相続 者 たち あらすじ。 相続者たちの最終回あらすじネタバレ!ラストキスシーンに胸きゅん!|韓ドラnavi☆

『相続者たち』のあらすじ・キャスト・相関図・見どころ・感想

相続 者 たち あらすじ

舞台はフランス、パリ。 メカニックのローランと、飛行士のマヌーの親友コンビは、シャンゼリゼでの低空飛行ショーに向け調整を進めていました。 二人は日本人実業家のキヨバシの依頼で、凱旋門をくぐる映像を撮影することとなっていましたが、その準備中、レティシアという美しい女性と出会いました。 レティシアは現代アーティストで、ローランの持っている鉄廃材で作品を作りたいと望んでいました。 当初断ろうとしていたローランでしたが、レティシアが軽々と溶接用具を操る姿に圧倒され、廃材だけでなく、工場を作業場として提供することも決めてしまいます。 職人気質で生真面目なローランはレティシアへの思いを表に出そうとはしませんでしたが、それとは対照的に、プレイボーイで美男子のマヌーはレティシアに積極的にアプローチを続けていました。 しかし、レティシアはマヌーの言葉を軽くかわし、あくまでも作品作りに集中するのでした。 それから間もなく、ローランとマヌーは低空飛行ショー当日を迎えますが、予想外の事態が二人を襲いました。 凱旋門に巨大な国旗が下され、凱旋門通過が不可能となってしまったのです。 その上、今回の件を受けてマヌーは免許停止に追い込まれ、飛行士としてのキャリアが絶望的になってしまいました。 また、ローランも今回の報酬を当てにしてレーシングカーの開発をしており、親友コンビは経済的危機に陥ってしまいます。 二人は事態を打開しようと、依頼主のキヨバシに連絡しますが、そこで驚くべき事実が明らかになりました。 仲介業者がローランたちを騙していたというのです。 ローランとマヌーは仲介業者の男を早速呼び出し、手酷く痛めつけました。 男は必死に謝罪し、その証としてコンゴの海底に眠る宝について二人に情報を提供しました。 初めは相手にしなかったものの、経済的余裕のない二人が一攫千金の話に飛びつくのにそう時間はかかりませんでした。 仲介業者の男の情報によれば、ベルギー人の大富豪を乗せたヘリがコンゴの海に墜落したといいます。 もしも大富豪が財産を手元に置いていたとしたら、5億フランもの大金が海に眠っているはず…ローランとマヌーは一か八かの賭けに出ることを決め、早速冒険の準備を開始しました。

