とうもろこし電子レンジ。 とうもろこしをレンチン!電子レンジで何分?皮つきのままでいい?

トウモロコシは電子レンジで何分?ラップする?皮付きの場合・2本の場合を解説!

とうもろこし電子レンジ

選び方 おいしいとうもろこしを選ぶポイント 皮付きの場合は、皮の緑色が濃いものを選びましょう。 ずっしりと重く、粒が揃っているものがおいしいでしょう。 粒が揃っているか、皮の上から軽くさわってみても。 頭部の毛(絹糸)がついている場合は、色が濃い方がよく熟しています。 保存方法・期間 おいしさをキープする保存方法 収穫後が特に甘いといわれるとうもろこし。 おいしさを逃さないように、できるだけ早く食べるか、加熱して保存するなどしましょう。 生のまま保存する場合 生で保存する場合は、皮つきのままラップで包み、冷蔵庫の野菜室に切り口を下にして、立てて保存しましょう。 加熱して保存する場合 茹でる・蒸すなど加熱した後の保存は、ラップで包んで、冷蔵庫または冷凍庫へ。 時間があれば、とうもろこしの実をはずして冷凍しておくと、スープや炒め物にすぐに使えて便利です。 下ごしらえのコツ とうもろこしの茹で方• 皮付きの場合は、加熱する直前に皮をむく。 たっぷりの湯に塩を少々と、とうもろこしを入れて茹でる。 やわらかくなったらザルにあげて熱をとる。 とうもろこしの蒸し方 蒸し器をセットして蒸気があがったら、強火のまま、とうもろこしがやわらかくなるまで蒸しあげる。 とうもろこしを電子レンジで加熱する場合• とうもろこしを1本ずつラップで包む。 1本の場合、3~4分を目安に、電子レンジで好みのやわらかさになるまで加熱する。 ポイント ラップが熱くなるので、取り出すときは火傷しないように注意しましょう。 とうもろこしの実を料理に使うときのポイント 実をかんたんにそぎ落とすには、茹でたとうもろこしの実を、まずは包丁を使って1列だけそぎ落とします。 次の列からは、親指の腹で縦に実をはずしていくと、きれいにはずすことができます。 memo とうもろこしの実を削ぎ落とす専門の道具も登場しています。 たくさんの量をそぎ落としたいときに便利です。 レシピ コーン入りパンケーキ 材料• パンケーキの素:200g• 卵:1個• バター:適宜• 塩、こしょう:少々 作り方• 茹でたとうもろこしを軸からはずし耐熱の容器に入れる。 バター、塩・こしょうを加えて電子レンジで1分ほど加熱したあと、よく混ぜ、冷ます。 パンケーキの素、牛乳、卵をよく混ぜてパンケーキの生地を作り、冷めたとうもろこしを混ぜる。 熱したフライパンに油(分量外)をひき、「2」をお玉1杯分ずつ丸く流し入れて両面を焼く。 memo ホットプレートを使うと、温度を一定にしやすく焦げつきにくいのできれいに焼くことができます。 中華風コーンポタージュスープ 材料• とうもろこし:1本• 水:2カップ• かに缶(130g):1缶• 中華スープのもと(顆粒):大さじ1• 卵:1個• 塩、こしょう:少々• ごま油:少々• 水溶き片栗粉:大さじ2 作り方• 茹でたとうもろこしは軸から外し、ミキサーにかけクリーム状にする。 鍋に水、中華スープのもと、とうもろこしを入れて温め、かに缶をほぐしながら入れる。 ひと煮立ちしたら、溶いた卵を流し入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。 塩・こしょうで味を調え、器に移してごま油をたらす。 お花シュウマイ 材料• 豚挽肉:50g• 酒:大さじ1• 片栗粉:大さじ1• こしょう:少々• グリンピース:少々• ブロッコリー:適宜 作り方• とうもろこしは茹でて軸から外す。 豚挽肉、ねぎのみじん切り、酒、しょうゆ、片栗粉、こしょうをよく練り合わせ、一口大に丸める。 「2」の外側に、とうもろこしをまんべんなく貼り付け、中央にグリンピースを飾る。 耐熱の容器に「3」を間隔をあけて並べ、その間にブロッコリーを置き、ふんわりとラップして電子レンジで7~8分ほど加熱する。 ホタテとコーンのかき揚げ 材料• ホタテの貝柱:3個(直径4cmくらい)• 枝豆:15g• 塩:少々• カレー粉:小さじ1• 小麦粉:適宜 作り方• とうもろこしは茹でて軸から外す。 枝豆は茹でてさやから豆を出し水気を切っておく。 ボウルに塩、カレー粉、小麦粉を合わせ、4つに切ったホタテの貝柱と「1」を混ぜて冷蔵庫で冷やす。 提供: VEGEDAY powered by KAGOME 毎日の生活を、野菜でたのしく。

