ラインペイ マイ カラー。 LINE Pay(ラインペイ)のポイント還元制度マイカラーを解説【初心者必見】

LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度と送金の詳細ついて徹底解説

ラインペイ マイ カラー

LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度とは? LINEPay(ラインペイ)は、LINE(ライン)のモバイル決済、送金サービスで、主に買い物をするときに使用されます。 LINEpay(ラインペイ)にお金を入れておいて、そのお金で買い物したらポイントが貯まっていく仕組みでした。 しかし2018年6月1日から「マイカラー制度」が実施され、LINEPay(ラインペイ)のポイント還元に多大なる影響を与えました。 この「自分のマイカラーの判定基準」が非常に曖昧で「自分が相対的に顧客の中でどの程度LINEPay(ラインペイ)を使用しているか」によってランクが決まり、LINEPay ラインペイ)を使用した際のポイント還元率が決まります。 LINEPay(ラインペイ)をたくさん使っていればランクがグリーンになり、以前と変わらないサービスを受けることができましたが、そうでなければ以前よりも損してしまいます。 2018年8月1日から新しくなる「マイカラー制度」 LINEPay(ラインペイ)は、2018年8月1日から仕様が変更されます。 この仕様変更の大部分は「マイカラー制度」についてです。 まずはそのマイカラー制度の変更点を確認し、ユーザーにどのような影響があるか考えてみましょう。 主な判定基準である「マイカラー制度」の変更部分 まずは、マイカラー制度の大きな変更点をまとめたものを「表」にして紹介します。 この表から、主に変更された部分を詳しく見ていきましょう。 「レッド」は元々還元率が0. いままでは、自分のカラー判定方法が曖昧で、「ユーザーの中でLINEPay(ラインペイ)をどれだけ利用しているか」という、相対的評価によって、カラーが決定されていました。 しかし今回の改訂後、カラー判定に明確な基準が出来ました。 新たなカラー判定基準は、表で言うと、色を示している横列に「変更前」と「変更後」で別にまとめています。 その「変更後」を見てみましょう。 変更前は全て「曖昧」と記載されているように、目に見える数字で判断されず、ユーザー間の相対的評価によってカラー判別されますが、今回の変更で、「いくら利用したらこのカラー」と規定が定められました。 例えば、グリーン(最高評価)になるには、月間で10万円分以上利用するほかに、5人のユーザーにLINEPay(ラインペイ)残高を送金する必要があります。 つまり、月額で仮に100万円利用したとしても、送金人数が4人なら「グリーン」ではなくて、「ブルー」になってしまいます。 この「送金」は今までになかった条件で、多少カラーアップの条件が厳しくなってしまいました。 今回の変更点は「改悪」?特にユーザーが影響を受ける部分は? さて、今回のLINEPay(ラインペイ)の変更点の総評を行います。 総合的に見て、「ひとり暮らし」の人には使いづらくなる可能性があります。 一番のネックはカラー判定に「送金」が条件に入ったこと! 今まで「グリーン」だったのですが、一人暮らしで誰にも送金させる相手がいない人は、LINEPay(ラインペイ)を見限る可能性が高いです。 なぜなら、今まで10万円以上LINEPay(ラインペイ)で支払いをしていたけれど、「誰かに送金する機会」がないので、グリーン維持の条件である「5人以上にLINEPay(ラインペイ)残高送金」の条件が達成できないからです。 誰にも送金できなかった場合、「グリーン」から「ホワイト」にまでランクが下がってしまいます。 そのような人には明らかに優しくないのが、今回のマイカラー制度の改定です。 元々あまり使わない人には優しい? 今回のマイカラー制度の変更によって、一人暮らしの固定ユーザーが離れる可能性が高いですが、「普段あまりLINEPya(ラインペイ)を使わない人」によっては優しい改定になります。 なぜなら、LINEPay(ラインペイ)に本人確認つきで登録すれば自動的に貰える「ホワイト」のポイント還元率が向上したからです。 元々ポイント還元率が0だったのに、0. LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度と送金まとめ 今回は、LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度の変更と、変更点で一番影響のある「送金」について徹底解説させていただきました。 送金がカラー判定条件に加わったことにより、一人暮らしの人や家族にLINEPay(ラインペイ)を利用している人が少ない人が損をする可能性が出てきます。 もちろん、「たくさんの人にLINEPay(ラインペイ)を使ってもらう対策も取ることはできますが、家族など、家計を共にしている人以外には難しいですよね。 恩恵をそこまで重視していない人には使いやすいプリペイとカードですが、がっつり使いたい人は必ずチェックしておきたい変更点です。 2018年8月1日までに変更点を押さえておきましょう。 他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは? PayPay(ペイペイ) PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。 ペイペイは 「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。 これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。 更に、 PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。 更に、 PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。 中でもYahoo! マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。 知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。 多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。 現在様々なコード決済がありますが、 PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

