手足 口 病 2019。 衞生防護中心

山东省青岛市2019年初中学业水平考试生物第37题解析

手足 口 病 2019

手足口病の治療薬(薬物療法) 薬剤師が書いているページなので、まずは治療薬の話からです。 が、実は 手足口病の治療薬はありません。 2019年現在、手足口病に対して特異的な治療薬はありません。 手足口病の発疹に、強いかゆみが伴うことはまれなので「かゆみ止め」は塗り薬・飲み薬ともに処方されることはあまりありません。 熱を伴うこともありますが、高熱が長く続くことも少ないので「解熱薬」が処方されることもあまりありません。 水分補給を忘れずに 後述しますが、手足口病にかかりやすいのは4歳未満のお子さんです。 4歳未満のお子さんは、口の中に発疹が出来ると、口の中にものを入れるのを嫌がります。 ひどい場合は食べ物だけでなく、水などの飲み物も嫌がります。 すると、脱水症状を起こしやすくなるため注意が必要です。 口に入れても、刺激になりにくく、痛みも感じにくい「 経口補水液」をこまめに飲ませてあげることが大切です。 脱水が進行しているのに、経口補水液も全く飲まないという事であれば、病院や医院での点滴の処置が必要になることもあります。 手足口病とは 手足口病とは、その名の通り「手」や「足」や「口」にブツブツ(水泡性の発疹)ができる病気です。 原因はウイルスで、そのウイルスを介して感染が広がります。 本疾患はコクサッキーA16(CA16)、CA6、エンテロウイルス71(EV71)などのエンテロウイルスが原因ウイルスである。 基本的に予後は良好な疾患であるが、急性髄膜炎の合併が時に見られ、稀であるが急性脳炎を生ずることもあり、なかでもEV71は中枢神経系合併症の発生率が他のウイルスより高いことが知られている。 接触感染、飛沫感染で広がる 接触感染、飛沫感染で広がります。 患者の、患部や唾液や糞便からウイルスがうつります。 ですから、感染予防としては特に手洗いが重要です。 手足口病の感染予防はまず「手洗い」! かかりやすい人・流行する時期 ・4歳くらいまでの幼児がかかりやすく、2歳以下は特に感染しやすい。 ・流行する時期は「夏」です。 小学生でも、かかることはありますし、ウイルスの種類によっては小学生で流行することもあります。 本疾患は 4歳位までの幼児を中心に夏季に流行が見られる疾患であり、 2歳以下が半数を占めるが、学童でも流行的発生がみられることがある。 また、学童以上の年齢層の大半は既にこれらのウイルスの感染(不顕性感染も含む)を受けている場合が多いので、成人での発症はあまり多くなく、男子に多い傾向が見られる。 どのような経過をたどるの? 知らない間に原因ウイルスに感染してしまいます。 手足口病にかかっても幼稚園や学校に行っていいの? 手足口病は、インフルエンザのように「必ず休まないといけない病気」ではありません。 ブツブツがひどいうち(急性期)は休んで、ブツブツが消えてきて元気が出てきたら登園 登校 してもよいでしょう。 登園後 登校後 、お友達にウイルスをうつしてしまう事もありますが、それはもう仕方ありません。 ウイルスは長期間出続けることがあるので、その長期間を休ませ続けることを強いるというのは現実的には不可能ですから。 手足口病は、学校で予防すべき伝染病1~3種に含まれていない。 主症状から回復した後もウイルスは長期にわたって排泄されることがあるので、急性期のみ登校登園停止を行って、学校・幼稚園・保育園などでの流行阻止をねらっても、効果はあまり期待ができない。 本疾患の大部分は軽症疾患であり、集団としての問題は少ないため、 発疹だけの患児に長期の欠席を強いる必要はなく、また現実的ではない。 通常の流行状況での登校登園の問題については、流行阻止の目的というよりも患者本人の症状や状態によって判断すればよいと考えられる。 最後に 引用部分は、からの引用です。 当サイトはあくまでも一般的な注意点や説明を記載しています。 実際はその方の年齢や性別、その他合併症、併用薬の有無など、個人によって治療方法が異なります。 掲載する情報は、私が薬剤師として自信を持って「正しい」と言える情報だけに限定しています。 しかし、日進月歩の医療の世界において、今正しいとされている情報が、未来もずっと正しいとは限りません。 そういった理由から、このサイトでも間違った情報を伝えてしまう可能性があります。 当サイトの情報は「参考程度」に留めておいてください。 当サイトの情報よりも、医師または薬剤師から直接指導を受けた内容を優先してください。 当サイトでは、取り上げた情報により生じた健康被害等の責任は一切負いません。

