お金 借りる ニート。 ニートでもお金借りることは可能?困った時の金策法を紹介

アルバイト・パートがお金借りる!日雇いは借りられる?

お金 借りる ニート

専業主婦や失業中の方、年金受給者、高齢者の方、ニートの方など無職の方でも家族や友達以外から、お金を借りることはできます。 まず、選択肢としては消費者金融や銀行などのカードローンでお金を借りることを考えますが、多くのカードローンは「毎月、安定した収入があること」が貸付の条件になっているので無職の方は基本的に審査に通りません。 (専業主婦・年金受給者は一部借入可能) アルバイトやパートなどの形で収入が定期的にある方であれば問題なく消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることができますが、無職の方は他の借入方法を検討する必要があります。 ここでは専業主婦や失業中の方、年金受給者、ニートの方、バイトをしていない学生など無職の方がお金借りる様々な方法を解説します。 無職でも色々なタイプの方がいる 無職と一言で言っても、いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。 ここでは、上記のタイプの無職の方々が、お金を借りる方法をメッリット・デメリットを含め詳しく解説していきたいと思います。 無職の専業主婦がお金を借りる方法 消費者金融の「配偶者貸付」でお金を借りる 無職の専業主婦の場合は、基本的に消費者金融でお金を借りることはできません。 なぜなら、消費者金融は貸金業法で年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないことになっているからです。 ですが、専業主婦の場合、「配偶者貸付」を提供している消費者金融なら、お金を借りることができます。 配偶者貸付は、貸金業法の総量規制の「除外貸付」に分類される契約だからです。 配偶者、つまり旦那さんとあなた(専業主婦)の年収を合算して、年収の3分の1以下ならお金を借りられます。 あなたの年収が0円でも、旦那さんの年収が例えば600万円あれば、その3分の1「200万円」までお金を借りることが可能なのです。 <参考> ただし、アコムやプロミス、SMBCモビット、アイフルなど、大手消費者金融では、配偶者貸付を行っていません。 配偶者貸付を行っている一部の消費者金融をご紹介します。 消費者金融名 金利(実質年率) 限度額 年齢・条件等 4. 5%~18. 959~17. 950% 50万円 20歳以上の女性 本人または配偶者に安定した収入がある 10. 0%~20. 0% 50万円 未婚で未成年の方と、破産・債務整理した方は利用不可 配偶者貸付でお金を借りるには、旦那さんの同意書や住民票、旦那さんの収入を証明する書類などが必要になってきますので、旦那さんに内緒でお金を借りたいと思ている方には向かない借入方法です。 専業主婦でも銀行カードローンならお金を借りられる 銀行カードローンは、貸金業法の総量規制とは関係ないので、年収の3分の1以上のお金を借りることができます。 もちろん収入が0円の無職の専業主婦も借入OKです。 しかも、消費者金融の配偶者貸付とは違い、旦那さんに内緒でお金を借りることも可能です。 ただし、法律的に無職の専業主婦でもお金を借りられるとはいえ、各銀行のルールで、無職の専業主婦にはお金を貸さないと決めている所もあります。 例えば、メガバンクである三菱UFJカードローンや三井住友銀行、みずほ銀行のカードローンは専業主婦の借り入れは不可となっています。 例えば、専業主婦が借り入れ可能な銀行カードローンは以下になります。 カードローン名 実質年率 借入限度額 3. 急いでお金を借りたい専業主婦の方は、なるべく早めに審査に申し込むようにしてください。 その他、専業主婦の方がお金を借りる方法については、下で説明する「」をご覧ください。 失業中でもお金を借りることができる 消費者金融や銀行のカードローンは、基本的に定職についていることが利用条件となっていますので、失業中の方はこれらの金融機関からお金を借りることはできません。 前の勤務先を偽って申し込みをしたらバレないのでは?