次の

FPが解説。LINE Pay(ラインペイ)のマイカラーは意識しなくてもいい?

ラインペイ マイ カラー

LINE Payにはマイカラープログラムという仕組みがあります。 私自身も最初に見た時に、『マイカラーって何?』と疑問があったので自分なりにマイカラーについて調べてみました。 LINE Payを利用している方であればマイカラーは必ず関係してきます。 マイカラーについて知っていると今後のLINE Payの利用の仕方なども多少は変わって来るかもしれません。 このページではLINE Payのマイカラーについてあまり知らない方や、マイカラーの使い方をわかりやすく把握したい方のためにマイカラー情報を詳しく解説しています。 特に、LINE Payからの送金やマイカラーが変更されるタイミングなど注意すべき点もあるので参考にして下さい。 前月の決済金額で当月のマイカラーが決まるという仕組みですが一つだけ注意が必要です。 それは、月が変わってもすぐにマイカラーが変更されるわけではないという点です。 どういう事かと言うと、マイカラーの変更は毎月1日の午前10時と決まっています。 10時までは1日の午前10時までは前の月のマイカラーが適用されている状態です。 つまり、日付が変わったからと言って、1日の午前1時(夜中の1時)とかにLINE Payを使って決済をしてもマイカラーは変わっていないという事になります。 マイカラーが変わっていないという事はポイント還元率も前月のままなので、ポイント還元率が変わったと勘違いして慌てて決済しないように注意しなければいけません。 私自身、この条件を知らずに1日の午前1時くらいにAmazonで買い物をしてしまいました。 当然ですが、ポイント還元は前月のままなので少し損をした状態となりました。 これを見た人は同じようなミスをしないよう気を付けて下さいね。 クレジットカードと同じようにポイント還元率の違いって長く使えば使うほどその差は大きくなります。 とは言え、毎月10万円以上をLINE Payで支払いしなければならないのは結構大変です。 私もよくLINE Payを利用してますが、基本的にコード支払いだけでは毎月10万円を超えるのは難しいと感じます。 そこでLINE Payカードを使って日々の生活費などをカード払いするのがおすすめ。 例えば、毎月の食費などもスーパーやコンビニで購入してLINE Payカードで支払いをすればそれだけで1ヶ月数万円は使う事ができます。 食費や生活費は絶対に必要なお金なのでそれをLINE Payカードで支払いできればそれが一番お得になります。 後は趣味などで好きなものを購入する時にもLINE Payカードを使って支払いすれば意外と5万円や10万円くらいは使えたりもします。 LINE Payのコード決済だけでは使えるお店や機会が少ないので、マイカラーのグリーンを目指している方はLINE Payカードは必須だと思った方が良いですよ。 是非参考にしてみてください。 LINE Payカードをこれから申し込みしたい方やLINE Payカードに興味がある方は以下から申し込みや利用開始手続きのやり方を参考にどうぞ。 関連リンク•

