トパーズ。 ミスティックトパーズとは?色合いやケア方法、注意点を徹底検証

トパーズ(誕生石)

トパーズ

トパーズは誠実という石言葉を持ち、勇気を持って未来に進む為のサポートをする石と言われます。 トパーズ全般で最も特徴的な特性としては持ち主にとって必要なものと出会わせてくれる石であると言う事です。 探し物に会えると言っても良いかもしれません。 仕事、恋愛、人の縁など自分が望むもの、自分にとって必要なものをトパーズは見つけやすくしてくれるのです。 直観力と洞察力を高め、曖昧な物事をはっきりさせることで、目の前のもやっとしたものが晴れていき、自分が本当に何を必要としているのか、何を見る べきなのかが分かってくる、そういうサポートをしてくれる石と言えます。 そしてトパーズは、欝蒼とした状態を払い、未来に対して希望をもたらしてくれま す。 トパーズは多くのカラーを持ち、また、非常に高い硬度を持つことから、古くから宝飾品として使用されてきました。 本来は無色透明な石ですが、和名を「黄玉(おうぎょく)」と言います。 トパーズの名前はギリシア語の(捜し求める:Topazos)に由来するという説、紅海に浮かぶ島「トパシオン」に由来するという説、サンスクリット語で「火」を意味する「トパズ」に由来するという説等、多くの説があります。 古代ギリシアやローマの時代において、実はペリドットがトパーズの名で呼ばれていたという記述があり、紅海に浮かぶSt. John's島がその主産地だったそうです。 トパーズは光や熱の影響による色の変化が激しい石です。 はっきりとした理由は分かっていないのですが、その原因は結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられています。 トパーズはフッ素を含むアルミニウム珪酸塩で、産地ごとに多少異なった性質を持っています。 多くのカラーを持ち、古くから宝飾品として使用されてきました。 本来は無色透明な石ですが、和名を黄玉(おうぎょく)と言います。 日本でこの名前がつけられたときは、青いトパーズは広くは知られていませんでした。 しか し、明治の初めのころには、滋賀県で大きいトパーズの結晶が産出し、その中には美しいブルーのトパーズも含まれていました。 そのほとんどは、世界に流出 し、この時代日本は有名なトパーズの産出国として知られていました。 現在市場に流通するほとんどのブルートパーズは、放射線を照射して着色したものです。 比較的硬い鉱物ですが、結晶の上下軸に直角の方向に割れやすい性質(劈開性)を持っているため、弱い方向に軽く打っただけでもひびや内部亀裂 クラック を起こすことがあり、場合によっては割れてしまうこともあります。 トパーズは光や熱の影響による色の変化の激しい石です。 はっきりとした理由は分かっていないのですが、その原因は結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられています。 トパーズは宝石学では2つのタイプに分類されます。 トパーズの最高峰とされるものは、OHタイプに分類され、「インペリアルトパーズ」という宝石名で呼ばれており、いくぶんオレンジ味をおびています。 黄玉の名前のモデルになったFタイプは、放射線処理によって様々な彩りを与えられるのが特徴で、ブルーの色をのぞいて、光に晒され続けると退色する性質を持っているため、耐光性を持つOHタイプのトパーズには、インペリアル 最高のもの という名前が付けられています。

次の

トパーズとはどんな宝石?日本で採掘できるって本当?