と思われるかもしれませんが、ローンの審査では勤務先として申告した会社に電話で在籍確認が行われますので、嘘の申告は通用しません(もし嘘であることがバレると、「この人は虚偽の申告でローン申し込みをした」という履歴が残る可能性があるので注意しましょう) 生活福祉資金貸付制度 失業中などの理由によって収入がない人の場合、国や地方公共団体からお金を借りることを検討しましょう。 都道府県の社会福祉協議会という組織が運営している生活福祉資金貸付制度では、失業中の方や低所得者の方向けの貸付制度があります。 現在、たくさんのお金を借りていて多重債務状態…という方も、債務整理を行うための費用立替えをしてもらえる可能性がありますので、生活を再建するために一時的に生活福祉資金貸付制度でお金を借りることを選択肢に入れてみると良いかもしれません。 ただし、すでに消費者金融などで借りているお金の借り換え(より安い金利の所に乗り換える目的で借りること)には生活福祉資金貸付制度は使えませんので注意してください。 生活福祉資金貸付制度について詳しくは以下をご覧ください。 その他、失業者の方がお金を借りる方法は、「」をご覧ください。 年金受給者がお金を借りる方法 現在職業にはついておらず、年金の収入だけで生活しているという高齢者の方は、基本的にやなど消費者金融などでお金を借りることはできません。 消費者金融の場合、総量規制(年収の3分の1以上のローンを組めないルール)があるためです。 年金受給者が銀行カードローンでお金を借りる 銀行カードローンであれば総量規制は適用外なので年金生活者であってもお金を借りられる可能性はありますが、年齢制限があって、高齢者はお金を借りられないケースも多いです。 年金生活者の方は次の「年金担保貸付」を利用してみることを検討してみると良いでしょう。 年金受給者は年金担保貸付でお金を借りるのがオススメ 年金担保貸付を行っている団体は「」「」の2つです。 金利は、銀行カードローン(年10%~15%程度)でお金を借りるよりも、かなり低金利で融資を受けることができます。 年金担保貸付 金利 福祉医療機構 年2. 8% 日本政策金融公庫 年1. 年金担保貸付は、即日融資は無理なので、急いでお金を借りたい高齢者の方には向いていませんが、毎月の収入が年金のみの方には、月々の負担を考えるとオススメな借入方法です。 借入限度額は、日本政策金融公庫の場合「250万円」もしくは「返金年額の1. 6年分」になります。 ただし、借りたお金の使い道が生活費の場合は「100万円まで」となります。 年金担保貸付の返済方法は、毎月支給される年金から返済額を差し引いた金額が、あなたの指定口座に振り込まれることによって行われます。 その他、無職の年金受給者の方がお金を借りる方法は、「」をご覧ください。 ニートの方がお金を借りる あなたは本当にニート?自分でニートと思い込んでいるだけかも ニートは無職の人のことを指しますが、無職にも色々タイプがあります。 結婚して専業主婦だったり、学生だったり、ちょうど失業して空白の時を過ごしていたり・・・。 中には、フリーターとして収入が少しあるのに、自分をニートだと勘違いしている人もいます。 日本では、15~34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している。 簡単にニートを区分けするならば「学校等に通わず、家事もせず、働いていない無職で無収入の若者」です。 専業主婦や学生なども無職ですが、「家事」や「学業」などのやることがあり、ニートにはなりません。 また、年金受給者は、仕事はないけど収入があり、35歳以上なのでニートとは呼びません。 また、一切働く気がないこともニートの特徴です。 いわゆる「家事手伝い」については、現在の厚労省の定義ではニートに含めていない ですので、失業や倒産で今現在収入源を失い、就職活動を行っている人は、働く気はあるためニートとは違う扱いとなります。 ニートは消費者金融カードローンでお金を借りられない ニートをはじめとして、「無職」「無収入」の方は総量規制(貸金業法)というルールがあるので、消費者金融のカードローンでお金借りることはできません。 やなど消費者金融は貸金業法によって年収の3分の1までしか融資を行えませんので、収入がないニートの方はお金を借りることができません。 これは、アイフルやプロミスなどの大手消費者金融だけではなく、中小の消費者金融や街金融でも同じです。 審査が甘い中小の消費者金融や街金ならニートでもお金を借りられるのではないか?