喪中見舞いとは。 喪中見舞いとは : お葬式なるほどチャンネル

喪中見舞いに贈る無難な品物は!?解釈の違いトラブルを避けるには!

喪中見舞いとは

喪中はがきを受け取ったら 喪中はがきを受け取ったとき、 すぐにお悔やみの気持ちを伝えたいなら「 喪中見舞い」、年が明けてからのごあいさつとするならば「寒中見舞い」にします。 一般的なのは「寒中見舞い」の方で、「喪中見舞い」は新しい手段です。 喪中見舞いとは 喪中の相手へお悔やみの気持ちを伝える お悔やみ状や喪中見舞いはがきとともに、 香典や品物(お供え物)を送ることを「喪中見舞い」といいます。 「喪中見舞いはがき」だけを送る方法もあります。 「喪中見舞い」を送る時期は決まっていませんが、一般的に喪中はがきが12月中旬までに届くので、 なるべく早く年末には届くように送るのが良いでしょう。 香典を送る際は、現金を入れた 不祝儀袋と 喪中見舞いの手紙を 「現金書留の封筒」に同封して郵送します。 香典の相場は地域の慣習や故人との関係性により、3,000円~で、新札は使いません。 住所と氏名を不祝儀袋、現金書留の封筒の両方に記します。 手紙は白色の便箋一枚を用い、薄墨で書いても良いですが、こだわらなくても大丈夫です。 【合わせて読みたい】 寒中見舞いとは何が違うの? 「寒中見舞い」と「喪中見舞い」の違いは大きく2つ、 香典やお供え物をおくるかどうかと、 送る時期が違います。 「寒中見舞い」が喪中はがきの返事としてスタンダードで、松の内(1月7日)以降から立春(2月4日)までの間に「寒中見舞いはがき」を送ります。 香典やお供え物は用意しません。 「寒中見舞い」はがきの定型文やイラストのテンプレートは「喪中見舞い」と違い郵便局はじめ、様々な企業のWeb上で用意されているので、それらを利用すると便利です。 【合わせて読みたい】 喪中見舞いのマナー 喪中見舞いとして香典やお供え物を送るのは、近年の家族葬の増加により喪中はがきでご不幸を知ることが増えてきたこと、それにより香典をお渡しする機会がないことへの新しい対応です。 ただし 葬儀をだいぶ過ぎているタイミングの場合、香典返しといった「 相手のお返しの手間や費用」を考えると、 香典や品物は送らず手紙(またはハガキ)を送るだけでも良いでしょう。 相手の負担にならないか、配慮して方法を選びましょう。 喪中見舞いに選ぶお供え物 喪中見舞いのお供え物の相場は3,000円から5,000円といわれます。 地域や宗教宗派により異なる場合がありますので、周りの方々に確認しても良いでしょう。 基本は贈られた側の負担とならないような金額とします。 喪中見舞いに選ばれる品物はお線香やろうそくが浮かぶかもしれませんが、それらについては賛否両論の意見があります。 仏壇に飾れる花を贈ることもあり、花の配達サービスで喪中見舞いに対応した商品も増えています。 他にはお菓子やお茶、ギフト券や個人がお好きだった物を贈る方もいらっしゃいます。 喪中見舞いの熨斗(のし)と表書き 熨斗は品物の販売店で用意があるものなので、「喪中御見舞」「御供」の表書きで結び切りのデザインのものを選びましょう。 ご不幸から四十九日までは「御霊前」、四十九日の忌明けからは「御仏前」も使えます。 喪中見舞いに選ぶはがきと切手 喪中見舞いのはがきには、郵便局なら切手部分がヤマユリ(通常はがき)、山桜(インクジェット用通常はがき)、胡蝶蘭(弔事にも使えるはがき)のどれかを購入します。 ただし私製はがきでも問題ありませんので、喪中見舞いの定型文やイラスト付きのはがきを購入されても便利ですが、デザインは喪中はがきや寒中見舞いほど、多くはありません。 切手は62円の普通切手(ソメイヨシノ)がおすすめです。 喪中見舞いは、喪中の方へのお悔やみや励ましの言葉をかけることが目的ですので、弔事用の花文様切手は避けましょう。 喪中見舞いの文例やイラストのテンプレートは、新しい習慣のため多くはありませんが「喪中見舞い テンプレート」で検索するといくつか無料のものがみつかります。 喪中見舞いの書き方マナー 喪中見舞いは「句読点をつけない」「行頭の一文字下げをしない」で書きます。 喪中見舞いの書面は「喪中お見舞い申し上げます」と始めることが多いですが、必須ではありません。 時候の挨拶や「拝啓」「謹啓」などの頭語は必要ありません。 「死ぬ」といった 忌み言葉や 繰り返す言葉「重ね重ね」なども使いません。 次に喪中はがきに対するお礼、故人のご冥福を祈る言葉を伝えます。 お供え物を送る場合には品物について触れます。 そして年末までに届けることが一般的ですので、こちら側も年賀状の挨拶を控えることを伝えます。 その他、 お悔やみの言葉、相手を気遣う言葉や新年でのお付き合いを願う言葉などで締めます。 手紙にする場合は故人とのエピソードなどを自由に盛り込むことで、相手の心が励まされ、癒されていくことでしょう。 喪中見舞いの文例 喪中はがきでご不幸を知った場合 このたびは ご丁寧なご挨拶を頂きありがとうございました 〇〇様がお亡くなりになられてから〇ヶ月 お寂しい年の瀬をお過ごしのことと お察し申し上げます 服喪中と存じ 年頭のあいさつを控えさせていただきます ご家族が一人かけたこの冬は寒さもひとしおとお察しいたしますが お体大切に新年をお迎え頂きますようお祈り申し上げます 喪中見舞いとして訪問する場合 タイミングと手順 喪を知ったときが四十九日内であれば、 四十九日までに訪問して良いといわれますが、タイミングが年末などあわただしいことが予想されるときなら、年があけて松の内(1月7日)以降に連絡して訪問するのが良いでしょう。 いきなり訪問せず事前に電話で連絡し、喪中はがきを頂いたお礼とお悔やみ、葬儀に参列できなかったことをお詫びします。 そのうえでお伺いして手をあわせたい旨を伝え、日時を調整します。 手土産 当日は香典を持参します。 あわせてお供え物をお持ちしてもよいでしょう。 お供え物は線香に限らず、故人がお好きだったものやご家族で分けやすい個包装のお菓子などもおすすめです。 訪問時の服装は喪服までいかずとも、地味なスーツやワンピースといった控えめなものとしましょう。 まとめ 喪中見舞いは新しい習慣なので、必須のマナーではありません。 特に家族葬を行った場合は、相手のお返しの手間や費用を考えれば香典やお供え物がなく、 書面だけで良いことも多いでしょう。 ご自身の故人との関係と、ご遺族の方に配慮して「喪中見舞い」にするか「寒中見舞い」とするか見極めることが必要です。

