幻影 戦争 評価。 【アプリ】FFBE 幻影戦争|評価 感想 レビューまとめ

FFBE幻影戦争 最強SSRで攻略しよう【リセマラ・ガチャ・レビュー・評価・動画・新作・ゲーム・クソゲー・神ゲー】

幻影 戦争 評価

6 グラフィック、ゲームシステム、世界観やストーリー、音楽など全てにおいて 最高峰の完成度といった感じ。 スマホゲームのヘビーユーザーでも楽しめるし、ライトゲーマーにも優しく作ってあります。 イラスト 5 ファイナルファンタジーシリーズならではの魅力的なグラフィックは、文句なく満点。 演出 5 召喚獣やアビリティ、リミットバーストの演出はもはや神レベル。 おそらく、現在のスマホゲームのCG演出ではNo. 1だと思われます。 ストーリー 4 群雄が割拠する大陸における国同士の戦争がテーマであり、 FFタクティクスファンでも楽しめる重厚なストーリーになっています。 世界観 4 ファイナルファンタジーブレイブエクスビアスの世界観を踏襲。 主人公は小国の王子として、各国の思惑と、弟との関係の間で王として成長していきます。 バトルシステム 4 見下ろし型のクオータービュー視点で、戦場でキャラクターを操作し、敵を倒す王道のシミュレーションゲーム。 戦略要素が多いので、若干難しいところはあるものの、オート機能があるため、初心者にも優しい。 操作性 4 操作性の不便は特に感じないものの、ビジョンを敵に打つのか、フィールドに打つのかという概念はあまり馴染みがない人も多いはず。 また、魔法の「詠唱時間」は最初はわかりにくいでしょう。 やりこみ度 5 個々のキャラクターに アビリティボードと、ジョブが用意されており、キャラクターの育成に関するやりこみ度は非常に高いと言えます。 「このキャラを持ってないと勝てない」という場面はあまりないですが、 リセマラは一周が10分ほどなので、リセマラするのもアリ。 FFBE幻影戦争はどんなゲーム? FFBE幻影戦争はシミュレーションゲームというジャンル。 プレイヤーは、群雄割拠ひしめくアードラ大陸の小国リオニスの王子としてゲームを進めることになります。 例えば、盗賊のように素早いジョブで、あまりCTが多くないアビリティならばすぐに行動できますが、ナイトなどの素早さが低いジョブだと次の行動が非常に遅くなったりします。 魔法やアビリティは使い所がとても重要 魔法やアビリティには、• 詠唱時間• 高低差を無視 するものがあり、バトルを有利に進めるためにはとても重要な要素です。 例えば、ファイガなどの強い魔法や、特定のアビリティには詠唱時間が設定されており、すぐに発動することはできず、発動まで順番を待つ必要があります。 また、魔法は高低差を無視するため、高いところにいる敵に打ったり、敵に直接攻撃するのではなく、フィールドを攻撃することも可能なんです。 この 魔法やアビリティがバト ルの奥深さをかなり引き立ててます。 例えば、敵がこう動いてくるだろう、というのを予測し、詠唱時間が長い強力な魔法をフィールドを指定して詠唱しておきます。 そして、敵が来たタイミングでちょうど詠唱時間が終わるよう調整された魔法などで大ダメージを与える、なんて戦い方もできるため、 駆け引きが重要になってきます。 戦局を一気に変える召喚獣 ファイナルファンタジーといった召喚獣ですよね。 シミュレーションゲームの本作でも召喚獣は健在で、自軍全体のキャラクターの攻撃回数によって召喚ゲージを貯め、 ゲージがMAXになったら召喚獣を使うことが可能になります。 