ひめ ちゃんと おう くん 離婚。 ひめちゃんおうくん(プリ姫)|もときちゃんとの関係!年齢も調査!

YouTuberプリンセス姫スイートTVって?お父さんの先祖が…?子供の名前の由来が特徴的?

ひめ ちゃんと おう くん 離婚

Contents• プリ姫のプロフィール ひめちゃんがユーチューバーになりたい って言ったのがきっかけで、 家族ぐるみで動画作成を されているようですね。 2013年3月に チャンネル開設をして、 2018年現在は チャンネル登録者数は100万人超え、 視聴回数は2.6億回再生、 1000万回再生の動画が 10個以上あるという 驚異的なチャンネルです。 動画のスタイルとしては、 パーティーやファッション、 お出かけ、旅行、おもちゃ、ハンドメイドなど、 プリンセス姫スイートのライフスタイルを 紹介しています。 私的にはひめちゃんが作った マインクラフトの紹介動画が大好きです! 他には、演劇やコメディーやミステリー系のドラマも 作ったりしていて、うちの子供たちは夢中で観ています。 ひめちゃんのプロフィール お名前は「姫乃(ひめの)」ちゃんと いうそうですね。 パパのご先祖様が 天霧城の城主(讃岐国香川氏) だったことから「ひめの」ちゃんと 命名したそうです。 由緒ある家系から 姫ちゃんは誕生したんですね。 毎日ドレスを着て過ごしたい! 本物のプリンセスになりたい! と、ひめちゃんは願っているそうです。 女の子はプリンセスになりたかったり、 ドレスを着たりしたいのは当然ですね。 それに、パパの血筋からして 遺伝子的にそういう欲求が 人一倍強いのかもしれませんね。 おうくんのプロフィール お名前は「王位(おうい)」くんと いうそうですね。 おうくんが生まれたとき、 おねえちゃんのひめちゃんが、 弟の名前は「王子」がいい! といったことから、 「王」と付く名前を考えたことが お名前の由来のようですね。 つまり、おうくんのお名前は ひめちゃんが決めたといっても いいくらいですね! パパのプロフィール パパも子供たちと一緒に動画に出演したり していますね。 これは、お父さんも一緒に 登場することで、 変質者的な輩を寄せ付けないという 抑止的効果もあるのではないかと 思っています。 あとは、パパ子キャラクターが インパクト大! 意外にも子供たちに人気があるようです! ママのプロフィール 子供2人を完母で育てたそうです! こだわりを持って育児をされているようですね。 もとちゃんのプロフィール 途中から追加メンバーとして登場したもとちゃん。 パパのお友達とのことです。 とっても優しそうなお兄さんで、 ひめちゃんとおうくんも懐いている 様子がわかりますね。 ひめちゃんとおうくんの執事という 設定のようですが、 実際に勉強や英語を教えたり しているようで、 まさに執事をされているようです。 プリ姫の所属事務所は? ひめちゃんたちはやはり、 以前はUUUMに所属していたことは 間違いないようです。 時期は不明ですが、移籍をしたようで、 現在は、梅宮辰夫さんたちが所属している 芸能プロダクション「株式会社グッデイ」に 所属しているようです。 グッデイの所属している方々は 梅宮さんをはじめ、大半は芸能人のようで、 プリ姫が唯一の専属ユーチューバーと いうことになるみたいですね。 UUUM脱退ユーチューバーについて 他にUUUMを脱退したユーチューバーを 調べてみましたが、どうやら かんあきチャンネルもUUUMから離れ、 個人事務所を設立したようですね。 親御さんがもともと別事業の 会社経営をされていたようで、 そのノウハウで別会社を作った ということでしょうか。 確かに、UUUMに所属していれば、 それだけUUUMからも恩恵を受けられて、 お互いWinWinのユーチューバーが ほとんどかもしれませんが、 独立した方がメリットが高い場合も あるかもしれませんね。 ある意味、UUUMを卒業した という解釈でいいと思います。 まとめ 今回はプリンセス姫スイートTV(かんあきチャンネルを少し)を調べてみましたが、キッズユーチューバーの経済効果は本当に馬鹿にできないというのが率直な感想です!それと親御さんたちも、子供たちの撮影編集から、フォローやマネジメントを行い、忙しさは人一倍に大変だろうと思います。 今後、UUUMを卒業したひめちゃんとかんあきちゃんたちがこれからどのように飛躍していくのか、本当に楽しみですね! 余談ですが、同じくキッズチャンネルの「キッズライン」のチャンネル登録者数がHIKAKINさんを上回るという快挙があったのですが、それがとんでもない炎上騒ぎになっているんです。。。

