くもん ドリル 算数。 隂山メソッド 算数プリント くもん かけ算 九九 裁断済 未記入の通販 by ひなの's shop|ラクマ

算願(さんがん)

くもん ドリル 算数

小学生の算数苦手分野のおすすめドリルは公文 公文の教室がコロナウイルスの影響で休室しています。 一応、教材ももらってるけど、あんまりやりたがらないです。 たぶん、繰り返しに飽きちゃったんだな… 時間があるときに、苦手単元克服するのもいいかな~ということでドリルを買いました。 くもんのドリルです。 くもんのドリルは単元で細かく分かれているので、苦手分野の克服にはピッタリだと思って。 娘は公文で計算をみっちりやっているので、その他の単元が超苦手。 単位とか図形、大きな数など。 学校のテストは取れるけど、実力テストでは間違えることが多い。 単位とか図形って、小1でもやったことを繰り返しながら深く学んでいく、みたいなところがありますよね。 だからそのときに分からなくても次の学年になったら分かることもあるし、と放置ぎみだったのです。 時間が余ったらやればいいかな、と軽い気持ちで選んだドリルでしたが、これがとても良かったです。 公文の国語のドリルをやらせたときは簡単すぎると思いました。 でも、苦手分野ならこのレベルがちょうどいい。 1回分の量も多くないので取り組みやすい。 スポンサーリンク 苦手なところなのに問題数が多いと始める前からやる気がなくなってしまいますよね。 公文の教室のプリントと、このドリルだったらこちらの方をやりたがります。 かかる時間も全然違うしね。 苦手単元の問題は避ける娘なので、さくさくとドリルが進んでいることに驚きました。 くもんのドリルは重要ポイントだけは書いてあるので、習っていなくても一人でも出来る。 先取りにもなるし、休校中の間だけでも進めていこうと思います。 うちの子は飽きっぽくて、難しい問題が嫌い。 色々な問題集を代わりばんこでやるほうがスムーズに進むような気がする。 毎日算数と国語の基礎問題、応用問題までやっているような、塾に通っている子と比べるとあまりにも勉強してなくて焦っちゃうけど、まだ小3が始まったばかり。 子どもが余力をもって出来ることを、コツコツと進めていこう。 まとめ 公文の小学生ドリルが算数の苦手単元克服におすすめです。 いつもありがとうございます!.

次の

くもんの小学ドリルで基礎からステップアップ!ハイレベル問題集への橋渡しに最適!

くもん ドリル 算数

無題 ももちゃんみっちゃん 評価 5. 00 投稿日:2018年08月01日 1年生の次女が夏休みにコツコツやる為に買いました。 夏休み中、毎朝10時から1時間を学習の時間としています。 学校からの宿題である音読と計算カードは毎日欠かさずやりますが、その後の残った時間でこちらのドリルを国語と算数を1ページずつやっています。 答え合わせも自分でする事と書いてありますので、喜んでマル付けしています。 こちらのドリル、1年生の初めからなので、とっても簡単。 それでも時間が余まるようなので、自主勉強をしているようですが、それで良いと思って続けさせています。 3大ふろくとして、夏休みがんばりカレンダーとシールとひらがなかたかな漢字ポスターがついています。 がんばりカレンダーにシールを貼るところまでを日課に毎日楽しんで取り組んでます。 子供ってシール貼り大好きですから上手に作ってあるなぁと感じます。 こちらのカレンダーがあるので、「お母さん今日は何日?何曜日?」と聞いて来なくなりました。 問題数はそんなに多くなく、こくごは26、さんすうは22ページです。 学力を伸ばす為ではなく、夏休みの学習習慣を付ける為にやるドリルとしてならピッタリだと思いますよ。 13人が参考になったと回答•

次の

小学生の算数苦手分野のおすすめドリル

くもん ドリル 算数

くもん小学ドリルの口コミ くもんの小学ドリルは、算数と国語という分け方ではなく、足し算引き算、かけ算、割り算、量図形、文章題、漢字、言葉と文の決まり、文章読解、と細かく分かれています。 内容は公文式の教室のプリントとそっくりです! これをやるなら公文式に通う必要はないな、と感じるぐらい。 公文式の教室に通うメリットは、親以外の第三者が入ることで宿題などもしっかりやるようになることだと思います。 だから、そんな強制力がなくても市販ドリルを淡々とできるならそちらのほうがいい。 なんたって市販ドリルは安いですからね。 1冊800円以下で買えちゃいます。 我が家も国語は教室に通わず、こちらのドリルを進めようと思いました。 もう少し欲しい。 確認ドリルがちょこちょこ入ってくるので、それで覚えていくのかなぁ? 最後のまとめテストは何も見ずにやらせてみます。 文章読解は、簡単でした。 ちょっと簡単すぎたなぁ。 最初のほうは文章もこんなに短いです。 3年生用でこれってどうなの…? 簡単だから、子どもは喜んでどんどん進めています。 もともと息抜き用に1冊というイメージで買ったから、ちょうど良かった、と思うべきなのか。 最後の方は長めの文章もあるけど、問題は難しくないです。 スポンサーリンク 文章を読むのが好きじゃないとか、慣れていないという子にはいいと思います。 一人でもどんどん進むことができて、達成感はありますね。 終わったら4年生に進むか、言葉と文のきまり(文法)に進むか、悩み中。 文法ってそんなに大事かな? 中学受験に向けてハイレベルな問題集も解いてみたいし、様子をみて考えてみます。 くもんの市販ドリルの進め方 くもんの市販ドリルは、進め方が分かりやすいです。 幼児用も、小学生用も、他にどんなドリルがあるのか、次はどのドリルに進めばいいのか、というのが一覧になっていて、分かりやすいところが好き。 文章読解は娘が好きなので、あっという間に終わってしまいそうです。 漢字は1回やっただけじゃ覚えられないだろうなぁ。 公文式の教室と市販ドリルでは、繰り返す回数の違いもあります。 教室のプリントはひたすら繰り返しますからね。 算数でも同じところを3回、4回ぐらい繰り返しています。 漢字も1回じゃ覚えられないなら繰り返すべきなのですが、コピーを取るのはめんどくさい。 笑 くもんの市販ドリルは安いので、もし定着していないと感じたらもう一度同じものを買って繰り返す方がいいかな。 娘は新しいもの好きで、同じ問題集は嫌がりそうなので別の問題集で定着させようと思っています。 まとめ くもんの小学ドリルの口コミをご紹介しました。 難易度としてはかなり簡単な方だと思うので、塾に通っているような子とは雲泥の差になってしまいそう。 それでも、子どもが楽しんでできるというのは良いところ。 内容は公文式の教室のプリントとそっくりなので、公文に通わせたいけど近くに無いとか、料金が高いという場合には市販ドリルでも十分だと感じました。

次の