と思う方もいるかもしれませんがそれは誤解です。 銀行カードローンは無職でもお金を借りられるがニートは難しい 銀行カードローンは消費者金融とは違い、総量規制がないため、無職で収入がない方でも審査に通ればお金を借りることができます。 実際に、専業主婦(主夫)で配偶者に収入があるケースでは、審査に通過してお金を借りれた例もあります。 ただし、ニートの方には基本的に配偶者もいませんし、審査通過はまず難しいと考えた方が良さそうです。 銀行カードローンも消費者金融も、カードローンの申込み資格を見ると、申込者本人または配偶者に「安定した継続収入がある方」と記載されているケースがほとんどです。 無職・無収入のニートの方は、消費者金融をはじめ、もっと審査が厳しい銀行カードローンでお金を借りることは基本できません。 アルバイトをしていない無職の学生でもお金は借りられる? アルバイトをしていない無職の学生の方は、カードローンでお金を借りることはできません。 さらに、や、、などでお金を借りられるのは、20歳以上の学生の方になります。 18歳以上20歳未満の学生の方は、大手消費者金融のカードローンでは申込み不可で、選択肢はや学生ローンの、などの学生専用ローンになります。 その他は、学生専用クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法や、学費の場合は奨学金を利用してお金を借りる方法になります。 その他、無職の方がお金を借りる方法【専業主婦・失業中・ニート・年金受給者・学生OK】 ここでは、上で説明した以外の「無職の方がお金を借りる方法」を紹介します。 無職の専業主婦の方、失業中の方、ニートの方、年金受給者の方、バイトをしていない無職の学生の方でも条件に合えば、お金を借りることができます。 生命保険の契約者貸付なら無職でも借りられる 掛け捨てではなく、解約返戻金がある生命保険に入っている場合、もあります。 生命保険の契約者貸付は、解約返戻金を担保に保険を解約することなく、お金を借りることができる制度なので、保険料をしっかり支払っていれば、無職の方でも借入可能なのです。 しかも、返済期限は、保険の満期日までなので、無職の方には有り難い借入方法なのではないでしょうか? しかし、金利は低金利なのですが、計算方法が複利なので、返済を長い間しないと総返済額が大きくなってしまう危険性があります。 いつのまにか借入額が、解約返戻金を上回ってしまうなんてこともあるかもしれません。 無職の方が一時的にお金を借りるのは良いかもしれませんが、仕事に就いて収入を得られるようになったら早めに返済するようにしてください。 定期預金担保貸付なら無職でも借りられる 定期預金担保貸付は、銀行に預けている定期預金を担保にしてお金を借りる方法です。 担保としてお金を預けているので、無職の方でも、ブラックの方でもお金を借りることができます。 定期預金担保貸付の借入方法は、自動融資が多く、あなたの普通預金口座がマイナスになると借入状態になり、普通預金に入金して、預金残高がプラスになれば返済したことになります。 利息については、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクで「定期預金の金利+0. 5%」で設定されており、銀行カードローンや消費者金融に比べて圧倒的に低金利で借りることができます。 借入限度額は、定期預金の90%までに設定している銀行が多く、返済期間は定期預金の満期日までになります。 満期日が相当先の定期預金を組んでいる無職の方は、返済期間に余裕があるので安心ですね。 定期預金担保貸付について詳しくは以下をご覧ください。 質屋なら無職でも借りられる 価値があるものを担保として預けて、お金を借りることができるのが質屋です。 こちらも担保を預けることになるので、無職の方でも金融ブラックの方でもお金を借りることができます。 質屋での査定時間はとても速いので、即日融資も可能です。 急いでお金を借りたい無職の方に向いている借入方法ですね。 ただ、ブランド物のバッグや財布、パソコンやカメラ、その他家電製品、貴金属など、価値があるものを保有していないと、お金を借りることができないですし、あなたの希望する金額を借りられない可能性もあります。 また、金利は消費者金融などの貸金業者よりも、高い金利設定になっている為、返済が長引くと支払額は大きく膨らんでしまいます。 