乳児 湿疹 原因。 乳児湿疹の原因と対策・ケア方法のすべて|乳児湿疹を知る

乳児湿疹の種類と原因・ケア方法を紹介!おすすめのベビーローションも!

乳児 湿疹 原因

乳児湿疹とは? 「乳児湿疹」は肌トラブルの病名と思われがちですが、そうではありません。 赤ちゃんによくできる湿疹をまとめて、「乳児湿疹」と呼んでいます。 赤ちゃんの湿疹の総称で、症状はいろいろ 赤ちゃんに湿疹ができて受診すると、医師は月齢や症状などによって診断しますが、乳児湿疹は原因を特定することが難しいケースも多く、原因が複合していることもよくあります。 乳児湿疹は、月齢や湿疹の種類などによって、できる部位や湿疹の状態は多少違います。 たいていほほやおでこを中心に、おもに顔にできることが多いのですが、体にできることもあります。 湿疹は赤いポツポツのことが多く、広がって一つ一つがつながり、皮膚全体が赤くなることもあります。 また、かゆみは弱いこともあれば、かかずにはいられないほど強いこともあります。 ひっかいて皮膚がむけてしまうと、ジュクジュクしてしまう場合も。 乳児湿疹はいつからなるものなの? 生後すぐからできることがあります 乳児湿疹は、たいてい生後1~2週間ごろからでき始めますが、生まれてすぐから、ほほなどに湿疹ができる赤ちゃんもいます。 脂漏性湿疹の場合は、生後1~2週間ごろからでき始め、長くて6ヶ月ごろまでには治るでしょう。 新生児ニキビも、生まれてしばらくしてでき始め、1ヶ月ごろをピークにだんだん治ってきます。 一方、生後3ヶ月過ぎてからでき始めた湿疹のなかには、長引いたり、よくなったと思ってケアの手を抜いたらぶり返す、というものもあります。 乳児湿疹の原因は?母乳が原因になることもある? 乳児湿疹の原因は、「生まれてすぐから2~3ヶ月ごろまで」と「3ヶ月ごろから」とで、時期によって違いがあります。 それはおもに皮膚の状態が大きく関係しています。 生後3ヶ月頃までは皮脂の分泌量が多いことが原因 私たちの皮膚から分泌される皮脂は、肌の表面をおおって有害物質の浸入や水分の蒸発を防ぐ役割をしています。 赤ちゃんも、生まれてしばらくの間はママのおなかの中にいたときのホルモンの影響で、皮脂の分泌がとても盛んです。 そのため、毛穴が詰まりやすく、皮脂腺に脂がたまって湿疹ができやすいのです。 生後3ヶ月頃からは皮膚の乾燥が原因 3ヶ月を過ぎたころから、赤ちゃんは皮脂の分泌量が急速に減っていきます。 それにより、皮膚が乾燥していてカサカサしがちになります。 人間の皮膚には、外からほこりや汚れ、ウイルスなどが体に侵入したり、体内から水分が出てしまったりするのを防ぐ「バリア機能」があります。 でも、赤ちゃんはもともと皮膚が薄いうえに、このバリア機能が未熟です。 それに乾燥が加わり、外から少しの刺激を受けただけでも炎症を起こして、湿疹ができやすいのです。 母乳が「乳児湿疹」の直接の原因になることはありません 赤ちゃんに湿疹ができると、「母乳や食べ物が原因?」と心配になるかもしれません。 でも、特定の食品を食べたり、それを食べたママの母乳を飲んだりしたことが原因で湿疹が出るのは、「 食物アレルギー」です。 脂漏性湿疹や新生児ニキビなどの乳児湿疹は、母乳が原因ではありません。

次の

乳児湿疹の種類と原因・ケア方法を紹介!おすすめのベビーローションも!

