医療 ほけん 見積り ネオ ファースト。 ネオファースト生命保険株式会社|商品ラインナップ|ほけんの窓口【公式】|保険比較・見直し・無料相談

ネオファースト生命の医療保険「ネオdeいりょう」を評価!特筆すべき点は3つ、「上皮内がん」への考え方次第で評価できる

医療 ほけん 見積り ネオ ファースト

第一生命とネオファースト生命は同じグループ会社 そもそもネオファースト生命とはあまり聞かない名前ではないでしょうか。 それもそのはずです。 ネオファースト生命は1999年に当初は日産火災海上保険の生保子会社「DIY生命」として誕生し、その歴史は生保業界の中ではまだまだ若いです。 ではなぜ第一生命グループなのか 2002年に損保ジャパンが発足し、社名が「損保ジャパンDIY生命」になりましたが2014年に損保ジャパンが保有している株式を全て譲渡し第一生命保険の完全子会社となりました。 その後2014年に「ネオファースト生命保険株式会社」に商号変更されたので、実際「ネオファースト生命」と聞くようになったのはここ5~6年の出来事になります。 第一生命とネオファースト生命が販売するのは同じ保険なのか 同じグループ会社ではありますが販売している商品はまったく違います。 第一生命の商品は死亡保障や一時金保障などに特化していますが、ネオファースト生命の商品は医療保障など自分自身の為の保障が充実しています。 ですが第一生命の営業員はネオファースト生命の保険を販売できません。 販売できるのは法人契約限定の「ネオdeきぎょう」でした。 (現在は販売できません) 医療保障や保険料の安さが売りのネオファーストの「ネオdeいりょう」を第一生命で販売してしまうと第一生命の医療保険(ジャスト)が必要なくなってしまうのでネオファーストの保険は今後も第一生命では販売できないでしょう。 しかし2018年から「ネオdeきぎょう」を販売するようになった事に関しては、第一生命的にはやむを得なかったという感じでしょうか。 2016年に販売開始をした第一生命の法人契約専用の「エクシード」は当時は件数も業界でもトップを争うくらいでしたがその後は日本生命の「プラチナフェニックス」に追い抜かれ、もう「エクシード」の売り先がないという状況まで追い詰められていました。 そこで「プラチナフェニックス」に対抗をするための「ネオdeきぎょう」という訳です。 第一生命とネオファースト生命はどちらが良いのか? 上記でも説明しましたが、保障内容に力をいれている部分が違うので自分がどのような保障が欲しいのかによると思います。 ネオファースト生命の保険内容も第一生命のジャスト同様に自分の欲しい特約だけを組み合わせる事が可能ですが、医療保険がメインなので基本的には自分が生きていく為に自分で使える保障内容になっています。 なので第一生命のジャストにはない「通院特約」があったり、なにより保険料が安いので高齢の人でも気軽に医療保険が持てます。 第一生命のジャストは医療だけでも保障持てるし、一時金特約を付加したり、死亡保障だけをつけたりと自分の欲しいところだけを組み立てられますが、自分が欲しい特約を全て盛り込むと保険料が高くなってしまうのが難点です。 しかし今更第一生命の保険料を安くは絶対にできないため、自社製品より安い保険料のネオファースト生命の保険は第一生命の営業員は販売することができません。 個人的には医療保険だけならば、ネオファースト生命の医療保険の方が手軽でしっかりとした保障を持つことができるのでおすすめです。 第一生命グループ、ネオファースト生命の保険はどこで契約できるのか 上記でもお話しした通りネオファースト生命の保険は第一生命の営業員からは契約できません。 基本的には銀行などの金融機関、保険の窓口などの保険ショップで契約することができます。 「第一生命は大手だから安心だけど、高い」というイメージを「第一生命グループだから安心だし、しかも安い」というイメージで敷居を低く売り込みたいみたいですね。 第一生命の営業員からみたら「グループ会社だけど敵」という感じですが、ネオファースト生命の商品はこれからどんどん販売数が伸びてくる生命保険だと私は思います。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。