消費者金融の最高金利 年利20. 0% 質屋の最高金利 年利109. 5% 質屋の返済期限はほとんどが3ヶ月に設定しているので、それ以内に全額返済すればそれほど大きな返済額になりませんが、質屋の場合、返済期限が来ても、利息だけ返済していくこともできるので、その点は注意してください。 また、返済期限が来ても、利息分すら返済しなかった場合は、預けたものを売却されてしまうので、本当に大切な物を預ける場合は慎重に考えないといけません。 質屋でお金を借りる方法について詳しくは以下をご覧ください。 クレジットカードのキャッシング枠 現在無職の方が、新しくクレジットカードを作ることはできませんが、すでにクレジットカードを持っている方は、そのクレジットカードのキャッシング枠を調べてみてください。 もし、キャッシング枠が付いていれば、コンビニや銀行のATMなどで、今すぐお金を借りることが可能です。 ただ、無職の方の場合、返済が翌月に一括でくると支払うことが出来な方もいるかもしれませんが、ほとんどのクレジットカードでは、リボ払いに変更することができます。 リボ払いにすれば、毎月無理のない一定の金額を返済していけばOKなので、無職の方にはおすすめです。 しかし、リボ払いは、返済がなかなか終わらない、総返済額が大きくなる、等のデメリットもあるので、覚えておいてください。 クレジットカードの現金化はNG クレジットカードのショッピング枠を使って、物を買い、それを業者に買い取ってもらい、現金を手にする方法をと言います。 クレジットカードの現金化は、キャッシング枠を使い果たした方や、キャッシング枠が付いていない方が利用することになるのですが、絶対にやめてください。 ニートや失業中、専業主婦など無職の方でも家族カードなら発行できる 現在、クレジットカードを持っていないニートや失業中の方、専業主婦の方でも、家族カードなら発行できます。 お父さんか、お母さんがクレジットカードを保有していれば、家族カードを発行してもらうように頼んでみてはいかがでしょうか? 家族カードは契約者に安定した収入があれば、家族の方がニートや失業中、専業主婦でも発行することができます。 (審査によって決まります) 家族カードでも、キャッシング枠が付与される場合もありますので、無職の方もお金を借りられるかもしれません。 厳密にいうと、家族カードの支払いは、クレジットカード契約者本人が行うので、家族カードでキャッシングして借りたお金を返済するのは、家族ということになります。 つまり、家族からお金を借りるということですね。 ニートの方は親からお金を借りられる? これは、親が、ニートのあなたを甘やかしてくれて、経済的に余裕がある場合にのみ使えます。 下手すると貸金業者や公的融資サービスよりも難しい親もいますが、大体の親は子供に甘く、甘いからこそニートをやっていることすら許しているのでしょう。 そこを突けば、お金を借りることはおろか、返済しないで良いお小遣いをもらえるかも知れません。 ただ、親からお金を借りるには、正当な理由、言い訳が必要になります。 ニートの方で親からお金を借りたいと考えている方は以下をご覧ください。 まだ親を安心させる気もなく、まだまだ親のすねをかじれるという裕福な家庭の人のみ、使える方法です。 その他にも、国からお金を借りる方法や、自動車を担保にお金を借りる「車で融資」、ゆうちょ銀行の担保貸付、不動産担保ローンなど、無職でもお金を借りる方法は複数あります。 詳しくは「」をご覧ください。 ニートの方・失業中の方がお金を借りるために今からできること 働く気があるニート・失業中の人は生活福祉資金貸付制度でお金を借りられる 失業などで、仕方なくニートになってしまった場合には、生活困難者向けの貸付制度「生活福祉資金貸付制度」の対象となるかどうかをチェックしてみてください。 借りたお金の使い道は決まっていますが、生活が苦しかったり、再就職の資金が足りない場合には役立つ貸付制度で、無利子または低金利でお金を借りられます。 生活福祉資金貸付制度は、あくまで就労する意欲がある方が利用できる制度なので、働く気がないニートは借入できません。 現在、就職活動をしていないニートの方も、これを機に動いてみてはいかがでしょうか? 詳しくは以下をご覧ください。

次の

お金を借りたい無職やニートがカードローンを利用する方法はない?