乳児 湿疹 原因

[目次]• 乳児湿疹はいつから?いつまで? 乳児の湿疹には、• 新生児ニキビ• おむつかぶれ• あせも• 乳児脂漏性湿疹• アトピー性皮膚炎• 食物アレルギー などによる湿疹などがあります。 生後2週間頃から現れやすくなりますが、多くの場合、 1~2歳までには自然治癒します。 タイプ別で見る乳児湿疹の正しいケア方法 乳児に現れる湿疹にはさまざまなタイプがあり、症状からみて素人が判断するのは難しいため、少し様子を見ても改善しない、悪化するという場合は、医師に相談するのが賢明でしょう。 ここでは、代表的な乳児湿疹の原因や正しいケア方法について見てみましょう。 白いぶつぶつが頬やあごなどに出る新生児ニキビ 特徴:生後3か月までには治ることが多い 生後1~2か月の間に、頬や前額、あごに• 面皰(めんぽう)• 丘疹(きゅうしん)• 膿胞(のうほう) を生じます。 面皰とは、ニキビの初期症状として現れ始める、 白もしくは肌色の小さなぽつぽつです。 適切なケアをすることで、 生後3か月くらいまでには治ることが多いようです。 原因:皮脂分泌が多い新生児は皮脂がまたりやすい 母親からの性ホルモンの影響で、皮脂の過剰分泌、皮膚表面がぶつぶつとした「毛孔部角化症」が生じます。 多くは放置していても 2~3か月で自然に軽減しますが、皮脂分泌が多い新生児では、 皮脂が毛穴に溜まりやくなり、新生児ニキビができる主な原因と考えられます。 また、 外部からの刺激や、赤ちゃん自身がかきむしったりすることで症状を悪化させてしまうケースもあります。 ケア方法:入浴時に余分な皮脂を落す 毎日の入浴時に、顔もしっかり洗い肌を清潔に保ちましょう。 洗顔に関しては、 赤ちゃん用の石けんや赤ちゃん用のボディソープの泡をたっぷりつけて、 やさしく洗います。 すすぎでは お湯を含ませたガーゼでやさしく拭いて、余計な皮脂をしっかり落としましょう。 ただし、肌をこすってしまうと傷つけてしまうので注意してください。 赤く腫れたりじくじくした湿疹が出る乳児脂漏性湿疹 特徴:皮脂腺の多い顔や耳の周りにできやすい 生後2~3か月頃までに、 新生児ニキビと並んでもっとも多く見られます。 皮脂線の多い顔面や頭部、耳の周りなどにできやすく、 赤く腫れあがったり、じくじくしたものやかさぶた状のものなど、さまざまな湿疹が生じます。 原因:皮脂が毛穴に溜まって炎症を起こす 性ホルモンの影響により、 過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に溜まってしまうことが多く、これが主な原因と考えられます。 他にも、外部からの刺激や汚れによって炎症を起こす場合や、赤ちゃんが触ったりひっかいたりすることで悪化することもあります。 ケア方法:シャンプーなどは刺激の少ないものを 入浴時にしっかり洗い肌を清潔に保ちましょう。 かさぶたのようなものがへばりついて取れにくい場合は、入浴前にベビーオイルやオリーブオイルなどで患部をふやかしておくと、取れやすくなります。 シャンプーやボディソープは刺激の少ないものを使い、 泡立ててしっかり洗いましょう。 その際、ゴシゴシ洗うのは控えましょう。 また、赤ちゃん自身が爪で患部を傷つけないよう、 爪は丸く切りそろえ、掻きむしらないよう注意します。 特に、肌に触れるものはこまめに交換し、清潔を保つ工夫をしてください。 ねんね期の赤ちゃんに多いあせも(汗疹) 特徴:首の周りや背中にあらわれかゆみをともなう あせもは、 新生児から生後2か月くらいまでのねんね期の赤ちゃんに見られることが多いようです。 