タコ 釣り シーズン。 タコ釣り堤防・防波堤からの釣り方のコツとテクニック

堤防のタコ釣り入門|仕掛けと釣り方を“超わかりやすく”元釣具屋が解説|TSURI HACK[釣りハック]

タコ 釣り シーズン

ここ数年、エギでのタコ釣りが一気にブレイクしました。 エギでのタコ釣りは船だけでなく、おかっぱりでも人気です。 タコ釣りに行くのなら、エギを使った仕掛けや釣り方を知っておいた方がよいです。 竿やリールなどのタックルや釣り方の基本を学べば、それほど難しい釣りではありません。 ここでは、タコエギの仕掛けと釣り方についてご紹介します。 スポンサーリンク タコエギの時期・時間帯のおすすめ タコエギの時期・時間帯のおすすめについてご紹介します。 タコエギでタコを狙えるのは、 5~10月ぐらいです。 もちろん、これ以外の時期でも釣れます。 ベストシーズンは、 6~8月の暑い時期です。 数釣りが楽しめます。 夜行性のタコを狙うので、おすすめの時間帯は 夜間ということになります。 夜釣りに行けば間違いないのですが、夜釣りに不安がある人も多いと思います。 それなら、夜明け前の暗い時間帯から狙えばよいです。 朝マズメは、タコ釣りに最適な時間帯です。 スポンサーリンク タコの堤防でのエギ仕掛け 堤防でのエギ仕掛けは、次のとおりです。 上図ではエギとリーダーをつないでいますが、下図のような ダウンショットでも構いません。 ダウンショットは、1番下にオモリを付け、途中から枝を出してエギを付ける仕掛けです。 胴突き仕掛けのようなものです。 タコエギ釣りのポイント タコエギ釣りのポイントについてご紹介します。 タコエギ釣りは 漁港や堤防がおすすめです。 足元に沈めて釣る場合は、 岸壁の際や堤防の継ぎ目など変化が生じているところ、敷石、テトラが狙い目です。 イガイが見られるところもよく釣れます。 魚市場や荷揚げ場周辺は、売りものにならなくなった魚などが捨てられることがあるので好ポイントとなっています。 キャストして釣る場合は、 カケアガリやシモリ、海藻などの障害物周辺が狙い目です。 スロープもサイドや落ち込みを攻めてみるとよいです。 タコが隠れていそうなところを攻めるのが鉄則です。 タコエギでの釣り方は2つある タコエギの釣り方についてご紹介します。 堤防でのエギによる釣り方は、大きく分けると2つあります。 1つは、 足元に沈める釣り方です。 もう1つは、 キャストして沖の方を攻める釣り方です。 ・必ず 底を取る。 ・ 障害物周辺を狙う。 ・ ゆっくりじっくり探る。 ・ 広範囲(移動を含む)を探る。 タコエギを足元に沈めて釣る 堤防での基本的な釣り方です。 まずは、足元のタコを狙うとよいです。 エギを沈める際、注意することがあります。 堤防の際に沈めた方がよさそうに思えますが、ギリギリではなく 50cmほど離して沈めます。 着底後、 竿を小刻みに上下させて(シェイク)誘いを入れます。 ある程度誘えば、 止めて(ステイ)タコが乗ってくるのを待ちます。 乗ってこなければ、再度誘って止めるを繰り返します。 あまり激しく誘ってもタコは乗ってきません。 どちらかと言えば、 ゆっくりめのソフトな誘いの方が好きです。 堤防では、底だけではなく、 中層も狙えます。 タコが、際にへばり付いていることがあるためです。 