次の

現代っ子がハマる“子どもYouTuber”ってどんな子たち?親は「見せたくない…」

ひめ ちゃんと おう くん 離婚

もとちゃんが加藤紗里を妊娠させた?!果たして真相は? もとちゃんと加藤紗里さんの仲が噂されるようになった経緯について時系列順にみていきましょう。 その後、2020年1月10日、わずか3ヶ月ほどで離婚発表となり、「スピード離婚」と報道されたのも記憶に新しいですね。 しかし、その 9日後の1月19日、自身のYouTubeチャンネルにてさらに妊娠を公表。 離婚後に婦人科で検診を受け、2020年の6月か7月ごろの出産予定と診断されました。 そして、YouTubeの動画内で父親についてスタッフが質問したところ「誰の子ですかね?」と自分で発言をし、ハッキリと元旦那さんの子供だと言い切るまでに時間のかかる姿が撮影されています。 2.加藤紗里の子供の父親が大物YouTuberと報道が出る 2020年2月10日、AERA dot. にて加藤紗里さんの不倫疑惑と子供の父親についての報道が出てしまいました。 ただしチャンネル登録者数は100万人以上に及ぶ大物YouTuberであることは示されており、加藤紗里さんの旦那は「お腹の子は自分の子供ではなく、A氏の子供だ」と知人に漏らしている、とも書いてあります。 3.加藤紗里を妊娠させたのは誰?コレコレが生電話で直接質問! そして加藤紗里さんのお腹の子の父親は誰なのか?と気になる視聴者へ向け、2月12日に人気YouTuberのコレコレさんが加藤紗里さんに生電話で突撃! 事前にAREA dot. の記事で書かれていた特徴を元に、その大物YouTuberのチャンネルは「プリンセス姫スイートTV」ではないか?とあたりを付けたところ……。 加藤紗里さんはその電話が生配信であることは気が付いていなかったようで、この指摘にあっさり同意。 以下のように発言していました。 2年前から加藤紗里さんと恋愛関係であったと認めました。 しかし、この謝罪動画では「2年前から恋愛関係であった」ことや「現在も加藤紗里さんのYouTubeチャンネルにスタッフとして関わっている」ことが語られているのですが、「不倫関係ではありません」と明言…。 うーん。 なかなか判断が難しいですね。 加藤紗里さん自体も、もとちゃんとの恋愛関係は認めていますが、子供の父親がもとちゃんであるとは言っていません。 のちに2月20日に配信された女性自身の記事によると、「子供の父親は元旦那であり、もとちゃんとの恋愛関係は結婚する前のこと」と記者に語っています。 加藤紗里さんのお子さんの出産予定日が6月か7月とのことなので、結婚する直前か直後の妊娠となります。 そのため、キッズチャンネルに関わっているもとちゃんのことを考えると「不倫ではないということで押し通したいのでは?」という声も上がっているのが現状です。 もとちゃんを解雇したプリ姫ママ!2人の関係は? さて、もとちゃんと加藤紗里さんの報道を受け、もとちゃんが活動していたチャンネル「プリ姫クラスター」の母体「プリンセス姫スイートTV」に出演しているプリ姫ママは、2月15日にもとちゃんをクビにする旨のブログを以下のように発表しました。 「個人の過去の交際や父親が誰であるかといった問題に対し、私個人の調査では明確な答えを得るには限界がありました。 結局は本人の言い分以外に、今のところ知るすべがございません。 残念ながら今お伝えできる調査結果といたしましては、以上となります」 「ただ、もとちゃんの言い分に、私が疑問を持つ部分がいくつもあったため、私の判断によりプリンセス姫スイートTVのメンバーからもとちゃんを外すことを決定いたしました」 子供を対象としたキッズチャンネルだからこそ、このような厳しい決断になったのだと思われます。 しかし実は、視聴者の間でこのプリ姫ママともとちゃんの間も噂されていたことがあったようで…。 