首の周りや背中など蒸れやすい部分にあせもができやすく、 かゆみをともないます。 場合によっては、爪でひっかいたときに黄色ブドウ球菌などに感染してしまい、膿がでてくるとびひの状態に悪化することもあります。 原因:赤ちゃんは体温が高く汗をかきやすい 赤ちゃんは大人と比べ、 体温が高く、汗をかきやすい状態にあります。 また、汗腺が未発達なため体温調節がしにくく、首周りや背中など蒸れやすい部分を中心にあせもができやすくなります。 ケア方法:汗をかいたらこまめに着替えを 毎日の入浴でキレイにすることと、 汗をかいていたらこまめに着替えさせましょう。 赤ちゃんの体温は大人より高めのため、厚着には注意しましょう。 赤ちゃんが寝ているときは、布団をかけすぎていないか、寝起きには汗をぐっしょりかいていないか、こまめにチェックして清潔に保つようにしましょう。 顔や頭部などにかゆみが続くアトピー性皮膚炎 特徴:身体に広がりを見せて何か月も続く 顔面や頭部などにかゆみが続く赤い湿疹ができます。 乳児脂漏性湿疹と症状が似ていますが、 何度もくりかえすことが多いようです。 首まわりやひざ裏など、他の部位に広がりを見せ、 何か月も続くのが症状の特徴です。 原因:遺伝的にアトピー体質がある 赤ちゃんが、 遺伝的にかゆみを起こしやすいとされるアトピー素因(体質)を持っていることが考えられます。 アトピー素因とは、以下のようなものがあります。 家族歴・既往歴(気管支喘息・アレルギー性鼻炎・結膜炎・アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)• IgE抗体を産生しやすい素因をもった状態 これらを基礎として後天的にさまざまな刺激因子が作用して慢性の湿疹・皮膚炎を起します。 ケア方法:病院を受診する アトピー性皮膚炎は皮膚科での治療や経過観察が必要です。 アレルゲンが特定できない限りは、 刺激を加えないように心がけ、常に清潔に保つケアをしましょう。 日々の生活環境をふりかえり、どんなときにアトピーの症状が現れるのかを考え、悪化する原因を未然に防ぐことが大切です。 病院でアレルギー検査を受けてアレルゲンが分かるケースもあります。 食物アレルギーによる湿疹 特徴:アレルゲンとなる食べ物でかゆみや発疹が出る アレルゲンとなる食べ物を口にすることで現れる湿疹で、症状としては、 皮膚のかゆみや、全身に赤い発疹ができることがあります。 また、呼吸困難や下痢などの症状を引き起こす可能性もあります。 赤ちゃんは大人に比べ、アレルゲンに対するバリア機能が弱いため、口にする食べ物については注意する必要があります。 原因:卵や牛乳、小麦などで多く見られる 何がアレルゲンとなるのかは個人差があります。 牛乳や卵、小麦などの乳製品に比較的多く見られる傾向にあるようです。 ケア方法:アレルゲンを特定し、1歳まではその食べ物を控える 離乳食は生後5〜6か月くらいから赤ちゃんに食べさせるのがよいとされています。 特定の食品を食べさせた後に皮膚のかゆみなどが出る場合は、小児科で相談してみましょう。 アレルゲンとなる食物が判明したら、 消化器官が発達する1歳を過ぎるまでは、アレルゲンとなる食べ物を控えたほうがいいでしょう。 ただし、原因食物でも症状が誘発されない「食べられる範囲」までは食べることができます。 加熱・調理により症状なく食べられるものは除去せずに食べることで、耐性が獲得され、食物アレルギーの治癒につながります。 しかし、予期せぬアレルギー反応を引き起こす可能性もあるため、必ず医師に相談してから行いましょう。

