コロナ 致死率 日本。 新型コロナウイルスの致死率と季節性インフルエンザの致死率を直接比較するべきではない(JAMA誌より)|院長ブログ|おきのメディカルクリニック

BCG接種で新型コロナの感染は防げるか 驚異的に死亡率の低い「日本の謎」を解く鍵(1/3)

コロナ 致死率 日本

中国で確認された新型肺炎コロナウィルス 引用:Twitter 一般的に新型肺炎コロナウィルスと呼ばれていますが、正しくは 「新型コロナウィルスによって引き起こされる肺炎」といえます。 要は今までになかった新しいコロナウィルスが見つかったということ。 新しいウィルスのため まだ不確実なことが多いのが現状です。 2019年12月中旬頃から中国・武漢市で広がり出し、アジアだけでなく欧米・ヨーロッパ各国にまで広がっています。 なお、2002年に大流行したSARS サーズ や2012年に韓国を中心に広がったMERS メーズ も同じコロナウィルスの一種でした。 今回中国武漢市で2019年12月にウィルスが発見された時にSARSのコロナウィルスに似ていたことから「新型コロナウィルス」と言われるようになったそうです。 飛まつ感染。 距離として1mから2mの間隔でインフルエンザのようにうつるかということについては、まだ確定がされておりません。 また感染力。 (中略) 重症者については、高齢者であったり、基礎疾患、つまりもともと何か持病のある方がリスクが高いということも分かってきております。 引用:NHK解説委員会 新型肺炎コロナウィルスの感染状況・リアルタイム分布図は 突発的な新型インフルエンザの歴史Wikipediaより 今回は毎年流行る 季節性インフルエンザに焦点を当てて比較していきます。 季節性インフルエンザにはワクチン 特効薬 がある 季節性インフルエンザは毎年のことで、予防のためにワクチン接種をする方もいますよね。 (予防注射を受けたとしても、効かない場合もあるというのは知られた話ですが。 ) インフルエンザウィルスは毎年少しずつ変異する性質を持っています。 その為、事前に作られたワクチンが完全にウィルスに適応できない場合もその年によって変わってきます。 だからこそウィルスが無くなることはなく、毎年流行するのですね。 インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型の3種類が知られていますが、人の間で流行するのは主にA型とB型です。 A型は、特に遺伝子変異が起こりやすく、人に抗体ができても、 少しずつ変異して、新たな感染源となって毎年流行を繰り返します。 引用:インフルエンザの怖さ!東京大学医学教育国際協力研究センター・北村聖教授 WHO公式HPより また 香港の調査チームは3. 3〜5. 5と公表しており、当初の推定よりも感染力がやや増してるとみられているようです。 新型肺炎コロナウィルス は一人の感染者から平均約2〜5人に感染するということになります。 WHOは先週、暫定的に1. 4〜2. 5としたのに対し、香港や英国のチームは3以上と推定した。 公表された数値は香港理工大などのチームの推定値が3. 3〜5. 5、英ランカスター大などのチームの推定値が3. 6〜4。 中国当局は1月26日「(当初の推定よりも)感染力がやや増してる」との見解を示している。 引用:福井新聞 インフルエンザウィルスの基本再生産数は2〜3 一方インフルエンザの基本再生産数は2〜3と言われています。 <1人の感染者からうつる平均人数> 新型肺炎コロナウィルス 1. 4〜2. 5人(3. 5〜5. 5人) 季節性インフルエンザ 2〜3人 ただ 季節性インフルエンザウィルスには比較的有効なワクチンがあることで、感染しても ワクチンの力をかりて自身の免疫力で回復することができます。 新型肺炎コロナウィルスの場合は効くワクチンが今の所ないため、免疫力が低い高齢者や持病を持っている方は新型コロナウィルスに対抗しきれずに死に至る確率が上がってしまうということになります。 実際、 新型肺炎コロナウィルスに感染して回復した人も126名 2020年1月30日現在 います。 彼らは自らの免疫力のみで新型肺炎コロナウィルスに対抗できたということになります。

次の

新型コロナ、致死率上がってるね?