次の

LINE POINT CLUB(ラインポイントクラブ)5月1日以降に開始

ラインペイ マイ カラー

LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度とは? LINEPay(ラインペイ)は、LINE(ライン)のモバイル決済、送金サービスで、主に買い物をするときに使用されます。 LINEpay(ラインペイ)にお金を入れておいて、そのお金で買い物したらポイントが貯まっていく仕組みでした。 しかし2018年6月1日から「マイカラー制度」が実施され、LINEPay(ラインペイ)のポイント還元に多大なる影響を与えました。 この「自分のマイカラーの判定基準」が非常に曖昧で「自分が相対的に顧客の中でどの程度LINEPay(ラインペイ)を使用しているか」によってランクが決まり、LINEPay ラインペイ)を使用した際のポイント還元率が決まります。 LINEPay(ラインペイ)をたくさん使っていればランクがグリーンになり、以前と変わらないサービスを受けることができましたが、そうでなければ以前よりも損してしまいます。 2018年8月1日から新しくなる「マイカラー制度」 LINEPay(ラインペイ)は、2018年8月1日から仕様が変更されます。 この仕様変更の大部分は「マイカラー制度」についてです。 まずはそのマイカラー制度の変更点を確認し、ユーザーにどのような影響があるか考えてみましょう。 主な判定基準である「マイカラー制度」の変更部分 まずは、マイカラー制度の大きな変更点をまとめたものを「表」にして紹介します。 この表から、主に変更された部分を詳しく見ていきましょう。 「レッド」は元々還元率が0. いままでは、自分のカラー判定方法が曖昧で、「ユーザーの中でLINEPay(ラインペイ)をどれだけ利用しているか」という、相対的評価によって、カラーが決定されていました。 しかし今回の改訂後、カラー判定に明確な基準が出来ました。 新たなカラー判定基準は、表で言うと、色を示している横列に「変更前」と「変更後」で別にまとめています。 その「変更後」を見てみましょう。 変更前は全て「曖昧」と記載されているように、目に見える数字で判断されず、ユーザー間の相対的評価によってカラー判別されますが、今回の変更で、「いくら利用したらこのカラー」と規定が定められました。 例えば、グリーン(最高評価)になるには、月間で10万円分以上利用するほかに、5人のユーザーにLINEPay(ラインペイ)残高を送金する必要があります。 つまり、月額で仮に100万円利用したとしても、送金人数が4人なら「グリーン」ではなくて、「ブルー」になってしまいます。 この「送金」は今までになかった条件で、多少カラーアップの条件が厳しくなってしまいました。 今回の変更点は「改悪」?特にユーザーが影響を受ける部分は? さて、今回のLINEPay(ラインペイ)の変更点の総評を行います。 総合的に見て、「ひとり暮らし」の人には使いづらくなる可能性があります。 一番のネックはカラー判定に「送金」が条件に入ったこと! 今まで「グリーン」だったのですが、一人暮らしで誰にも送金させる相手がいない人は、LINEPay(ラインペイ)を見限る可能性が高いです。 なぜなら、今まで10万円以上LINEPay(ラインペイ)で支払いをしていたけれど、「誰かに送金する機会」がないので、グリーン維持の条件である「5人以上にLINEPay(ラインペイ)残高送金」の条件が達成できないからです。 誰にも送金できなかった場合、「グリーン」から「ホワイト」にまでランクが下がってしまいます。 そのような人には明らかに優しくないのが、今回のマイカラー制度の改定です。 元々あまり使わない人には優しい? 今回のマイカラー制度の変更によって、一人暮らしの固定ユーザーが離れる可能性が高いですが、「普段あまりLINEPya(ラインペイ)を使わない人」によっては優しい改定になります。 なぜなら、LINEPay(ラインペイ)に本人確認つきで登録すれば自動的に貰える「ホワイト」のポイント還元率が向上したからです。 元々ポイント還元率が0だったのに、0. LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度と送金まとめ 今回は、LINEPay(ラインペイ)のマイカラー制度の変更と、変更点で一番影響のある「送金」について徹底解説させていただきました。 送金がカラー判定条件に加わったことにより、一人暮らしの人や家族にLINEPay(ラインペイ)を利用している人が少ない人が損をする可能性が出てきます。 もちろん、「たくさんの人にLINEPay(ラインペイ)を使ってもらう対策も取ることはできますが、家族など、家計を共にしている人以外には難しいですよね。 恩恵をそこまで重視していない人には使いやすいプリペイとカードですが、がっつり使いたい人は必ずチェックしておきたい変更点です。 2018年8月1日までに変更点を押さえておきましょう。 他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは? PayPay(ペイペイ) PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。 ペイペイは 「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。 これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。 更に、 PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。 更に、 PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。 中でもYahoo! マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。 知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。 多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。 現在様々なコード決済がありますが、 PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

次の