トパーズ

結晶系 斜方晶系 化学組成 アルミニウム・フッ素・水酸珪酸塩 硬度 8 比重 3. 54 屈折率 1. 62-1. 63 複屈折率 0. 010 光沢 ガラス状 トパーズの結晶の特徴 トパーズの結晶を見ると、断面がひし形になった柱状をしています。 さらに成長とともに伸びた方向をよく見てみましょう。 先端に向かって平行な 条線が見られるのが特徴です。 この条線は光を当てると良く見えます。 さらに硬度が8でガラス光沢なので、同じような外見を持つ 水晶(ロッククリスタル)よりも強い輝きを呈します。 トパーズの産地 トパーズは ブラジル、アメリカ合衆国、メキシコ、ロシア、スリランカ、オーストラリア、パキスタン、タスマニア、日本などで産出されています。 日本では 岐阜県恵那郡、 苗木地方などや、 滋賀県大津市や 田上山、 山梨県甲府市黒平などで産出された記録が残っています。 なおです。 トパーズの種類と色の違い インペリアルトパーズ トパーズは色の種類が豊富ですが 深い黄金色をしたものは「 インペリアルトパーズ」と呼ばれています。 インペリアルトパーズと呼ばれるのは水酸基を含む 「OHタイプ」のみです。 OHタイプは高い屈折率を持つことから、 強く美しい反射光を見せます。 黄金からオレンジ~褐色系の発色をするものは、シェリー酒に似た色合いであることから 「シェリートパーズ」とも呼ばれています。 ピンクトパーズ 「ピンクトパーズ」はそのほとんどが 黄色のトパーズを熱処理してピンク色にしたものです。 人工的に放射線処理された「ブルートパーズ」には青色の色合いが薄いものから濃いものまでさまざまで、淡い色の 「スカイブルートパーズ」、紺色に近い 「スイスブルートパーズ」、灰色味のある濃い青色の 「ロンドンブルートパーズ」に分類されます。 ちなみに ロンドンブルートパーズは美しく濃い青色であることから、 大変人気のあるカラーです。 このことから、昔の日本では水晶と混同されていたそうです。 かつて、トパーズという石が存在することを知らないにもかかわらず、水晶よりも強い輝きと硬さを持つ宝石を最初に見つけたのが、 高木勘兵衛という人物でした。 高木勘兵衛は 明治3年に岐阜県の苗木山で水晶に似た鉱物を発見します。 その後もこのような石を大量に採掘し、売りに出すとかなりの高値で売却できたそうです。 ある日博物館に持っていくとその石が「トパーズ(黄玉)」であると判明! 希少価値の高い宝石だということが分かり、トパーズを採掘することによって大きな富を得たということです。 まとめ 古代ギリシャやローマ時代から、お守りとして大切に扱われてきた高貴な宝石トパーズ。 お気に入りの1石が見つかると良いですね。 リカラット編集部 監修.

次の

トパーズ詳細説明

トパーズ

トパーズは、11月生まれの誕生石に指定されています。 「11月1日」~「11月30日」が誕生日の方は、トパーズをご使用ください。 トパーズは、非常に人気が高い宝石です。 優秀なお守りとして、世界中の人に愛好されています。 トパーズは、持ち主の探求心を高めるお守りです。 新しい事にチャレンジする、キッカケを与えてくれます。 未来の可能性を、大きく広げるのに役立つでしょう。 語源の「Topazos」は、ギリシャ語で「探し求める」という意味があります。 「人生の答え」を、一緒に見つけてくれるお守りです。 日々の迷いを、綺麗に払拭してくれます。 トパーズは、創造力を高める意味と効果があります。 良いアイディアを、瞬間的に閃かせるお守りです。 最高の「物」や「サービス」を、生み出すのに役立ちます。 「消費型」の人生を、「生産型」の人生へ変えるでしょう。 トパーズは、運気の流れを好転させるお守りです。 美しいトパーズの輝きは、「希望」を象徴しています。 大きな困難を突破する、チャンスが得られるでしょう。 明るい気持ちを、取り戻したい時にも有効です。 幸運を引き寄せやすい体質に、変化させてくれます。 誕生石のトパーズは、カラーバリエーションが非常に多いです。 中でも、「黄色」と「青色」のタイプが広く知られています。 「オレンジイエロー」や「イエローピンク」をしたトパーズは、特別に「インペリアルトパーズ Imperial Topaz 」と呼ばれるでしょう。 特別なトパーズとして、特別視されています。 トパーズはその他、「茶色」「オレンジ色」「ピンク色」「赤色」「紫色」「透明色」などが存在するでしょう。 誕生石のトパーズは、誕生日プレゼントとして人気があります。 11月生まれの方には、トパーズをプレゼントしましょう。 王道の誕生日プレゼントとして、広く知られています。 トパーズは「美しい色」「高い透明感」「高い硬度」「高い希少性」「特別な意味」を全てもつ、特別な宝石です。 喜ばれる可能性が、非常に高いアイテムと言えます。 誕生石のトパーズは、「宝石店」や「ジュエリーショップ」などで購入可能です。 有名な宝石のため、すぐに見つかるでしょう。 「ネックレス」「ピアス」「リング」「ブレスレット」などが、販売されています。 価格は、「色の美しさ」「色の種類」「色加工の有無」「透明度の高さ」「傷の少なさ」「サイズ」などで決まるでしょう。 高品質のトパーズは、非常に高値で取引されます。 綺麗なトパーズが必要な場合は、多めに予算を確保しましょう。

次の