簡単に整理しますと• 2014年、子供を対象としたキッズチャンネル「プリンセス姫スイートTV」開設• 初期メンバーは「ひめちゃん」「おうくん」「パパ」「ママ」のリアル家族• 2018年5月よりサポートメンバーの「もとちゃん」参加• 2018年ごろより「ひめちゃん」の元気がないとファンの間で噂に• 2018年11月に、もとちゃんが中心となったサブアカウント「プリ姫クラスター」発足• 2018年12月に、ひめちゃんとパパだけの「Princessひめちゃんねる」開設• 2019年1月に、おうくんとママと、もとちゃんだけで秋田旅行へ行った動画が配信。 もとちゃんとママの不倫が疑われる• 2019年2月に、ママが不倫を否定するブログを発表• 2019年11月の投稿を最後に「プリンセス姫スイートTV」の投稿がストップ(2020年2月現在) このように、元々家族で始めたYouTubeチャンネルに、ある時からもとちゃんが参加してきて、その後、もとちゃんが以前に活動していた男性グループのメンバーも含めたサブアカウントを開設した…という流れになっています。 更にそのサブアカウントには、ママは出演するがひめちゃんやおうくん、パパは参加せず、ひめちゃんとパパが開設した「Princessひめちゃんねる」にママが出演しないことが続いています。 もとちゃんとママがどんな関係はハッキリとは分かりませんでしたが、ちょっとプリ姫ファミリーに異変がおこっていることは間違いなさそうですね。 2020年1月に公開された「Princessひめちゃんねる」のお正月動画では、ママ以外の3人でおせちを囲む姿が公開されました。 お雑煮を作ったのも、おせちを買ってきたのもパパだそうです…。 もとちゃんってオネエなの? もとちゃんが「オネエなの?」と噂されるのは、そのイケメンぶりにプラスして「プリンセス姫スイートTV」でのキャラクターが「なんでもできちゃうフェミニンヒーロー」という設定だったことも大きく関係していそうですね。 実際物腰もやわらかく、声も若干高め。 「オネエなのでは?」と誤解してしまう人も出てもおかしくありません。 しかし(現在はもとちゃんの脱退により削除されましたが)、以前「もとちゃん質問コーナー」というプリ姫動画の中で「男ですよ、ちゃんと」と返答していたことから、「オネエではない」と判断させていただきます。 もとちゃんのプロフィール もとちゃん 本名:大河内基樹 生年月日:1984年8月28日 出身地:東京都大田区蒲田 身長:約178〜179㎝ 2012年頃より、「カモンジョック!」という男性4人組のエンターテイメントユニットで活動していました。 しかし2018年5月に突如、YouTubeチャンネル「プリンセス姫スイートTV」のサポートメンバーとして参加。 「カモンジョック!」は同年8月をもって解散となっています。 2018年11日は「カモンジョック!」のメンバー2名を引き入れた「プリ姫クラスター」のYouTubeチャンネルを開設しましたが、2020年2月に加藤紗里さんとの関係が取り沙汰され「プリンセス姫スイートTV」をクビ、「プリンセス姫スイートTV」や「プリ姫クラスター」が所属していた事務所グッディも解雇となっています。 加藤紗里さんのお腹の子の父親はもとちゃんとは決まっていない?• もとちゃんはプリ姫ママとの不倫が噂されていたこともある• もとちゃんはオネエではない 子供向けのキッズチャンネルに参加していたこともあり、今回のもとちゃんと加藤紗里さんの報道はたくさんのアンチを生む結果となってしまいました。 しかし不倫と決定しているわけでもありませんし、まずはもとちゃんの謝罪動画の言葉を信じて次の活動を待つしかありませんね。 加藤紗里さんもシングルマザーとして頑張る宣言をされていますので、もとちゃんも含めみんな幸せになってほしいな、と思ってしまいました。

次の

プリンセス姫スイートTVがUUUMを辞める。他にも脱退ユーチューバーいる?