次の

韓国ドラマあらすじ団

相続 者 たち あらすじ

海辺でのんびりとサーフィンを楽しむ若者、彼の名はキム・タン(イ・ミンホ)。 帝国グループの御曹司で眉目秀麗、何不自由ない環境かに見えるが、愛人の子と疎まれ、逃げるようにアメリカへ留学、空虚な日々を送っていた。 一方、口のきけない母を持ち、幼い頃から苦労し通しだったウンサン(パク・シネ)はアメリカに渡った姉を頼り、二度と韓国には帰らないつもりでアメリカへやってきた。 だが姉の現実を知って失望し、居場所をなくしてしまう。 途方にくれるウンサンと出会ったタンは、自分の家に招くことに。 つかの間、心を通じ合わせる2人。 だが、タンにラヘルという婚約者がいることを知り、ウンサンは「短い夢を見た」と韓国へ帰っていく。 また、ラヘルも母親の再婚相手の息子が同じ学校に通う乱暴者のヨンドと知り、不快感を隠せない。 裕福な家庭に育ちながらもそれぞれに悩みや傷を抱えた若者たち。 そんな中、兄に疎まれ、2人の母に挟まれ、それに甘んじる父との葛藤に立ち向かうべく、3年振りの帰国を決意をするタン。 彼が戻る名門私立高校はその名も「帝国高校」。 学校内には大きく4つの階級が存在する。 いずれは会社を相続する真の財閥2世、3世集団の「経営相続者集団」、経営権争いでは外されたが生まれたその瞬間から多くの株を所有している「株相続者集団」、お金より名誉を大事にする法曹界、医学界、学者、政治家の2世、3世集団の「名誉相続者集団」、そして世間の評価を気にして仕方なく入学させた様々な面で、この学校には相応しくない「社会配慮者集団」。 この厳しい格差の中で生き延びなければならなくなったウンサン。 そして再び、タンとウンサンは運命の再会を果たし、それぞれの人生が動き始める…!! より引用 原題は『 王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ〜相続者たち〜』といいます。 いかに相続する者たちに富と権力が待っていようとも、相続するにはそれなりの覚悟と鍛錬された自覚がいるということでしょうか!? 高校時代から富と権力をほしいままにする登場人物たちへの戒めと共に、応援しているようなタイトルに思えますね。 goo. 「シークレット・ガーデン」の脚本家キム・ウンスクが、今最も勢いのある俳優イ・ミンホとタッグを組んで作品を仕上げました。 キム・ウンスクの名前でピンと来ない方も、有名作品ばかり手がけている方なので作品をご存じのはずですよ。 2004年 パリの恋人 2005年 プラハの恋人 2006年 恋人 2008年 オンエアー 2009年 シティーホール 2010年 シークレット・ガーデン 2011年 マイ・プリンセス 2012年 紳士の品格 2013年 相続者たち 2016年 太陽の末裔 2017年 鬼-トッケビ 出典: 誰もが知っている作品の多い、凄い脚本家でしょう!? htmlより引用 ベテランから中堅までのキャストの豪華さも注目です。 若手をリードしつつも自分たちの存在感を見せつけてくれました。 キム・ソンリョンとチョン・ドンファンは、イ・ミンホとパク・シネの間を遮る威圧感と存在感を示しました。 昔日本でも活躍したユン・ソナは、娘を理解していく母親として成長しますが、日本人としては、ユン・ソナそんな、歳になったかと衝撃でした。 チェ・ジノは、どん底にいた息子に対する愛情を眼差しだけで表現する素晴らしい演技です。 ヒロインの母親で、言葉を話せない家政婦役でも無言の存在感見せたキム・ミギョン、熟女の色気を見せてくれたチェ・ウォニョンと最後まで毒々しいままのパク・ジュングムまで、貫禄の俳優らがドラマを更に面白くしています。 wowkorea. htmlより引用 若手俳優らが繰り広げる『相続者たち』の豪華キャストが、韓国を騒然とさせました。 『花より男子』イ・ミンホ• 『オレのことスキでしょ。 