次の

ネオdeいりょう(無解約返戻金型終身医療保険)の保険料シミュレーション|ネオファースト生命資料請求サイト

医療 ほけん 見積り ネオ ファースト

入院給付金日額の取扱範囲 3,000円~20,000円(1,000円単位) 支払限度 1回の入院につき60日もしくは120日 通算:1,095日• 支払対象の日帰り入院に該当するかどうかは入院基本料の支払有無などを参考にネオファースト生命が判断します。 外来手術給付金額の取扱範囲 1万円~20万円 *2(5,000円単位) 支払限度 通算回数無制限 例:外来手術給付金額が2. 5万円 外来手術給付金額 2. 5万円 外来手術給付金額 2. 5万円 外来手術給付金額• *1 手術については、開頭・開胸・開腹等の術式を問いません。 傷の処理(創傷処理、デブリードマン)/切開術(皮膚、鼓膜)/骨または関節の非観血的整復術、非観血的整復固定術および非観血的授動術/抜歯手術/涙点プラグ挿入術/鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術および高周波電気凝固法による鼻甲介切除術/異物除去(外耳、鼻腔内) 先進医療特約 先進医療給付金 支払限度額通算2,000万円 所定の先進医療による療養を受けたとき、 先進医療にかかる技術料と同額をお受け取りいただけます。 お支払い対象となる先進医療は療養を受けた時点において、• したがって、医療行為・症状、医療機関などによって給付金をお受け取りいただけないことがあります(先進医療の最新の内容についてはネオファースト生命のWebサイトをご覧ください)。 がん診断特約(2019) がん診断給付金 【初回】 初めてがん(上皮内がんを含む)と診断確定されたとき、給付金をお受け取りいただけます。 【2回目以降】 直前のがん診断給付金の支払事由該当日から その日を含めて1年を経過した日の翌日以後にがん(上皮内がんを含む)の治療を目的として入院を開始したとき、給付金をお受け取りいただけます。 この場合、本特約は無効になります。 がん通院給付金日額の取扱範囲 2,000円~10,000円(1,000円単位) 支払限度 通算日数無制限• この場合、本特約は無効になります。 この場合、本特約は無効になります。 三大疾病一時給付特約 がん一時給付金 心疾患一時給付金 脳血管疾患一時給付金 がん 上皮内がんを含む 、心疾患、脳血管疾患により所定の事由に該当したとき、それぞれ1年に1回を限度に何度でも給付金をお受け取りいただけます。 三大疾病一時給付金額の取扱範囲 10万円~200万円(10万円単位) 支払限度 給付金ごとにそれぞれ1年に1回 通算回数無制限• * 保障対象となる疾病の治療のための手術 公的医療保険制度対象 であれば、開頭・開胸・開腹等の術式を問いません。 女性疾病入院給付金日額の取扱範囲 3,000円~20,000円(1,000円単位) 支払限度 1回の入院につき60日もしくは120日(主契約と同日数となります。 ) 通算:1,095日• *1 女性特定手術給付金の対象となる手術と割合• *2 女性疾病入院給付金日額の200倍が上限となります。 *3 産科手術(帝王切開等)を除きます。 通院一時給付金のみの取り扱いはありません。 傷の処理(創傷処理、デブリードマン)/切開術(皮膚、鼓膜)/骨または関節の非観血的整復術、非観血的整復固定術および非観血的授動術/抜歯手術/涙点プラグ挿入術/鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術および高周波電気凝固法による鼻甲介切除術/異物除去(外耳、鼻腔内)• 給付金のお支払いなどの詳細については「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」など所定の資料を必ずお読みください。 詳細は募集代理店株式会社アドバンスクリエイトまたはネオファースト生命へご確認ください。 特約の中途付加、特則の中途適用は取り扱いません。 こんな方におすすめ• ネオファースト生命の定める所定の健康状況を満たす方* *詳細は健康保険料率ページを参照ください。 必要な医療保障だけを備えたい方• 契約年齢• 契約条件• 告知・健康診断書• 保険期間• 保険料払込期間• 保険料払込方法(回数)• 月払・年払• 保険料払込方法(経路)• それは保険の大事な使命です。 でも、もしものとき以外、保険はお客さまの役に立っているでしょうか? 人はどんなときも健康でいたいもの。 お客さまの人生に寄り添う保険会社として、その想いに応えられるはず。 私たちネオファースト生命は、新しい視点で、保険の仕組みをつくります。 それは、健康増進につながる保険。 保険に加入する時や、そして継続している時も、健康を見直し、維持、改善する。 そのきっかけとなるような保険です。 健康のために、どんどん使う。 役立てる。 保険で健康になろう。 注意事項:• ご契約の際には「商品パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」および「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。 インターネットでの保険申込みの場合、一部取扱が異なります。 詳細は募集代理店にご確認ください。

次の

ネオdeいちじきん/ネオファースト生命

医療 ほけん 見積り ネオ ファースト

ネオファースト生命は第一生命グループの一員で、様々な種類の医療保険を兼ね備えた生命保険です。 ネオファースト生命は以下のような人におすすめです。 ・手頃な保険料で手厚いサポートを受けたい方• ・大手特有の安心で手厚いサポートを受けたい方 ネオファースト生命は、健康年齢が若い、非喫煙者だと割引があるなど、ある一定の基準を満たすと、保険料が安くなります。 また、もともと月々の支払いが1,300円と保険料が手頃なため、若くして保険に入りたい方などにおすすめです。 また、第一生命のグループ保険者会社のため、顧客の管理やサービスが徹底しており、保険の無料相談サービスを気軽に受けることができます。 手頃な保険料で、尚且つ大手特有の手厚いサポートを受けたい方は、ネオファースト生命をご検討ください。 日額型医療保険は契約時に補償額が決まるため、入院日数で給付金が決まってしまう保険です。 そのため、内容によっては、入院期間が長いとその費用を全額でもらえないケースがあります。 一方、実費補償型保険は実際にかかった費用を補償する保険のため、実際に発生した費用をすべて支払ってくれる保険です。 近年、入院費用の自己負担が増えており、特に入院した際の食事代と居住費が値上がりしていっています。 そのため、医療保険の知識が少なく、尚且つ割高な保険料を懸念している人ほど、シンプルで保険料が少額の実費補償型医療保険に加入する必要があるのです。 実費補償型医療保険は更新の度に保険料が上がってしまうため、年齢を重ねれば重ねるほど保険料が高くなるといったデメリットがあります。 しかし、若いうちは月の保険料が平均1,000円ほどで済み、また実際に発生した費用をすべて支払ってくれます。

次の