ひめ ちゃんと おう くん 離婚

いつまで炎上は続くのか このブログをはじめて最初に取り上げたプリ姫問題。 あの犯罪者リスト動画の騒ぎが落ち着いてきたので、この辺で別の話題にいこうと考えておりましたが今日のでまた炎上。 もうしばらくこの話題でいきますかね。 そして今日の炎上ですが、きっかけは得体の知れないスレ荒らしの登場。 ママの言動からプリ姫関係者が5ちゃんねるのを見ているのは明白なので、プロの火消しを雇って鎮静化を図ってきたのでは? という疑惑を持っている人は多く、ちょっとでもプリ姫擁護の書き込みやスレ住人を分断させるような書き込みをするとすぐ炎上してしまう状態。 そんなところへ嫌なタイミングで出てきましたよね。 今日は火消しにしては無能なので単なるスレ荒らしだと思うが、それをキッカケによく騒ぎましたね。 あの荒らしさんは文体から中年男性と思われる。 平日の昼間から連日5ちゃんねるに居座って挑発的な書き込みをする人など相手にしても面倒なだけなのですがねぇ。 あとはの書き込みもありましたね。 通称「フシアナさん」懐かしいですね。 正確には「ヒュージャネイザン」というを表示するプログラムなのですが、今の5ちゃんねるにはワッチョイの他に強制的にIP表示させることもできるので廃止されている板が多いです。 私はを毎日数回は見ていますが書き込みはしないのでわかりませんが、ワッチョイのあるスレではフシアナさんが廃止されたような気がします。 どうせなら全員IP表示されるようにスレを立てたら面白いと思うのですが。 実際に株や為替の話題を扱う市況板では、IP強制表示のスレがいくつもあります。 株や為替は大金が動くので、デマとスレ荒らしを防ぐためにIP表示が必要らしいです。 なぜプリ姫は炎上するのか? でもでもでもでもブログでも、はたまたPTAの会議でも町内会の寄り合いでも情報を発信すれば必ず批判する者は現れます。 世の中の人すべてに好かれるなんて不可能です。 だから批判の声を気にすることもないのですが、それは批判の声が少数な場合で、プリ姫ぐらいに批判が多ければ言動を改善するかから撤退するかの二択を迫られるでしょうね。 私も最初はプリ姫が好きで、子供と一緒によく見ていました。 やはり数年前と今のプリ姫では、やっていることが大きく変わりましたからね。 子供というのはあっという間に大きくなります。 あの姫ちゃんも中学生。 現在13歳です。 童謡「赤とんぼ」では「15で姐やは嫁に行き」という歌詞があります。 この唄は大正10年に作られた唄です。 当時は数え年で年齢を数えていたので今数え年で15歳の姫ちゃんは一昔前なら結婚してもおかしくない年齢になったのです。 そうなればキッズユーチューバーとしては使いにくいですよね。 ですからもとちゃんをメンバーに加えて路線変更をしたと思います。 それならそれで良いのですが、毎度のことながら何の説明もなくガラっと内容を変えてくるんですよね。 それをファン軽視と見られてアンチが増えてきたのかなと。 あと嘘をつきますよね。 言い方を変えて演出といえば聞こえは良くなりますが。 例えば姫ちゃんとおうくんの年齢。 いつから二人とも一歳若くなったのでしょうか? 5年前の雑誌インタビューでは姫ちゃんが2005年生まれでおうくんは2012年の2月生まれとなっていて、姫ちゃんの夏休みの宿題が2005年生まれの学年の子がやる宿題だったり、おうくんが小学生以上でないと利用できない遊具を使っているとロケ地のに苦情を入れた方がいるようで、から「小学生と確認したから使用させた」と回答があったとのこと。 アンチさんは色々な調査スキルがあるのですね。 正直私は二人が何歳だろうが動画が楽しければ関係ないというスタンスですけど、こうやってプロフと違う事実が出てくると何か騙されたのかな? という感覚を持ってしまいます。 とにかく色々と説明が欲しいところです。 ママは時期がきたら全て話すとブログで書きましたがいつになることやら。 