メンマ を 使っ た レシピ。 【家事ヤロウ】おつまみモッツアレラメンマチーズの作り方、プラスマイナス岩橋夫婦のレシピ!芸能人のリアル家事24時(6月3日)

メンマの手作りは意外と簡単?!自家製メンマの作り方と保存方法!

メンマ を 使っ た レシピ

メンマってなに? ところで、皆さんはメンマが何かご存知でしょうか? メンマは マチク(麻竹)というたけのこを蒸してから、塩漬けにして発酵させたものです。 塩漬けの状態で売られているものもありますし、今回のように味付けされて売られているものもありますね。 ちなみに「メンマ」の名前の由来は、「ラー メン」の上にのった「 マチク」です。 業務スーパーのメンマの基本情報を見てみよう! それでは、ここから業務スーパーのメンマの基本情報を見ていきましょう。 内容量・価格 今回業務スーパーで購入したメンマは、 1㎏入りで598円です。 598円という価格は業務スーパーとしては高く感じますが1kg入りですから!100gあたりにすると、 59. 8円という驚きの低価格です。 原材料・原産国 業務スーパーのメンマの原材料は、以下の通りです。 賞味期限・保存方法 業務スーパーのメンマの賞味期限は、2020年5月20日でした。 購入したのが2019年8月ですので、約9ヶ月あります。 また、開封後は密封容器に入れ、食べる分だけを取り出しなるべく早く食べきるようにしましょう。 我が家では、ガラス容器に入れて保存しています。 ラー油の色も付かず、中身も見やすいのでおすすめですよ。 コリコリとした独特の食感がたまりません。 味は結構甘めですね。 ラー油っぽい色が付いているのでもう少し辛めかと思いましたが、甘いです。 お子さんでも食べられるという点で考えれば良いかもしれませんね。 きゅうりをもっと多めにすれば、サラダとしても食べられますよ 業務スーパーのメンマで作る絶品炊き込みご飯 お次は、業務スーパーのメンマで作る炊き込みご飯のレシピをご紹介します。 たけのこご飯って美味しいですよね!メンマも筍ですから、「炊き込みご飯にしても美味しいのでは?」と思い、炊き込みご飯にしてみました。 材料(2合分)• 業務スーパーのメンマ…100g• 枝豆…100g• 白だし…適量• お米…2合 作り方 1.メンマと油揚げは食べやすい大きさにカットし、枝豆はサヤから豆を取り出します。 2.お米を洗い、白だしと合わせて2合のラインまで水を加えます。 3.あとは具材をのせて、炊飯器をスイッチオンにするだけ! 4.炊きあがりが、こちら。 5.よーくほぐして器に盛り付けたら、出来上がりです。 メンマご飯、予想よりも美味しい!メンマはもう少し小さく刻むべきでしたが、枝豆との相性も良いし、これは完全に我が家の定番メニューとなりそうです。