次の

赤ちゃんの湿疹(乳児湿疹)の原因は?対処法と予防法について|ベビーカレンダー

乳児 湿疹 原因

なぜ乳児脂漏性湿疹の原因と母乳の影響について 乳児脂漏性湿疹はどの赤ちゃんでもできる可能性があるだけに、原因が気になりますね。 なぜ乳児脂漏性湿疹ができるのか、母乳の影響も含めて詳しく説明しましょう。 乳児脂漏性湿疹は、「皮脂の多さ」が原因です 赤ちゃんは生後2~3ヶ月ごろまで、ママのおなかの中にいたときにもらったホルモンの影響で、皮脂分泌がとても活発です。 皮脂は皮膚から分泌され、肌の表面をおおって有害物質が皮膚から体内に入らないようにしたり、皮膚内部の水分が蒸発しないようにしたりする働きをしています。 皮脂を分泌する皮脂腺は毛穴の入口あたりにあるので、皮脂の分泌量が多いと毛穴が詰まってしまい、皮脂腺にも脂がたまって炎症を起こし、湿疹ができます。 皮脂腺が特に多いのが、頭皮と顔です。 そのため、赤ちゃんは頭皮や顔が脂っぽくなりがちで、乳児脂漏性湿疹もできやすいのです。 ただ、赤ちゃんは3ヶ月ごろを境に、皮脂の分泌量が急激に減り始めます。 それによって、今度は皮膚が乾燥してカサカサしてくるので、乳児脂漏性湿疹もだんだん治ってきます。 乳児脂漏性湿疹は、母乳とは無関係 乳児脂漏性湿疹は皮脂の分泌量が多いことが原因で、母乳が影響してできることはありません。 卵や牛乳など特定の食品を食べたり、それを食べたママの母乳を飲んだりしたことで湿疹が出るのはアレルギーの症状なので、混同しないようにしましょう。 乳児脂漏性湿疹の症状を写真で確認! 赤いポツポツが出たり、かさぶたのようなかたまりができたりします 乳児脂漏性湿疹ができやすいのは、皮脂の分泌が多い場所です。 頭皮やおでこ、まゆ毛のあたり、鼻のわきなどによくできますが、わきの下や外陰部、おなかや背中などにもできます。 ほほやおでこに出たものは赤いブツブツが多く、湿疹と湿疹がくっついたようになって、広い範囲で真っ赤になってしまうこともあります。 頭皮やまゆ毛など毛が生えている場所は、皮膚がたくさん分泌して固まりやすく、「乳痂(にゅうか)」という黄色いベタっとしたかさぶたのようなかたまりになることも。 乳児脂漏性湿疹自体には、かゆみはほとんどありません。 でも、湿疹ができたところは、少しの刺激でも反応しやすくなり、外部刺激によってかゆみを誘発させてしまいます。 かいてしまってひどくなると、ジュクジュクして汁が出たりすることもあります。 おでこを中心に湿疹が 髪の毛の生えぎわやおでこ、まゆ毛のあたりに湿疹ができています。 湿疹の先端は脂で白っぽくなっています。 湿疹でおでこやほほが赤くなっています 眉間からおでこ、ほほに赤い湿疹が広がっています。 こすらなければ、かゆみはほぼありません。 耳の上に皮脂がびっしり 頭皮に分泌された皮脂が髪の毛についてかたまり、ベッタリ貼りついたようになっています。 皮脂は、石鹸で洗わないと取れません おでこを中心にひどいかさぶたが おでこ、髪の毛の生えぎわ、まゆ毛、鼻の横などにかさぶたができ、ほほやあごには赤いブツブツが。 重症ですが、石鹸で洗う&保湿のケアを根気よく続けた結果、3ヶ月ごろにはきれいになりました。 乳児脂漏性湿疹は、耳や頭にもできる? 耳の周囲の皮膚に、乳児脂漏性湿疹ができることもあります 乳児脂漏性湿疹は、耳たぶや耳の中などにできることは少ないでしょう。 ほほから耳にかけての範囲や耳の上の髪の毛がかかる部分、耳の下から耳の裏側にかけてなど、皮脂の分泌量が多いところにできます。 頭はかさぶたのようなかたまりができやすい場所 頭は、体の中で最も皮脂の分泌が盛んな場所です。 皮脂が髪の毛についてかたまり、ベタっとして黄色いかさぶたのようなかたまりになってしまうことがあります。 