次の

喪中見舞い

喪中見舞いとは

Contents• 喪中見舞いに線香や花をいただいた時のお返しは? 喪中はがきを受け取ったら喪中見舞いを送ることは新しくできた習慣です。 近年家族葬で近親者のみで葬儀を済ませることが多くなり、訃報を年末の喪中はがきで知ることが多くなったことから、• 故人を悼む気持ち• 「ご愁傷さまでした」という事を伝えたい気持ち を喪中見舞いという形であらわすようになったようです。 喪中見舞いで線香やお花が届いたら香典と同じ扱い? 喪中はがきを出した後に喪中見舞いで線香やお花が届いた場合にお返しは香典の時と同じように扱うべきなのか悩む方もいるかもしれません。 一般的に喪中見舞いで線香やお花が届いた場合のお返しは不要とされています。 『負担をかけずに「ご愁傷様でした」との気持ちを伝えたい』との思いで送っていることが多い。 地域によっては線香は「灰と消えておしまい」というでお返しは不要と意味をもつことが多い。 上記の2つのことから、喪中見舞いで線香やお花が届いた場合には香典返しのようなお返しは不要とされているようです。 お礼をしたい場合には、電話やはがきでお礼をすることがおすすめです。 スポンサードリンク 喪中見舞いへの礼状の例文 喪中見舞いで線香やお花が届いた時にお礼状を出す時は、一般的には『線香=お礼不要』と言われているので、頂いた物に対してではなく、心遣いに対してのお礼をすることがおすすめです。 向寒の折とて、お体ご自愛ください。 早いものでもう~月経ち、私もようやく立ち直って落ち着きを取り戻しております 寒さの折ですが、お体ご自愛ください。 先日はご丁寧なお心づかいをいただきましてありがとうございました。 本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが 略儀ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。 まとめ 喪中見舞いで線香やお花が届いた時には、お礼状で心遣いに対しての感謝の気持ちを伝えることがおすすめです。 お礼状には、感謝の気持ちの他にも送り主と故人の思い出や近況を書き添えることもいいと思います。 また、お礼状をハガキで書く場合には、特別なハガキではなく、普通ハガキで問題ありません。 喪中見舞いをいただいてから2,3日中には出したいですね。 スポンサードリンク.