』パク・シネ• 『ゆれながら咲く花』キム・ウビン• 「f x 」クリスタル• 「CNBLUE」カン・ミンヒョク• 『花ざかりの君たちへ』キム・ジウォン• 「ZE:A」パク・ヒョンシク• 『九家の書』チェ・ジニョク• 『乱暴なロマンス』イム・ジュウン• 『モンスター 』カン・ハヌル これらの豪華キャストらが、見事な演技力を見せ、視聴者を虜にしました。 主人公役のイ・ミンホは、複雑な生い立ちの御曹司の機微を繊細な感情表現をもって完璧に演技し、 ラブコメキングの威厳を知らしめます。 ヒロイン役のパク・シネは、心苦しい「貧困相続者」の姿をありのまま表現する 純粋な演技力でラブコメのイメージを定着させました。 イ・ミンホの関連記事はこちら!• exblog. 多分イ・ミンホの前作のドラマが『信義ーシンイー』だったせいでしょうし、キム・ウビンは見た目が面長すぎるからでしょう。 パク・シネの制服は違和感なく思えたのに、この男性2人が高校生は最初から違和感ありすぎて、最終回まで違和感のままでしたが、物語そのものは面白かったです。 王道の定番ラブストリーの身分違いの恋という、現代版ロミオとジュリエット ヒロインは貧乏だから若干意味合いは違いますが です。 そして、この主人公たちが通う高校、御曹司ばかりの優秀校かと思ったら、とんでもない高校なのです。 4つの階級層に分かれた、差別の甚だしすぎるカースト制の高校です。 それだけに、苛めが蔓延している異様な学校なのです。 地位と金を笠に着た人々の集まりが思春期の高校生なので、たちが悪いとしか言いようがありません。 日本人の通う庶民の高校がアットホームに思えます。 幼い頃から親の七光りでちやほやされた、精神的には幼児が富と権力を持ったような高校生ですから、派手に苛めます。 理由は" 社会配慮者集団"だから。 つまり、 お金持ちではない庶民=貧乏人だから、という理由のみです。 ヒロインのウンサン パク・シネ も望んでこの高校に入学したわけではないのに、"社会配慮者集団"として苛めを受けそうになります。 ウンサンを巡り、タン イ・ミンホ とヨンド キム・ウビン は毎度攻防を繰り広げますが、それは2人がウンサンを守ろうとした結果です。 2人がウンサンに拘わるばかりに、ウンサンの立場は悪くなっていくのですが、それは、身分制度意外に、高校生らしい恋愛感情の渦巻きもあるからです。 高校生が集団でいますから、 恋愛模様が複雑に絡み合っています。 そして、その高校生の親たちでも子供絡みも含めて、自分たちの恋愛に必死になっているのはとてもおもしろく、よくできたストーリーです。 cmall. htmlより引用 親の世代、子の世代とはいうものの、世代に何の意味があるのでしょう。 時代が変わっても、人間という本質には何ら変わりありません。 何が自分にとって何が一番大切で、必要なのか? 自分が背負うべき責任と進むべき道は、自分で選択して進んでいかなければならないという、時代は関係なく、人間として生きるべき教訓もある、奥が深いドラマです。 上の写真は、作品中何度も出てくる「ドリームキャッチャー」です。 ドラマの中でウンサンがタンに宿代として渡したものですが、「真ん中に幸福・素敵な夢が入ってくる」とウンサンが言って、流行しました。 本来のドリームキャッチャーの意味は夢(希望や願い)を捕まえるものではなく、悪夢を捕まえて網の部分に閉じ込めて、よい夢だけが見られるようにするお守りだそうです。 皆様の夢が安らかでありますように、願って写真を挿入させていただきました。 この今の災害に見舞われた日本には、夢と希望が必要です。 悪いことがあったら、良いことが必ず来ます。 明日の希望から一歩が始まります。 どうか、今晩幸せな夢に包まれて、明日、皆様が小さくても幸せを感じる日を迎えることができますように・・。 『相続者たち』日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法 韓国ドラマ『相続者たち』日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法を、こちらのページで詳しく紹介しています。

