味覚 障害 治療 薬。 味覚障害の漢方薬(効果・使い分け)

味覚障害になったときの治療法は!予防法ってあるの?

味覚 障害 治療 薬

【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 ・味蕾細胞の再生障害:体内の亜鉛が薬剤と結合して排出され、亜鉛が欠乏することで生じる。 ・味覚の伝達障害:唾液が減少して口腔乾燥が起こり、味の成分が味蕾に入らなくなる。 ・化学療法に伴う末梢神経障害 ・抗がん薬の作用:体内で代謝され、唾液に分泌された薬剤やその代謝物が含まれて排泄される薬剤がある。 苦みや金属味を感じ、味覚変化が起こる。 【味覚障害が起きやすい抗がん剤】 ・ビンカアルカロイド系: ビンクリスチン、ビンブラスチン、ビンデシン。 ・白金製剤:シスプラチン、カルボプラチン、オキサリプラチン。 ・アントラサイクリン系:ドキソルビシン、ピラルビシン。 ・タキサン系:パクリタキセル、ドセタキセル。 ・代謝拮抗薬:フルオロウラシル、テガフール・ギメラシル・オテラシル、TS-1、メトトレキサート。 ・アルキル化薬:シクロホスファミド。 ・トポイソメラーゼ阻害薬:イリノテカン。 代謝拮抗薬は亜鉛の吸収を阻害し、味蕾の感受性を変化させます。 治療を重ねるにつれて徐々に味覚変化が出現し悪化した場合は亜鉛不足を疑うことになります。 白金製剤やタキサン系などは、神経を介した味覚障害を起こしやすいのが特徴です。 しかし血清亜鉛値は体内の亜鉛不足を十分反映できない。 抗がん薬の副作用によって唾液分泌が減少し、口腔乾燥が生じると味を感じにくくなります。 投薬による治療が長期間になると、さまざまな要因で味覚障害が現れることが多くなります。 【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 まずは口腔ケアを行って口腔環境を良好に保ち、味蕾の感受性を高めることが重要です。 唾液分泌を促進し、亜鉛摂取を意識することになります(食事メニューを工夫するとともに、食事を楽しめる環境にする)。 1.悪心、嘔吐などの症状を伴う場合、食品からの亜鉛摂取が難しくなります。 亜鉛欠乏があれば、積極的に亜鉛サプリメントなどで亜鉛を補給することになります。 2.食欲低下や食べ物への嫌悪が同時に出現しやすいので、「食べたいときに、食べたいものを食べる」ようにしましょう。 3.味覚障害が長引くと治療意欲の減退につながります。 抗がん薬が原因の場合は、抗がん薬投与終了後数週間で味覚が戻ることが多く、回復しない症状ではないことを理解することも大切です。 4.服用している薬物を確認し、原因となる薬物があれば、医師と相談のうえできるだけ中止するようにします。 原因がわからない場合や原因除去が難しい場合は「どうすれば、何が食べられるかを栄養士などと相談して考えることになります。 5.抗がん薬だけでなく、抗生物質、抗てんかん薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、降圧薬、心血管系に作用する薬物、抗炎症薬、抗躁薬、抗パーキンソン薬、甲状腺治療薬、高脂血症薬、筋弛緩薬などは、味覚障害を引き起こす可能性があります。 放射線治療による味覚障害 口腔がんや頭頸部がんなどの放射線療法で照射野に口腔や唾液腺が含まれる場合、治療に伴う味蕾細胞の破壊、口腔粘膜の炎症反応、唾液腺の分泌低下で味覚障害が生じる可能性があります。 放射線によって決定的なダメージを受けた唾液腺は再生しません。 口腔や咽頭への放射線量が増えれば増えるほど、味蕾の数が減少し、味覚障害が現れるリスクが高まります。 3大唾液腺 耳下腺、顎下腺、舌下腺 が照射野に含まれるときや、頭頸部がん(口腔底がん、歯肉がん、咽頭がん などでは、唾液腺が照射野に含まれることが多いです。 対処法 放射線療法による味覚障害は、治療後半年から徐々に回復することが多いとされていますが、微妙な味が感じにくくなることもあります。 症状出現時は、唾液分泌の促進が重要となりますが照射量によっては回復が困難になります。 異常が長期化するときは専門医の診断を受けましょう。 口腔乾燥が強いときは、人工唾液を投与するなどの対策があります。 【具体的なケアの仕方】 ・口腔ケア:食後の歯磨き、舌のブラッシング、舌苔除去 ・唾液分泌の促進:頻回に水やフレッシュジュースを口に含む。 ミントやレモン味のガムやキャンディを使う。 食事前にレモン水や梅干しを口に含む。 