お金 借りる ニート

「失業してしまってもう何ヶ月も収入がない... でもお金が今すぐ必要... 」 「家族に生活の面倒を見てもらっているけど、どうしても今すぐ欲しいものができてしまった。 どこかからお金を借りることはできないかな... 」 生活をしていくためにはお金が必ず必要ですから、現在はニート(無職の人)であってもなんらかの形でお金を用意しなければならない状況に追い込まれることは少なくありません。 どうしても困ったときにはお金を借りてくることが考えられますが、問題は「どこから借りるか」です。 結論から言うと、現在ニートの人が銀行や消費者金融といった金融機関でお金を借りることは非常に難しい(実質的には不可能)です。 家族などからお金を借りることができるのであれば、恥をしのんで頼んでみるのも一つの選択肢といえます。 それでは、そのような人(家族)がいないときにはどうすればいいのか? ここでは現在ニートの人がお金を用意するための方法について考えてみましょう。 とにかくアルバイトでも良いので無収入の状況を変えよう! 銀行や消費者金融などの金融機関のカードローンで場合、現在勤務先などから毎月定期的に収入を得ているかどうかが必ず審査されます。 具体的には、勤務先として金融機関に申告した勤務先の電話番号などに在籍確認などの形で電話をかける手続きが行われるのが普通です。 そのため、現在ニートの人が銀行や消費者金融のカードローンでお金借りることは実質的に難しいと言わざるを得ません。 ただし、例えば短期アルバイトなどの形であっても、毎月収入を得ている人であれば金融機関は貸付の審査に通してくれ、があります。 現在ニートだけれど... という方は、何らかの形で職業を持ち、その上で金融機関に融資を申し込みしてみるのが現実的な選択肢と言えるでしょう(ただし、その場合も勤続期間の短さから審査に通らないということはあります) <参考>: 派遣登録だけでもお金は借りられる? 派遣会社などに登録だけしていて、実際にはまだ派遣先での仕事は決まっていない... という状況の場合にはカードローン等でお金を借りることは難しいです。 派遣元ではなく派遣先へのが行われるほか、年収を証明する書類で審査落ちとなってしまう可能性が高いためです。 金融機関のカードローンでお金を借りるためには、実際に仕事をしていて、収入を得ていることが条件となります。 クレジットカードを持っているなら もし現在、あなたがクレジットカードを持っているのであれば、そのクレジットカードのキャッシング機能を使えないかどうか試してみましょう。 キャッシング機能というのは海外旅行などでよく使う現金引き出しの機能のことですが、クレジットカードの利用枠が残っている場合に利用できる可能性があります。 ただし、キャッシング機能が付与されていないクレジットカードもありますし、現在はキャッシング機能のついていないクレジットカード(ショッピングにしか使えないクレジットカード)に改めてキャッシング機能をつけるためには、年収の証明書などの提出を求められる可能性もあります。 ショッピング枠の現金化 クレジットカードのショッピング枠が残っている場合、そのショッピング枠で買い物をし、商品を指定された届け先に郵送する代わりに現金を振り込んでくれる「ショッピング枠の現金化」というサービスが存在しています。 ショッピング枠の現金化は違法とは言えませんが、クレジットカード会社の規約(契約)では禁止されているのが普通です。 もしクレジットカード会社にショッピング枠現金化の利用がバレてしまったような場合にはクレジットカードの利用停止のほか、ブラックリストへの登録(金融機関でローンを組んだりクレジットカードをつくることが一定期間できなくなる措置)が行われる可能性があります。 また、もし自己破産などの債務整理を行いたい時にも、ショッピング枠現金化の事実がわかると自己破産が認められないという可能性もあります。 このようにクレジットカードショッピング枠の現金化はリスクの高い方法ですから、おすすめしません。 実際にお金を借りる時にはどんな手続きがある? アルバイトなどの形で職業についている状態になってから、改めて金融機関の貸付を利用する場合には以下のような手続きが必要になります。 まず、銀行や消費者金融などのネットの公式ページからカードローンの審査の申し込みをします。 その後、金融機関の担当者から電話やメールで連絡が来ますから、指示に従って年収を証明する書類(源泉徴収票や給与明細数ヶ月分など)や、本人確認の書類を提出します。 この時点で問題がなければ、金融機関の担当者があなたが実際に申告した勤務先に在籍しているかどうか、電話などの形で確認が入ります。 もちろん、金融機関の担当者は「消費者金融のものですが」などと名乗ることはなく、「友人のものですが」「以前お仕事でお世話になったものですが」などといった形で連絡をしてくれます。 在籍確認も問題なければ、銀行振込などの形でお金を借りることが可能になります。 勤務先や家族に内緒で借りられる? お金を借りていることを家族や勤務先には内緒にしておきたい... という方も少なくないかもしれません。 結論から言うと、家族と同居している人であっても家族に内緒でお金を借りることは可能です。 