんを入れ、弱火で煮込みます。 その日のうちでも食べられますが、翌日の方が味が染みておいしくなります。 また、次の記事ではたけのこの旬の季節についてご紹介しています。 歯ごたえがあり、大人から子どもまでみんなが大好きなたけのこですが、実はその種類によってその旬の時期が異なるということをご存じでしょうか。 季節ごとの美味しい食べ方について詳しくご紹介します。 ぜひ次の記事を参考になさってください。 ちらし寿司に合う付け合わせのおかずの4つ目は、きのこのマリネです。 きのこが美味しい季節にはきのこのマリネをたっぷり作るといいでしょう。 さっぱりとした味付けで、ちらし寿司との相性もとてもいいおかずです。 きのこのマリネ|作り方• さまざまなきのこを一口サイズにカットしておきます。 玉ねぎのみじん切り、オリーブオイル、塩コショウ、レモン、鷹の爪を混ぜ、マリネ液を作っておきます。 フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを炒めます。 香りが出たらカットしたきのこを加えます。 塩で調味し、きのこがしんなりするまで炒めましょう。 その後マリネ液に入れます。 一晩マリネしたら翌日には食べられます。 豚汁は寒い季節に食べたくなる美味しい汁物です。 ぜひちらし寿司のお供の汁物としていかがでしょうか。 豚汁|作り方• 大根はいちょう切り、にんじんは半月切り、豚肉は一口サイズ、そのほか豆腐、里芋、こんにゃく、きのこなどを用意してきます。 鍋に出汁を取り、固いものから具材を入れていきます。 みりん、酒、醤油、味噌で味付けをします。 随時アクも取りましょう。 ねぎをかけて完成です! また、次の記事では豚汁の献立に合うおかずについてご紹介しています。 豚汁は寒い季節に食べたくなる、あたたまるスープですね。 豚汁の基本的な作り方から、ヘルシーで簡単な節約メニューのおかずまで、さまざまなレシピをご紹介しています。 ぜひ次の記事を参考に、今夜は豚汁の献立にされてみてはいかがでしょうか。 ちらし寿司に合うおもてなしの献立レシピの1つ目は、しゃぶしゃぶです。 ちらし寿司と合わせて、あたたかいしゃぶしゃぶはいかがでしょうか。 しゃぶしゃぶの〆として、ちらし寿司を味わうのもとても豪華ですね。 ぜひ自家製のごまだれで美味しく食べましょう。 しゃぶしゃぶ|作り方• 鍋で昆布出汁を取っておきます。 肉のほかに、水菜や大根のスライスなどを用意しておきましょう。 すりごまに、味噌、マヨネーズ、醤油、ごま油、塩コショウを混ぜ合わせてごまだれを作っておきます。 自宅で、本格的なローストビーフを作ってみませんか。 とても簡単に美味しいローストビーフが作れます。 ローストビーフ|作り方• 牛肉の塊肉に、にんにくと生姜のすりおろしをすりこみます。 塩コショウもたっぷりかけておきましょう。 10分ほど置いたら、フライパンで牛肉の表面にしっかり焼き色を付けます。 牛肉の全面に焼き色がついたら、二重のビニール袋に入れ、口をしっかりと結びます。 そのまま、お湯が沸いた鍋に入れましょう。 鍋が再び沸騰したら火を止めて、鍋に蓋をし、お湯が冷めるまで放置します。 塊肉を焼いたフライパンに、オリーブオイル、醤油、砂糖、みりんを入れ煮詰めます。 これでソースの完成です。 鍋のお湯がぬるくなったら取り出します。 薄めにスライスし、ソースをかけていただきましょう! なお、次の記事ではローストビーフを炊飯器で作る方法についてご紹介しています。 実はローストビーフに限らず、炊飯器はさまざまなお料理で活躍する便利なアイテムでもあります。 ローストビーフの美味しい作り方のポイントである真空での味付けについても、詳しく解説しています。 ぜひ次の記事を参考になさってください。