コロナ 致死率 日本

新型コロナウイルスの世界の感染者数が。 昨日、60万人を超えたことが報道されたばかりだ。 このペースで増加し続ければ、100万人に達するのも時間の問題である。 また、本日3月29日(米国時間)、アメリカの感染者数は14万人を突破、米新型コロナタスクフォースのキーパーソンである国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長のアンソニー・ファウチ博士はCNNのインタビューで「アメリカでは10万人~20万人が死亡するかもしれない。 感染者は数百万人」と警告した。 筆者が住むロサンゼルスでも、警戒態勢が日増しに高まっている。 ビーチやハイキング・トレイルは完全に閉鎖され、昨日から、サンタモニカ市内では「公園は閉鎖されています」と警告するアナウンスが響き渡っている。 外出禁止令下、市民が身体を動かしに出かけていた公園もついに閉鎖されてしまった。 地元のニュースは、海からあがってきたサーファーが1000ドルの罰金のチケットをもらったと報じている。 世界の致死率は上昇 ところで、今、多くの人が、を参考にしていることと思う。 筆者も毎日この集計を見て致死率を計算しているが、感染者数の増加とともに、世界の致死率は増加している。 3月10日段階では、じょじょに上昇していき、ここのところ4. 5%台だったが、3月28日(米国時間)は4. 6%台に上昇、3月29日(米国時間)には4. 7%台となった。 日本における致死率も、3月10日時の約1. 4%から約2. 9%に上昇している。 しかし、この算出法では、現在治療中の感染者が結果的にどうなるのか、つまり、治療により完治して生還するのか、あるいは重篤化して死亡することになるのかは計算に入れられていない。 感染者の中でこれから亡くなる人の数は計算には入れられていないわけである。 結果的な致死率はわからないことになる。 も、 「2~3%の致死率というのは、残りの大多数の人が全員治癒すると仮定した場合の致死率なので、本当にそれで良いのか、心配です。 結論の出た人(すでに死んだ人と治癒した人の合計)に占める死者の比率は結構高いので、結論の出ていない人が同じ確率で死亡するとすれば、大ごとです」 と説明している。 結果からみる世界の致死率は18%超 実際、現時点で、結果的に死亡した人と完治し生還できた人の合計から、新型コロナの致死率を算出すると、非常に高い。 それをみると、致死率の高さに驚かされる。 グリニッジ標準時3月29日18時12分現在、結果が出た人々、つまり、生還できた人の数と死亡した人の数を合わせた総数は18万4,284人。 うち、死亡した人の数は3万3,550人。 生還できた人の数は15万734人。 結果が出た人の数だけにフォーカスすれば、致死率は18%を超えているのだ。 つまり、結果的には、10人に2人近くが死亡したということになる。 左のActive Casesは現在感染している人の数。 右のClosed Casesは結果が出た感染者の数。 完治し生還した人は世界15万734人、死亡した人は3万3,550人となっている。 出典:worldometers. info このデータでは国別の数字も見ることができる。 医療崩壊したイタリアの場合、結果からみた致死率は、米国時間3月29日現在約45%、スペインでは約31%となっている。 イタリアでは約半数近く、スペインでは約3人に1人が結果的に亡くなっていることになる。 また、イギリスの場合、結果が出ている感染者の数が現時点ではまだ少数だからだろう、結果から見る致死率は約90%と非常に高い。 一方、結果が出ている感染者の数が大多数の中国では、結果から見る致死率は約4%となっている。 3月7日を境に上昇 結果が出ている感染者数が増えるほど、結果からみる致死率は下がるのだろうが、気になるのは、結果からみる世界の致死率が、3月7日以降、上昇し続けていることだ。 以下のグラフが示すように、3月7日までは、結果からみる世界の致死率は低下し続けたものの、3月7日の5. 62%を底に上昇に転じており、現在は、前述したように18%を超えている。 逆に、生還できた人の割合は、3月7日を境に低下し続けている。 結果的に、完治し生還できた人の割合(グリーン)は、3月7日を境に、減少する一方、死亡した人の割合(オレンジ)は上昇している。 出典:worldometers. info WHO(世界保健機関)は3月3日、に上昇させたが、結果からみる最終的な致死率がどうなるのか気になる。 ちなみに、WHOは、2003年、SARSが拡大中の時、だと発表していたが、となったことも明記しておきたい。