連絡先は自分の携帯電話にしておけば問題ありませんし、借入のための手続きはインターネットや駅前に設置されている無人機(ATMのような機械で、人と対面することなく借入の手続きをすることができます)でも行えます。 カードの発行もこの無人機経由で受け取れば問題ありませんし、金融機関からは延滞などがない限りは書面で連絡が来るようなことはありません。 毎月の返済が遅れない限り、家族にバレずに金融機関からお金を借りることは難しくないと言えます。 現在、返せる見込みのない借金を負っているなら 借金がたくさんあって、その返済をするためにお金が必要... という状況の方もおられるかもしれません。 失業状態(ニート)で生活して行くのも苦しいのに、さらに金融機関から過去に借りたお金を返さなくてはならない... というのは非常に苦しい状況ですよね。 もしどうしてもお金を返せる見込みがない... というような場合には最後の手段として自己破産などの「債務整理」の方法があります。 債務整理は債権者側と交渉したり、裁判所を通して手続きをしたりすることによって合法的に借金の支払い義務を免除してもらえる方法です。 債務整理は弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼することで手続きを行うことができますから、現在「ニートで収入もない、それなのに借金がある... 」という状況の方は選択肢の一つに入れてみると良いかもしれません。 (ただし、債務整理を行うと金融機関のブラックリストに登録されて数年間はローンが利用できなくなるなどのデメリットもありますから、慎重に判断するようにしてください) ニートがお金を借りる方法「まとめ」 今回は、現在はニートで収入がないけれど、どうしてもお金が必要... という人向けにお金を借りるための方法について解説させていただきました。 結論的には、本文でも説明させていただいたように、何らかの職業についてから(アルバイトでもいいので)あらためて金融機関に対して借入の申し込みをするのが現実的な選択肢と言えます。 ニートの状況のままでお金を借りるのは親族以外からの場合は難しいということを理解しておきましょう。

次の

無職がお金を借りるには?【※無職の失業者・主婦・学生必見】

お金 借りる ニート

不動産や株による収入がある• 転売や情報商材といったネットビジネスで収入がある 不動産収入のある人は、入居者や駐車場の利用者がいれば毎月収入が得られます。 また、株を持っている人も株式配当による収入があり、返済能力があるとみなされます。 転売やネットビジネスで収入がある場合は、事業収入を年収としてカードローンを利用できます。 ただし、事業収入を申告する場合、安定した収入があるのを証明するために、カードローン審査時に確定申告書の提出が必要になります。 そのため、確定申告をしていない人や、副業を始めて1年未満の人はカードローンを利用できません。 当サイトがオススメするカードローンは 『アコム』と『プロミス』の2社になります。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 そもそも「無職」ってどんな人? お金を借りる際に、一番最初の選択肢としてあがることの多いカードローン。 しかし、 残念ながらカードローンでは収入がなければ借りることはできません。 ただし、一口に『無職』と言っても、意外にもその種類は様々です。 無職には次のような人たちも含まれます。 専業主婦• 年金受給者• ニート• 失業者 例えば、専業主婦ですが、配偶者の収入を支える大事な役割を家庭で担っているにも関わらず、本人に収入がないということから「無職」として扱われています。 また、年金受給者も、年金以外に収入がなければ「無職」とされています。 つまり、『勤労による収入が得られていない』ならば、それは無職なのです。 専業主婦がお金を借りる方法:基本的には借りられない 収入のない専業主婦は、消費者金融や銀行のカードローンを探すのは止めましょう。 配偶者に安定した収入があっても、申込者本人に収入がない専業主婦がお金を借りられる大手のカードローンが存在しないからです。 たとえば、消費者金融では貸金業法で定められている総量規制の関係から、収入がない専業主婦は借入することができません。 一部の中小消費者金融では配偶者貸付を認めている場合がありますが、高金利であることから、利用すると借入後の返済に苦しむ可能性が高いです。 確かに、銀行カードローンは銀行法が適用される関係上、法律的には専業主婦でもお金を借りることができます。 しかし、2018年に金融庁から過剰融資を指摘されたため、大手の銀行では収入がない専業主婦への融資を自主規制しています。 実際、 大手の銀行カードローンでは、配偶者に安定継続した収入があったとしても、 専業主婦を融資対象として認めていません。 三大メガバンク 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行 のカードローン商品は、専業主婦に融資を行っていません。 さらに、りそな銀行カードローンも融資を行っていないため、専業主婦は都市銀行のカードローン商品からお金を借りることができないということになります。 また、楽天銀行カードローンやイオン銀行カードローンなどのネット銀行でも、専業主婦は融資対象として認められていません。 