1回の戦闘で1~2度くらいしか使うタイミングがないので、ここぞという時に使うことで、一気に逆転が狙えます。 高低差を利用すると有利に戦える FFBE幻影戦争のバトルの特徴として高低差がありますが、剣や槍などの近接武器は高低差によっては届かないこともあったり、低い位置にいると命中率が低くなったりします。 この高低差をうまく利用すると、面白いようにバトルを有利に運ぶことができます。 例えば、狭い道を防御力が高いキャラクターで塞ぎ、遠距離攻撃ができるキャラクターは高い位置から敵を安全に攻撃するなどの戦い方も可能であったりと、かなり戦略的。 基本は高い位置を取った方が有利になります。 キャラの個性を彩るリミットバースト リミットバーストは、キャラクター固有のアビリティであり、必殺技。 演出も専用のムービーが流れるほど豪華。 大ダメージを与えるものから、味方を強力に支援するものなど、キャラの個性を引き立てる要素になっています。 バトルはオート+倍速でサクサク進行 シミュレーションゲームはキャラクターを移動させたり、移動先でも攻撃や待機などの行動を決めないといけなかったりなど、かなり操作が面倒な部分がありますよね。 しかし、FFBE幻影戦争は下記のように、 オートの設定を変えたり、倍速で自動進行させることが可能です。 クリアしていないステージでももちろんオートにすることは可能なので、 「ストーリーを読むのが好き」 「バトルシステムが複雑だなぁ」 という人でも、バトルシステムを覚えつつ楽に進められるように配慮されています。 FFBE幻影戦争のストーリー FFBE幻影戦争の舞台は、もともとのファイナルファンタジーブレイブエクスビアスと同じ、群雄割拠がひしめくアードラ大陸。 その中の小国リオニスが主人公の国。 リオニスの王家に伝わる指輪の力は、英雄などの傑出した能力がある人物の想いを具現化し、自分の味方にする「ビジョン」を使うことができ、この能力によって独立を保っている。 少しずつ大陸の均衡が崩れ始める それぞれの国は、お互いに軍事同盟などを結びながら、微妙なバランスの上に成り立っています。 そんな中、主人公の国リオニスの隣国、ホルンのお姫様が、どこかの国が手引した賊に襲われ、そこに主人公たちが出くわすことでストーリーが始まります。 ストーリーはかなりボリュームがあり、まだまだ最初の方ですが、なんとなく ゲーム・オブ・スローンズのような、幾重にも駆け引きが重なる重厚なストーリーを感じました。 ゲームはストーリーが重要!という人も、これはかなり読み応えがりますよ。 チュートリアル(5分くらい)• 戦闘2回(5分くらい)• ムービー(30秒くらい) これが終わると10連ガチャが引ける「幻導石」が手に入り、その後にストーリーをさらに1回進めると、幻導石がガチャ1回分入手できるようになっています。 FFBE幻影戦争のリセマラ方法はアプリ削除のみ FFBE幻影戦争のリセマラはアプリを削除する以外の方法で行うことができない仕様になっています。 FFBE幻影戦争のリセマラの当たり・終了 FFBE幻影戦争のガチャはキャラクターとビジョンが出ますが、それぞれ• ギルガメッシュ• シュテル が出たら終了です。 なお、当たり演出は下記のように、最初に金色の本が出てきます。 バトルに出せるキャラクター数が限られているのと、フィールドがそこまで広くないから、キャラクターの強さは非常に重要。 思い切ってリセマラするのも全然アリだよ。