次の

【比較】新型肺炎コロナとインフルエンザはどっちが怖い?致死率・感染率で危険性調査!|Media Sunshine

コロナ 致死率 日本

季節性インフルエンザウイルスと新型コロナウイルスがよく比較されています。 気道に感染し、死に至らしめるウイルス感染症としてこの2つはよく似ています。 しかし、毎年冬から春に流行する季節性インフルエンザと、今回の新型コロナウイルスは毒性が明らかに異なります。 季節性インフルエンザ感染で死亡する場合は、そのほとんどが2次的に発生した細菌感染によるもので、ウイルス性肺炎やサイトカインストームを起こす患者さんは少数です。 今回のCOVID-19パンデミックと比較するべき対象は、季節性インフルエンザではなく、2009年新型インフルエンザでもなく、約100年前に大流行した1918-1920年のスペイン風邪だと思われます。 日本におけるスペイン風邪の感染者数は2380万人(=当時の人口の約半数)、死亡数は約39万人、致死率は1. 63%と報告されています。 スペイン風邪の死因はサイトカインストームも細菌感染もどちらもあったようです (Wikipedia)。 今回の論文は、JAMA誌のVIEWPOINT 観点、オピニオン から紹介します。 アメリカ疾病管理予防センターが、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の死亡数や致死率を比較して、対策を立てていることに 著者は 異議を唱えています。 以下、論文を抜粋翻訳して、解説します。 「2020年5月上旬の時点で、米国では約65,000人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で死亡した。 この数は、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によって毎年報告されている季節性インフルエンザによる推定死亡数と同じようにみえる。 COVID-19と季節性インフルエンザによる死亡数が見かけ上は同様であるが、臨床の最前線、特に人工呼吸器が不足し、多くの病院が限界を超えているパンデミック地域における状況と異なる。 COVID-19危機において病院医療に対する需要の高まりは、インフルエンザが最悪であった季節でも米国で発生したことはなかった。 それでも、公的機関は、パンデミック拡大の影響を最小限に抑えようと、季節性インフルエンザと新型コロナウイルスの死亡率を比較し続けている。 それに対し、季節性インフルエンザが流行して死亡者が多数発生した年でも、アメリカでは医療崩壊を起こさなかったということです。 「このように誤って比較してしまう原因は、季節性インフルエンザとCOVID-19のデータが公表される方法について知られていないことがあるからかもしれません。 CDCは、世界中の多くの疾病管理機関と同様に、季節性インフルエンザの罹患率と死亡率を、実際の数ではなく、国際疾病分類コードに基づいて計算された推定値として提示している。 2013-2014年と2018-2019年の間では、インフルエンザによる年間推定死亡数は23,000人から61,000人と報告されている。 しかし、同じ期間で、インフルエンザの死亡数を実際にカウントすると、毎年3,448人から15,620人であった。 平均して、CDCが推定したインフルエンザによる死亡数は、実際カウントされた死亡数のほぼ6倍であった。 逆に、COVID-19の死亡者数は、現時点では推定されずに直接数えられて報告されている。 結果として、より正確な方法は、週単位でCOVID-19の死亡数と季節性インフルエンザの死亡数を比較することである。 推定値にインフルエンザが直接的な死因ではなかった患者さんも含まれているのか、もしくは抽出した数字が不適切で計算方法が間違っているのかもしれません。 「2020年4月21日までの1週間にCOVID-19で死亡をカウントした数は、米国で15,455人と報告された。 4月14日までの1週間で報告された死者数は、14,478人であった。 対照的に、CDCによれば、2013-2014年シーズンから2019-2020年シーズンまで間で、インフルエンザ死亡数はピークであった週で351人(2015-2016、2016年の11週)から1,626人(2017-2018、2018年の3週)の範囲であった。 2013年から2020年までのインフルエンザシーズンのピークであった週にカウントされた死亡数の平均は752. 4人(95%CI、558. 8-946. 1)であった。 死亡数に関するこれらの統計は、4月21日までの週単位COVID-19死亡数が、米国の過去7年のインフルエンザシーズンにおけるインフルエンザ死亡数のピーク週の9. 5倍から44. 1倍であり、平均20. 5 倍の平均増加(95%CI、16. 3〜27. 7)であったことを示唆する。 この数字であれば、医療崩壊しても納得できます。 「致死率は混乱を招くもう一つのテーマである。 新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの致死率を比較するのはまだ早い。 COVID-19の推定致死率は、ある国では1%未満であり、その他の国では約15%と幅広い。 これは致死率を計算する上での限界を反映している。 検査数不足を考慮していないこと(つまり分母が間違って小さくなる)や、最終集計時にまだ生存している患者の追跡情報が不完全であること(したがって分子が小さくなる)がある。 人々の不完全な追跡情報が含まれます。 最終的には、血清学的検査を行うことで、新型コロナウイルスの致死率を計算するためにもっと正確に分母を決定できるようになるであろう。 今のところ日本の致死率は逆に低い方であり、その要因は今後解析されていくと思います。 「現在、ダイヤモンドプリンセスクルーズ船での新型コロナウイルス感染症の発生は、完全なデータが利用できる数少ない状況の1つです。 この船での発生に対し、2020年4月末時点での致死率は1. 8%(712例中13例)であった。 一般人口を反映するように年齢調整すると、この数値は0. 5%に近づいた。 5%という致死率は、成人の季節性インフルエンザによるよく引用される致死率の5倍である。 8%という数字は、スペイン風邪による日本での致死率とほぼ同じです。 「死亡率の統計が異なる方法で取得された場合、2つの異なる疾患のデータを直接比較すると、不正確な情報が提供されることになる。 さらに、政府役人やその他一般人がこれらの統計的な違いを誤って繰り返し考慮すると、公衆衛生が脅かされる。 経済を再開し、緩和戦略を段階的に縮小しようとするときに、政府当局者はこのような比較に依存しており、CDCのデータを誤って解釈する可能性がある。 当局は新型コロナウイルスは「単なる別のインフルエンザ」であると言うかもしれないが、それは真実ではない。 要約すると、私たちの解析により、新型コロナウイルスの致死率と季節性インフルエンザの致死率を比較するためには、単純比較ではなく、同じ条件での比較をする必要があることが示唆された。 そうすることで、COVID-19による公衆衛生への真の脅威が明らかになる。 」 JAMA Intern Med. Published online May 14, 2020. Published Online: May 14, 2020. doi:.

次の