食べる順序の工夫(酢の物を最初に食べるなど)。 【食事の工夫】 ・味がしない、味が薄い場合 濃いめの出汁を使ってコクを出す。 濃い味、はっきりした味(マヨネーズ味、トマト味 カレー味など)にする。 薬味、香辛料、酸味を利用する(ポン酢、ケチャップなど)。 熱いものは室温に冷ましてから食べる。 ・苦い、味が濃い、嫌な味がする場合 塩や醤油を控える。 出汁や酸味、ゴマの香り、香辛料を使う。 ・実際と異なる味がする 異なる味がする食品は避ける。 金属製の食器 スプーン、フォークなど を苦く感じる場合は使用を避ける。 ・常に苦みや渋みを感じる レモン水で口をゆすぐ。 【亜鉛摂取の促進】 亜鉛含有量の多い食品を摂る。 食事では補いきれない場合は、栄養補助食品(亜鉛強化型のジュースやゼリーなど)を利用する。 場合によっては、亜鉛入りの胃薬(プロマックなど)を服用する。 亜鉛含有量の多い食品 ・魚介類:かき むき身 、うなぎ蒲焼、ずわいがに 缶詰 、するめ、生たらこ、煮干し、あわび ・肉類:豚レバー、牛肩ロース、牛もも 赤身 、コンビーフ 缶詰 、鶏もも 皮なし ・卵類:卵黄 ・豆類:納豆、凍り豆腐 乾燥 ・乳製品:チーズ パルメザンチーズ、プロセスチーズ ・種実類:カシューナッツ、アーモンド、ゴマ ・野菜類:そら豆、ゆでたけのこ、とうもろこし ・穀類:マカロニ、スパゲティ 乾燥 、もち がん治療専門のアドバイザー・本村です。 私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。 「本村さん、おかげで元気になりました」 そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。 しかし毎日届く相談メールは、 「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」 「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」 「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。 しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」 こんな苦しみに溢れています。 年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。 それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。 なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。 しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。 共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。 幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。 では、がんに勝つにはどうすればいいのか? 最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。 こんにちは。 本村ユウジです。 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。 プロとして10年の経験があります。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。 玉石混合の情報が飛び交っています。 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。 それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。 がんと闘う人が、できるだけ心身にキズを負わず、命を縮めることなく。 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。 そして正しい知識を持つことが不可欠です。 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。 ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。