次の

皮ごとレンジでチン!簡単でおいしいとうもろこしのゆで方

とうもろこし電子レンジ

ホットプレートを使うと、温度を一定にしやすく焦げつきにくいのできれいに焼くことができます。 中華風コーンポタージュスープ 材料• とうもろこし:1本• 水:2カップ• かに缶(130g):1缶• 中華スープのもと(顆粒):大さじ1• 卵:1個• 塩、こしょう:少々• ごま油:少々• 水溶き片栗粉:大さじ2 作り方• 茹でたとうもろこしは軸から外し、ミキサーにかけクリーム状にする。 鍋に水、中華スープのもと、とうもろこしを入れて温め、かに缶をほぐしながら入れる。 ひと煮立ちしたら、溶いた卵を流し入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。 塩・こしょうで味を調え、器に移してごま油をたらす。 お花シュウマイ 材料• 豚挽肉:50g• 酒:大さじ1• 片栗粉:大さじ1• こしょう:少々• グリンピース:少々• ブロッコリー:適宜 作り方• とうもろこしは茹でて軸から外す。 豚挽肉、ねぎのみじん切り、酒、しょうゆ、片栗粉、こしょうをよく練り合わせ、一口大に丸める。 「2」の外側に、とうもろこしをまんべんなく貼り付け、中央にグリンピースを飾る。 耐熱の容器に「3」を間隔をあけて並べ、その間にブロッコリーを置き、ふんわりとラップして電子レンジで7~8分ほど加熱する。 ホタテとコーンのかき揚げ 材料• ホタテの貝柱:3個(直径4cmくらい)• 枝豆:15g• 塩:少々• カレー粉:小さじ1• 小麦粉:適宜 作り方• とうもろこしは茹でて軸から外す。 枝豆は茹でてさやから豆を出し水気を切っておく。 ボウルに塩、カレー粉、小麦粉を合わせ、4つに切ったホタテの貝柱と「1」を混ぜて冷蔵庫で冷やす。

次の

簡単美味しい!とうもろこし茹で方!人気はレンジ?水からお湯から?

とうもろこし電子レンジ

夏野菜の代表「とうもろこし」。 甘みが強く、子どもも食べやすいのでお弁当のおかずにも最適ですよね。 そんなとうもろこしですが、意外と下ごしらえが面倒だと感じている方は多いと思います。 大きめの鍋にたっぷりのお湯で下茹でするのは少し時間もかかりますよね。 そこでおすすめしたいのが 電子レンジで加熱するだけの時短調理法。 皮なしでも皮つきでもどちらでも対応出来、あっという間に甘くて美味しいとうもろこしを食べることが出来るんです。 今回は、そんな電子レンジを使用した加熱方法から保存方法に至るまで、とうもろこしの魅力をたっぷりご紹介します。 ~目次~ ・とうもろこしを皮ごと電子レンジでチンする方法 ・皮なしとうもろこしをラップに包んで電子レンジでチンする方法 ・茹でるより電子レンジで加熱したほうが良い理由 ・とうもろこしの旬はいつ? ・美味しいとうもろこしの見分け方 ・あまったとうもろこしの保存方法 ・まとめ すでに皮がはずれているとうもろこしを電子レンジで加熱調理する方法です。 ラップで包むという手間が増えるだけで、こちらもとても簡単ですよ! 電子レンジで加熱後は、すぐにラップを外さず、余熱で少し蒸すと甘みが増して美味しくなります。 すぐにラップを外してしまうと、水分が蒸発し、とうもろこしの粒がしわしわになってしまうこともありますので注意しましょう。 500W4分くらいでOK。 お湯で茹でるよりも電子レンジで加熱したほうが良い理由は手軽さだけではありません。 ほかにも以下のような様々なメリットがあります。 電子レンジで加熱すれば、旨味を逃がすことなく、美味しい状態をキープすることが出来るのです。 また、皮ごと加熱することで、面倒なヒゲや皮の除去もスムーズに行えます。 とうもろこしは非常にデリケートな野菜なので、皮をはがした瞬間から鮮度がどんどん落ちていくのだそうです。 皮ごと加熱すれば、鮮度も保ったまま美味しさも凝縮され、いいことだらけですね!.

次の