次の

相続者たち15話のあらすじ・感想!三角関係は深刻化…

相続 者 たち あらすじ

そのため、 あらすじの ネタバレも含みます。 (イ・ミンホとパク・シネは当記事内に記載) 当記事以外に2~5までキャスト紹介が分かれていますので、詳細が知りたい場合には、該当する登場人物の下のリンクをクリックしてください。 相続者たち 主要キャスト キム・タン(김탄)役 イ・ミノ/イ・ミンホ(이민호) 18歳。 帝国グループ相続者。 イギリスに王族がいるなら韓国には財閥がある。 イギリスに応じがいれば韓国には財閥の息子がいる。 タンは財閥の息子だ。 また、大韓民国の産業化と歴史を共にしてきた「帝国グループ」の子息だ。 王子らしい気品とオーラまで備え、それこそ金持ちで背が高くイケメンで、グランドスラム達成だ。 しかし、あふれるほど持ったいうことは、持つべきでないモノも持っているという意味だ。 二人の母、異母兄弟、私生児というタイトル、幼いタンにあふれた冷たい視線と、理解するのに非常に複雑な家庭事情がそれである。 その閑散とした家が一度も自分の家であるかのように暖かかったことがなかった。 だからタンは歪んでしまった。 財界の序列で友を判断し、ランク外の子供を無視して苦しめた。 高慢と見栄で武装して弱者に強く、強者にはより強かった。 一日も風が静まる日はなく、事件事故はあちこちで爆竹のように爆発した。 子供の戦いは、大人の戦いとなるのが常であったが、誰も帝国グループと敵になりたくはなかった。 タンはそれを利用するすべを知っていた。 それがタンが考える影響力であった。 タンが暴走機関車のようにさまよっている間に、腹違いの兄であるウォンは、自分だけの領域を築いていった。 国籍を問わず、名門大学の学位がプロフィール欄を埋め、ちょうど父が病に伏せ、ウォンは季節が変わるように自然に実質的経営者として社長の席に上がった。 それがウォン影響力だった。 タンはその時分かった。 本物の王子はウォンだということを。 そして、その本物の王子はタンをアメリカ留学へと送り出した。 留学ではなく、追放であった。 アメリカでのタンは幸せだと思った。 怒ることがなかったし、笑うことが多くなり、夜には泣いたし。 15歳から18歳になる間に、着実にそばを守っていた友は、「孤独」だった。 それを悟ったとき、タンは韓国に帰りたくなった。 しかし、タンは勇気がなかった。 自分のために兄まで不幸にさせられないから。 戻ることも、戻らないこともできない出口を失った奈落から、タンは、見知らぬ異国の地より更に見知らぬウンサンに会うことになる。 チャ・ウンサン(차은상)役 パク・シネ(박신혜) 18歳。 貧困相続者。 シンデレラのガラスの靴が脱げ、最終的にシンデレラは王子と結婚をする。 この一節を読みながら、七歳のウンサンは思った。 シンデレラ、これってスレてる。 シンデレラのガラスの靴が故意と同様だと思うウンサンは、話せない母のために早く大人になった。 子供の頃から母親に代わって多くのことを処理して、公共料金の納付から各種税金、年金、ローン、保険の知識まで、何かとやりくり上手だ。 けれど、人の多い場所で母親と手話で話すのが恥ずかしく、目の前にいても携帯電話のテキストメッセージで会話する、間違いなく18歳の少女でもある。 母が話せないことも嫌で、財閥家の家政婦として働くことも嫌で、そんな母を無視する人々も本当に嫌なのに、ウンサンが一番嫌なのは、このじめじめした生活の中に、まったく出口がないという事実である。 明るく独立的で強く見えるが、どうしようもなく胸の片隅が病にかかっている。 週末ごとにフェイスブックを飾る友人の日課は、ステーキハウスやマルチプレックスを行き来しているのに、自分は昼間は結婚式場、夜はコンビニ、それこそアルバイト天国だ。 だから、ウンサンは、同じ年頃の友達が、医師、教師、芸能人を夢見るときに 「月200万ウォンを着実に保証される事務職」を夢見る。 「お金のある若者」や、「野望を持つ」が持論だからだ。 そんな中、ウンサンは、単独で米国に留学中の姉からの国際電話一本を受ける。 金持ちの男に会って結婚をすることになったというのだ。 姉はウンサンのロールモデルであり誇りであった。 またとない人生の機会だと思ったウンサンは、母が用意してくれお金を直接渡すという任務を口実に、米国行きの飛行機に乗る。 戻ってこないつもりで。 しかし、米国で会った姉は、結婚どころか、アルコール依存症のアメリカ人と同居しているそこそこのウェイトレスだった。 偶像が崩れる瞬間だった。 裏切りに、姉と大げんかして背を向ける道、行き場のないウンサンは鉄面皮なタンと出会うことになり、彼の家に泊まる。 タンの玄関に入った瞬間、シンデレラが初めて宮殿に入城した感じがこうだったのか? 