志麻 さん レシピ 鶏肉。 伝説の家政婦・志麻さんレシピ9品。IKKOさん宅でナスのキャビア風やハンバーグを作る!【沸騰ワード】

志麻さんのポムアンナと鶏もも肉のソテーのレシピ。じゃがいもで。

志麻 さん レシピ 鶏肉

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

【沸騰ワード】鶏むね肉の中華風ソースの作り方!志麻さんのレシピ【伝説の家政婦】

志麻 さん レシピ 鶏肉

おつまみ感覚でいただける超お手軽料理。 無限にネギがいただけるほど美味しいようですよ。 豚肉のリエット 豚肉・玉ねぎ・ニンニクを白ワインなどでじっくり煮込んだあとペースト状にし、バゲットに塗っていただく料理。 牛肉のタルタル風ステーキ ヨーロッパで人気の生肉を使ったタルタルステーキをアレンジ!見た目はまるでユッケのようです。 サイコロステーキにパセリやレモン汁などを混ぜてタルタルを作り、卵黄をのせて作ります。 七味と柚子胡椒のささ身せんべい 薄く伸ばした鶏のささ身に下味をつけ、カリカリに揚げてまるでせんべいのようにするアイディア料理。 下味は、塩*七味、柚子胡椒の2種類で! 調理時間20分 作り方作り方は下記記事でまとめております。 さばのビネガー焼き サバの切り身を使い、玉ねぎやお酢を加えてマリネにするかと思いきや・・・オーブンで焼き上げます。 パンチのある味なのでお酒にもよく合います! 調理時間20分 作り方作り方は下記記事でまとめております。 ハムとパセリで作るジャンボンペルシエ たっぷりの生ハム・パセリをドレッシングと合わせ、コンソメとゼラチンを溶かしたスープを加えて冷やし固めるというアイディア料理!切ると生ハムがミルフィーユ状になり、パセリが彩りをプラスします。 調理時間10分 作り方作り方は下記記事でまとめております。 モッツアレラチーズのミルクムース モッツアレラチーズを溶かしたソースを固めてムースを作り、生ハムをトッピング。 パクチーのレシピ2品 パクチーを使って、「にんにくとパクチーのイカ炒め」「タイ風サラダ」の2品を使います。 生のパクチーが美味しくいただける料理です。 調理時間20分 作り方作り方は下記記事でまとめております。 ロシア風ポテトサラダ 今日の目玉料理!ピクルスが入ったロシアのポテトサラダをアレンジした料理です。 ポイントは梅干し・ネギを加えること。 梅干しの酸味とネギの風味で、ワンランク上のポテサラが作れます! 調理時間20分 作り方作り方は下記記事でまとめております。 生ハムと野菜のスープ コンソメを使わないで出来るコンソメ風スープ!コンソメの代わりに使うのは、旨味がたっぷり詰まった生ハムです。 素材の味が存分に味わえる優しいスープです。 調理時間20分 作り方作り方は下記記事でまとめております。 家政婦・志麻さんの紹介とレシピ本 今回レシピを披露してくれたタサン志麻(シマ)さんは、予約の取れない伝説の家政婦として大人気。 お名前からも分かるように、現在フランス人の旦那様とご結婚されており、お2人の息子さんがいらっしゃいます。 フリーランスの家政婦として独立される前は、老舗フレンチレストランなどに15年勤務するなどフランス料理に深く携わっており、その知識や経験を生かしたオリジナル料理が大好評。 料理テクニックだけでなく依頼者のニーズに応えた料理で人気が高まっています。 出版したレシピ本は多数あり、続々とベストセラーに。 沸騰ワード10を筆頭に多数のメディアにも出演されたり、企業のレシピ開発などの活動もされています。 数が多いので一部のみご紹介していますが、「~で探す」ボタンを押していただくと他のレシピ本も検索いただけます。

次の

志麻さんのポムアンナと鶏もも肉のソテーのレシピ。じゃがいもで。

志麻 さん レシピ 鶏肉

バタバタしてて買い物に行く暇がない! 給料日前で金欠だから冷蔵庫の残り物でごちそうがつくれたら…。 そんな、毎日のごはんづくりの悩みを解決してくれるのが、テレビでもおなじみの伝説の家政婦・志麻さんがつくり出すレシピの数々。 家にいつもあるおなじみ食材を絶品おかずに変える、志麻さんのとっておきレシピを教えてもらいました。 大人気家政婦の志麻さん 焼き方を変えるだけで、鶏肉がごちそうに! 訪れた家庭の冷蔵庫にある食材を見事に使い回し、次々と絶品料理をつくる志麻さん。 もちろん、特別な材料は使いません。 現場で唯一役立つのは、どんな素材にも応用できる、料理をおいしくする基本の考え方だと言います。 「たとえば、肉の下味はしっかりつける。 肉と野菜を炒めるときは別々に炒めてあとで合わせる。 先に素材に火をとおしておき、調味料は最後にさっとあえる。 そんな、どの料理にも共通するコツさえ身についていれば、たとえレシピどおりに材料がそろわなくても、ちゃんとおいしい料理になります」 今回は、定番料理のチキンソテーを、ごちそうおかずに仕上げるコツを教えてもらいました。 塩は普段の1. 2倍ふる。 (2) フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、(1)の半量を皮目を下にして入れる。 ボウルに水を入れて重しをし、弱火でじっくり焼く。 こうすることで皮がパリッと仕上がる。 (3) 肉は触らずに、フライパンをときどき回して火の当たる位置を変え、肉全体に均一に熱を入れる。 (4) 火入れは、皮目8割、裏側2割が目安。 8割ほど火がとおり、肉の周囲が白くなったら、裏返してさらに焼く。 同様にして残りも焼く。 塩が少ないと水っぽくなってしまうので、強めの塩でうま味を引き出す。 (2) ボウルにAを混ぜ合わせ、オリーブオイルを加えてさっくり混ぜ、カリカリパン粉をつくる。 (3) トマトに(2)を1/4量ずつのせ、トースター(1000W)の弱モードで15分ほどじっくり焼く。 クシャっとしたアルミ箔にのせるとトマトが安定する。 パン粉に焼き色がつき、トマトのふちがやわらかくなったら完成。 肉とともに皿に盛る。 [1人分383kcal] 特別な材料がなくても、いつものチキンソテーがおいしくグレードアップ! この味わい、ぜひ試してみてください。 著書に(扶桑社刊)などがある.

次の