次の

きのう何食べた[8話]レシピ!シロさんの鮭と卵ときゅうりのちらし寿司

ちらし寿司 レシピ

ちらし寿司と言えば、ひな祭りでよく食べられる人気のごちそうです。 このちらしというのは、散らしからきていて酢飯の上に魚介類を散らして飾ることから名前がついたと言われています。 地域によって、上にのせる具材は様々ですが、色どりが鮮やかになることから鮭を使う家庭が多く見られます。 今では人気のレシピのひとつです。 そこで、鮭を使ったちらし寿司のレシピを色々集めてみました。 基本の作り方から、定番の具材まで調べてみると沢山のレシピが見つかります。 また、時短で作れる簡単なレシピやお祝いの時などに出す凝ったものなど、その場に応じて鮭のちらし寿司は作る事ができるのです。 まずは、覚えておきたい基本のレシピからぜひ覚えてください! 【材料】2個分• 溶き卵... 1個分• きゅうり... いくら(醤油漬け)... 大さじ2• 鮭フレーク... 大さじ2• 白いりごま... 小さじ1• 青のり... 小さじ1• サラダ油... 小さじ1• A砂糖... 大さじ1• 大さじ2 【手順】• 下準備 1000ccの牛乳パックを幅5cmの筒状に切る。 (牛乳パックは洗浄し、よく乾かしたものを使用してください。 きゅうりはピーラーで薄くむき、端から3枚重ねて巻く。 同様に計6個作る。 玉子焼き器にサラダ油を入れて中火で熱し、キッチンペーパーで薄くのばす。 溶き卵を流し入れて、表面が乾くまで弱火で焼く。 裏に返して火が通るまで焼いて取り出す。 粗熱を取り、千切りにする。 (錦糸卵)• ボウルに Aを入れて混ぜ、ラップをせずに600Wのレンジで40秒加熱して混ぜる。 (すし酢)• 別のボウルにご飯を入れる。 すし酢を回し入れ、切るように手早く混ぜる。 (すし飯)ご飯は固めに炊き、あたたかいものを使いましょう。 すし飯を3等分にする。 鮭フレーク、白いりごま、青のりの順に当分にして詰める。 皿に上下逆さまにしてのせ、押さえながら型をはずす。 (その都度押さえるようにして詰めると仕上がりがきれいになります。 錦糸卵をのせ、きゅうり・いくらを飾って完成。 【材料】4人分• 甘塩鮭... 2切れ• カリフラワー... ミョウガ... きゅうり... 塩(塩もみ用)... ごま油... 大さじ1 すし酢• 40ml• ラカントS... 大さじ1(なければ砂糖で)• 小さじ2 飾り用• すりごま... 大さじ1• 刻みのり... 適量 【手順】• ご飯を1合炊く。 カリフラワーの茎を除き、小房に分ける。 フードプロセッサーでご飯粒くらいの大きさにし、耐熱容器に入れてラップをかけ、レンジでチン。 甘めの塩鮭を焼き、皮と骨をとってほぐす。 きゅうりを薄い輪切りに。 ミョウガは縦半分に切ってから薄く切り、軽く塩をしておく。 卵2個に塩を振り、ごま油で炒り卵を作る。 酢とラカントS、塩を混ぜてすし酢を作る。 ラカントがなければ砂糖を面倒なら市販のすし酢でOK。 ご飯が炊けたらすし酢を回し入れ、そこへカリフラワーを入れる。 さっくり混ぜる。 鮭と炒り卵を混ぜ、4を軽く洗ってからしぼり、ご飯に混ぜ入れる。 白ゴマもたっぷり混ぜ入れる。 大皿に盛り、粗熱をとったらのりをかけて完成。 【材料】4人分• あたたかいご飯... どんぶり3杯分• すし酢... 大さじ3• 白いりごま... 大さじ1• スモークサーモン... 100g• きゅうり... ミニトマト... いくら... れんこん... 3cm• 大さじ2• サラダ油... 大さじ1 【手順】• 大葉はみじん切りにする。 きゅうりは薄切りにする。 ミニトマトは薄切りにする。 れんこんは薄切りにして水にさらして水気を切る。 鍋に湯を沸かし、れんこんを入れてさっとゆでて水けをきる。 保存袋にれんこん、酢、砂糖を入れてもみこみ、冷蔵庫で30分漬ける。 ボウルに卵を入れて混ぜ、水を加えて混ぜ、卵液を作る。 玉子焼き器にサラダ油を入れて、キッチンペーパーで薄くのばして熱し、卵液の半量を入れて弱火で薄焼き卵を作る。 同様にもう1枚作り、丸型でくり抜く。 残りは細かく刻む。 ボウルに温かいご飯、すし酢を入れて切るように混ぜ、白いりごま、大葉、刻んだ卵を加えて混ぜる。 器にご飯の半量しきつめ、スモークサーモンを広げてのせ、残りのご飯をしきつめる。 ご飯の上にミニトマト、きゅうり、丸型にくり抜いた薄焼き卵を交互に飾り、れんこん、いくらをのせて完成。 【材料】4人分• 鮭切り身... れんこん... 50g• いりごま... 大さじ2• オリーブオイル... 大さじ1• 大さじ2• ゆず果汁... 大さじ1• 大さじ1• 小さじ1• 2合 【手順】• 鮭は両面を焼いて身をほぐす。 れんこんは小さめのサイコロに切り、水に漬ける。 春菊は粗みじんに切る。 フライパンにオリーブオイルを温め、水を切ったれんこん、春菊を炒める。 炒めた具材をバットに広げて冷まし、硬めに炊いたご飯と合わせ酢を手早く混ぜる。 身をほぐした鮭と炒めた野菜をさっくりと混ぜ合わせ、いりごま、刻んだゆず皮をふったら完成。

次の