ウルグアイ 大統領。 ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領の傲慢な矛盾

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ全文|我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです

ウルグアイ 大統領

Moreira, Constanza 2000. スペイン語. XXII International Congress of the Latin American Studies Association. の2015-12-22時点におけるアーカイブ。 2015年12月22日閲覧。 ウルグアイの選挙管理法院. 2013年4月20日時点のよりアーカイブ。 2015年12月22日閲覧。 ウルグアイの選挙管理法院. 2015年12月22日時点のよりアーカイブ。 2015年12月22日閲覧。 ウルグアイの選挙管理法院. 2015年12月22日時点のよりアーカイブ。 2015年12月22日閲覧。

次の

世界一貧乏な大統領

ウルグアイ 大統領

経歴 [ ] ムヒカの祖先はヨーロッパにあるの・ ()出身であり 、1742年にウルグアイに渡った。 ムヒカは1935年にウルグアイの首都の貧困家庭に生まれた。 卒業後は家畜の世話や花売りなどで家計を助けながらも、1960年代に入って極左都市ゲリラ組織に加入、ゲリラ活動に従事する。 ツパマロスと治安組織の抗争の激化、や職人組合の政治経済への反発といった時代のもと数々の襲撃、誘拐にたずさわる中で、ムヒカは6発の銃弾を受け、4度の逮捕(そのうち2回は)を経験する。 1972年に逮捕された際には、が終わるまで13年近く収監されており、軍事政権側の人質として扱われていた。 他の「人質」としては、のちに上院議員となるや、ツパマロスの創設者などがいる。 ムヒカは出所後、ゲリラ仲間とを結成し1995年の下院議員選挙で初当選を果たす。 2005年にウルグアイ東方共和国初の左派政権となるの大統領の下で農牧水産相として初入閣。 そして2009年度の大統領選挙戦で、元大統領であるの公認候補を決選投票で破り勝利した。 大統領退任後のからにかけて日本を訪問し、にはで講演を行った。 政策 [ ]• の大統領のような極端な左派になるのではと懸念があったが、大統領選挙戦ではの前大統領のような路線を基調としてを批判し、反政策をとった。 や、妊娠初期のを合法化した。 人物 [ ]• 妻は元マンボロスの ()上院議員で、読書家で愛読書はの『』。 趣味は花の栽培である。 ムヒカの個人資産は、(ビートル)とトラクター、農地、自宅のみで、大統領公邸には住まずに、首都郊外の質素な住居に暮している。 園芸が趣味という [ ]。 の放送の『』拡大スペシャルでのでは、少年時代に近くに住む日本人()のの手伝いをし、のを学んだことを紹介し、「実は家の近所に10軒か15軒ぐらいの日本人家族がいてね。 みんな花を栽培していたんだ。 幼い私も育て方を教わり、家計を助けたよ。 彼らはすごい働き者でね。 昔ながらの日本人だった。 の思考で狭い土地に多くのものを耕していたんだ」「ここには日本のが来ていてね。 日本人技術者が大勢働いていたんだ。 その子どもたちはここで成長し、で学校へ通い、ここでサッカーを覚えたんだ。 ある日、日本人の子どもが試合に出ていてね。 激しいプレーで頭をけがして血を流してた。 ついにはコートから出された。 その子は泣いていたよ。 でも傷が痛いからじゃない。 最後までプレーできないことが悔しくて、名誉心で泣いていたんだ」と日本について述べた。 ムヒカの愛車である1987年製(2014年現在の価値は2800ドル(約32万円))をアラブの富豪から100万ドル(約1億1600万円)で買い取る事を打診された際、地元のラジオ番組で「友人たちから貰った物だから、売れば友人たちを傷つけることになるでしょう」と、これを拒否する発言をした。 大統領や国会議員としての報酬や寄付をもとにを設立し、子どもたちに農業を教える取り組みをしている。 大統領や国会議員の公務ではを締めなかった。 大統領在任中、ある政府の会議で他の出席者はにネクタイをしているのに対し、ムヒカはノーネクタイで出席していた。 ムヒカはネクタイを締めることは政治家の口を締めることであり、ネクタイは現代文明のの道具と考えていた [ ]。 そのスピーチが話題となり、ノーベル平和賞の候補にもなった。 また、スピーチを子供向けに紹介した絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)が、日本でも出版された。 2013年4月4日、ムヒカはの大統領に対して「片方の目が見えない男より、あのばあさんの方がひどい」「ばあさんは頑固だ」と発言し、問題になった。 2019年のでの騒乱の際、5月1日に、政府側による鎮圧のために装甲車がデモ隊に突っ込み、轢かれた人々の映像が配信されている。 この映像についてムヒカは「戦車の前に立ってはいけない」とコメントしている。 備考 [ ] 2016年4月28日号では現地の男性の話として、派手なパフォーマンスが好きなだけである、バラマキ政策だと野党から批判されているなどと報じている。 脚注 [ ] []• 2015年10月18日. の2017年4月29日時点におけるアーカイブ。 例えば、スペイン二大紙の報道では , , 2013年4月4日 (スペイン語) あるいは , , 2013年4月4日 (スペイン語)• com. 2019年5月1日. 2019年5月4日閲覧。 2018年3月19日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 先代: 2010年 - 2015年 次代: この項目は、に関連した です。