そのため、 収入のない専業主婦がお金を借りる場合は、カードローンではなく、質屋や生命保険契約者貸付制度の利用を検討してください。 もしくは、どうしても専業主婦の方がお金を借りたい場合はパートなどに出て、安定した収入を作るのが良いと言えます。 安定した収入を作ることによって、消費者金融のカードローンを利用することが可能になります。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 年金受給者がお金を借りる方法:年金担保融資 収入が年金のみである年金受給者は、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が行っている 年金担保貸付制度 通称:年金担保融資 を利用することをオススメします。 理由としては、銀行や消費者金融の多くは、年金を収入として認めていないからです。 たとえば、銀行カードローンや消費者金融カードローンの貸付条件には、貸倒れのリスクを避けるために「安定した収入がある方」と記載されています。 そして、安定した収入がある方とは、『給与所得や事業所得による毎月1回以上の収入がある方』ということです。 つまり、銀行や消費者金融の多くは、年金収入のみの年金受給者を安定した収入がある方とは認めておらず、貸付けを行わない傾向があるのです。 特にカードローン会社は、年金生活者に対し、 無職と同等の返済能力であると判断してしまいます。 一方、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が行っている年金担保融資は、その名の通り年金を担保としています。 そのため、 収入が年金のみの年金生活者でもお金を借りられる可能性が高いのです。 ただし、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫では、それぞれ担保にできる年金が異なってきますので注意が必要です。 公的機関 担保にできる年金• 厚生年金• 国民年金• 船員保険年金• 労災年金 老齢年金・老齢基礎年金・障害年金・遺族年金も可• 災害補償年金• 共済年金• 共済組合の厚生年金 ちなみに• 厚生年金基金• 国民年金基金• 確定給付企業年金• 確定拠出年金から支払われる年金• 老齢福祉年金• 特別障害給付金• 石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金 は担保にすることはできません。 また、年金担保融資を利用するには、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫がそれぞれ定める申込条件を満たしている必要があります。 さらに、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫の年金担保融資では、申込時に必要となる書類が異なります。 まずは、担保にできる年金の種類から、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫のどちらの年金担保融資を利用するかを判断した後、公的機関の公式サイトにアクセスしましょう。 公式サイトから担当者に連絡すれば、年金担保融資の詳細を教えてもらえます。 ニートがお金を借りる方法:クレジットカードの発行 クレジットカード会社によっては、無職のニートでも、クレジットカードの発行が可能な場合があります。 クレジットカードを発行するだけでは厳密にはお金を借りられませんが、ショッピング枠を利用して買い物は可能です。 ニートはもちろん、学生や専業主婦の人は、自分自身に収入が無くても世帯年収で審査がされますので、クレジットカードを作れる可能性があります。 一方、一人暮らしの失業者の人は返済能力が無いとみなされるので、クレジットカード発行は不可能です。 ちなみに、 家族にクレジットカードを持っている方がいれば、そのクレジットカードの家族カードを発行し、キャッシング枠を付帯できる可能性があります。 家族カードとは、安定した収入のある本会員(最初にクレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを発行できるサービスのことです。 なお、家族カードの主契約者は本会員となるため、本会員がクレジットカード審査に通過していれば、本会員の家族の審査が行われない場合があります。 そのため、家族カードであれば、収入のないニートの人でも発行できる可能性があります。 収入のない無職のニートは、まずはご家族が持っているクレジットカードが『家族カードサービスに対応しているか』を確認しましょう。 そして、対応していたらご家族の方に「キャッシング枠を付帯して家族カードを発行してほしい」という旨を正直に伝えてください。 ご家族の了承が得られれば、家族カードのキャッシング枠を利用できます。 ただし、 家族カードのキャッシング枠で借りたお金には返済義務があるため、必ずご家族と相談したうえで利用を検討してください。 学生がお金を借りる方法:内定者向けローン 銀行や労働金庫 通称:ろうきん が取り扱っている内定者向けローンなら、就職先さえ決まっていれば、 収入のない無職扱いの学生でもお金を借りられる可能性があります。 内定者向けローンとは、その名の通り、就職先が決まった人だけが利用できる内定者専用ローンのことです。 