圧倒的な坪数と豪華なインテリアのために呼吸困難な状況なのに、突然女が押しかけてくる。 しかも、フィアンセ。 18歳で婚約とは。 縁か悪縁か?帰ってきた韓国で、それも転校初日、ウンサンは再びカンと出会う。 帝国高校の数々の相続者の間で継承されることとは。 貧困しかないウンサンの不安な学校生活が始まる。 チェ・ヨンド(최영도)役 キム・ウビン(김우빈) 18歳。 ホテル ゼウス相続者。 かつてはタンの親友だったが、現在は敵。 IQが高く狡猾な性格。 メガ エンターテインメント相続者。 タンの元カノ。 現在はチャニョンと付き合っている。 少しマヌケなところがある。 RSインターナショナル相続者。 帝国高のパリス・ヒルトン。 正確はクール。 タンの婚約者。 母はイ・エスト。 ボナの彼氏。 帝国グループ秘書室長ユン・ジェホの息子。 ウンサンとは小学校からの友達。 人柄が良い。 イ・チャンヒョク検察総長の相続者。 正義の見本のような生徒会長。 男女ともから慕われている。 けれど、反逆心もある。 法務法人勝利(スンリ)相続者。 財閥家の子供は同じ年頃に比べて精神的に早熟な方だが、ミョンスは年相応な遊び心と茶目っ気を持つ。 江南(カンナム)ルームサロンを10ヶ所の相続者。 休みごとに語学研修の代わりに整形研修を行ってくる俳優志望生。 帝国グループ社長。 タンの歳の離れた異母兄。 帝国グループ会長。 タンの父。 タンとウォンの父であり、帝国グループを率いる総帥。 暖かくカリスマ性のある経営で、尊敬されるCEO 1位に挙げられるが、実はそうではない。 動きが緻密で必要時は無情な人だ。 ウンサンを支援するが、計算なしでは動かない人だ。 ハン・ギエ(한기애)役 キム・ソンリョン(김성령) 44歳。 タンの母。 まだ戸籍には上がらなかったが、いつの日かタンが帝国グループの経営に乗り出し、自分が戸籍の所有者となる日を待っている。 強欲だが、キム会長を最もよく愛している女性だ。 チョン・ジスク(정지숙)役 パク・ジュングム(박준금) 54歳。 帝国グループ理事長。 タンの戸籍上の母。 キム会長の二番目の妻であり、現在の戸籍上の女主人である。 帝国グループとの婚脈のためにキム会長と結婚した。 資産家の家の女性で能力はキャリアウーマンだったが、帝国グループから与えられた席は、カカシのような財団理事長だった。 ユン・ジェホ(윤재호)役 チェ・ウォニョン(최원영) 45歳。 帝国グループ秘書室長。 チャニョンの父。 彼は信頼できる人である。 両親も彼を信じて、友人も彼を信じていたし、会長も彼を信頼し、息子のチャニョンも彼を完全に信頼した。 けれど、ジェホにとって、恋愛は常に失うゲームだった。 エストとは大学時代恋愛関係にあった。 その他 パク・ヒナム(박희남)役 キム・ミギョン(김미경) 50歳。 ホームヘルパー。 ウンサンの母 幼少時代に言語障害となり一生を偏見と差別の世界に住んでいた。 ウンサンの父に会って満ち足りていた愛をたっぷり受けたが、それも長くはなかった。 二人の娘を残して、夫は、工事現場での事故でこの世を去った。 チェ・ドンウク(최동욱)役 チェ・ジノ(최진호) 47歳。 ホテルゼウス代表。 ヨンドの父。 権威的な性格。 大韓民国最大規模のホテルチェーンを持つ若い代表。 エストと再婚する。 イ・エスト(이에스더)役 ユン・ソナ(윤손하) 43歳。 RSインターナショナル代表。 ラヘルの母。 ラヘルの母である前に、 RSインターナショナル社長であり、母性愛よりは社会的な成功にも価値を置く冷血漢だ。 大学時代にチャヨンの父ユン・ジェホに惚れていた。 チョン・ヒョンジュ(전현주)役 イム・ジュウン(임주은) 25歳。 帝国高等学校の先生。 高校の成績がいずれも全国100位以内の秀才。 シックで気さくな性格で勉強までよくでき、一見すると気難しく近寄りがたそうだが、実際に知ってみると、勉強以外にできることがない。 孤児だったが勉強が良く出来たため、帝国グループ小学財団の援助を受け、会長にも気に入られていた。 いつも暖かく見守るウォンの気持ちにも気付いている。 ヒョシンの母役 ソ・イスク(서이숙) 家門のことしか考えない冷徹な母。 ヒョシンのトラウマ的存在。 チャ・ウンソク(차은석)役 ユン・ジンソ(윤진서) 25歳。 ウンサンの姉。 理想は高いが現実は泥沼だった。 美術、音楽、哲学、文学を愛していたが、現実には抗えず、貧困にあえいでいた。 米国に渡ったあともだ。 そのため、結婚するといいかねを工面しようとしたのだが、不幸なことに妹がやって来て、現実を見られてしまった。 ミョンスの母役 ナ・ミラン(라미란) 夫とともに韓国でも1・2を争う弁護士。

次の