次の

喪中見舞いを贈る

喪中見舞いとは

寒中見舞いはがき 寒中見舞いとは、厳寒期に相手を気遣ってお互いの近況を報告しあう季節の挨拶状です。 喪中時のご挨拶だけでなく、年賀状の返信が遅くなってしまった場合や、季節のご挨拶程度の場合にもしばしば利用されます。 ちなみに寒中とは、二十四節気の「小寒(しょうかん)」と「大寒(だいかん)」にあたる期間で、寒の入り(1月5日)ごろから立春の前日(2月4日)ごろまでを表します。 節分を過ぎると立春になりますので「寒中」ではなく「余寒」を使用します。 寒中見舞いは松の内を過ぎてから(1月7日以降、1月15日以降とする地域もある)1月下旬までを目安に投函するのが一般的です。 喪中時の寒中見舞いに関する注意 寒中見舞いは暑中お見舞いと同じ季節の挨拶ですから、厳密な決まりごとはありません。 そうは言っても、使われる言葉や文例はある程度決まっています。 知人・友人でもフォーマルな文体でまとめたほうが無難ですし、年賀状とは違う落ち着いたデザインで仕上げたほうがよいでしょう。 白黒でなくてもかまいませんが、派手になりすぎないように、さわやかな雰囲気でまとめます。 写真やイラストはOK! ただし初詣や日の出など正月をイメージする写真、干支など年賀状の定番である絵は使用しません。 「冬」や「早春」を連想する花、草木、風景、また愛犬&愛猫、子供の写真などを入れることも大丈夫です。 寒中見舞いには余った年賀状を使用せず、一般の私製ハガキに書いて出します。 「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語は不要です。 ご服喪中との由を賜り、年頭のご挨拶を失礼させていただきました。 静かにご越年のことと存じますが、向寒の折、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 寒さが一段と厳しくなります折柄、何卒お体を大切にお過ごしください。 今はただご冥福をお祈りするばかりでございます。 厳寒の折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 遅ればせながら、謹んで哀悼の意を表します。 寒い日が続きますが、皆様お身体を大切にお過ごしください。 ご家族の皆様はお寂しくご越年のこととお察し申しあげます。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 時節柄、どうぞ御身大切にお過ごしください。 喪中のため、年頭のご挨拶を差し控え失礼いたしましたが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 向寒の折、皆様にはお変わりございませんか。 喪中のため、年頭のご挨拶を遠慮させていただきました。 本年も何卒よろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。 新年早々、お年賀ありがたく頂戴しました。 当方からご挨拶申し上げるべきところ、喪中につき遠慮させていただきました。 なお本年も相変わらずよろしくお願い申し上げます。 ご通知が遅れましたこと、どうぞお許しください。 本年もご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 年頭のご挨拶をいただき有りがとうございました。 旧年中にお知らせ申し上げるべきものを、年を越してしまいました非礼をお許しください。 故人が生前に賜りましたご厚情に深く感謝するとともに、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 【関連記事】•

次の