次の

【味が変?】抗がん剤による味覚障害を乗り越えよう

味覚 障害 治療 薬

【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 ・味蕾細胞の再生障害:体内の亜鉛が薬剤と結合して排出され、亜鉛が欠乏することで生じる。 ・味覚の伝達障害:唾液が減少して口腔乾燥が起こり、味の成分が味蕾に入らなくなる。 ・化学療法に伴う末梢神経障害 ・抗がん薬の作用:体内で代謝され、唾液に分泌された薬剤やその代謝物が含まれて排泄される薬剤がある。 苦みや金属味を感じ、味覚変化が起こる。 【味覚障害が起きやすい抗がん剤】 ・ビンカアルカロイド系: ビンクリスチン、ビンブラスチン、ビンデシン。 ・白金製剤:シスプラチン、カルボプラチン、オキサリプラチン。 ・アントラサイクリン系:ドキソルビシン、ピラルビシン。 ・タキサン系:パクリタキセル、ドセタキセル。 ・代謝拮抗薬:フルオロウラシル、テガフール・ギメラシル・オテラシル、TS-1、メトトレキサート。 ・アルキル化薬:シクロホスファミド。 ・トポイソメラーゼ阻害薬:イリノテカン。 代謝拮抗薬は亜鉛の吸収を阻害し、味蕾の感受性を変化させます。 治療を重ねるにつれて徐々に味覚変化が出現し悪化した場合は亜鉛不足を疑うことになります。 白金製剤やタキサン系などは、神経を介した味覚障害を起こしやすいのが特徴です。 しかし血清亜鉛値は体内の亜鉛不足を十分反映できない。 抗がん薬の副作用によって唾液分泌が減少し、口腔乾燥が生じると味を感じにくくなります。 投薬による治療が長期間になると、さまざまな要因で味覚障害が現れることが多くなります。 【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 まずは口腔ケアを行って口腔環境を良好に保ち、味蕾の感受性を高めることが重要です。 唾液分泌を促進し、亜鉛摂取を意識することになります(食事メニューを工夫するとともに、食事を楽しめる環境にする)。 1.悪心、嘔吐などの症状を伴う場合、食品からの亜鉛摂取が難しくなります。 亜鉛欠乏があれば、積極的に亜鉛サプリメントなどで亜鉛を補給することになります。 2.食欲低下や食べ物への嫌悪が同時に出現しやすいので、「食べたいときに、食べたいものを食べる」ようにしましょう。 3.味覚障害が長引くと治療意欲の減退につながります。 抗がん薬が原因の場合は、抗がん薬投与終了後数週間で味覚が戻ることが多く、回復しない症状ではないことを理解することも大切です。 4.服用している薬物を確認し、原因となる薬物があれば、医師と相談のうえできるだけ中止するようにします。 原因がわからない場合や原因除去が難しい場合は「どうすれば、何が食べられるかを栄養士などと相談して考えることになります。 5.抗がん薬だけでなく、抗生物質、抗てんかん薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、降圧薬、心血管系に作用する薬物、抗炎症薬、抗躁薬、抗パーキンソン薬、甲状腺治療薬、高脂血症薬、筋弛緩薬などは、味覚障害を引き起こす可能性があります。 放射線治療による味覚障害 口腔がんや頭頸部がんなどの放射線療法で照射野に口腔や唾液腺が含まれる場合、治療に伴う味蕾細胞の破壊、口腔粘膜の炎症反応、唾液腺の分泌低下で味覚障害が生じる可能性があります。 放射線によって決定的なダメージを受けた唾液腺は再生しません。 口腔や咽頭への放射線量が増えれば増えるほど、味蕾の数が減少し、味覚障害が現れるリスクが高まります。 3大唾液腺 耳下腺、顎下腺、舌下腺 が照射野に含まれるときや、頭頸部がん(口腔底がん、歯肉がん、咽頭がん などでは、唾液腺が照射野に含まれることが多いです。 対処法 放射線療法による味覚障害は、治療後半年から徐々に回復することが多いとされていますが、微妙な味が感じにくくなることもあります。 症状出現時は、唾液分泌の促進が重要となりますが照射量によっては回復が困難になります。 異常が長期化するときは専門医の診断を受けましょう。 口腔乾燥が強いときは、人工唾液を投与するなどの対策があります。 【具体的なケアの仕方】 ・口腔ケア:食後の歯磨き、舌のブラッシング、舌苔除去 ・唾液分泌の促進:頻回に水やフレッシュジュースを口に含む。 ミントやレモン味のガムやキャンディを使う。 食事前にレモン水や梅干しを口に含む。 食べる順序の工夫(酢の物を最初に食べるなど)。 【食事の工夫】 ・味がしない、味が薄い場合 濃いめの出汁を使ってコクを出す。 濃い味、はっきりした味(マヨネーズ味、トマト味 カレー味など)にする。 薬味、香辛料、酸味を利用する(ポン酢、ケチャップなど)。 熱いものは室温に冷ましてから食べる。 ・苦い、味が濃い、嫌な味がする場合 塩や醤油を控える。 出汁や酸味、ゴマの香り、香辛料を使う。 ・実際と異なる味がする 異なる味がする食品は避ける。 金属製の食器 スプーン、フォークなど を苦く感じる場合は使用を避ける。 ・常に苦みや渋みを感じる レモン水で口をゆすぐ。 【亜鉛摂取の促進】 亜鉛含有量の多い食品を摂る。 食事では補いきれない場合は、栄養補助食品(亜鉛強化型のジュースやゼリーなど)を利用する。 場合によっては、亜鉛入りの胃薬(プロマックなど)を服用する。 亜鉛含有量の多い食品 ・魚介類:かき むき身 、うなぎ蒲焼、ずわいがに 缶詰 、するめ、生たらこ、煮干し、あわび ・肉類:豚レバー、牛肩ロース、牛もも 赤身 、コンビーフ 缶詰 、鶏もも 皮なし ・卵類:卵黄 ・豆類:納豆、凍り豆腐 乾燥 ・乳製品:チーズ パルメザンチーズ、プロセスチーズ ・種実類:カシューナッツ、アーモンド、ゴマ ・野菜類:そら豆、ゆでたけのこ、とうもろこし ・穀類:マカロニ、スパゲティ 乾燥 、もち がん治療専門のアドバイザー・本村です。 私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。 「本村さん、おかげで元気になりました」 そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。 しかし毎日届く相談メールは、 「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」 「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」 「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。 しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」 こんな苦しみに溢れています。 年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。 それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。 なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。 しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。 共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。 幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。 では、がんに勝つにはどうすればいいのか? 最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。 こんにちは。 本村ユウジです。 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。 プロとして10年の経験があります。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。 玉石混合の情報が飛び交っています。 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。 それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。 がんと闘う人が、できるだけ心身にキズを負わず、命を縮めることなく。 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。 そして正しい知識を持つことが不可欠です。 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。 ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。