堤防の継ぎ目などは好ポイントとなっています。 何度かシャクッた後、しばらく止めて当たりを待ちます。 いろいろなタナで、これを繰り返します。 ただ、 中層を狙うのなら、 タコジグの方が釣りやすいです。 - 2019年 7月月6日午後9時04分PDT タコエギをキャストして釣る 足元に沈めても当たりがなければ、試してみるとよいです。 まず、仕掛けをキャストします。 着底後、誘い始めます。 基本的には、 ゆっくりのズル引きでよいです。 底から浮いたまま引かないようにしないといけません。 浮いたままだと、タコが乗ることができません。 しばらく引いた後に止めて、タコが乗ってくるのを待ちます。 また、障害物周辺では シェイクしてみるのもよいです。 その後、少しエギを引いて、再度シェイクを入れます。 キャストの仕方のついて 1カ所で異なる方向に3投ほどします。 扇状にキャストすることで細かくポイントを探ることができます。 当たりがなければ、横へ移動します。 これを繰り返していきます。 気になる障害物を見つけた場合は、その周辺を念入りに探るとよいです。 障害物の左右両側を通すようにします。 左側で反応がなくても、右側で反応があることがあるためです。 障害物が多い場所でズル引きすると、根がかりしてしまいます。 これでは釣りになりません。 このような場合、 エギを移動させる際のみ底から持ち上げ、移動後に着底させます。 必ずエギを底に着けるようにします。 竿を立て気味にして釣るだけでも変わります。 当たりがあれば、強めに合わせて一気に巻き上げます。 できるだけ早く底から引き離します。 巻き上げる際にバレてしまった場合、 タコがどの方向に逃げたのかがわかるのなら、その方向にキャストします。 再び誘ってやると、また抱きついてくることがあります。 やってみる価値はあります。 万が一、タコが底に張り付いてしまったら、 ラインを張った状態でしばらく待ちます。 タコが動き出せば、一気に巻き上げます。 強引にシャクると、竿が折れてしまうので注意が必要です。 参考動画 タコ釣りで根掛かりした時はどうすればよい? キャストして釣ると避けられないのが根掛かりです。 根掛かりを外す方法はないのでしょうか? もっともやってはいけないのが、竿を立てるなどして無理矢理引っ張ることです。 ほとんど外れない上に、竿が破損するおそれがあります。 これで竿まで破損してしまったら、ショックで立ち直れなくなってしまいます。 根掛かりしたら、進んで来た方に少し戻ります。 そこで、 軽くシャクるとよいです。 運がよければこれで外れます。 これでも外れなければ、竿とラインを一直線にしてまっすぐ引っ張ります。 うまくいけば外れることはありますが、大抵はリーダーが切れると思います。 外れたエギやテンヤが自分の方に飛んでくることがあるので注意してください。 大型のタコを釣るためには? 誘い方によって、釣れるタコの大きさが変わると言います。 普通、 竿を小刻みに上下させて誘います。 この誘い方では、小型から大型までいろいろなタコが釣れます。 では、大型のみが乗ってくるような誘い方はあるのでしょうか? 実は、 大きな動きで誘うと大型が乗ってきやすいのです。 エギが大きく動くので、小型のタコは乗りにくいのかもしれません。 1度試してみてください。