アンチプリ姫の多くの人は、お金持ちママへの嫉妬からアンチ活動をしているといわれています。 もちろんそういう方もいるでしょう。 しかし最近は事情が変わってきました。 いくらなんでも子供がかわいそうじゃないのかとの意見が非常に目立ちます。 確かにかわいそうでしょうね。 プリ姫は香川家が作り出した財産のはずです。 しかし名前の由来になった姫ちゃんが、なぜパパと新チャンネルを作って独立したのでしょうか? しかも本家プリ姫にリンクを貼ってもらえません。 後からプリ姫にきたもとちゃん率いるプリ姫ーへのリンクだけあります。 そうなった理由はわかりませんが、これもまた説明が無いので「姫ちゃん、かわいそう」の声が大きくなるのです。 おうくんもかわいそうです。 姫ちゃんが新チャンネルに行ったことで今まで姫ちゃんと二人でやってきたことを一人でやらなくてはいけなくなりました。 そしておうくんは運動が苦手です。 一方で後から加入したもとちゃんは運動が得意です。 ーなどでのアクションは素晴らしいものがありますね。 だからといって本家プリ姫のほうでも運動神経をアピールするのはどうなんでしょうね? おかげでおうくんは走らされ泳がされ、壁に登れだヒーローを目指せとか。 人間には向き不向きがあります。 明らかに運動が苦手なおうくんに、第二のもとちゃんを求めるのは余りにもかわいそうです。 あと前々からいわれていたのは、姫ちゃんとおうくんは学校に行っているのかということ。 とにかくプリ姫は外出ロケが多いですからね。 もちろん義務教育なので全く行っていないということはないでしょうが、かなりの日数を欠席しているはずです。 最近のロケも5泊6日となっていますが、本当にそうなら最低4日はおうくんは小学校を欠席していることになります。 丼合戦の期間中に祝日は無いですからね。 もしかしたら2泊3日ぐらいのロケを演出で5泊6日に仕立てた可能性はありますが。 だがそれでも1日は学校休んでますよね。 そして香港、秋田、などのロケですが全部ママ、おうくん、もとちゃんの3人で行ってますよね。 だからパパと姫ちゃんはどうした? やら、パパがいるのにもとちゃんと相部屋ですか? とか突っ込まれることに。 もとちゃんは別室に泊まります。 みたいなアピールはありますが、それなら何故もとちゃんの泊まる部屋を撮影しないのか? 香港ディズニーホテルのアナ雪スイートルームはわかったから、一般の部屋がどういう感じなのかも見たいでしょ? 何でもかんでも撮影するのに、そういう肝心なところを撮影していないからおかしいなと。 それに別部屋に泊まるはずのもとちゃんの分まで、ウエルカムデザートが用意されているし。 不倫はしていません宣言は、もしかしたらパパとは離婚が成立しているから不倫はしていないと言っているのではないかと指摘されていましたが、確かにそうかも知れません。 ひめチャンネルのほうは本家プリ姫と違ってコメントが書けますが「パパはシングルですか?」のコメントにハートマークが付いたのも意味深ですね。 あとプリ姫ファミリーが所属する芸能プロダクションのグッデイのHPのサムネイル。 犯罪者リスト動画をアップしたタイミングで、もとちゃんだけ消されましたね。 同時にから発売されている「しゅわボム」のプリ姫コラボ商品。 これも謎のケーキが現れてもとちゃんが隠れちゃいました。 なんでいつも、もとちゃんばかり不利な展開になるのですかね? 月末の東京ドームシティでプリ姫ーのイベントがあるので、そこで何かわかるかな? あ、最後にもとちゃんのイベント告知に「遠いから」「子供がいるから」などの理由で私は行けません宣言をしている人が多いですが、なぜ「イベントに参加できるようにスケジュールの調整をはじめますね」とか書けないのかな? 行けませんの連投では、もとちゃんのモチベーションが下がってしまいそうです。 とりあえず今のプリ姫に対して思うことはこんなところですかね。 またネタが投下されれば追加で書きます。 ではまた。 mihiro63.

次の