次の

衞生防護中心

手足 口 病 2019

据日本时事通讯社报道,以婴幼儿为主、在手脚口腔部位生出疱疹的手足口病,在日本呈现出流行的趋势。 据日本国立传染病研究所消息,6月3-9日期间,从日本全国大约3000个儿科门诊共收到8823例手足口病的感染报告。 特别是西日本地区最为严重。 传染病研究所提醒民众,在夏季流行病即将到来之际,要注意预防感染。 据日本传染病研究所介绍,截至9日的1周时间内出现的感染病例相当于平均每个医疗机构为2. 79人,同期当中是最近10年以来的最高值。 按照日本都道府县不同,目前患病比例最高的是鹿儿岛县(14. 02)、其次是福岛县(11. 73)、佐贺县(11. 26)、宫崎县(10. 58)。 手足口病是一种从7月下旬才会正式开始流行的病毒性传染病,出疹时还会伴随着发热。 虽然一般几天就能痊愈,但是少数情况下会出现脑炎等并发症。 由于病毒通过咳嗽、打喷嚏和接触的方式进行传播,所以幼儿园等场所会很容易大范围传播。 日本传染病研究所提醒,作为预防手段,要勤洗手并合理处理排泄物。

次の

深水埗幼稚園爆發手足口病 21學童受感染

手足 口 病 2019

2019. 14 急速に増えている手足口病 手足口病が猛威をふるっています。 東京都感染症情報センターによりますと2019年7月1日より7日まで定点医療機関からの報告症例数が2528、1定点当たり9. 72という驚きの数値が出ました。 これは直近では2015年の大流行に匹敵する伸びであり、下のリンク先のグラフをご覧になるとまるでロケットが飛ぶがごとき急角度で増えています。 手足口病とはどんな病気でしょうか 手足口病は通常は5歳以下の乳幼児を中心に夏に流行するウイルス感染症で、その主な症状は口の中、手のひら、足の裏などに数ミリ大の水疱を伴う発疹がいくつもみられます。 肘や膝、お尻にも出ることがあります。 通常は一週間以内でよくなりますが、高熱が出たり、喉の周囲の水疱による痛みで食事が困難になるなどの症状がみられます。 これといった特異的な治療法はなく、解熱剤などによる対症療法が中心になります。 多くは後遺症もなく治癒しますが稀に髄膜炎や脳炎を合併することがあり、注意が必要です。 有効なワクチンはまだなく、予防はマスクの着用や手洗いの励行、流行期間には人混みをさけることなどが中心となります。 手足口病になってしまったら まずは安静が重要です。 次に発熱による脱水を防ぐため経口補水液(OS1など)を少量ずつ頻回に飲ませます。 咽頭痛による食欲不振については柔らかいもの、薄味のものを与えるようにしましょう。 夏みかんなどの柑橘類やオレンジジュースは酸がつよくしみるので避けた方がよいでしょう。 頭痛や嘔吐が伴う場合や高熱が長く続く場合には脳炎や髄膜炎の発生が懸念されますので、早めの医療機関受診をおすすめします。 飛沫感染や接触感染によって伝染しますので、マスクの着用や手洗いの励行、特にウイルスは一ヶ月近く便に排出されるため、治った後もご家族も含めてトイレの後の手洗いを励行する必要があります。 ステロイドの多用が症状の重症化の原因となると言われており、家にある手持ちのステロイド剤を使用することは避けましょう。 気をつけたい大人の手足口病 手足口病は子供がかかる病気として知られていますが、原因となるウイルスが複数にわたっており、過去に感染したのと違うタイプのウイルスに感染すると再び手足口病になってしまいます。 特にお子さんから感染したとみられる親御さんが受診するケースも散見します。 大人の場合は脳炎や髄膜炎を起こす重い手足口病になりやすいと言われており、予防が重要となってきます。 接触感染や飛沫感染が主な感染経路ですので、インフルエンザと同様に、マスクの着用と手洗いを励行することに尽きます。 その場合タオルも患者さん専用にして共有しないようにしましょう。 また、治った後もウイルスが患者さんの便に2〜4週間は排泄されると言われているため、お子さんが治った後も一ヶ月程度はトイレの後の手洗いはお子さん自身だけでなくご家族もしっかり励行する必要があります。 咳エチケットや正しい手洗いについて今一度ご確認いただき、流行に巻き込まれないようにご注意ください。

次の