次の

『ノベルジン』と『プロマック』、同じ亜鉛製剤の違いは?~亜鉛含有量と保険適用

味覚 障害 治療 薬

スポンサーリンク 高齢化や偏った食生活の影響などにより、年配者も若い人も味覚障害 になる人が増えています。 味覚障害の原因と治療、味覚障害改善に摂取した方が良い食材を 紹介します。 また、お医者さんに診てもらう場合、何科で診てもらうのが良いのか について紹介します。 味覚障害の原因 味覚障害は、いろいろな原因で起こります。 タバコやダイエットが原因でなる人もいます。 精神的なものが影響してなる人もいますし、インフルエンザで一時的に なる人もいます。 いろいろな原因でなる味覚障害ですが、一番多いのは亜鉛の欠乏が 原因で発生する突発性の味覚障害です。 亜鉛の欠乏は、肝機能障害があると亜鉛排泄量が増加しますので 起こります。 病気ではなくても亜鉛が欠乏すると味細胞の新陳代謝が滞ってしまい、 味覚障害となります。 以前は、新陳代謝が衰える50代以上の年配者に多くみられました。 しかし、最近では若い方や子供でも味覚障害になる人が増えてきて います。 一番の原因は、食生活の変化です。 若い人が好むファーストフードや清涼飲料水などには、フィチン酸や ポリリン酸などの食品添加物が使われているものが多いです。 これが亜鉛の吸収を妨げる作用があるため、味覚障害の大きな原因 となっています。 亜鉛の欠乏は、肝機能障害があると亜鉛排泄量が増加しますので 起こります。 治療と食べたほうが良い食材 亜鉛が欠乏することで味覚障害が起きていますので、亜鉛を摂取する ことが味覚障害の治療となります。 しかし、亜鉛は体内で作り出すことができません。 基本的には食物から摂取します。 食物からでは効率が悪いので、亜鉛剤の投与やサプリメントの 有効活用がおすすめです。 降圧薬、脳循環改善薬、抗腫瘍薬、抗うつ薬などの薬を利用している 人は薬の影響で、亜鉛欠乏症を起こし、味覚障害になっている可能性も あります。 薬を常時服用している方で味覚障害かな?と思ったら、お医者さんに 相談してみてください。 亜鉛剤やサプリメントとあわせて、普段から亜鉛を多く含む食材を 積極的に摂取するようにしましょう。 亜鉛を多く含む食材は、カキなどの貝類や海苔、昆布、にぼし、チーズ、 胡麻、カシューナッツ、アーモンド、きなこ、あずき、レバーなどです。 何科を受診すればよいの? もしかして味覚障害かも?と思ったらお医者さんに診てもらいましょう。 診てもらう場合、耳鼻咽喉科を訪れるのがよいでしょう。 耳鼻咽喉科に行けば、味覚検査をしてもらえます。 それに血液検査などをおこない、血清亜鉛値や肝機能、腎機能、貧血 の有無などを調べてくれて、味覚障害と関連するほかの病気がないか を調べてくれますので、まずは耳鼻咽喉科に行ってみましょう。

次の