なお、銀行や労働金庫は、「就職内定者向けローン」や「新卒予定者応援ローン」といった名称で商品展開しています。 内定者向けローンは、生活費だけでなく、卒業旅行の資金や運転免許証の取得費用にも充てられます。 そのため、内定者向けローンはお金に困っている学生にとって、利便性の高いローン商品と言えるでしょう。 ただし、 申込者の居住地と勤務予定地によっては、内定者ローンを利用できないため注意が必要です。 なぜなら、内定者向けローンを取り扱っている金融機関は、地方に拠点を持っている場合が多いからです。 たとえば、静岡労働金庫の内定者向けローンには、「静岡県内に居住もしくは静岡県内の企業への内定が決まった新卒内定者」という貸付条件があります。 地域に密着している地方銀行や労働金庫は、その土地にゆかりのある申込者にのみ、融資を行う傾向があるのです。 そのため、内定者向けローンを利用したい人は、まずは居住している地域 または就職先の地域 にある地方銀行や労働金庫の公式サイトにアクセスし、自分でも借入できるのかを確認しましょう。 ちなみにですが、 学生であってもアルバイトなどで安定した収入を得ている学生の場合は、消費者金融のカードローンを利用して簡単にお金を借りることが出来ます。 どうしてもお金を借りたい学生さんは、アルバイトの経歴を作ってから消費者金融のカードローンを申込むのが一番手っ取り早いでしょう。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 失業者がお金を借りる方法:生活福祉資金貸付制度 失業者は銀行や消費者金融などの金融機関ではなく、厚生労働省が管轄している生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。 なぜなら、 失業者は申込者本人に収入がない無職となるため、銀行や大手消費者金融のカードローン審査に通らないからです。 生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や障害者、高齢者の生活を経済的に支えながら社会参加の促進を図ることが目的の貸付制度です。 実施主体は都道府県社会福祉協議会となっており、市区町村にある社会福祉協議会が窓口です。 低所得者個人、障害者個人、高齢者個人が対象となるのではなく、低所得者、障害者、高齢者を含む世帯単位が対象となります。 貸し付け対象者 低所得者世帯 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯 市町村民税非課税程度 障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者の属する世帯 障害者総合支援法によるサービスを利用しているなど条件と同程度と認められるものを含む 高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯 日常生活上療養または介護を要する高齢者等 資金種類 総合支援資金 生活支援金・住宅入居費・一時生活再建費 福祉資金 福祉費・緊急小口資金 教育支援資金 教育支援費・就学支度費 不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金 連帯保証人 原則必要 金利 無利子(連帯保証人を立てない場合は年1. 5%) 最大の魅力は、何と言っても 「無利子」であることですよね。 連帯保証人を立てることが条件となっており、それができない場合には年率がかかりますが、それでも1. 5%です。 また、返済期間が通常のカードローンなどより長めに設定されているため、生活に負担がないようにすることができます。 生活福祉資金貸付制度は、申請者の状況によって利用する種類が異なり、それに応じて借入できる金額や必要書類なども異なってきます。 また、生活福祉資金貸付制度を利用するには、市区町村の社会福祉協議会が定める審査に通る必要があります。 そのため、生活福祉資金貸付制度を利用したい失業者は、まずはお住まいにある市区町村の社会福祉協議会に連絡しましょう。 インターネット上から『社会福祉協議会 〇〇 地域名 』と検索することで、お住まいにある社会福祉協議会の公式サイトにアクセスできます。 社会福祉協議会の公式サイトには、生活福祉資金貸付制度に関する問い合わせ先が用意されています。 問い合わせ先から担当者に連絡すれば、利用する生活福祉資金貸付制度の種類や必要書類、審査についての詳細を尋ねることができます。 まとめ 一言で『無職』と言っても沢山の種類があることが分かって頂けたのではないでしょうか? それぞれの無職のステータスによって、お金を借りる際に利用するべき場所や方法が大きく変わってきます。 ただ、どんな無職であっても、『安定した収入』がないので非常にお金を借りづらいことは変わりません。 ニートや失業者であれば早めに新たな職に就くことで、専業主婦や学生、年金受給者であればアルバイトやパートに出ることで安定的な収入を得られるようにしていきましょう。 安定した収入さえ得ることができれば、消費者金融のカードローンなどを利用することが可能となり、 簡単にお金を借りることが出来ます。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。

次の