次の

初心者でも陸っぱりで釣れるタコ釣り シーズン 堤防

タコ 釣り シーズン

タコ釣りの道具はとてもシンプル それでは、 タコ釣りの道具について見ていきましょう。 ロッド(釣竿) 投げ/船釣りの竿があればOKですが、注意として 防波堤で タコ釣りをする場合は なるべく短くて、先調子の硬い竿を用意するようにしましょう。 タコ釣りではロッドを大きくシャクったり、掛かったタコを水中から引っこ抜くことが多いのと、タコ軸と呼ばれる仕掛けの操作性から硬くて短い方が適しています。 長さは2m~3m位を目安に、 激しいシャクリに耐えられる硬くて丈夫なロッド(40号程度)を選ぶようにしましょう。 リール タコ釣りは、根がかりが多いので、両軸受けリール(ベイトリール)の方が扱いが良いですが、 投げ釣り用のスピニングリールか、船釣り用のベイトリールがあればOKで、 スピニングリールであれば3000番~3500番あたりを目安にしましょう。 リールには PEラインの2~3号を、スプールの規定量巻いておけば十分です。 タコ釣りの仕掛け 仕掛けと言っても、 複雑なところは全く無くシンプルで、イカリ状の針が2~複数本取り付けられている タコ軸(タコテンヤ)と呼ばれるタコ釣り専用の仕掛けをラインに結んで使用するだけです。 タコ軸には大きく分けて タコ型と船型があり、 ヘチの壁を狙う場合にはタコ型、防波堤のヘチから少し沖目に投げ入れて底を狙う場合は船型を使用することが多いです。 船型のタコ軸(タコテンヤ)には、 プラカニと呼ばれる柔らかいプラスティック製のカニの模型が付いているタコ軸があり、秋口の大 ダコへのアピールは抜群です。 ヘチの壁と、ヘチから少し離れた底の両方に対応できるように、 タコ型と船型の2種類のタコ軸を用意しておくと良いでしょう。 また、タコ釣りは 根がかりが多くなるので、代わりのタコ軸を数個用意しておくと安心です。 タコ釣りの 仕掛け(クリックして拡大) タコ釣りのやり方 タコ釣りのやり方はシンプル、ヘチを狙う場合も底を狙う場合も基本的にやり方は同じです。 夏場は海水温が上がり、それに伴ってタコの定位する場所も上昇する傾向があるので ヘチの中層をメインに、水温が下がる 秋口などは 底狙いをメインにしてみると好釣果につながる可能性が高くなります。 釣り場の状況に合わせて、いろいろな攻め方を試してみてください。 タコ軸の針には基本的にカエシ(掛かった針がスポッと抜けないようにするために針先と逆向きに飛び出している突起)が無いので、 タコが掛かったら絶対に糸を緩めないようにするのがバラシを軽減するためのコツです。

次の

タコ釣りは雨の日(雨上がり)が熱い!雨が降る堤防でタコ大炎上!

