香典 の お札 の 向き。 香典のお札の向きとその理由!中袋無しの場合の入れ方も紹介!(画像あり) | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

香典袋へお金の入れ方。お札の向きは?新札はNG?中袋なしは?

香典 の お札 の 向き

香典のお札に向きや入れ方に決まりはある?理由なども紹介 まず最初に知ってほしい香典の知識 通夜や葬儀へ参列する際の香典は、香典袋(不祝儀袋)に入れます。 四十九日までは、香典袋の表書きには「御霊前」と書き、水切りの下に自分の名前を記入します。 表書きを書く時には、薄い字で書くのがマナーです。 薄い字専用の筆ペンなども売られているので、利用しましょう。 中包みにお札を入れる時には、2枚以上のお札の場合には、上下表裏をきちんとそろえて入れます。 香典袋の表面に、お札の裏側が向き、お札の左端が下になるような向きで入れます。 お札は表と裏がありますが、1万円札の例では福沢諭吉の人物画の方が表です。 お札を香典袋に、あえて裏側を向けて入れる理由 ・お札の人物がうつむいていることから、悲しんでいる様子を表現するため ・葬儀では、日常とは逆のことをするから (仏式の葬儀において、亡くなった方の襟合わせを生きている人と逆にすることで、非日常を表す。 ) という説があるようです。 とは言え、マナーの本によっては、祝儀、不祝儀を問わず、お札は表が上にくるように向けるという解説をしているものもあります。 どちらかと言うと、お札の裏面が香典袋の表面に向くようにするのが一般化しているようです。 香典のお札は新札じゃなきゃダメ? 基本的に香典に入れるお札に新札は使ってはいけません。 不幸が訪れることを予見していてあらかじめ準備していたと、受け取られてしまうためです。 もし急な訃報を受けて、手元に新札しかない場合は、お札に折り目を入れるようにします。 逆に破れたり、極端にボロボロになったりしたお札を使うのは、お相手に失礼になりますので、使わないようにしましょう。 香典のお札の枚数や金額でNGな数はある? 気になる香典の金額ですが、使ってはいけない数が存在します。 絶対に避けるべき数字は、4と9です。 4は「死」を9は「苦」を連想させるとして、縁起が悪い数字です。 4千円や4万円、9千円などの4や9が入る金額は避けます。 また、2万円などの偶数も良くないとされていましたが、(数字が割り切れるため、故人とのつながりが切れるなどと言われる)最近ではあまり気にしない人が増えています。 香典の数字で避けるべきなのは、4と9と覚えておくとよいでしょう。 香典について知っておくべき豆知識は? 香典袋には、袋に入れたお金の金額を書き込みますが、数字は大字(だいじ)を使います。 大字とは、単純な漢数字のかわりに用いる漢字のことで、一、二、三、はそれぞれ「壱」「弐」「参」と書きます。 単純な漢数字に字を書き足して改ざんすることを防ぐため、と言われています。 一万円であれば「壱萬円」と記載します。 また、香典袋にお金を入れて外包みを折り返す際には、外包みの裏の折り返しの上側が下側の上に垂れるようにすることも重要です。 悲しみが上から下へ流れるようにという意味が込められています。 最後に 最後に香典についてまとめると、 ・お札が2枚以上ある場合、向きを揃えて入れる。 ・お札は、不祝儀袋の正面にお札の裏側が向くように、さらにお札の人物が下になるように入れる。 ・4,9という数字になるような金額は入れない。 ・金額を書く場合には「壱萬円」など大字を使う。 ・不祝儀袋の表書きは薄い墨を使って書く。 ・不祝儀袋の外包みの裏の折り返しは上側が垂れるように(下側の上にくるように)する。 ・新札は使わない。 新札しかない場合には数回折って折り目をつけてから入れる。 一度知ってしまうと特に難しいことはないですが、地域によってもマナーが違うこともあります。 どうしてもわからずに困ってしまった場合には、会社の先輩や知り合いなど、年配者に尋ねてみるのも一つかも知れません。