次の

メンマを美味しくアレンジ!余ったメンマで作るおつまみやご飯物レシピ

メンマ を 使っ た レシピ

メンマの原料とメンマができるまで メンマの原料は麻竹(マチク)と呼ばれる台湾や中国で採れる筍です。 120センチほどに成長した筍を7月から9月にかけて収穫して、食べるところと皮や節を切り分けます。 皮や節は固く食べられないので、可食部分は少なくなります。 食べる部分を3~4時間蒸して、1ヶ月ほど発酵させます。 この発酵によって、甘味と酸味、独特な香りが出るのです。 次に3~4日ほど天日干しをします。 食べやすいようにカットして、乾燥メンマの出来上がりです。 ここから水煮メンマ、味付けメンマとなります。 乾燥メンマを水に戻す時間や製法によって、コリコリした食感や歯ごたえが変わってきます。 筍の先端部分を使ったメンマが穂先メンマと呼ばれるものになります。 発酵と天日干しを省いたメンマもあるようです。 メンマの名前の由来 「メンマ」という名前は、日本の丸松物産という会社が考案したとされています。 昭和20年代までは「支那竹(シナチク)」と呼ばれ、台湾から中国を経由して、日本に輸入されていました。 しかし丸松物産の当時の社長が「麺の上にのせる麻竹」つまり略して「メンマ」と名付けたのが現在のメンマの由来となっています。 その後、桃屋という食品会社がCMで名前を使い、「メンマ」という名前が浸透しました。 実は、麻竹の産地である台湾や中国では、麺の上にのせて食べる習慣は意外なことにありません。 乾燥メンマを水に戻し、肉や野菜と一緒に炒めたり、煮たりして食べるのが一般的です。 お酒のおつまみやラーメンにぴったり、手作りメンマのレシピ。 水煮しておいた筍をよく洗って3ミリに切ります。 ゴマ油を熱して筍を炒め、途中で輪切りにした唐辛子を加えます。 水や中華スープの素などを入れたら弱火の中火で煮込み、水分が半分ほどに減ったら、味を調節して出来上がりです。 唐辛子の量や砂糖の分量を調節することで好みの味に作れます。 おつまみにラーメンのトッピングに手作りメンマ 材料 (2~4人分)水煮した筍250gゴマ油大さじ1唐辛子1本水1. お弁当にもおすすめ、味付けメンマの作り方。 ゴマ油を入れたフライパンを火にかけてあたため、水煮してあるメンマを入れて炒めます。 砂糖、酒、みりん、醤油、めんつゆ、オイスターソースを入れて煮詰め、水分がメンマに染み込んだら完成です。 オイスターソースの味がコクがあってポイントになりますが、苦手な人は入れなくても大丈夫です。 10分で作れて簡単です。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

余りメンマで作るアレンジレシピ5選(お弁当やおつまみに!)

メンマ を 使っ た レシピ

メンマの原料とメンマができるまで メンマの原料は麻竹(マチク)と呼ばれる台湾や中国で採れる筍です。 120センチほどに成長した筍を7月から9月にかけて収穫して、食べるところと皮や節を切り分けます。 皮や節は固く食べられないので、可食部分は少なくなります。 食べる部分を3~4時間蒸して、1ヶ月ほど発酵させます。 この発酵によって、甘味と酸味、独特な香りが出るのです。 次に3~4日ほど天日干しをします。 食べやすいようにカットして、乾燥メンマの出来上がりです。 ここから水煮メンマ、味付けメンマとなります。 乾燥メンマを水に戻す時間や製法によって、コリコリした食感や歯ごたえが変わってきます。 筍の先端部分を使ったメンマが穂先メンマと呼ばれるものになります。 発酵と天日干しを省いたメンマもあるようです。 メンマの名前の由来 「メンマ」という名前は、日本の丸松物産という会社が考案したとされています。 昭和20年代までは「支那竹(シナチク)」と呼ばれ、台湾から中国を経由して、日本に輸入されていました。 しかし丸松物産の当時の社長が「麺の上にのせる麻竹」つまり略して「メンマ」と名付けたのが現在のメンマの由来となっています。 その後、桃屋という食品会社がCMで名前を使い、「メンマ」という名前が浸透しました。 実は、麻竹の産地である台湾や中国では、麺の上にのせて食べる習慣は意外なことにありません。 乾燥メンマを水に戻し、肉や野菜と一緒に炒めたり、煮たりして食べるのが一般的です。 お酒のおつまみやラーメンにぴったり、手作りメンマのレシピ。 水煮しておいた筍をよく洗って3ミリに切ります。 ゴマ油を熱して筍を炒め、途中で輪切りにした唐辛子を加えます。 水や中華スープの素などを入れたら弱火の中火で煮込み、水分が半分ほどに減ったら、味を調節して出来上がりです。 唐辛子の量や砂糖の分量を調節することで好みの味に作れます。 おつまみにラーメンのトッピングに手作りメンマ 材料 (2~4人分)水煮した筍250gゴマ油大さじ1唐辛子1本水1. お弁当にもおすすめ、味付けメンマの作り方。 ゴマ油を入れたフライパンを火にかけてあたため、水煮してあるメンマを入れて炒めます。 砂糖、酒、みりん、醤油、めんつゆ、オイスターソースを入れて煮詰め、水分がメンマに染み込んだら完成です。 オイスターソースの味がコクがあってポイントになりますが、苦手な人は入れなくても大丈夫です。 10分で作れて簡単です。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の