タコ 釣り シーズン

タコが釣れる条件 釣れる時期は5月から10月まで タコというのは一年中平均して釣れるわけではなく、一年を通してみると5月から10月が適したシーズンといえます。 特に6月~8月はたくさんのタコを釣るのに適しており、9月上旬以降は釣れる数は減りますが、大きい個体が釣れるようになります。 ただしタコの種類によっても釣れる時期は若干違ってきますので、なにの種類のタコを釣りたいかを明確にして季節を選ぶことも大切です。 例えばイイダコは冬から春に産卵するので、秋から冬にかけて浅場にくる習性があります。 ですから9月から12月が釣りに適した時期ということになります。 夜行性だから暗くなってからがよい タコは基本的に夜行性で、暗くなるとエサを探して活発に動き回るという習性があります。 ですから堤防などで効率のよい釣りをしようと思うのなら、タコが堤防に接近してくる夜間の釣りがおすすめです。 よく大潮よりも小潮のときのほうが釣りやすいという意見を聞きますが、大潮とは「干潮と満潮の差が最大のとき」小潮とは「差が最小のとき」という意味です。 タコ釣りでは小潮のときのほうが一般に収獲が多いといわれています。 晴れているほうがよい 釣りは水温や潮の流れ、時間帯や季節などによって微妙に変化するデリケートな趣味です。 だからこそファンも多いわけですが、天候的には晴れでも雨の日でもそれほど釣れる数に違いはないようです。 釣る側としては晴れの日のほうがもちろんやりやすいのですが、晴天続きの日よりも雨が続いたあとに急に晴れあがった、そんな日が狙い目です。 河口に近い場所で釣る場合、雨が降っていると真水が河口から流入してタコが離れていってしまうので、河口近くで釣りを予定している人は晴れの日を選びましょう。 小さいタコでクセがなく、味がおいしいということで、このイイダコにターゲットを当てて釣りをする人はたくさんいます。 イイダコ専用の仕掛けなどもありますので、いろいろテクニックを開発するのもおもしろいでしょう。 釣り歴の浅い人でも、楽しみながら釣り方を覚えることができるというメリットがあります。 料理のバリエーションが多いのもイイダコのメリットです。 最もシンプルなところではイイダコ飯がおすすめ。 釣りから持ち帰ったら、くちばしと目を取り除き、塩と酒を加えたお湯でさっと茹でておきます。 お米をといで醤油・みりん・酒・昆布などを加え、イイダコと一緒に炊飯器で炊けばおいしいイイダコ飯のできあがり。 大きいミズダコ マダコより大きいタコにはミズダコがあります。 ミズダコの大きさは世界最大級で、腕を広げると3mから5mにもなります。 中には9m以上になるものもあるようです。 マダコは頭がつるつるした感じですが、ミズダコのほうは、ひだひだがあるのが特徴です。 冷たい海が大好きなので冬でも釣ることができます。 日本海側や東北地方でもこのミズダコがよく釣れます。 マダコとミズダコを比較するとミズダコのほうは、やや水っぽくて身が柔らかく、マダコのほうが身が引き締まっていて味がいいという違いがあります。 毒をもつヒョウモンダコ タコのすべてが食用になるというわけではなく、なかには毒性の強いものもあります。 特にヒョウモンダコは、体長10cmほどと小さいわりに強い毒性がありますので、万が一釣れたとしても絶対に触らないようにしたいものです。 特に唾液には「テトロドキシン」というフグの毒と同じ猛毒が含まれていて大変危険です。 体色は周囲の海藻などに合わせて素早く変化させることができますが、非常時には青い輪状の模様がでてきます。 タコ釣りの仕掛け 餌が不要なタコジク タコを釣るにはいくつかの仕掛けを使う方法がありますが、防波堤で釣りをする場合には初心者向けとして「タコジグ」がよく使われます。 タコ釣りのルアーを使うメリットは餌が必要ないことですが、防波堤の壁際にくっついているタコを釣ろうというのであれば、タコ型の仕掛けを沈め、竿先を小刻みに上下に動かします。 仕掛ける深さは夏場なら中層、秋なら底を狙うといいでしょう。 壁から少し離れた場所のタコを狙うのであれば、舟型のタコジグを使用し、15~20mほどの距離に仕掛けを投げ、重みを感じたらすぐに巻き始めるようにしましょう。 必要な材料は「タコハリ」と「オモリ」「サルカン」と、餌を巻き付ける「ステンレス線」「瞬間接着剤」そしてベースとなる「木材」です。 素材としては水に強い赤松がおすすめです。 タコの視覚は色も識別するそうなので、木材は赤などで塗っておくとより効果的です。 タコ釣りのコツ 仕掛けを海底にキープ タコ釣り初心者の場合、成果があがりやすいのは漁港や防波堤などです。 タコは基本的に海底にじっとしていて目の前をよぎった餌に襲いかかる習性があります。 泳ぐことがたまにはあってもあまり上に行くことはないので、仕掛けは海底にキープして浮かない様にするのがコツです。 