次の

香典の入れ方やお札の向きは?香典のルールをかんたん紹介

香典 の お札 の 向き

水引の本数に関しては、現代において香典袋はコンビニやドラッグストアや文房具店で購入するのが一般的ですから、本数を気にする必要はないでしょう。 特に種類も売られていないですしね。 香典袋の入れ方 水引が付いている香典袋は2重になっていますので、包み方をご紹介します。 水引を外して表袋を開きます。 中袋にお金を入れ、中袋の裏面の下に金額を記載します。 表袋は短い方から閉じます。 下から折り曲げます。 水引を戻します。 香典袋に名前を書く 中袋がない場合は、水引の下に名前を書き、裏に住所を書きます。 香典の表書き 香典の表書きですが、いくつか種類があり意味合いも違います。 以下の通りです。 御霊前• 御香料• 供花料 「御霊前」または「御香料」が一般的。 お葬式後(四十九日後)の法事、弔問の際• 御仏前• 御香料 四十九日を終えて納骨します。 四十九日前は「御霊前」 四十九日後は「御仏前」 となります。 もしも、お葬式や後日弔問の際に香典袋の記載に迷った際は 「御香料」が共通しています。 四十九日の法要は御仏前 四十九日前は「御霊前」 四十九日後は「御仏前」 となりますが、 では四十九日の法要は? といいますと 「御仏前」になります。 故人は霊となり、四十九日かけて成仏する。 というのが仏教の考え方です。 したがって、四十九日の法要は「御仏前」となります。 どちらか迷ったら「御香料」 どちらか迷ったときは、「御香料」または「ご香料」と表書きに書きましょう。 キリスト教(水引無し) 「お花料」または「御花料」と書きます。 神式 「御玉串料」または「御榊料」と書きます。 無宗教葬 無宗教葬の場合、「お花料」または「御花料」と書きます。 近年は無宗教葬も増えていますが、多くの場合お通夜の式場に行って始めて無宗教葬と知ることになるでしょう。 「御霊前」と記載した香典袋を持参しても「けしから!」という人はいないでしょうから、分からない場合は「御霊前」や「御香料」でも構わないでしょう。 香典袋のお札の入れ方・お札の向き 続いて香典袋の書き方とお札の向きをご紹介します。 名前と金額を記載 香典袋には、参列する方(あなた)の名前を記入します。 中袋がない場合。 水引の上に「御霊前」 水引の下に「お名前」 を記載します。 住所・電話番号の記載は表でも裏でも構いません。 裏には金額を記載します。 金額には漢数字「壱、弐、参…」を使いましょう。 という習わしもあります。 その理由として「改ざんを防ぐため」という目的もあるそうですが… 私自身、葬儀社で働いて受付スタッフも経験したことがありますが、漢数字はあまり見ませんね。 少数です。 受付ですぐに香典袋を空けて記載された金額と中身を確認するので、漢数字にこだわる必要はないでしょう。 中袋のある香典袋の名前と金額の記載方法 中袋のあるタイプの香典袋ですが、 最近のものは、下記のように記載する項目、場所がわかるようになっています。 お札の入れ方・向き。 新札はNG。 その理由とは 上記の写真の通り、お札を入れる際はお札の人物を裏に向けて入れます。 また、 新札はNGとされています。 新札は「あらかじめ不幸を予期して用意していた」と思われると考えられていたからです。 最近ではそういったことは気にしない方が増えてきていますが、年輩の方には気にされる方もいらっしゃるかもしれませんので、新札は避けたほうが良いでしょう。 かと言って、使い古されたお札も礼儀にかけますので、折り目の付いた無難なお札を選びましょう。 さいごにお伝えしたいこと 香典の書き方について、お伝えしてきました。 古い習わしを語り始めるといろいろ細かくなりますが、現代の葬儀において最低限知っておきたい香典袋のマナーをお伝えしました。 最後に余談ですが… 最近の葬儀では受付を葬儀社スタッフが担当するケースが増えています。 (昔は町内会の人や親族が手伝っていましたが…。 ) 葬儀の受付で香典を渡すと、香典に記載された金額と中のお札が一致しているかを確認するため、すぐに開封します。 かと言って、香典袋が捨てられるわけでなく喪主さんの手へ渡される訳ですが…、 何が言いたいかというと、最低限のマナーを抑えておくのは大切ですが、 香典袋を気にするあまり、お通夜やお葬式に遅れないようにしましょう。 気持ちが大切です。