次の

ウルグアイ大統領が就任、メルコスール諸国との関係強化を強調(ウルグアイ)

ウルグアイ 大統領

経歴 [ ] ムヒカの祖先はヨーロッパにあるの・ ()出身であり 、1742年にウルグアイに渡った。 ムヒカは1935年にウルグアイの首都の貧困家庭に生まれた。 卒業後は家畜の世話や花売りなどで家計を助けながらも、1960年代に入って極左都市ゲリラ組織に加入、ゲリラ活動に従事する。 ツパマロスと治安組織の抗争の激化、や職人組合の政治経済への反発といった時代のもと数々の襲撃、誘拐にたずさわる中で、ムヒカは6発の銃弾を受け、4度の逮捕(そのうち2回は)を経験する。 1972年に逮捕された際には、が終わるまで13年近く収監されており、軍事政権側の人質として扱われていた。 他の「人質」としては、のちに上院議員となるや、ツパマロスの創設者などがいる。 ムヒカは出所後、ゲリラ仲間とを結成し1995年の下院議員選挙で初当選を果たす。 2005年にウルグアイ東方共和国初の左派政権となるの大統領の下で農牧水産相として初入閣。 そして2009年度の大統領選挙戦で、元大統領であるの公認候補を決選投票で破り勝利した。 大統領退任後のからにかけて日本を訪問し、にはで講演を行った。 政策 [ ]• の大統領のような極端な左派になるのではと懸念があったが、大統領選挙戦ではの前大統領のような路線を基調としてを批判し、反政策をとった。 や、妊娠初期のを合法化した。 人物 [ ]• 妻は元マンボロスの ()上院議員で、読書家で愛読書はの『』。 趣味は花の栽培である。 ムヒカの個人資産は、(ビートル)とトラクター、農地、自宅のみで、大統領公邸には住まずに、首都郊外の質素な住居に暮している。 園芸が趣味という [ ]。 の放送の『』拡大スペシャルでのでは、少年時代に近くに住む日本人()のの手伝いをし、のを学んだことを紹介し、「実は家の近所に10軒か15軒ぐらいの日本人家族がいてね。 みんな花を栽培していたんだ。 幼い私も育て方を教わり、家計を助けたよ。 彼らはすごい働き者でね。 昔ながらの日本人だった。 の思考で狭い土地に多くのものを耕していたんだ」「ここには日本のが来ていてね。 日本人技術者が大勢働いていたんだ。 その子どもたちはここで成長し、で学校へ通い、ここでサッカーを覚えたんだ。 ある日、日本人の子どもが試合に出ていてね。 激しいプレーで頭をけがして血を流してた。 ついにはコートから出された。 その子は泣いていたよ。 でも傷が痛いからじゃない。 最後までプレーできないことが悔しくて、名誉心で泣いていたんだ」と日本について述べた。 ムヒカの愛車である1987年製(2014年現在の価値は2800ドル(約32万円))をアラブの富豪から100万ドル(約1億1600万円)で買い取る事を打診された際、地元のラジオ番組で「友人たちから貰った物だから、売れば友人たちを傷つけることになるでしょう」と、これを拒否する発言をした。 大統領や国会議員としての報酬や寄付をもとにを設立し、子どもたちに農業を教える取り組みをしている。 大統領や国会議員の公務ではを締めなかった。 大統領在任中、ある政府の会議で他の出席者はにネクタイをしているのに対し、ムヒカはノーネクタイで出席していた。 ムヒカはネクタイを締めることは政治家の口を締めることであり、ネクタイは現代文明のの道具と考えていた [ ]。 そのスピーチが話題となり、ノーベル平和賞の候補にもなった。 また、スピーチを子供向けに紹介した絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)が、日本でも出版された。 2013年4月4日、ムヒカはの大統領に対して「片方の目が見えない男より、あのばあさんの方がひどい」「ばあさんは頑固だ」と発言し、問題になった。 2019年のでの騒乱の際、5月1日に、政府側による鎮圧のために装甲車がデモ隊に突っ込み、轢かれた人々の映像が配信されている。 この映像についてムヒカは「戦車の前に立ってはいけない」とコメントしている。 備考 [ ] 2016年4月28日号では現地の男性の話として、派手なパフォーマンスが好きなだけである、バラマキ政策だと野党から批判されているなどと報じている。 脚注 [ ] []• 2015年10月18日. の2017年4月29日時点におけるアーカイブ。 例えば、スペイン二大紙の報道では , , 2013年4月4日 (スペイン語) あるいは , , 2013年4月4日 (スペイン語)• com. 2019年5月1日. 2019年5月4日閲覧。 2018年3月19日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 先代: 2010年 - 2015年 次代: この項目は、に関連した です。

次の