オモリはタコテンヤ専用のものも市販されていますが、特にこだわらなくてもいいでしょう。 派手な飾りがよい タコは派手な飾りに寄ってくるので、テンヤ釣りをする人はできるだけ光沢がある飾りなど、派手なものを選ぶといいでしょう。 赤や金色・銀色・ピンクなどの、キラキラしたビニールテープを付けると、タコの関心を惹きつけることができます。 水が濁っているときや夜間は白か銀色、昼間で水がクリアなら赤色がおすすめです。 アワセはゆっくりおこなう タコジグやテンヤ釣りの場合、タコがよってくるタイミングは今ひとつ正確にわからないものですが、この辺りは経験を積んで慣れるしかありません。 タコがよってきたと感じたら、竿を上に持ちあげるようにするのがポイントです。 横に引くと掛かりが浅くなって逃げられてしまう可能性が大きくなります。 タコジグでは海底をトントンしますが、タコジグが動かなくなったらゆっくり合わせましょう。 やりとりは一定のスピードでおこなう タコの仕掛け針には基本的に返しが付いていませんので、スピードを一定に保ち、テンションをキープしながらゆっくりと巻きあげていくのがポイントです。 タコの吸盤の力は非常に強いので、壁などに貼り付いてしまうと剥がすのがとても難しくなります。 また、タコはとても狡猾な生き物なので、気を抜いてしまうと自分で針を外して逃げてしまうこともあるため、慎重かつスピーディーにすすめることが重要です。 タコ釣りで釣れる他の魚 毒針のあるウミケムシ 餌釣りで釣れるタコ以外の魚のなかに、ウミケムシがあります。 このウミケムシは毒針を持っているので、触らないように注意しなければなりません。 その名前の通り毛虫にそっくりですが、体長10cm以上の大きいものもあり、毒針に刺されてしまうと激しい痛みとかゆみ、腫れに悩まされます。 痛みは丸1日続きますが、痒みのほうは数週間続くこともしばしば。 ウミケムシが釣れた針には毒が付着していますので、再活用せずに処分しましょう。 襲ってくるウツボ ウツボはタコの天敵です。 引っ掛かったタコや餌に向かって襲いかかってくることがあり、タコだと思って引きあげたらウツボだったということも。 ウツボは非常に鋭い歯を持っており、うっかり近づくと噛み付こうとしますので危険です。 顎の力が強靭で、手首に噛みつかれて手術を余儀なくされた釣り人などもいるため、近づかないのが一番。 釣りあげずに切ってしまうことをおすすめします。 高価なアオリイカ イイダコやマダコを釣ろうとしていて、たまにアオリイカが釣れる場合があります。 アオリイカは、たいへん美味で、市場では高値で取り引きされているイカなため、釣れたらもちろん持ち帰りましょう。 いろいろな食べ方がありますが、やはり刺身が一番です。 透き通るようなアオリイカの身は繊細な味わいで、甘みも強く、次にタコ釣りに行くときもアオリイカの余録を狙ってしまいそうです。 噛む場合があるクロアナゴ クロアナゴもタコ釣りでときどき引っ掛かってくる魚の一種です。 「クロアナゴ」という名前から食用の本アナゴを想像する人も多いかもしれませえんが、クロアナゴは本アナゴよりも身体が黒っぽいだけではなく、獰猛な性格で噛み付いてくる場合がありますので注意が必要です。 別名「カラス」「クロべエ」「バカ」などともよばれているクロアナゴは、食べられないことはありませんが、あまりおいしいとはいえません。 おろすのに手間がかかるので、プロが調理した湯引きが大分県白木杵市の料理屋で食べられる程度で、一般家庭で食べられることはほとんどありません。 タコを持ち帰る方法 眉間を刺す 釣ったタコを持ち帰る場合には、生きたままではなく、シメてから持って帰ったほうが、おいしくいただけますし、生のままクーラーボックスに入れると吸盤で他の魚に吸いついたり大変なことになります。 じょうずにシメるには、両目の間をフィッシングナイフで刺すのがポイントです。 ナイフで急所をうまく刺すと身体が白くなるのですぐにわかります。 ナイフを刺すときは頭の皮を引っ張るようにするとやりやすいでしょう。 内臓と筋を切る 身体が白色に変わったら、内臓を取り除くために頭を裏返す必要があります。 一見難しそうですが、目の裏側の部分の筋を切れば簡単に裏返すことができます。 やり方がわからない人は動画を検索して研究するのがおすすめです。 ただしイイダコは小さいので、特にシメたりせずにそのままジップロックに入れて持ち帰り、家に着いてから調理しても大丈夫です。 真水に浸からないようにする タコは真水に入れると鮮度が極度に落ちてしまうので、ビニール袋と氷を用意しておき、内臓を取り除いたあと一杯ずつビニール袋に入れて氷で鮮度を保ちます。 ビニール袋はジップロックタイプのものがいいでしょう。 タコは持ち帰ったらぬめりを取る必要があります。 タコをボウルなどに入れ、多めの塩でもんでぬめりを取り、きれいに水洗いします。 ぬめりがなくなるまで、何度も塩でもんで水洗いを繰り返します。

次の