次の

香典お札の向きは表?裏?【中袋の有り無し】正しい入れ方教えます

香典 の お札 の 向き

中袋ありのタイプが一般的である地域も、中袋なしのタイプが一般的である地域もあります。 住んでいる地域がどちらの香典袋がよいのか?もし心配になってしまう時は、一度 ご家族や葬儀会社などに確認してみると安心ですね。 中袋がない香典袋には、 「不幸が重ならないように」という意味合いがあります。 (中袋がある場合袋が二重になるため) 他にも、• 包む金額が少ない場合は略式の中袋なしがよい(一万円以下が目安)• 香典を郵送する場合の香典袋の厚みを抑えられるので中袋なしがよい• 葬儀の受付の方の開封の手間を省けるので中袋なしがよい など、色々な考え方が増えているため、中袋なしの香典袋も一般的になっています。 中袋がある香典袋の方が適しているケース ですが、中袋がある香典袋の方が適しているケースももちろんあります。 ビジネス上のお付き合いの会葬の場合• 連名で香典を出す場合• 包む金額が多い場合 などは中袋がある香典袋の方が良いとされています。 地域差も大きいものですが、葬儀に関するマナーはあくまでもご遺族を不快にさせない為のものです。 受け取る方への思いやりの心を込めてお渡しするのが一番ではないかと思います。 中袋なしの場合は、香典袋に直接お札を入れる形になります。 香典のお札の向き写真はどっち向き? お札の向きや表裏にはきちんと決まりがあります。 人物の載っている面が「表」で、その逆が「裏」になります。 香典袋にお札を入れる時のお札の向きは、香典袋の表側にお札の「裏」が向くようにします。 お札を裏側にして包むのは、お悔やみに対し顔を伏せるという意味があります。 悲しみのため顔をみせないという意味もあるようです。 そして複数枚入れる際は、お札をすべて同じ向きに揃えて袋に入れます。 金種は必ず同じ種類で揃えましょう。 そして、通常お祝い事の際のご祝儀袋には新札を入れるものですが、 香典の場合、新札は避けた方が良いとされています。 新札は準備しないと通常は持っていないものなので、訃報に対し「事前に準備をしていたように感じ取れるから」良くないのだそうです。 しかしあまりにもシワだらけのものや汚れているものは失礼になりますので、適度に使用しているお札を包みましょう。 どうしても 新札しかない場合は折り目をつけて包めば問題ありません。 香典のお札の向き上下も関係あるの? 香典袋のお札の上下も諸説ありますが一般的な正しい形があります。 香典袋にお札を包む時、香典袋の裏面にお札の表がくるようにし、 金額の部分を「上」、人物の顔写真の部分が「下」になるように入れます。 そして、訃報は突然にあるものなので、香典はなるべく手持ちのお金から準備することになります。 例えば、 5千円を包みたい場合も5千円札がなければ千円札を5枚という形でも問題ありません。 御香典の金額は偶数の「 4」や「9」は死や苦しみを連想させるので、避けた方が良いとも言われています。 香典袋の表書きの書き方 お金を入れた後には香典袋に表書きをしますが、表書きは故人の宗教によって違いがありますので注意を払いましょう。 そして中袋がないため香典袋の裏の左下の部分に、縦書きで「自分の住所」と「金額」を書きます。 縦書きのため、住所の番地なども漢数字で書きましょう。 金額も改ざん防止に旧漢字(例・金壱萬円など)で書くのが正式な方法です。 裏側の住所や金額は普通の黒いペンやボールペンなどで書いてもかまいません。 相手方が見やすいように配慮しておくのがマナーです。 まとめ お通夜やお葬式に招かれることはそうある事ではないので、御香典のマナーは迷ってしまう部分が多いですよね。 中袋があった方が良いのかな?なくても良いのかな?と御香典を送る側としては悩んでしまいますが、御香典を受け取る側の喪主の方やご遺族は、非常にお忙しく心労も大変でそれどころではない状態です。 少しでもご迷惑をかけないように、• 住所氏名をきちんと記入すること• 袋に書く金額と実際の中身を違う金額を間違えて書かないようにすること が一番大事なのではないかと思います。 大事なポイントを押さえて、受け取る方へ心を込めてお渡ししたいですね。

次の