次の

【FFBE幻影戦争】評価・レビュー!FFタクティクスファン待望のスマホゲーム最高峰

幻影 戦争 評価

6 グラフィック、ゲームシステム、世界観やストーリー、音楽など全てにおいて 最高峰の完成度といった感じ。 スマホゲームのヘビーユーザーでも楽しめるし、ライトゲーマーにも優しく作ってあります。 イラスト 5 ファイナルファンタジーシリーズならではの魅力的なグラフィックは、文句なく満点。 演出 5 召喚獣やアビリティ、リミットバーストの演出はもはや神レベル。 おそらく、現在のスマホゲームのCG演出ではNo. 1だと思われます。 ストーリー 4 群雄が割拠する大陸における国同士の戦争がテーマであり、 FFタクティクスファンでも楽しめる重厚なストーリーになっています。 世界観 4 ファイナルファンタジーブレイブエクスビアスの世界観を踏襲。 主人公は小国の王子として、各国の思惑と、弟との関係の間で王として成長していきます。 バトルシステム 4 見下ろし型のクオータービュー視点で、戦場でキャラクターを操作し、敵を倒す王道のシミュレーションゲーム。 戦略要素が多いので、若干難しいところはあるものの、オート機能があるため、初心者にも優しい。 操作性 4 操作性の不便は特に感じないものの、ビジョンを敵に打つのか、フィールドに打つのかという概念はあまり馴染みがない人も多いはず。 また、魔法の「詠唱時間」は最初はわかりにくいでしょう。 やりこみ度 5 個々のキャラクターに アビリティボードと、ジョブが用意されており、キャラクターの育成に関するやりこみ度は非常に高いと言えます。 「このキャラを持ってないと勝てない」という場面はあまりないですが、 リセマラは一周が10分ほどなので、リセマラするのもアリ。 FFBE幻影戦争はどんなゲーム? FFBE幻影戦争はシミュレーションゲームというジャンル。 プレイヤーは、群雄割拠ひしめくアードラ大陸の小国リオニスの王子としてゲームを進めることになります。 例えば、盗賊のように素早いジョブで、あまりCTが多くないアビリティならばすぐに行動できますが、ナイトなどの素早さが低いジョブだと次の行動が非常に遅くなったりします。 魔法やアビリティは使い所がとても重要 魔法やアビリティには、• 詠唱時間• 高低差を無視 するものがあり、バトルを有利に進めるためにはとても重要な要素です。 例えば、ファイガなどの強い魔法や、特定のアビリティには詠唱時間が設定されており、すぐに発動することはできず、発動まで順番を待つ必要があります。 また、魔法は高低差を無視するため、高いところにいる敵に打ったり、敵に直接攻撃するのではなく、フィールドを攻撃することも可能なんです。 この 魔法やアビリティがバト ルの奥深さをかなり引き立ててます。 例えば、敵がこう動いてくるだろう、というのを予測し、詠唱時間が長い強力な魔法をフィールドを指定して詠唱しておきます。 そして、敵が来たタイミングでちょうど詠唱時間が終わるよう調整された魔法などで大ダメージを与える、なんて戦い方もできるため、 駆け引きが重要になってきます。 戦局を一気に変える召喚獣 ファイナルファンタジーといった召喚獣ですよね。 シミュレーションゲームの本作でも召喚獣は健在で、自軍全体のキャラクターの攻撃回数によって召喚ゲージを貯め、 ゲージがMAXになったら召喚獣を使うことが可能になります。 