ひどくなると、頭全体をおおうほど面積が大きくなることもあるので、早めのケアが必須です。 乳児脂漏性湿疹は、どんなケアをすればいいの?保湿すれば大丈夫? 症状がひどくなることもある乳児脂漏性湿疹ですが、適切なケアを続けているとだんだんよくなります。 ケアのポイントは、さまざまな肌トラブルのケアに共通する「清潔」&「保湿」です。 乳児脂漏性湿疹のケアは、石鹸で洗うことが第一歩 乳児脂漏性湿疹ができたら、まず皮脂を取り除くことがケアの基本。 お風呂で石鹸を使って、ていねいに皮脂を洗い流します。 「赤ちゃんの顔に石鹸をつけるのはこわい」「湿疹に石鹸を使って大丈夫?」という声をよく聞きますが、石鹸を使わないと皮脂は落ちないので、湿疹もよくなりません。 赤ちゃん用の石鹸や、無添加・無香料の低刺激な石鹸なら、湿疹に影響はないので、安心して使いましょう。 石鹸は十分に泡立ててママの指につけ、指の腹でやさしく洗います。 やわらかいガーゼで石鹸をよく泡立て、優しく洗ってもよいでしょう。 顔は、おでこ、まゆ毛、小鼻の脇、ほほなど、脂っぽくなりやすい場所を重点的に洗いましょう。 頭皮も脂っぽくなるので、念入りに洗います。 頭にかさぶたのようなかたまりができているときは、軽いものなら入浴前にベビーオイルをしみ込ませて30分くらいおき、かさぶたが浮き上がってきたら、お風呂で洗いながらそっととります。 ただし、かさぶたを無理にはがすと、皮膚が傷ついて雑菌が入ることもあるので、注意します。 石鹸で洗った後は、やわらかいタオルかガーゼにお湯をたっぷり含ませて、石鹸分が残らないようにしっかり流します。 ふくときはゴシゴシこすらないよう、タオルで押しぶきをして水分をふきとります。 石鹸で洗ったあとは、必ず保湿! 皮脂を石鹸で洗い流したら、次に大事なのは保湿です。 皮脂の分泌が盛んな時期でも、洗いっぱなしだと皮膚から水分が出ていって乾燥してしまいます。 入浴後は、10分以内に保湿剤を塗ると、水分の蒸発を防げます。 お風呂上りのほか、授乳や離乳食の前後、ねんねから目覚めたとき、外出の前後なども、肌をきれいにふいたあとで、こまめに保湿しましょう。 一般的な保湿剤は、ローションやクリームだとさまざまな肌症状にむけて調合されています。 そのため、赤ちゃんの肌に合わない成分も含まれていることがあります。 ですが、薬局などで手に入れる白色ワセリンなら余分な成分が一切入っていないので、「保湿」だけを目的に安心して使えます。 それでも治らないときや、ひどくなってしまったときは受診して、塗り薬による治療をします。 治療をしていても、清潔&保湿によるケアは続けましょう。 ケアを続けても変わらないときや、かさぶたができたときは受診を 清潔&保湿という基本のケアをしていても、湿疹の状態が変わらないときや、ひどくなってポツポツの数が増えた、皮膚がむけてきた、ジュクジュクしてきた、などのときは、皮膚科で診てもらいましょう。 頭などにかさぶたができたら、小さいものでも念のため受診します。 乳児脂漏性湿疹の治療には、塗り薬を使います 受診すると、湿疹の状態に合わせて塗り薬が処方されます。 赤みが強くてステロイド剤が処方されたときは、医師の指導に従って使いましょう。 ステロイド剤の副作用を気にするママもいますが、指示通りの正しい使い方をすれば、副作用が起こることはありません。 乳児脂漏性湿疹の予防には、とにかくスキンケアが大事! 乳児脂漏性湿疹の予防には、できたときと同じく清潔&保湿のケアがカギです。 ・お風呂に入ったら石鹸で洗う ・皮膚をきれいにしたら必ず保湿剤を塗る 3ヶ月ごろまでの皮脂分泌が盛んな時期は、特にこの2つをしっかり守ることが大切です。

次の