1回の戦闘で1~2度くらいしか使うタイミングがないので、ここぞという時に使うことで、一気に逆転が狙えます。 高低差を利用すると有利に戦える FFBE幻影戦争のバトルの特徴として高低差がありますが、剣や槍などの近接武器は高低差によっては届かないこともあったり、低い位置にいると命中率が低くなったりします。 この高低差をうまく利用すると、面白いようにバトルを有利に運ぶことができます。 例えば、狭い道を防御力が高いキャラクターで塞ぎ、遠距離攻撃ができるキャラクターは高い位置から敵を安全に攻撃するなどの戦い方も可能であったりと、かなり戦略的。 基本は高い位置を取った方が有利になります。 キャラの個性を彩るリミットバースト リミットバーストは、キャラクター固有のアビリティであり、必殺技。 演出も専用のムービーが流れるほど豪華。 大ダメージを与えるものから、味方を強力に支援するものなど、キャラの個性を引き立てる要素になっています。 バトルはオート+倍速でサクサク進行 シミュレーションゲームはキャラクターを移動させたり、移動先でも攻撃や待機などの行動を決めないといけなかったりなど、かなり操作が面倒な部分がありますよね。 しかし、FFBE幻影戦争は下記のように、 オートの設定を変えたり、倍速で自動進行させることが可能です。 クリアしていないステージでももちろんオートにすることは可能なので、 「ストーリーを読むのが好き」 「バトルシステムが複雑だなぁ」 という人でも、バトルシステムを覚えつつ楽に進められるように配慮されています。 FFBE幻影戦争のストーリー FFBE幻影戦争の舞台は、もともとのファイナルファンタジーブレイブエクスビアスと同じ、群雄割拠がひしめくアードラ大陸。 その中の小国リオニスが主人公の国。 リオニスの王家に伝わる指輪の力は、英雄などの傑出した能力がある人物の想いを具現化し、自分の味方にする「ビジョン」を使うことができ、この能力によって独立を保っている。 少しずつ大陸の均衡が崩れ始める それぞれの国は、お互いに軍事同盟などを結びながら、微妙なバランスの上に成り立っています。 そんな中、主人公の国リオニスの隣国、ホルンのお姫様が、どこかの国が手引した賊に襲われ、そこに主人公たちが出くわすことでストーリーが始まります。 ストーリーはかなりボリュームがあり、まだまだ最初の方ですが、なんとなく ゲーム・オブ・スローンズのような、幾重にも駆け引きが重なる重厚なストーリーを感じました。 ゲームはストーリーが重要!という人も、これはかなり読み応えがりますよ。 チュートリアル(5分くらい)• 戦闘2回(5分くらい)• ムービー(30秒くらい) これが終わると10連ガチャが引ける「幻導石」が手に入り、その後にストーリーをさらに1回進めると、幻導石がガチャ1回分入手できるようになっています。 FFBE幻影戦争のリセマラ方法はアプリ削除のみ FFBE幻影戦争のリセマラはアプリを削除する以外の方法で行うことができない仕様になっています。 FFBE幻影戦争のリセマラの当たり・終了 FFBE幻影戦争のガチャはキャラクターとビジョンが出ますが、それぞれ• ギルガメッシュ• シュテル が出たら終了です。 なお、当たり演出は下記のように、最初に金色の本が出てきます。 バトルに出せるキャラクター数が限られているのと、フィールドがそこまで広くないから、キャラクターの強さは非常に重要。 思い切ってリセマラするのも全然アリだよ。

次の

【アプリ】FFBE 幻影戦争|評価 感想 レビューまとめ

幻影 戦争 評価

ラスウェルは捨て身で下がってないちゃんとした耐性とまあまあのHPを持ちつつ、回避もできちゃう。 ぶんしんでワンパンを確実に防げるし、相手の強化も消せちゃう。 回復以外一人でこなせるのは強い。 ただまーそこまで一人でこなすほどターンまわってくるかっていうのが気になるトコロ。 CPUのバカさ次第で強さ大きく変わりそう。 仮面シュテルの代わりのアタッカーとしてもいけるんじゃないか、と思うし属性考えるとホーリーに強いぶんラスウェルの方がいいかもしれない。 コスト80なのに。 というかラスウェル、仮面、ヴィネラの3人パーティとか倒せるんだろうか。 さらに仮面シュテルにはできないこととして、 ラスウェルは竜騎士で刺突攻撃できるのもイイ。 なんか斬撃環境が終わりそうなんだよな。 耐性モリモリで。 グラセラの強さ評価 グラセラは思ったより強い…気がする。 そして1記事内で終わる囁きの時代。 グラセラの刺突、水遁ワンパンで囁きは秒で地面と一体に。 どうするんだろうな、これ。 特に盾キャラ。 防御盛ってもダメ、耐性持ってもダメ。 完全な相性ゲーになるっぽい。 3人パだからアリーナは勝てる相手選んでおけばいいけど、ギルバトやらフリマは…? ギルバトはなんか今回のやつから応援とかいうコマンドで敵のキャラが何か見れるらしいし、よりギルド一体となってで戦えや!ってことなんだろーな。 …めんどい。 そもそも無言ギルドだしな。 さ、グラセラに話を戻す。 グラセラはどの技も使用APが範囲や威力の割には消費少ない。 え、この範囲と威力でこのAPでいいん、と違和感かんじるくらい低燃費。 コストコ的なお得感。 ただステータスを見るとけっこう中途半端。 予想時と変わらずやっぱりイェルマなステータスだった。 もはや「イェルマ」はキャラではなく「概念」。 そのうち広辞苑にも載るだろう。 イェルマ【名詞・形容動詞】 普通にアタッカーとして使うんだろうと思うけど、 ヴィクトラでもいいよね感があるなー。 というかヴィクトラの方がいいよね感か。 ジャンプが相手のCT見るようになったら竜騎士はホント強いだろう。 防御貫通があるからグラセラでも攻撃力出るんだろうけど、ヴィクトラ育ってるならあえてグラセラ育てる必要はないんじゃないかな。 声もなんかイメージと違うし。 必中技打つ前にフェデリカにハチの巣にされるか、シドにめった切りにされてそう。 ロレイラの強さ評価 ロレイラもグラセラもめちゃめちゃデザイン凝っててかわいい。 なんか今回3Dの出来がどのキャラもいい。 ステイホームで3D担当が暇を持て余した結果か。 ただロレイラはものすごく使いづらい。 想像してた以上に使いづらい。 ロレイラはサブジョブに欲しい技がぜんぜんなかった。 バイキングはドレインサイクロンが欲しかったし、ナイトはトリニティブレイクが欲しかった。 んで、結果両方ともない。 ナイトの技なんんてどうやってロレイラが使えばいいんだ?こんな接敵して技だす機会どこにもころがってねーだろうに。 さらにさらに。 ロレイラさんHPマスが多すぎ。 オセロのように左上に固まるHPマス。 かどっことられたんか。 HPマスで埋めるならもうちょい防御ほしかった。 ナイト有りで防御2っていうのはだいぶひかえめ。 器用さも平均よりは高いもののメイン狩人のキャラの中では別に高くないし、命中に難がありそうなのもいただけない。 …ただ、めちゃめちゃかわいい。 ボロクソ言いながらすでに育てちゃってる。 バイキングの大投擲の旨味がへっちゃうけど、なんかRキャラのマスアビかよと思うほどの適当感が逆にいい。 いちおう器用さも平均以上はあるしマスアビ、アビボ合わせると ロレイラのクリティカル発生率なんと驚異の66%。 装備で盛ったら80%超える。 こんなんクリティカルが出やすい大投擲にかぎらずほぼすべての攻撃がクリティカルでしょーよ。 気づけたかもしれないんだよなーコレ。 バイキングってクリティカル発生率高いジョブだし狩人もそうなんだから。 実際のステータス見てみて「おー、そういやそうか」て感じ。 ロレイラのステータス評価 テトラシルフィード、暴食王。 こんな感じかな。 攻撃が500くらいまで盛れたとして、武器とテトラで射撃攻撃力30盛ったとして、ベイロ君クリティカルで50盛ったとして、出る火力はだいたいこんな感じ。 結論:ムスタディオ育てよう まとめ FFBE幻影戦争に追加された新キャラ「ラスウェル、グラセラ、ロレイラ」の強さ評価をしました。 やっぱりそんな強すぎる感じじゃないなー今回。 ヴィネラから脈々と続くインフレ後のキャラステータスに慣れてしまったのもあるけど。 逆にインフレ後の基準に慣れすぎてオルドアが弱く見えるよなー。 とりあえず今回の3体は弱みもちゃんとありつつまあこんなもんか、なラインで実装してくれた感がある。 キルフェやらイルディラみたいな「うわっ…ひくわ」ていうオーバースペックじゃなくて安心。 さいごに:見た目関係ないならラスウェルが一番強いだろーな。

次の